オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2017年01月

一月

ぼーっとしている間に、一月も終わりに近づいてしまいました。
年末年始いろいろありすぎましたが、時間薬が効いて少し落ち着いてきました。
この何日かマイナス気温が続き、かなり寒かったのですが、この週末は久しぶりに0度以上です。

2016年のクリスマスと大晦日&2017年元旦は、家族にとって大きな思い出に残りました。
大晦日、ハナの亡くなる日は、具合がかなり悪いハナの横を離れず、
抱っこしながら、寝ているときにお餅を作ったり簡単なおせちを作りました。
夜に亡くなり、迎えた元旦の朝。
わたしは朝から教会で元旦ミサのピアノ仕事が入っていたのですが、きつかった・・・・。
みなさんと「あけましておめでとう!」のあいさつをかわすのが苦しかったです。
わたしの帰宅後、娘が泣きながらお重箱におせちを詰めてくれ、三人で泣きながら食べました。

DSCN0110


家族の元気の源は愛犬リリ。
ハナを母親の様に慕い、24時間365日一緒に過ごしてきたリリは、
ハナの死をどう受け入れるのかが一番心配でしたが、
家族みながリリちゃんリリちゃんと甘やかしているせいか、
すっかり甘えん坊さんになり、少しずつ元気が出てきました。
時々、ハナを探してはがっかりしている様子を見ると泣けます。
前からとてもおとなしい犬なので、ほかの人には変化がわかりにくいかもしれませんが、
リリに元気が戻ってきて、みなで心底喜んでいます。
リリだけで留守番をさせないように、常に誰かがいるようにしています。
DSCN0121

ハナが亡くなってから、ハナの好きだった雪がよく降ります。
ハナの火葬の日も、我が家は真っ白雪景色。
この庭を雪だらけになりながら、駆け回っていた白いハナ、大好きな雪の中、
小さな箱に入って我が家に戻ってきてくれました。
今、リビングの真ん中で大きな写真や大好きだったボールに囲まれています。
DSCN0113

先週は娘の試験週間で飯炊きおばさんに徹し、好物を作り続けました。
大量に残ってしまった伸し餅でぜんざいと磯辺焼き。
DSCN0117

DSCN0122

そして肉無しカニ餃子。夫も娘も肉を食べないので、肉入り餃子は作らなくなりました。
DSCN0133

心が乱れているせいか、皮がいつものようなきれいな丸形になりませんでした。
DSCN0132

なんとか完成。
DSCN0135

〆は総菜パンで。
DSCN0139

DSCN0142

ドイツ・アーヘンにも行きました。
いつものカフェのショーウィンドウはかわいい雪だるまになっています。
DSCN0128

娘の試験も無事に終了しました。3月には18才、オランダでは成人です。
わたしのピアノ仕事、1月は割と暇で3回のリハーサル、3回の教会ミサ演奏で終わりました。
年末までのピアノスケジュールも出たので、今年もコツコツがんばります。
DSCN0090



                                          このブログの記事及び画像の無断転載を禁止します。







ハナ、ありがとう。

2017年 、新年のスタートですが悲しいお知らせです。


我が家の宝物、愛犬ハナが12月31日に永眠しました。
8749c331

オランダに移住して二年後の、娘の6歳の誕生日に我が家に迎えて約12年間、
なくてはならない中心的な大きな存在で、たくさんの幸せを運んでくれました。
1483419026

一人っ子の娘の横にはいつもハナ、その横にリリがいて、
楽しいときは一緒に笑い、悲しいときはハナを抱きながら泣きハナになぐさめられ、
野原では一緒に駆け回り、雪が積もれば犬と雪遊び、一緒に成長してきました。
1483419127

夫が在宅勤務のため、犬だけの寂しい留守番はなく、
犬たちの横には常に家族がいて、本当に家族として24時間一緒に過ごしてきました。
1483419276

体の小さい犬でしたが、わたしたち家族にとってはあまりにも大きなかけがいのない存在で、
いつもハナ中心に笑いがたえず、ハナハナハナと笑っていました。
1483419459

振り返れば、不安の中で始まったオランダ生活、ハナを迎えたころからいろいろ落着き、
犬の散歩で家族もまとまり、大自然の中で家族と犬と過ごした時間は、
娘の成長にとても良い影響を与えたと思っています。
1483419948


小さな犬がわたしたち家族に与えてくれた大きな愛と幸せに感謝しかありません。
ハナが我が家に来てくれて、ハナも楽しかった幸せだったと確信しています。
1483420172

ハナは子供たちにも大人気で、娘が幼いころはハナ目当てで子供たちが遊びにきました。
娘にボーイフレンドができてからは、ボーイフレンドが遊びに来ると必ず二人の真ん中に入り、
二人の真ん中でかわいがってもらっていました。
1483420313

娘は成長してもハナとの関係は変わらず、反抗期でも生意気盛りでも、
娘の横にはハナ、とにかくハナでした。
1483420397

12月、義母とハナ、わたしたち家族にとって大事な存在を一気に失いました。
このブログでは、娘、ハナ、リリ、そしておばあちゃんが主役でした。
主役が二人いなくなってしまいましたが、これからもゆっくり少しずつ書いていこうと思います。
bddbee0e (2)

今年9月からは、娘も進学で独立する予定。
いつまでも続くと思い何気なく過ごしていた平和な楽しい日々は、少しずつ変わっていきます。
1483420732

残ったリリは、ハナより二年遅れて我が家にやってきました。
生後8週間だったリリは、ハナを母犬のように慕って、いつもくっついてハナの真似をしていました。
24時間365日一緒に過ごしてきたので、わたしたちのショックより大きなショックを受けているようで、
初めて階段から落ちたり、具合が悪くなって戻したりしています。
1483421373

ペットロスは人間だけでなく、残った仲間犬もなってしまうそうなので、
家族とリリ一緒に、ハナのいなくなった大きな穴をなんとかしてうめていこうと思います。
1483420932


苦しまず眠るような最期を看取ることができました。
覚悟はしていたものの、想像以上の寂しさに家族三人で途方に暮れています。
1483421468


当たり前の平和な時間は当たり前ではなく、決して永遠ではない奇跡なのだと思い知りました。
一日を一分を大事に、平和に感謝して生きていこうと思います。
1483421598

大好きなハナ、ほんとうにありがとう。何をしても本当にかわいかった。楽しかったよ。
cd635045

わたしたちはハナのことを絶対に忘れません。いつまでもいつまでも、ハナのことを想い続けます。
712dc693

娘が作ったハナの刺繍とのツーショット、わたしの好きな一枚。
BlogPaint

ハナと遊んでくれてかわいがってくれたみなさん、どうもありがとうございました。
ハナはたくさんの人にかわいがってもらって、幸せだったと思います。
この写真は亡くなる日の、ハナの最期の写真です。
最期の最期までかわいいかわいいハナでした。
DSCN0107


                                          このブログの記事及び画像の無断転載を禁止します。




最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ