オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2013年07月

鎌倉八幡宮

お世話になったIちゃんの家から、一人暮らしの母の家に戻りました。
フルタイムで仕事している姉が、わたしの帰国に合わせて夏休みをとってくれて、
毎日会ってわたしと娘の行動に文句も言わずに付き合ってくれました。姉に感謝です。
娘は小さい頃からわたしの姉が大好きで、オランダ語でおばさん「タンテ」と呼び慕っています。
その姉と、ららぽーと横浜に一緒に行き、おいしいものを食べたり、ショッピングを楽しみました。
7-30 005

日本のショッピングセンターはすごいです。
オランダの町にあるお店を全部合わせても、この店舗数にはかなわないと思いました。
そんな賑やかなショッピングセンターで娘が反応したのは、食品サンプル。
オランダのレストランでは見かけない食品サンプルの数々に感心して、
外国人目線で写真をとっていました。
7-30 003

姉と三人で食べたのはラーメン。
オランダではなかなか食べられないラーメン、おいしくて今回の里帰りでは何度も食べました。
7-30 002

翌日は母も合流して、夕食を共にしました。娘のリクエストで再び回転寿司、三度目でした。
オランダに戻ると回転寿司は遠い存在なので、思い切り楽しんできました。
すっかり回転寿司にはまり、食べまくりの娘でした。
7-30 013

水曜日は、姉と過ごせる最後の日。
車で来てもらい、スーツケースを成田のホテルに送る手配や、
わたしたちの最後の買い物に付き合ってもらいました。ありがとう!
車でいろいろ手伝ってくれたので、帰りの準備がスムースに進みました。
最後に母も一緒に4人でランチして、姉とは今日でお別れ。
また次の再会まで、お互い遠くで一生懸命がんばって、笑顔で元気に会えるようにしましょう!
姉と別れるときはほんとーーーーーーーーにいつも辛いです。
姉と別れた後、夕方から娘と二人で鎌倉へ行ってきました。
7-31 031

娘は日本で生まれ、幼稚園は鎌倉材木座、音楽教室は鎌倉駅前、七五三は八幡宮、
わたしも小学校二年生まで鎌倉だったので、鎌倉は思い出の地です。
7-31 002

里帰りすると必ず娘と二人で八幡宮をお参りしています。
今回も最後の日でぎりぎりでしたが、元気に二人でお参りできてほっとしました。
7-31 021

日本に住んでいるころは毎年この場所で家族写真を撮り、年賀状にしていました。
今回も同じ場所で二人で撮影したので、良い記念になりました。
7-31 029

夫も無事にオランダに戻ったので、
昨日は久し振りに元気な声が聞けて心底ほっとしました。
鎌倉を歩くときは、オランダの夫と娘がフェイスブックでビデオチャットしながら、
夫も一緒に歩いているように、鎌倉の画像を見ながらおしゃべりしていました。
また次の里帰りに娘と一緒にここへ来て、元気にお参りできる日までがんばります。
7-31 012

今日はスーツケースを成田ホテルへ送りました。
明日はいよいよ娘と一緒に横浜を離れ、成田へ向かいます。
今夜は母とわたしと娘の三人で枕を並べて一緒に寝ます。
里帰りはうれしいけれど、またオランダへ戻る別れがほんとーーーに辛いです。

Iちゃん夫婦、ありがとう!

今回の里帰りでは、Iちゃん夫婦にとても世話になりました。
日本到着時には、成田空港に迎えに来てくれて横浜まで送り届けてくれて、
その上、大好きなみなとみらいで、おいしいお茶もごちそうになり、
初日からとても楽しい思いをさせてもらいました。
早いもので、もう3週間も前のことになってしまいました。
7-11 012

その後も、大学時代の仲間との集まりのときには、お宅にお邪魔して二泊。
同窓会では娘の面倒も見てくれて、娘にとっては、その時間が何よりも楽しかったとか・・・。
とにかく楽しい良い思い出になっているようです。
大好きなIちゃん&ロコモコちゃんと。
7-23 018

あまりにも居心地が良くて楽しかったので、更に三泊!!!
野菜ソムリエのIちゃんの作る心のこもった食事を何度もごちそうになりました。
朝食からおしゃれ&バランスのとれたお食事。しかもおいしいのです。
ヴィシソワーズは、なんと鍋を使わない、しかも生クリームではなく豆乳でおいしくヘルシー。
オランダに戻ったら真似してみますね。
7-30 001

夕食には、おいしいカツカレーを頂きました。
サラダも酢の物も、なぜか一味凝っていておいしいのです。
7-30 010

Iちゃんは、演奏家でもあるので、とても忙しい日々であるにも関わらず、
家の中での彼女は、お料理をぱぱっとこなし、見た目も味も完璧な美しい料理、
お部屋の中も完璧に整頓されて、気持ちよく快適生活を送っているようで、
尊敬すべきところを沢山発見しました。
朝食もおいし過ぎておかわりしてしまいました。ごちそうさまでした!
全員集合できた最後の日の朝食、忘れません。
7-30 012


そして、Iちゃんのだんな様も、わたしとは同じ大学で青春時代を共に過ごした友人。
大学の頃から二人は仲良しでしたが、今でも全く同じでした。
二人は私にとっては後輩なのですが、何かのご縁でこうしてつながっていられます。
優しい二人が仲良く暮らす快適生活、見ていてとてもうれしかったし、気持ちよかった。
わたしたち親子を快く受け入れてくれて、快適に過ごさせてくれて、
感謝しきれないほど感謝しています。二人のおかげで、過労だった娘の体力も気力も回復し、
すっかり我が物顔で寛いでいました。
かわいいかわいい犬二匹とも長時間一緒に過ごせたので、幸せな時間でした。
可愛すぎる、ロコ&モコ、元気でね。
7-30 006

わたしもオランダに戻ったら自分の家で「快適に気持ちよく暮らす」ということを、
二人を見習って見直していきたいと思いました。
今回の里帰りでは何から何までお世話になり、本当にありがとうございました。
娘にも優しくしてくれて、本当にありがとう!

オランダに再び二人で来てくれるのを心から待っています。
Iちゃん&テディ、ありがとう&元気でね!
またね!

Iちゃん宅再び居候!

日本滞在中の最後の週末は、まず姉の家に一泊お世話になりました。
大学で試験中の姪っ子も一緒に、再び回転寿司へ行き、娘も大満足。
Nちゃん、忙しい中お付き合いありがとう!
7-27 006

夕方から、車で姉に送ってもらい、再び友人夫婦の家に娘と二人で突撃。
あまりにも居心地が良かったので勝手に自招待、娘も大喜びで、
友人宅なのに「ただいまー」と叫びながら入っていきました。
大好きなロコ&モコちゃんたちと夢の再会!
娘にもすっかり懐いてくれた、美人でおとなしいモコ姫ちゃん。
7-27 008

大歓迎の踊りで迎えてくれた、いつもハッスル・イケメン王子のロコ先生。
7-27 010

急な突撃にも関わらず、手作り惣菜でおもてなししてくれた、Iちゃん。
彼女は演奏家でもありますが、野菜ソムリエでもある、優しくて素敵な女性。
娘もIちゃんが大好きですっかり懐いてしまい「Iちゃんの子供ならよかった」とまで、
言われてしまいました。おいしい野菜料理でおしゃべり三昧、楽しい夜でした。
どれもこれも薄味なのにしっかり味がしみていて、さすがのお料理でした。
7-27 012

日曜日は、わたしが中学生の頃からお世話になっている、
元ご近所のおばさん・とき江ママの家に、別れのあいさつに娘と行ってきました。
妹さんのR子さんも来てくれて、娘にプレゼントも頂きました。
いつもわたしたち親子を歓迎してくれてありがとうございます。
また日本へ戻り、笑顔であいさつできるように、オランダに戻ってもがんばります!
とき江ママもR子さんも、お元気でいてください。ありがとうございました。
BlogPaint

Iちゃんに送ってもらい、帰りも車で迎えに来てもらい、本当に助かりました。
更に、Iちゃん宅に到着すると、採りたてのお野菜で、おいしい天ぷらを作ってくれました。
こちらが、Iちゃんのいとこさんが作ったという、採れたて野菜です。
image(3)

お野菜が、野菜ソムリエIちゃんの手にかかると、あっという間にご覧の通りおいしいお料理に変身。
人生初、ヤングコーンの穂の天ぷら!
7-28 011

これが、さくさくっとして、とてもおいしくてびっくり仰天。
7-28 012

人参の葉っぱの天ぷらは、粉を葉っぱに振り掛けておいて、
油で揚げる直前に水をふりかけて揚げたそうで、ご覧のとおり葉っぱの形が残り、
油っぽくなくて、さくさく香ばしい最高のおいしさでした。
Iちゃんのお宅での食事はいったいこれで何食目になるのでしょうか・・・・。
今夜もご馳走様でした。おいしかったです。
image(2)

娘の疲労もそろそろ限界ですが、Iちゃんのおかげで心身共にリラックスできたので、
夜もぐっすり寝て、たまった疲れも徐々に取れているように見えます。
多感な時期の14歳に、母親と共に日本で日々動き回り沢山の人たちに会い、
いろいろな思いで過ごし、それはそれは疲れたと思うのですが、
おかげさまで体調も崩さず元気に過ごせました。感謝しきれないほど、感謝しています。
調子に乗っている親子、図々しくあと一泊お世話になり、
明日はいよいよIちゃん夫婦とお別れです。あ~~~~~~~~~~いやだ。





温泉一泊旅行

フルタイムで仕事をしている多忙な姉が、わたしの帰国に合わせて連休を取ってくれました。
里帰りの度に一生懸命時間を作ってくれるので、とてもありがたいです。
姉の車に母と共に乗り込み、まずは、わたしが結婚して住んでいた逗子市をドライブ。
ベビーカーを押して散歩した小坪漁港など、懐かしい場所を通ってもらいました。
7-25 003

夕方の散歩でよく歩いた葉山の海岸線を通り、三浦市に到着。
女4人で温泉にやって来ました。
窓からは三浦海岸が見える、とても広くて開放感のある部屋、
リビングの他に、寝室が洋間&和室の二間、それに広いバスルームで快適でした。
7-25 007

到着後、貸し水着に着替えて、打たせ湯やハーブ湯、蒸し箱などのある、
クアパークを楽しみましたが、久し振りの水着姿に気絶しそうになりました。
水着姿はひどいものでしたが、母に大受けして笑ってくれたのでよかった・・・・。
母は少しだけ盆踊りに参加しましたが、盆踊りは体調にあまりよくないようでした。
7-25 015

夕食は、バイキング。三浦といえば、三崎のマグロ。
マグロの刺身やカニの食べ放題、三浦スイカなど、どれもおいしく、
四人共に大満足で食べ過ぎました。
1GwqAK

とくにカニ、母の大好物なのですが、母が喜んでむしゃむしゃむしゃ、
娘も人生初のカニに、喜んで一生懸命むいて食べていました。
7-25 019

夕食後は4人で温泉に入り、お互いに背中を流し合いました。
7-27 001

夜、窓から海を眺めると、月の光が海を照らしてとてもきれいでした。
7-25 025

翌朝は朝食前に姉と朝風呂し、さっぱりしてからみなで朝食バイキング。
朝から夕食のようにとりすぎて、またしても倒れそうになるほどでしたが、
どれもこれもおいしくて、大満足の朝食でした。
7-27 002

温泉一泊旅行、今回は三浦海岸で楽しみましたが、
横浜から近く、部屋が広く食事もおいしくお風呂も広くて、
とにかく大満足でした。良い思い出ができました、姉さんどうもありがとう!

同窓会

成田空港に到着した日に空港まで迎えに来てくれた友人夫婦の家に、
再び押しかけてきました。車で迎えに来てもらって、とても助かりました。
Iちゃん夫婦が大好きなので、娘はこの日をとても楽しみにしていました
長野から、日々4人の子供たちの子育て手多忙な日々を送るKちゃんも、
毎年恒例でかけつけてくれて、夢の再会の実現です。

Iちゃんが、手作りのこんにゃく寿司で迎えてくれました。
しその香がきいてさっぱり、とてもおいしいお寿司でした、Iちゃんありがとう。
オランダに戻ったら真似して作ってみたいです。
137461363526411

オランダでのんびり暮らすわたしとは違い、それぞれ日々超多忙生活を送る友人たち、
時間を作って集ってくれて本当にありがとう。再会の場所の提供もありがとう!
ちなみに、わたしは右から二番目娘のとなりです。
7-23 014

久し振りの乾杯のために、Iちゃん夫婦が行きつけのおいしい炭火焼の店を紹介してくれて、
ほんとーーーに久し振りに本格的な炭火焼の店に行きました。
どれもこれもおいしくて次から次へと注文し、大満足でおいしかったです。
お肉を食べないIちゃんは、野菜サラダなどを食べているだけで申し訳なかったです。
137461329678483

翌日の朝食は、大分に住むIちゃんのお母様が送ってくださった手作りお惣菜の数々!
それにKちゃんが長野からもって来てくれたお味噌で作ったおいしい味噌汁で、
超豪華なごちそう朝食を頂きました。
大分のSママ様、どれもこれもとってもおいしかったです、ごちそうさまでした。
本当にありがとうございました。
Sママ様のおかげで、日本へ帰ってきてよかった~!と思える朝食でした。
7-23 001

Iちゃん夫婦の宝物ロコ&モコちゃんに、娘もわたしも、かなり癒されました。
相変らず美人のモコちゃんに、いつもお茶目なイケメン・ロコくん。
娘はロコ&モコちゃんたちに会うのが、日本での一番の楽しみでした。
137463633263458

滞在二日目は家の中で一日中だらだらさせてもらい、リラックスさせてもらいました。
連日母親に連れまわされてくたくたの娘も、かなり体力気力共に回復でき、助かりました。
ランチには、これまた大分のIちゃんのお母様手作りで送ってくださった、
ローストビーフ・サンドをIちゃんが作ってくれました。
Sママ様、これまた美味で娘も大喜び、本当においしかたです、ありがとうございました。
7-23 023

夕方から、通っていた音大目の前にある和風居酒屋にみんな揃って行きました。
フェイスブックで何年かぶりにつながった大学時代の仲間たちが集ってくれたのです。
体型が変化したり他の理由もあるのですが、昔から同窓会が苦手で、
同窓会に出て昔の仲間と積極的に会う、ということをしてこなかったので、
卒業以来に会う仲間もいましたが、会えばあっという間に音大時代にタイムスリップ。
あの頃のままの仲間で思い出話や近況報告をし合ってきました。
みなさん、わたしの都合に合わせてくれて、ありがとうございました。
蜀咏悄

長い年月が経ち、多少外見が変わっても、人間の本質というのは変わらないものだと改めて実感。
これからも久し振りの仲間にいつ会っても恥ずかしくない生き方や人間でありたいと、
強く思いました。がんばらねば。
わたしたち親子を、優しく温かく受け入れてくれたIちゃん夫婦、多忙の中、本当にありがとう!


最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ