オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2012年07月

オルガンフェスティバル

午前中からD君登場、また背が伸びたようで大きくなっていました。
ランチはみんなでおにぎり。完全なる手抜きでしたが、D君は久し振りのおにぎりを喜んでいました。
7-31 001BlogPaint

夕食後一人でマーストリヒトへ行きました。
7-31 004

聖母マリア教会で、パイプオルガンのコンサート。
olv-kerk foto

バロックばかり10曲を一時間休憩無しで、素晴らしいコンサートでした。
onzelievevrouwkerk orgel

演奏家はイタリア人のマテオ・インブルーノさん、ブラヴォー!
〆はゲオルク・ムファットのトッカータでした。
              
      
夜中に目が覚めて、日本に居る錯覚に陥り一瞬パニックになることが続いています。
夢の中で一緒にどこかに出かけている母とはぐれてしまって探し回って呼び続けたり・・・。
まだまだわたしの心は日本に残ってしまっているようです。

徹夜トーク

ガールズお泊まり会は、徹夜でおしゃべりだったそうで、
老夫婦が朝起きてもまだしゃべり続けていました、若いっていいな~。
朝食後、寝不足がお肌に影響しないようにパック、パックしても大笑い。
昼食後、今度はJちゃん宅に遊びに行き、夕方から男子二人増えてまた我が家。
親友の家が近いととても便利です。
7-30 001

夕方から夫のお友達オランダ人が遊びに来てくれました。
日本在住ですがオランダに一人で帰省中。
奥様は日本人、わたしたちが日本在住のとき、
日蘭カップルの先輩で仲良くして下さりお世話になりました。
初孫が誕生しおじいちゃんになったばかり、おめでとうございます!
オランダ人二人流暢な日本語なので、今日は我が家も日本語で会話。
BlogPaint

もちろん夕食は和食、お客様のGさんも肉を食べないのでいつものママ弁当。
なつかしい再会でした!
7-30 003

徹夜ガールズトークの娘は、夕食終了と同時にテーブルで眠り始めてしまい退場。
午後7時にベッドに入りました。
一晩中話してもまだ話し足りないなんて、うらやましい。


うれしいお土産

あまりにも疲れていたせいかぐっすり眠れているので、
時差ボケも無く、娘もわたしもオランダ時間通りに過ごしています。
日曜日の今日は日本からのお土産の整理などしてのんびり過ごしました。
夫へのお土産で大受け&大喜びだったワインボトルウェアーセット、
さっそくワインに着せて飾りました。すてき!
7-29 066

後姿も素晴らしくよくできています。
IZちゃん&テディ夫妻、本当にいろいろと素敵なお土産をありがとうございました。
どれもこれもセンスがキラリ、さすがでした。
7-29 067

こちらはとき江ママの奈良のご友人に頂いた、素敵な漆の椀。
想像通り夫がとても喜んで、早速リビングに飾っています。
まだまだ頂いたお土産はたくさんあるのですが、ゆっくりUpしていきたいと思います。
7-29 069

娘は今日も親友Jちゃんと遊びました。
部屋からゲラゲラキャーキャー笑い声が聞こえ、本当に再会を喜び合って楽しんでいます。
隣村のカフェにお茶しに行ったり夜はピザを一緒に食べたり、お土産を渡し合ったりと、
娘が大好きな楽しい日々がまた始まりました。
BlogPaint

あまりにも盛り上がりそのままお泊まり会、修学旅行のように楽しそうでした。
BlogPaint

フランスはピレネー山脈に旅行に行っていた夫が撮影した写真を今日はゆっくり見ました。
古くからのお友達夫婦にお世話になったのですが、とても楽しそうな夫の写真を見て、
わたしも本当にうれしいです。
夫がとてもうれしそうに話をするので、本当に楽しかったのがよーくわかります。
ぶつぶつ口うるさい妻&反抗期の娘と一緒では、こんなに楽しい山歩き旅行はできなかったでしょう。
BlogPaint

山頂の山小屋でテントで寝た写真、お友達夫婦とレストランで楽しそうに食事している写真、
美しい山の風景、寝台列車での写真、どれもこれも素晴らしかったです。
ポーズも決まっています。
BlogPaint

2651mにある山小屋でテントを張って一人で寝たそうです。(密かな夢がかなった)
庭で練習しておいて良かったネ。
174

山の写真、海の写真どれもこれも美しい写真でした。
こちらはビアリッツ、あ~いいな~。
242

夫と別行動だったおかげで、わたしは日本で母に集中でき&娘とじっくりの二人旅もでき、
夫も念願の山歩きができ、今年の夏はお互いにとって有意義な夏休みとなりました。
お世話になったお友達ご夫婦に心から感謝します!

日本の母、今日はお友達とき江ママ宅でランチしていて、声は元気そうでした。
お友達の存在はほんとーにありがたいです。

ただいまオランダ。

日本で過ごす最後の夜、ホテルではいろいろなことを思い出し娘としんみりしていました。
前は母も成田まで送りに来てくれてホテルで一緒に過ごしていましたが、
日本にいるのにみんなに会えないホテルでの二人きりの夜は、なんとも言えない気分でした。
姉からのメールに二人で泣いたり、情けない夜を過ごしました。
気を取り直し、朝8時ホテルを出発です。
7-29 002

飛行機では寝ることのできない娘が、初めて5時間通して眠ることができました。
よほど疲れていたのでしょう。
オランダ時間で金曜日夜11時55分、日本時間では土曜日午前6時55分、
オランダの我が家に到着しました。
飛行機ロンドン経由だったので、ロンドンでの乗り換え待ち時間、
更にアムステルダムから田舎の我が家への移動時間など入れるとかなり長旅でした。
空港には夫と犬二匹が花束抱えて出迎えてくれました。
犬に会いたがっていた娘はパパそっちのけで犬へ突進、喜んでいました。
疲れの限界だったわたしは花束を受け取る元気も無く、しかも車の中で爆睡。夫、ごめんなさい。
7-29 061

久し振りの我が家は、やっぱり落ち着きます。
到着したと日本の母に電話し、そのままベッドに倒れこみ時差関係なくよく眠れました。
花束も夫自身が花瓶に移してくれていました。
7-29 065

スーツケースの整理と食料の買出しで一日が終わってしまった土曜日。
娘は13時間眠り続け、早速親友の家に遊びに行って楽しそうに帰ってきました。
久し振りに三人で食事し、夫のフランス旅行の話、日本での話しで盛り上がりました。
7-29 063

オランダ生活再開、ここから日本の母に何ができるのか、それがわたしのこれからの課題。
三週間ぶりのオランダ、2~3日は最高気温が20度ほど、でぶにはありがたい涼しさです。
また今日からオランダのんびり日記に戻ります、日本ではいろいろありがとうございました!

また会う日まで!

最後の夜は同じ部屋に三人一緒に寝ました。
思いの他ぐっすり眠れて、朝一番で母とコンビニまで散歩。
昼は、退院後初めてご飯を作ってくれました。
サバの塩焼き定食、とってもおいしかった、一生忘れません。
午後4時半に三人で涙涙の別れをし、暑いので玄関でお別れしました。
娘と二人でバス停まで歩き、バスに乗り込んで後ろを見ると、
追って一人で歩いてきた母を発見、娘が号泣してしまいました。
バスから手を振りましたが、転ばないか心配で仕方がなかったです。
二人で恥ずかしいほど泣きながら電車に乗り横浜へ。
人が多くてびっくりしていた横浜駅ともしばらくお別れ。
BlogPaint

スカイビルで日本での最後の夕食を娘と二人で。
横浜の夕焼け空を見ながら、また思い出し泣きの娘。
7-26 002

バスに乗り成田空港に到着。
7-26 009

さんざん泣いて、オランダのパパとチャットしてやっと落ち着きました。
病院で、退院後の家で、おばあちゃんと密着して過ごし良い人生勉強をしたようです。
7-26 010

三週間、娘と毎日一緒に過ごしたくさんの話をしました。
オランダに住みながら日本の家族を想うわたしのことを、より深く理解してくれたと信じています。
一度大きな喧嘩もしましたが、それはそれで良い結果を生んだような気もします。
病院の見舞いに始まり退院後のおばあちゃんとの生活、一緒によくがんばってくれました。
母は今日から一人暮らし再開、
「不安なときに一緒にいてくれて本当にありがとう。がんばるから、オランダで幸せに暮らしなさい。」と、
最後に言ってくれました。
バス停に立っている母の姿が目に焼きついて仕方がないのですが、
また次に元気で会えるようにオランダからできることで応援していきたいと思います。
日本でお世話になったみなさん、本当に本当にありがとうございました。
明朝の飛行機でオランダに帰ります、また会う日まで!
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ