月曜日

子供の頃のピアノのW子先生が、ご夫婦でマーストリヒトまで遊びに来てくれました。
ご旅行でオランダ&ベルギーに滞在中ですが、アムステルダムからマーストリヒトまで、
最南端に住む昔の生徒に会うために、足を運んでくれました。
7時発電車に無事に乗ったそうですが、線路故障で乗り換え&遠回りなどし、
マーストリヒト到着は3時間遅れの12時半となりました。
そんなハプニングにもめげず&文句も一切言わずに、お元気な登場でした。
img20090630_4.jpg


マーストリヒト観光に当てられる時間が減ったので、
急ぎ足の観光となりました。
Vrijthof広場では、おいしそうなビールを横目に観光に走りました。
img20090630_6.jpg


聖ヤン教会では、初めて塔の上まで218段の階段を三人でハーハー言いながら登りました。
マーストリヒトを上から見たのは初めてでしたが、なかなかでした。
img20090630_11.jpg


ちょうどお隣りの聖セルファース教会のカリヨンが2曲鳴り、良い記念になりました。
img20090630_7.jpg


先生の昔の印象は、明るくて面白くて優しい先生。
習い事の先生として理想のタイプでした。
子供の習い事で好きな先生に当たるのはとてもラッキーです。
おかげで弟もわたしも、細く長くピアノを続けることができました。
そんな先生のもう一つの印象は「よくビール飲むな~&よく笑うな~」でした。
レッスンの帰りに食事をごちそうしてくださったことが何度かありましたが、
そういえば、そのたびにビール飲んでました。(しかも昼間から)
日本に里帰りした時も、二人だけで居酒屋に行ったのですが、その時もビールよく飲んでました。
やっぱり今日もビール。
img20090630_8.jpg


駆け足マーストリヒト観光、日本のガイド本に載っている場所はすべて行きました。
教会だった本屋さんでは優しい店員さんに当たり、日本語で挨拶して気分良く買い物終了。
場所は知っているけれど歴史を詳しく勉強していないので、反省しました。
超テキトーなわたしのガイドにも大笑いして、あっという間の3時間でした。
img20090630_9.jpg


途中、自宅で娘と夫も合流し、皆でドイツ・アーヘンへ。
ぎりぎりで、世界遺産・大聖堂にも入ることができました。
img20090630_5.jpg


ちょうどライブ演奏もあり、短くも楽しいアーヘン散歩でした。
img20090630_10.jpg


アーヘン名物・プリンテンはお土産に。
img20090630_1.jpg


ピアノを習い始めたのは遅く9歳でした。
結局先生一筋で習い、音大受験時に初めて違う先生に変わりました。
先生は早くからわたしの才能の無さに気がつかれていたはずですが、
最後まで面白く&決して怒らずけなさずに教えてくれたので、感謝しています。
その後も、家族ぐるみで先生にはお世話になり、今に至ります。
ご主人さまとは結婚式の時からラブラブで、
二人のお子様も成人され、いまだに本当に仲良しご夫婦です。
img20090630.jpg


そしてまたビール。
このジョッキで二杯、普通の顔して飲み干していった女性は先生が初めてです。
img20090630_2.jpg


アーヘンではちょうどCHIO国際乗馬大会のセレモニー(だと思う)があり、
広場は馬だらけ、見物客だらけで大混雑でしたが、その混雑もなんのその、
全員でドイツ料理をペろりと平らげて、マーストリヒトへ戻りました。
時刻表を見ると、何やらまた故障で遠回りらしく、がっかりでした。
先生ご夫婦はご不満を少しも顔に出さず、気持ち良く笑顔で帰られました。
img20090630_3.jpg

お土産もたくさんありがとうございました。
これを日本で買いそろえて持ってきてくださるのは大変なことです。
かわいい風鈴で、さっそくこの暑さを乗り切ろうと思います。
おいしそうなものばかり・・・・・。
img20090630_12.jpg


行きの電車5時間半、帰りの電車4時間半、本当に遠いところお疲れさまでした。
先生に出会って35年、オランダで思い出深い一日となりました。
日本の家族も、今日の日記を読んで喜んでいると思います。
次回はまた日本の居酒屋で!















コメントする

名前
 
  絵文字