お世話になった横浜の友人宅を離れ、千葉に住む弟の家に行きました。
横浜の母の家まで、弟が車で迎えに来てくれました。助かりました、ありがとう!
そして、義妹お手製のお花で迎えられました。
帰国の旅にお邪魔する小姑のために、いつもいつもありがとう!
弟と姉の長女、この夜は弟がギター片手に歌ってくれました。

DSCN2222


この夜は、義妹がおいしい夕食を作ってくれたので甘えて頂きました。
おいしくてがっついて、写真撮るのも忘れてしまいました。
デザートのケーキも手作り、さすがです。

DSCN2224


日本のいとこ全員、姉の娘、うちの娘、そして弟の息子二人、二年ぶりに勢揃い。
大学生二名、高校二年生二名。
みな大きくなり、なんだか大人になりました。子供の成長は本当にあっという間です。

DSCN2226


翌日は、体調を壊し寝込んでいた母も何とか復活して、姉の車に乗って合流。
家族そろって父の墓参りへ出かけました。
孫たちが一生懸命掃除して、あっという間にきれいになりました。
それにしても暑かった。

DSCN2236


お盆に家族そろって父の墓参りができたので、これが何よりもの親孝行だったかもしれません。

BlogPaint


お墓参りのあとは、義妹が探して予約しておいてくれた、湖畔のレストランへ行き、
眺めの良い席にみんなで座って、おいしいピザを食べました。

BlogPaint


ちょっと変わったピザで、一番おいしかったのはミョウガとオクラのピザ。絶品でした。

DSCN2250


いわしのピザもおいしかったな~。それに、このメンバーでの食事はやっぱり最高でした。
幸せ過ぎました。相変わらず仲良しの二人。

DSCN2251


この日も異常に暑かったのですが、母も何とか復活して楽しそうでした。
孫の笑顔が何よりもの薬になったようです。
青空のもと、みんなでたくさん家族写真を撮りました。

DSCN2258


部活から帰った弟の次男君もそろって、みんなで夕食の時間。
もんじゃ焼きや焼き肉、みんなで作りながらの夕食は最高に楽しかった。

DSCN2261


〆めは焼きそば、本当に最高!!

DSCN2263


おばあちゃん、昼も夜も孫に囲まれて至福の時。
普段一人暮らしでがんばっているので、にぎやか好きな母も終始楽しそうでした。

DSCN2267


翌日、次男君が奇跡的に部活が休みになり、孫四人勢揃いで若者だけでカラオケへ。
娘、大昔四歳ころの一時帰国でにカラオケに一度だけ行ったことがありますが、
成長してからは人生初カラオケ、みんなの歌の上手さに驚いていました。
かなり楽しかったようです。
夜は大人も子供もそろって、みんなでスシローへ。

DSCN2276

楽しそうなヤングチーム、あ~こんな姿を見るだけで幸せでした。
日本へ帰って本当によかった。
DSCN2279

姉の夫とわたしの夫は今回不参加でしたが、わたしの大事な日本の家族。
みんな忙しい中、わたしに合わせてくれてつきあってくれて、本当にありがとう!
DSCN2280

このままみんなでショッピングセンターへ繰り出して、夜のショッピング。
服に興味のない二人は、かっこいい店で浮きまくり。
DSCN2283

みんなでキメのポーズ。
DSCN2284

楽しい日々もおしまい、お別れの朝がやってきました。
次男君は早朝から部活へ出発しました。
ここでお別れ、母も久しぶりに孫や家族と一緒に過ごすことができて、本当にうれしそうでした。
母さん本当に元気でありがとう。またみんなで元気で勢揃いして笑顔で会いましょう。
それまで、みんなそれぞれ毎日を元気でがんばろうね。
楽しすぎたのと、今度いつ会えるのかわからないので、別れは辛すぎて思い出したくありません。
お世話になりました。みんなで集まることができて、本当に幸せでした。
DSCN2287

この日も弟が車で、成田のホテルまで送ってくれました。
長男くんも一緒だったので、道中四人で焼き肉ランチしました。
DSCN2296

ホテル到着。
毎日日本でにぎやかな楽しい時間を過ごしたわたしたち、ホテルの部屋に入ると、
突然の静けさと寂しさに娘が再び号泣、めそめそ泣きは夜まで続きました。
部屋の窓からは空港に発着する飛行機が見えるので、それが嫌で嫌で仕方なかったらしいです。
国際結婚というのは、どちらに住んでも必ずどちらかの家族とは遠く離れて暮らすこと、
娘にとってはどちらも大事な家族で、別れるたびに本当につらいようです。
逆に考えると、日本の家族や友人も、心から大好きということなので、
そんな気持ちを感じることのできる日本一時帰国はやはり大事なことだと思いました。
二人で大浴場のお湯につかり、ゆっくり疲れをとることができました。
成田で過ごす日本最後の夜は、切なくて寂しくてどうしようもなく悲しい夜でした。
DSCN2301


                                        さていよいよ、日本とは明日の朝にお別れになりました。



                                         このブログの記事及び画像の無断使用を禁止します。