オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2012年12月

パイプオルガン弾き納め

ガールズトークは遅くまで続きましたが、騒がず楽しく過ごせたようで二人共笑顔で起床。
楽しすぎたようで昼から更に一人増えて今日は三人集合。
わたしはちょっと息抜きしたくて、修道院へ電話してパイプオルガンを予約し出かけました。
12-30 001

前回来た時はクリスマスマルクトが行われ教会がオープンデーで沢山の人で混雑していましたが、
今日はとても静か、少数の見学者が静かに教会内を歩いているだけでした。
12-30 005

見学者の方はいつも優しく、わたしの弾くオルガンでも演奏が終わると拍手をくれたり、
ありがとう!と言って帰っていくので、素人のわたしにはとてもありがたいです。
今年も自己満足のパイプオルガンのおかげでオランダ生活を楽しく過ごせました。
教会で演奏もできたので、大好きな音楽を身近に感じることができた良い一年でした。
12-30 003

帰宅するとギャルズが盛り上がっているところだったので、おばさんも部屋に登場し、
しばしガールズトークに参加してみましたが、圧倒されたので速攻退散、無理です。
とにかく楽しいようでよかったですが、部屋の中はすごいことになっています。
12-30 006

そして盛り上がりすぎて、お泊まり会延長しかも一人追加の三人。
おばさんはエネルギー切れだったので、近所のスナックバーでジャンクフードをテイクアウト。
実は手料理よりも喜ばれるポテトフライセット、子供に大人気です。
一人は自宅に戻って夕食を食べるという約束を両親としていたので一時帰宅し戻って来ました。
12-30 007

オールドチームは、今夜も二人で和食inキッチン。
大根をたっぷり入れたおでん、それにわたしは生姜焼き定食、夫は豆腐サラダ。
オランダ人の夫と「あーやっぱり和食だぜ」と言いながら今日も全部平らげました。
12-30 008

明日は年越し、わたしはオランダの大晦日が大の苦手、何度経験しても苦手の苦手。
年に一度花火が許可される日なので、子供から大人までけっこうな金額をはたいて、
花火を買ってひたすら朝から花火を打ち上げ、年越しの12時近くなると、全国大花火大会。
運転も怖いし歩くのも怖い、犬も怖がって一日中震えながら吠えるので本当に苦手。
30日から元旦に飛んで欲しいくらい大晦日が苦手です。
そんなこともあってか、年末30日くらいになると、日本恋しい病になってしまう47歳。
今日も日本の母と電話でおせち料理のことを話していて、すっかり懐かしくなってしまいました。

今年も残すところ一日、いろいろな方にお世話になり、今年も無事に終わります。
日本の家族はもちろんのこと、親戚のみなさん、とき江ママ、三崎の僕ちゃん&R子部長さん、
母のお友達のみなさん、かんこ、IZちゃん&テディ、そしてわたしの大事な友人たち、
そしてこのブログを読んで下さっているみなさま、今年もいろいろありがとうございました。
みなさんの支えがあってこそ、オランダという遠い地でも元気で過ごせています。
どうか良いお年をお迎え下さい。

今年もあと二日

前に注文しためがねが完成したので、木曜日に受け取りに行きました。
老眼鏡の使いすぎでかえって悪化してしまったので、人生初めがねは遠近両用。
サービスで老眼鏡も作ってもらいましたが、どちらもすぐに慣れて良く見えています。
これで老眼鏡をかけたりはずしたりの面倒が無くなりました&家族三人とも全員めがね。
12-27 001

金曜日は仕事納め、仕事始めは四日なので一週間フリー、イエーイ。
すずめの涙冬季ボーナスも支給されました、少ないけど無いよりはまし、ヤッパリうれしい。
金曜日は娘の男子友達(BFと言っていいのかもしれないけど・・・)が遊びに来ました。
同じ学校&コースの二つ先輩のA君、昼過ぎから夜の8時まで楽しそうに遊んでいました。
ヒューヒュー
BlogPaint

子供の笑い声が一番です、夕食はもちろん我が家でヤングチーム&オールドチームに分かれて。
わたしは風邪で体調イマイチだったのでじゃがいも気分はなく和食&ヤングチームは星型ポテトで。
12-28 00312-28 007

土曜日は夫と二人でドイツ・デュッセルドルフまでドライブしてきました。娘は女友達と留守番。
ほんとーーに久し振りに青空が出たので気分上昇、日光浴になりました。
12-29 004

デュッセルドルフの目的は日本食の買出し&日本食のランチ。
米などの大きな買い物は速攻で済ませて、ランチへGO.
今日はネギトロ&天麩羅のランチ、里芋とイカの煮物や厚焼き玉子もおいしかった。
12-29 002

米30キロ、その他味噌や豆腐、めんつゆ、食パン、もちなど買い込んで来ました。
正月用に「久保田」も買って来ました。(安いのだけど)
12-29 00612-29 008

今日は娘の女友達がお泊りに来ています、学校も住んでいる場所も違うけど長い友達で、
とても気が合うようです。
部屋はマットレスを床に置いてめちゃくちゃですが、ゲラゲラ笑い声が聞こえているので、
二人共楽しそうで何よりです。やっぱりこの年は親より友達、毎日楽しそうで親はうれしいです。
12-29 009

夕食は、娘には悪いけど昨日とほぼ同じ。
ヤングチームはポテトグラタンと煮込みハンバーグ、オールドチームは納豆パスタ。
12-29 01212-29 015

ギャルの恋バナは尽きないようで、夫婦共に耳をダンボにして二人の会話を聞いていました。
あー若いって素晴らしい。
12-29 013

クリスマスや来客が続いたので、どうしても、家にいて料理するネタばかりになってしまいました。
そろそろ新年の準備もしないといけないところですが、ちょっとエネルギー切れ気味。
このまま元気で年末年始を迎えられればそれでokです。
今日は日本の母の元気な写真も見られたので、とてもうれしかった。
今年も残すところあと二日間となりました。




教会ミサ演奏

娘に「ママ、たまには一緒の部屋で恋バナとかたくさんおしゃべりしながら寝よう」と、
招待され喜んで泊まりに行ったのですが、ベッドに入り一秒で撃沈。
朝6時まで一度も起きずにぐっすり眠り込みました、娘よごめん。
そして9時から教会で男声合唱団&ソプラノソリストとのリハーサルでした。
12-26 007

教会のミサの経験はオランダで何度もあるので慣れてはいるものの、
わたしはクリスチャンではないので、ミサの進行など一切詳しく知りません。
今日はミサの中での演奏、しかも祭壇上で司祭様の真横、真後ろでの演奏、ど緊張。
ミサの最中にはもちろん写真撮影などできないので、リハーサル風景を娘に撮ってもらいました。
娘は譜めくりとして手伝ってくれたので一緒に祭壇に乗りました。
ミサの始まる直前に曲が増えたりしかも楽譜がなかったりとどたばたでしたが、
なんとか無事に終わり「音楽いっぱいの美しいミサだった」と村の人に褒められました。
バーバーのソプラノ&ピアノの曲は美しいソリストの歌声にうっとりしながら弾いて来ました。
わたしの住んでいる村の教会でのミサの演奏は、とても良い経験になりました。
本物のミサに祭壇上で演奏するなんて、わたしもオランダで相当図々しく成長しました。
義母&夫も聴きに来てくれて、とても喜んでくれました。
ソプラノソリストはベルギー人の若い女性でしたが、容姿も歌声も美しくブラヴォーでした。
良い思い出のクリスマスになりました。
12-26 004

ミサは12時前には終了したので、一度帰宅して着替えてからいつもの修道院へ向かいました。
12-26 008

今日は、この修道院のパイプオルガンをわたしに演奏してもいいですよ、と許可してくれた恩人、
オルガニスト・Tさんのコンサート、奥様はソプラノ、オーケストラを従えての演奏会でした。
いつもガラガラのオルガンコンサートも今日はたくさんのお客、活気がありました。
12-26 011

おばあちゃんは、我が家から次男夫婦宅へ行き、今日もクリスマス会、忙しい人気者です。
我が家のクリスマスは一段落、年末まで通常通り仕事して、年始は4日から仕事。
ぼけーっとしない日々、体は疲れますが心は充実してうれしいです。

クリスマス&誕生日

年中暇人なわたしですが、クリスマスは大忙し。
日本のようにイヴにごちそう&ケーキではなく、25日に家族が集ってクリスマスを祝いご馳走を食べ、
今年の無事を喜び合い来年の健康を願い、プレゼント交換したりゲームしたりして過ごすのですが、
夫の誕生日でもあるので、親戚がお祝いにかけつけて一年で一番わたしが忙しい日です。
そこで、強力な助っ人登場!!
12-25 030

サンタクロースも夜中のうちに来たらしく、プレゼントも朝には無事に整いました。
12-25 009

朝、夫の兄夫婦&エリザベスおばあちゃんがやってきて、誕生日朝食会、朝からシャンペン乾杯!
(夫とわたしは写っていません)
12-25 018

毎年恒例もみの木パン&もみの木ハム、これを買うたびに、あーまた一年が経ってしまったと思うのです。
12-25 01712-25 016

昼からは夫の姉夫婦が登場して、誕生日会パート2。
シュトーレン、ベリーパイ、どちらも苦手で食べませんでしたが久し振りに甘いものだらけです。
12-25 00212-25 026

夕方はプレゼント交換、兄夫婦&姉夫婦ともプレゼント交換したので、三回目。
オランダに移住した頃はこれで苦手で苦手でしょうがなかったのですが、今ではすっかりオランダ人。
おばあちゃんもゲラゲラ笑って大成功。
12-25 028

クリスマスディナーは、おばあちゃん&わたしたち家族の四人で頂きました。
93歳の義母が今年のクリスマスも元気で一緒に過ごせることは本当にうれしいです。
12-25 048

今年も牛肉の赤ワイン煮にしました。毎年作っているので目をつぶっていてもできそうなくらいです。
12-25 046

当日冷蔵庫を見ながらテキトーに作ったなんちゃって前菜、一番おいしかったのはメロン。
12-25 031

久し振りに白ワインをグラスになみなみ一杯飲んだので倒れそうでしたが、楽しい夕食でした。
12-25 050

娘からわたしへのクリスマスプレゼントは手編みのクッションでした。
生意気盛りですが、親はこういうのに弱い弱い・・・・・。参りました、娘よどうもありがとう。
12-25 05212-25 053

どたばたでしたが、家族が集ってにぎやかに過ごせて本当によかったです。
夜のゲーム優勝はおばあちゃん、うれしそうでした。
今年は母が倒れ二回日本へ帰ったのですが、なんとか復活してくれて本当によかった。
いろいろあって、やはり家族の健康に感謝し、平和な日々をこれからも大事にしていきたいと思います。
クリスマスの雰囲気は一月六日の公現祭まで続きます。

イヴ

日曜日の朝は日本の母とゆっくり長電話で始まり
「クリスマス家族と楽しく仲良くおばあちゃんを大事に」と、言われ、
電話を切っすぐのて朝ごはんで家族喧嘩。だめだこりゃ。
今週も親子喧嘩でスタートした我が家、娘も冬休みに入り先が思いやられますが、
ラクレットで仲直りということで、日曜日夜はなんちゃってラクレット・グリル。
12-23 002

話も食もアルコールも進むし食事時間が長くなるので、仲直り食事にはぴったりでした。
BlogPaint

月曜日は普通に仕事だったので、帰宅後、25日用の料理を仕込みながら、カレーとナンを作りました。
12-24 00412-24 005

焼きたてのナンは格別においしいです。
12-24 009

夜は三人で古い映画を観て、その後はまたまた仕込み。
今年もまた牛肉の赤ワイン煮なので、体が勝手に動き、料理が楽です。
パプリカのマリネもできて冷蔵庫に冷えているので、あとはまた明日。
職場で赤ワイン&シュトーレンをもらったのですが、夫もパン屋で買っていて合計三つ。
わたしはあまり得意ではないので、見ているだけでお腹いっぱいです。
12-24 002

わたしの住む村ではクリスマスはうさぎの甘辛煮を食べる家庭が多く、
24日の夜は毎年甘辛い匂いがしてきますが、わたしは一度も食べたことはありません。
鹿などの野生肉料理も多いようですが、この村ではうさぎが多いです。
食べ物の話ばかりですみません、クリスマスは日本で言うとお正月のようなものなので、
どうしても家にこもって料理、という時間が増えています。

それでは素敵なクリスマスをお過ごし下さい、メリークリスマス!
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ