滞在七日目

金曜日、なんだかあっという間に時間が経ってしまって早くも最終日。
アパートへのルンルンお迎えも今日が最後と思うだけで、うっとなってしまった根暗なわたし。
二人が滞在した牛農家のアパートは玄関を出ると、牛が放牧されている野原です。
4-25 009

お向かいに教会があるので、朝から晩まで毎時ゴンゴン鐘が鳴ります。(アパートは写真右)
6-24-014

そして反対側には牛舎。教会の鐘はゴンゴン、牛はモーモー、ヤギはメーメー、
にわとりコケコッコー、そして毎朝わたしの「グッドモーニング!」登場で、落ち着かなかったかな??
6-24-015

アパートの中は広くないのですが、清潔感あって、なかなか過ごしやすかったようです。
(4月に見学&仮予約に行ったときに撮った写真)一階がキッチン&リビング。
27825
二階が寝室。
27827

毎日わたしの勝手なガイドに文句も言わず付き合ってくれて、
夜になると「これでよかったのかな~」と悩んでしまったけれど、もう最終日。
疲れすぎてもいけないので、近場のマーストリヒトで過ごすことにしました。
天気はイマイチ。
6-20 002

金曜日の大きな市場にも行けてIZちゃん大喜び!!
演奏家でありながら野菜ソムリエの資格を持つ多才なIZちゃん、
野菜を見ると目つきが変わりかなり怖いです。オランダの市場はIZちゃんにはパラダイス。
N君&IZちゃんの好きなキッチン専門店も気に入ってくれて、欲しかったお鍋が手に入りました。
N君のためにも、これからますますおいしいお料理がんばってね。
前回は三人で教会本屋カフェでお茶、今回はデパートのフードコートにチャレンジしました。
6-20 003

水車パン屋へ行ったり広場を見学したりして、あっという間に夕方でした。今日はこれでおしまい。
お疲れ様でした!
BlogPaint

みんなで過ごす最後の夕食は、お土産に頂いた特別な日本酒「獺祭を開けました。
園芸部長(夫)が家庭菜園で作ったほうれん草を入れた、ちらし寿司、
それにオイルフォンデュという妙な献立でしたが、みんなで食べると何でもおいしい!
獺祭というお酒、なかなか手に入らない貴重な名酒みたいで申し訳なかったのと、
わたしのような酒音痴がいただいてしまうのはもったいないな~と思いつつ、
せっかくなので頂いてみましたが、信じられないほどおいしかったです。感激の大感激。
ワインでもなく日本酒でもなく、口当たりのとても良い、今まで飲んだ日本酒の中で一番。
我が家のソムリエ君はもちろん大喜びで絶賛していました。本当にご馳走様でした。
そしてなんと、もう一本お土産に頂いたので、特別な日にこの日を思い出していただきます。
最後の夕食も頭の中がごちゃごちゃで、たいした料理ができませんでしたが、
IZちゃんと一緒にキッチンに立って、ビール片手にしゃべりながら料理して、楽しかったです。
今夜もみんなで、カンパーイ!
BlogPaint

娘は二人が大好きなのですが、試験週間でもないのに毎日試験が1~2教科あり、
せっかく二人が近くにいるのに、思っていたよりも一緒に過ごせる時間が少なかったので、
いじけて不機嫌になってしまった日もありました。
そんな娘を見て、「あー不機嫌になってしまうほど、やっぱり二人が好きなんだな~」と、
わたしは逆にうれしかったです。
照れ屋の彼氏君も二人の優しい雰囲気にすぐになれて、この日も沢山の笑顔が出ていました。

明日はいよいよお別れの最終日。あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夢の一週間 その⑥へ続く・・・・・・

          
               
当ブログ内における文章、及び画像の無断転載を禁止します。