オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2012年05月

キッチン&課外授業

義母は自宅に戻る自信が出たのと、介護を自宅で受けるために自宅へ戻りました。
日に何人もの介護士さん&家族が来てくれるので、かなり安心して自宅で過ごしています。
日本の母は日々リハビリを頑張っているそうで、お見舞いに行ってくれた従姉妹から、
母のがんばっている写真を何枚か送ってもらいました。
歩行器無しで歩いている姿は初めて見たので、とてもうれしいです。感動しました。
リハビリ病院の雰囲気がとても明るい&窓が大きく気持ちが良いそうです。
一ヶ月前の母からは想像もできない姿です、自分の親ながら、本当にかっこいい!
お母さーん、がんばってねー!もうすぐ行くからね!
BlogPaintt003

わたしは朝一番で歯医者、いい年して恥ずかしいけれど歯医者が怖い。
その後、夫と二人でキッチン専門店へ。
このブログを長い事読んでくださっている方には「またキッチンの話」と思われてしまいますが、
まだ密かに続いていた我が家のキッチン改造計画。
わたしが日本へ一人で帰っているときに夫がキッチンを使い、改造決心が固まったようです。
娘と二人でわたしのためにケーキにチャレンジしたところ、
真っ黒いレンガのようになってしまったケーキ。
動かなくなった食洗機、時々電気のつかない冷蔵庫、吸い込みの悪い換気扇・・・。
そんなわけで、夫が限界を感じ、わたしも説得されて重い腰を持ち上げ、
やっと図面も出来上がり契約にこぎつけました。
機械一つ一つ、ランプも一個ずつ、蛇口の形、取っての形、棚の色、
引き出しの形などなど、すべて自分で決めなくてはいけないので、(これが二人とも超苦手)
図面仕上がりまで合計すると何十時間もかかりました。
これではないですが、こんなイメージ。
keuken

まだ契約書にサインしただけですが、長い事「やらなければ」と思っていたことが終わり気分すっきり。
改造するエネルギーがなかなか出ず、図面を書いてもらってはなんとなく話が消え、
また別の店に行き図面を書いてもらっては消え、の繰り返しだったので、決まってとてもうれしいです。
今使っているキッチンは家の前の持ち主が作ったので、かれこれ20年以上経っています。
使いやすく気に入っていますが機械類がそろそろ寿命、全改造して老後に備えます。
完成は三ヵ月後、8月下旬の予定。お別れ記念に一枚。
5-30 023

うれし過ぎてそのまま田舎カフェに行き、アルコールフリービールレモン味で乾杯。
5-30 005

ホワイトアスパラガスのスープ&黒パンでランチ、話題はどうしても二人の母のこと。
5-30 010

週末に買ったアスパラガスといちごがおいしかったので、もう一度おばさん直販に行きました。
おいしかったです!という話からご先祖様の話になり、長い立ち話となりました。
飾ってある写真は、おばさんのだんな様のご先祖様。
誰が誰なのか、どんな人生だったのか全部教えてくれました。
5-30 011

甘いものが食べたくなり、もう一軒別の見晴らしの良いカフェに行きました。
5-30 017

今度はパンケーキ&カプチーノで乾杯、二人ともすごい食欲。
夫と二人でゆっくりカフェに来るのは久しぶりでした、話題はここでも二人の母のこと。
5-30 0125-30 013

娘は今日、ギムナジウム・デーで、ラテン語の課外授業でした。
課外授業の行き先はドイツのクサンテンという都市。
xanten

週末に買ったセクシーワンピースを着てばっちりメイクで張り切って出かけました。
ギムナジウムの生徒は他のコースの生徒に「がり勉、オタク、ださい」など言われることがあるそうで、
娘はださくなりたくないのだそうです。
見ざる聞かざる言わざる・・・・・笑顔で「いってらっしゃーい」と見送りました。
課外授業は同じくギムナジウム3年生のD君も一緒だったので、一緒に帰宅。

夕食は、農家で買った野菜といちごを並べただけ。
課外授業の話を聞きながら(わたしだけちんぷんかんぷん)、あっという間に食べ終わりました。
5-30 031

母の元気な写真を見ることができて、心身共に元気百倍、とてもうれしいです。
先週は落ち込みウィークで陰のエネルギーを自らびしばし放っていましたが、
陽のエネルギーを母たちからもらって、家族が明るくなりました。

義母

聖霊降臨祭で月曜日まで三連休。
天気も絶好調で、気持ちの良い三連休となりました。

娘は友達とマーストリヒトにショッピング、急に暑くなったので夏服の買出し。
帰ってきて、娘は買ったものをうれしそうに並べ、母親はそれを見てびっくり。
超ミニホットパンツ(死語かな?)、セクシーワンピース(これも死語なのか?)、
ピチピチTシャツ(これも古いか・・・)、胸元が広く開いたTシャツなどなど。
5-29 011

夫が見たら卒倒しそうな品々が勢ぞろい、時代の流れについていけない老両親。
納得いかないことも多々あるけれど、子供の成長と共にわたしたちもなんとか成長しないと。
とにかく争わずにうまくやって行くコツは、これが一番。
みざる

おばあちゃんが今週も我が家にお泊り希望だったので迎えに行くと、
左半身の様子&歩く調子がおかしく、救急に連れて行くと軽い脳梗塞との事。
びっくり仰天でしたが、痛みや苦しみは全く無く、見かけはごくごく普通の状態でした。
医師の勧めで念のため一晩入院となりました。
翌日昼過ぎに病院へ行き担当医から帰宅の承諾をもらったので、我が家に連れて帰りました。
帰れるとわかって、うれしくてはしゃぐ母。
5-29 021

帰り道、久しぶりに農家直販に寄りました。
無人販売ですが、わたしが行くとどこで見ているのか相変わらずおばさんが出てきます。
人相が悪いのかもしれません。
5-29 023

イチゴ、ホワイトアスパラガス、卵など、おばさんお勧め無農薬野菜を仕入れてきました。
ここのイチゴは毎年甘くて家族に大好評、娘は帰り道の車の中で一箱完食。
5-29 025

アスパラガスもかなり上質でおいしく、今日はどーんと茹でて冷やし、サラダと一緒に食べました。
夫もわたしも、こうして冷やして食べるのが一番好きです。
一キロ3ユーロ、公式シーズンはあと一ヶ月。
5-29 026

義母、我が家に着くとほっとしたのか庭でお昼寝。
昼寝中、好物を作ってみましたが、さすがに食欲無し。
義母大好物のミートローフは鬼嫁&孫娘のお腹に納まりました。
5-29 016

一泊目は久しぶりにぐっすり良く寝たそうで、朝はご機嫌でした。
5-28 002

日中は庭で日光浴、自分でも「昨日よりだいぶ調子が良い」と感じているようです。
元気でも脳梗塞直後のもうすぐ93歳、いつまた何が起きてもおかしくありません。
どうかこのまま順調に回復しますように。
5-28 004

二ヶ月の間に、日本の母&オランダの母、二人とも脳の病気で入院という緊急事態ですが、
二人とも前向きにがんばっています。
義母は不安が消えるまでは我が家に滞在してもらう予定。

イマイチウィーク

神奈川県逗子市からオランダに移住して丸9年が経ちました。
記念すべき今週は、絶好調な好天気に反比例して久しぶりにネガティブウィーク。
職場に行って仕事している時が一番まともな状態、
その他はだめだめ落ち込みおばさんイマイチウィークでした、いい年して情けない。
一番の被害者は夫、そしてメル友のとき江ママ。
愚痴を聞いては励まし応援してくれてました、ありがとうございます&お世話になります。

木曜日のランチ後、あまりにもひどいわたしを夫が車で連れ出してくれました。
ベルギーにある修道院ビール醸造所までドライブし、修道院の庭を歩いてきました。
5-24 016

ちょうどビール醸造中。修道服を着た修道士が作っているのかと思い込んでいましたが、
普通のポロシャツを着たお兄さんが製造中でした。
5-24 013

この修道院で作られているビールはヴァル・デューという名で日本でも売られています。
5-24 012

もちろんここで飲めるようにカフェもあり、売店もあります。(ここはフランス語です。)
5-24 008

修道院ジャムもおいしくて、来るたびに必ず買いだめしています。
5-24 010

ヴァル・デューとは「神の谷」という意味で、この修道院は1216年に建てられました。
ベ ルギー・リエージュとドイツ・アーヘン、オランダ・マーストリヒトのちょうど中間に位置します。
わたしはよくこの修道院に室内楽のコンサートを聴きに来ます。
5-24 017

夕方はピアノのレッスン。K君8歳のお誕生日おめでとうございます
これからも元気にいろいろなことをがんばってね!
レッスン終了後、K君と庭に出て一緒にあるものを見ました。
BlogPaint

生徒さんと一緒に見たあるものとは鳥の巣、植木の手入れをしていた夫が発見したのです。
割れて空っぽになった緑色の小さな卵の殻が一つ残っていました。
鳥の巣は見れば見るほど親の愛を感じ感動します。本当に細部まで良く出来ています。
親鳥が一生懸命作った巣の中で大事に守られ小鳥は成長して飛び立っていったのでしょう。
わたしもそんな優しい親鳥でありたいと思いつつ、現実は鬼鳥・・・・。
5-24 020

イマイチウィークも食欲だけはきちんとあって、
相変わらず地味な社員食堂B定食のような献立で、地味にもりもり食べています。
最近はまっているのは、ナスのにんにく酒蒸しとほうれん草のナムル。
野菜嫌いのオランダ人ギャル(娘)には、うんざりご飯のようですが、オランダ人夫は大喜びです。
5-24 0055-24 022

母もリハビリ病院で毎日一生懸命がんばっているので、
健康なわたしが「イマイチ」などと落ち込んでいる場合ではありません。
明日も元気に出勤してまじめに仕事してきます。
1・2・3・ダー!

新緑の候

オランダに戻りあっという間に二週間。
一日の時間は日本と同じ24時間なのに、なぜか時の流れがゆっくりなオランダ生活。
仕事して用事をこなしても、まだまだ時間が有り余っています。
日本では忙しい姉夫婦&弟夫婦やとき江ママが母の様子を伝えてくれますが、
リハビリ病院に転院し毎日リハビリを頑張っているようで、感動します。

木曜日から昇天祭で日曜日まで娘の学校は連休、夫もわたしも通常通り仕事。
連休初日天気の良い木曜日、久しぶりに犬の散歩へ出かけてみました。
新緑の候、この季節のオランダはとても美しく気持ちがよいです。
野原では草刈して干草を作っているところでした。
inu 009

森の奥にある丘の上は黄色い小さな花が満開で、とてもきれいでした。
inu 015

とてもきれいなので、丘の上で休憩。
inu 014

花畑に来ると小さい頃からかくれんぼするのが大好きなハナ姫。
今日もよく走り回っていました。
inu 026

気持ちが落ち着かない日々ですが、大きな野原を歩いてみたら少し落ち着きました。
一人で悶々としていても仕方がないと思いはじめました。
どう考えても母は日本、わたしはオランダ。できないことはできない、できることを探さないと!
inu 028

土曜日、おばあちゃんが泊りに来ました。
日本の母は77歳、オランダの母は92歳、二人とも一人暮らしでがんばっています。
母のことでは心配かけましたが、今は回復をとても喜んでくれています。
5-19 009

義母、歩行器や杖は使いますが、まだまだしっかり歩いています。
母もがんばってリハビリ中なので、わたしの母は二人ともすごいです。
BlogPaint

途中からD君も登場して、久しぶりに賑やかな夕食となりました。
今夜はおばあちゃんの大好物こってりラザニア、ご機嫌です!
わたしはすっかりアルコールがだめになり、もう何ヶ月も飲んでいません。
ビールは好きなので、アルコールフリービールを飲んでいます。
BlogPaint

速攻追加で作ったミートパイが若者に好評で、売れ行き良かったです。
5-19 016

D君=Davidダーヴィッド君、少し見ない間に15歳になり身長も高くお兄さんになっていました。
ピアノに剣道に勉強、何事にもまじめに取り組むDavid君は娘の良き幼馴染、良き先輩です。
わたしが急に日本へ帰った週末、村行事ピアノにピンチヒッターで代役を務めてくれました。
今、インターネット投票によるベルギーの音楽コンテストにピアノで参加していて、
ショパンのノクターンを弾いています。こちらから入り、ぜひDavidの名前の演奏を聞いてみてください。
David君の演奏を聞いてみて良いと思ったら、応援クリックをお願いします!
「いいね」ボタンを押すと、クリック一回が一点になるそうです。
(サイトがオランダ語で、その上とてもわかりにくいので残念です。)
フェイスブックの無い方は、動画の下にある「REAGEER OP DIT FILMPJE」を押して、
名前と感想を書くと一点になるそうです。
感想は一行でもOK&日本語でも英語でもOKだと思います。

                  
        

村対抗吹奏楽コンクール

オランダに戻り一週間以上経ちました。
仕事で忙しくしているときはいいのですが、ちょっとでもボーっとする時間があると、
空いている時間を母に使えないものかと、ものすごい罪悪感を感じながらの日々です。
オランダでの生活は時の流れが遅く感じるのんびり生活なので、更に申し訳無さが増します。
忙しい姉夫婦&弟夫婦に頼ってばかりで申し訳ないですが、どうにもなりません。
それがわたしの選んだ人生。
5-14 019

娘は金曜日からベルギーで柔道合宿だったので、夫と共に送り届けました。
5-14 001

二泊三日で柔道クラブの仲間で寝起きを共にして遊びました。
老若男女、初心者から黒帯までみんな一緒に合宿。
男女別々の建物で二段ベッドが並ぶ部屋で、ベッドで寝袋に入って寝たそうで、
帰ってから湿疹が出ているので、どうやらこのベッドに虫がいたようです。
5-14 003

柔道合宿でもひたすら柔道をするわけではなく、みんなで楽しく遊ぶのが目的。
綱引きや障害物競走、ダンス、いろいろ盛りだくさんで楽しかったそうです。
BlogPaint

柔道合宿は二年に一度ですが、以前は土曜日は日本語補習校に通っていたので参加できず、
娘は今回が初参加でした。
BlogPaint

ひたすら遊んできたようですが、一応柔道もしたようで証拠写真が一枚だけありました。
BlogPaint

合宿などにはどんどん参加していろいろなことを学んで欲しいと思います。
BlogPaint

日曜日、村対抗の吹奏楽コンクールが行われ、ピアノで参加してきました。
持ち時間は各村ごとで40分、週末の二日間に渡って行われました。
審査員は、日本の音大でも客員教授を務めていて、
吹奏楽界では有名人だというヤン・ヴァン=デル=ロースト氏でした。
preview

当日はまじめにリハーサルもみっちり行い、緊張感のある雰囲気の中でのコンクールでした。
D君、D君ママさん&パパさんが聞きに来てくれて、演奏前と後に母のことと共に励ましてくれました。
まじめ雰囲気すぎて写真は撮れなかったので、リハーサルの写真を載せます。
5-14 016

練習に参加した時にいろいろなメンバーと母の話をしたので、
今回の参加は本当に村の皆さんと距離が縮まったような気がして、とても楽しく良い時間でした。
ピアノで参加したのはたった一曲、Arturo Marquez作曲のDanzon No.2ですが、
母のことも重なって思い出深い一曲になりそうです。
        

母に「オランダの村行事にピアノで参加する大事な約束があるから」と言って帰ってきたので、
母もわたしが無事に参加できたことを喜んでくれたようです。
おらが村の結果は、一位・金賞でした。
お母さーん、やったよー!

最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ