オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2010年12月

吹雪

寒さが戻り再び雪が降っています。
やっとシンタクラースが終わりほっとしていたのもつかの間。
クリスマスの準備が始まりました。

火曜日はマーストリヒトへ。
マーストリヒトはウインターランド開催中。
このウインターランドにある店で、毎年同じものを買っているので、
その店に直行し速攻で買い、あとは素通り。
12-15 006

ウインターランドではスケートリンクが人気。
わたしも前は楽しんでいましたが、
ここで転倒し救急車にお世話になって以来、怖くてできなくなりました。
もう一生スケートはできないでしょう。
12-15 008

クリスマス生まれの夫のプレゼントを探しながら、
ついつい娘のプレゼントに目が行ってしまうのが困りもの。
娘は本の虫で、夜は本ばかり読んでいます。
家族三人の共通の趣味も読書。
本の贈り物は簡単に見つかるので、まずは本屋へ。
結局夫へのプレゼントは本以外には何一つ買えずに今日は退散。
12-15 009

水曜日
今日も午前中は大雪。
放課後は、娘は日本語学校のお友達と映画館へ。
マーストリヒトに娘を送りながら、
待ち合わせ時間までに、二人で走って30分で用事を済ませました。
12-15 014

我が家のアイドル、犬のハナ。
そろそろ6歳になりますが、近頃寝てばかり。
この寝姿を夫と二人で見ながら、犬バカ談議に花が咲きます。
犬たちは年末の忙しさなど関係なくいつでも平和。
BlogPaint

木曜日の今日は予定を入れていたのに、午後から吹雪いて積雪の予報。
吹雪の中、仕方なく家の中に引きこもっています。
あ~~~~~~~~~~、忙しいのに~~~~~~~。

 

週末日記

木曜日から気温があがり、
あれだけ積もっていた雪もあっという間に消えました。
土曜日は日本語学校の後、娘は友達の誕生日会で夜10時まで不在。
夫も仕事で忙しそうだったので、夕食後一人でコンサートへ。
会場は、隣村の修道院図書館。
12-12 008

今年はこの修道院図書館でのコンサートに何度か訪れて、
どのコンサートもとても良かったのです。
今回はちょっとあやしげなプログラムでしたが、ついつい行ってみました。
会場では世界中のキリスト生誕模型コレクションが展示されていて、
時間が無かったのですが開演前にさらりと見学してきました。
こちらフランス代表で、かなりの数(50体以上だと思う)の人形を使っていました。
12-12 010

日本代表・・・・・
12-12 011

ブリテン、ヴィヴァルディ、レスピーギ、シベリウス、ラモー、
という素晴らしい演目につられ、期待していったわたしが間違いでした。
弦楽アンサンブルの演奏が始まり・・・・・
うぎゃ~~~~~~~!!
どうやって抜け出そうか必死に考えましたが、
張り切って前から二列目に座り、しかもこの顔。
目立ち過ぎて帰れず休憩前まで何とかがんばり、
休憩と同時に速攻で会場を抜け出して帰宅。
苦しかった・・・・。
12-12 012

日曜日はたっぷり朝寝坊&宿題日。
午後からD君が遊びに来ました。
二人ともに多忙で時間が合わず、一緒に遊ぶのはかなり久しぶり。
みなで犬の散歩へ行きました。
12-12 026

D君、久しぶりに会うとそのたびに身長が伸びています。
12-12 016

やんちゃな娘と、まじめなD君。
いつ見ても面白いコンビですが、とても気が合うようです。
相変わらず二人でゲラゲラ笑いながら走りまくっていました。
12-12 021

散歩後はベルギーのカフェに直行。
パンケーキとホットチョコレートドリンクという恐ろしい高カロリーを、
全員で平らげて楽しい午後でした。
みんなで犬の散歩→カフェでおやつ、わたしの大好きな日曜日の過ごし方。
BlogPaint

剣道もがんばっているD君が、胴着姿を初披露。
剣道に柔道、何だかうれしいです。
12-12 033

今日はわたしの姉家族&弟家族で母の誕生日会を開いたそうで、
みんなの写真が送られてきました。
母のうれしそうな顔を見てホロり。
あー、わたしもどこでもドアで日本へ行って参加したかった。

明日からまた氷点下、娘の学校はあと一週間で冬休み。

娘からのマフラー♡

月・火・水曜日と相変わらず氷点下+雪が続き、
玄関や窓枠にはつららが下がりました。
12-8 004

月曜日は最高気温が0度で、
職場の人たちと「今日は暖かいわね。」という会話の繰り返しでした。
0度が暖かく感じる今日この頃、子供も犬も元気です。
12-8 005

娘は相変わらず遊んでばかりで、
帰宅と同時にそりとお菓子を持って、クラスの女子たちと集合してそり遊び。
勉強している様子がまるでありません・・・・。
水曜日は宿題日と決めていましたが途中でピンポーン、
「あーそーぼ!!」と魔の誘い。
「日本語の宿題だから、ごめんね。」と言わなければいけないのもあと3カ月。
12-8 019

こう寒いと鍋料理がおいしくて、ついつい手抜き鍋料理。
この量を3人でぺろりと平らげます。
にんにく臭い特製たれも好評で、氷点下での鍋料理は大人気。
12-8 014

木曜日の今日は気温が2度。
2度もあると、ぽっかぽかの気分です。
道路の雪が熔けたので、一人で修道院へ行きました。
12-9 005

老後の楽しみ、パイプオルガン。
先週行ってあまりにも楽しかったので、今週も張り切って予約。
12-9 013

教会の中は意外に暖かく、ステンドグラスから良い具合に光が入ります。
12-9 008

苦手なペダル練習をまじめにやってみたり、あこがれの曲を弾いてみたり。
心底楽しんでます。
12-9 011

おととい日本の母の76歳の誕生日でした。
昨年の夏、母は初めてオランダに来てくれて、
その時にパイプオルガンの演奏を喜んでくれました。
その日を思い出し、その時に弾いた曲を弾いて終了。
お母さーん、お誕生日おめでとう!!
12-9 010

自己満足の趣味の時間をたっぷり過ごした後は、義母宅へ。
火曜日にも会ったばかりですが、いつでも大歓迎されるので寄り道。
二人でおしゃべりをして午後を過ごしました。
義母の住む町ではスケートリンクが設置され、子供たちで賑わっています。
BlogPaint

パパの誕生日に贈ると、マフラーをこっそり編んでいた娘。
寝る前にベッドの上でこそこそ編み続け、
二週間ほど前におばあちゃんによる仕上げも完成していました。
夫の誕生日は12月25日クリスマスなのですが、
あまりにも寒い毎日に早くマフラーをあげたいということで、
先週のプレゼント交換会であげていました。
12-8 017

娘が編んだマフラーと言うのは特別な想いがあるようで、
妻からもらったマフラーそっちのけで、
夫はこのマフラーを毎日にやけてしています。

プレゼント交換会

土曜日の夕方からベルギー・アルデンヌにある義母の別荘に行き、
一晩早く、義母と一緒にシンタクラースプレゼント交換会。
なんちゃってパーティー会場inキッチン。
このさびれた感でかえって盛り上がりました。
12-5 018

シンタクラースはズワルト・ピートというお伴を従えてやってきます。
こちらがピートさん。
12-5 015

大げさな梱包ですが、「びっくりプレゼント」というタイトルなので、
いかに大げさに包んで喜ばせたり驚かせたりするかがポイント。
(こういうの、大の苦手です。)
12-5 010

贈る相手はくじ引きで一か月前に決めました。
おばあちゃん⇔→孫娘、夫⇔鬼嫁。
相手にはシンタクラースが書いたように、
韻を踏んだ詩を書いてプレゼントと送ります。
(わたしは書けないので、娘がてきぱきと書いてくれました。)
義母も娘も準備から楽しそうで、大成功でした。
盛り上がって、気がつけば夜11時半。
12-5 030

日曜日は大雪。
別荘から歩いて行けるスキー場があるので、行ってみました。
12-5 037

午後からだいぶ吹雪いたので、スキーヤーもだんだん増えていました。
12-5 040

我が家はスキーではなくて、毎年恒例のそり遊び。
そり専用レーンなので安全ですが、そりコースにはリフトがありません。
登りがきついきつい。
12-5 044

そり遊びは空いていて、二家族で貸し切りでした。
12-5 045

この辺りではクロスカントリースキーが人気で、
夫も若いころは楽しんだようです。
森でクロスカントリースキーを楽しむ人を沢山見かけました。
来年は家族三人でクロスカントリースキーに挑戦したいと思います。
12-5 050

別荘からの帰り道は、除雪車も間に合わぬほどの積雪で、
道路で止まってしまっている車を何台も見かけドキドキでした。
短い滞在でしたが、義母も喜び娘もたくさん雪遊びができ、
なんとか無事に帰宅できてほっとしました。
12-5 035

シンタクラースがスペインに帰ると、
オランダは一気にクリスマスムードに変わります。
明日から各家庭ではクリスマスツリーが飾られて、
クリスマスパーティーの準備に大忙しになるのです。
わたしもそろそろクリスマスのメニューを考え始めます。

シンタクラース

金曜日

娘の小学校には、毎年この日にはシンタクラースがやってきます。
スペインから船に乗りオランダに到着し、
そして白馬に乗ってお伴を従えて良い子の家にやってくる、
ということになっていますが、娘も何年か前に事実を知りました。
学校では半日パーティーが行われて、びっくりプレゼント交換会をします。
くじ引きでプレゼントを贈る相手を決めます。
娘はクラスメイトの女子が当たり、今週はそのプレゼント作りでとても忙しかったです。
娘にプレゼントを作ってくれたのは、Aちゃん。
一生懸命に大きなバイオリンを作ってくれて、
中には娘宛ての詩や大好きな犬のシールなどが入っていました。
こんなことも今年が最後でしょう。
12-2 002

夕方からの柔道にもシンタクラースが登場。
白馬ではなく車に乗って来たようで、駐車場で会いました。
12-2 018

低学年の子供たちはまだ真剣に信じているので、
事実を知った高学年のこどもたちも、事実を隠して一緒に盛り上がります。
12-2 023

柔道の試合などで活躍した子供には、
シンタクラースからお祝いをもらいほめてもらえます。
最後に、全員がプレゼントをもらってみんなで合唱しておしまい。
12-2 022

シンタクラース御一行は40分ほどで帰り、そのあとは通常の練習。
BlogPaint

来年の今頃は中学一年生なので、
こんな風に歌って楽しんでいる姿をみることも最後かもしれません。
シンタクラースが各家庭を回るのは12月5日の夜。
子供たちは長靴を置いてドキドキで待っています。
我が家にもやってくるでしょうか・・・・。

最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ