オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2010年05月

凧あげ

月曜日・祝日

オランダ生活も、移住後今日で丸7年が経ちました。

五月晴れの美しい青空の広がる午後、娘と夫は二日連続サイクリングでした。
今日は野原へ行き、凧あげに挑戦。
5-24 012

これから何が始まるのか、犬たちはちょっと離れて待っています。
5-24 013

父の説明をよく聞いて、さて始まり。
5-24 015

ぐいぐい引っ張らなくてもちょうどよい風が吹いていました。
5-24 010

大成功、高く高くあがりました。
5-24 029

犬たちは怖いのか楽しいのか、とにかくよく吠えて、
凧に向かってジャンプしまくりでした。
5-24 024

暑いので凧あげは休憩、ひんやりした森の中を散歩。
ちょっと来ない間に、すっかり新緑が生い茂っていました。
5-24 022

凧あげ楽しかったようで、二時間ほど遊んでいました。
おばさんは、野原に横になって見ていただけですが、
気持ちの良い午後でした。
5-24 030

とき江ちゃんの家で覚えたシウマイ作り、一人でできました。
わたしは味見担当、なかなか美味でした。
5-24 002

日曜日、月曜日の祝日と二日間、
久しぶりに三人でのんびり過ごしました。
この二日間で全て元通りにリセットされた、そんな気分です。

里帰り日記 その5

9日から母の日の温泉旅行、夫から母とわたしへのプレゼント。
父の墓の近くにあるホテルに、墓参りを兼ねてプチ旅行してきました。
まずはみんなで墓参り。
里帰りに父がいないのが、本当に残念です。
墓参り後にホテルに到着。
浴衣か素敵なドレスを日替わりで楽しめるのですが、
夫と娘は浴衣、母とわたしは素敵なドレス。
これで三日間、しかもすっぴんですごしました。
5-11 015

部屋からは屋外プールと海が眺められ、
娘と夫が泳いでいるのを、母と一緒に昼寝しながら見たり、
ぼーっと夕陽を眺めたりできました。
5-11 035

ゆっくりしたいから二泊しよう、ということで二泊三日。
ホテルも空いていて、心身ともにのんびりしてきました。
5-11 063

夫と母が仲良しでわたしよりもよく一緒におしゃべりして気が合うので、
同じ部屋で密着しても気が楽です。
母は、わたしとより夫とのおしゃべりが楽しいようです。
BlogPaint

期待しないで行ったのですが、大満足でした。
かなり空いていたので快適&バイキングの食事がどれもおいしく、
お風呂がとても広くて素晴らしく、どこもかしこも清潔でした。
無駄に広いスペース、お祭り気分で楽しんできました。
5-11 056

温泉に入り食事して昼寝、これの繰り返しでしたが、
ずっと母と一緒で幸せでした。
( 温泉でわたしの姿を見て、母が気絶しそうでしたが・・・・。)
5-11 020

お決まりのもぐらたたき。
5-11 053

プールは貸し切り。
プールサイドは10種類ほどの温泉なので、海を眺めながら温泉三昧。
夫はプールで楽しみ温泉につかり、砂風呂で〆ていました。
5-11 041

ホテルチェックアウト後は夫は仕事で東京へ。
わたしたちは、また姉と会うために横浜へ。
姉に焼き肉ランチをごちそうになりました。
とろけるようなお肉、おいしかった~。
ごちそうさまでした。
5-11 071

姉の家に立ち寄り、みんなで姪っ子のアルバイト姿をのぞきに行きました。
笑顔で働く姪っ子の姿を見て妙に感動してしまい、
母と二人で涙ぐんでしまいました。

楽しい楽しい温泉旅行でした。

日常生活

里帰り日記も半分終わったところで、ちょっと休憩。

娘はオランダのスキポール空港到着と同時に日本語も忘れ、
オランダ人に戻り、楽しそうに学校に通い放課後は友達と遊んでいます。
おばあちゃんと離れた時、飛行機が離陸したときに悲しくて大泣きだったのに、
子供は切り替えが速くて、つくづくうらやましいです。
わたしの心はまだ日本。
犬たちも元気で、相変わらずのんきに昼寝ばかり。
5-20 010

帰ってすぐに義母に帰国の挨拶に行きました。
義母から日本の母へ手紙とプレゼントをもらいましたが、
今度は日本の母や姉からのプレゼントを渡し、大喜びでした。
5-20 001

日本から戻った日曜日、駅からタクシーで我が家に到着すると、
家の前には笑顔のD君がうれしそうに待っていました。
戻る時間などは伝えていなかったので、何度も見に来ていたそうです。
D君ママさんからは、お帰りなさい手作り歓迎ケーキをいただきました。
5-19 001

日本へ出発する前の日にD君パパさん&ママさんが来て、
わたしの母にと、プレゼントとカードをわざわざ預けてくれました。
それはD君パパさんが描いた、わたしたちの住む村のリンゴ園の絵でした。
とても素敵なプレゼントで、母と一緒に喜びました。
5-16 001

土曜日は日本語学校も再開。
放課後はD君が遊びに来て、久々にゆっくり遊びました。
夕食は、焼き鳥弁当。
5-22 005

夕食後はみんなで久々にアイスクリーム屋さんへ。
横浜駅の混雑は夢だったような、牛との風景。
5-22 009

二つの国のいろいろなことを知りながら育つ面白さ、
オランダも大好き、日本も大好き。
BlogPaint

帰国記念、夫の逆立ち。
BlogPaint

日本では「このお土産はD君の分ね。」と言って、
D君へのお土産もたくさんもらいました。
ゆっくり説明しながらお土産を渡しました。
「今度は僕も一緒に行きたい」と何度も言っています。
D君は剣道を習い始めました。
気がつけばいつの間にかいつもの日常生活に戻っています。

里帰り日記 その4

7日、今日も夫と別行動。
わたしと娘は再び鎌倉へ。
5-9 001

帰国するとどうしても八幡様に行きたくなります。
自分の七五三もここ、娘の3歳の七五三もここでした。
父や母と一緒にお参りした良い思い出が忘れられません。
5-9 017

娘が生まれてからは、夕涼みに鎌倉をよく散歩しました。
今日は学校遠足や修学旅行の生徒さん達が多く、賑わっていました。
5-9 019

時間がたっぷりあったので、ゆっくり歩くことができました。
5-9 015

二人でゆっくりランチし小町通りをくまなく見ながら、鎌倉散策は終了。
次の帰国にも家族と一緒に訪れたいと思います。
5-9 007

カフェで待ち合わせして、逗子子育て時代のお友達に会いました。
0歳~3歳まで一緒に子育てしていた仲間、
子供たちも小学校6年生になり、大きくなりました。
初めての子育てを一緒にしたママ友たちとの再会は、
久しぶりというより、昨日も一緒におしゃべりしていたような雰囲気でした。
楽しい再会でした、どうもありがとう。
5-9 036

8日はいとこ会。
横浜のホテルのロビーで、待ち合わせました。
「野原とは違うね、ママ。」というのが娘の感想。
5-9 038

姉も一緒で、大笑いの楽しいひと時でした。
細~い彼女はわたしの半分くらいで、あいかわらずかわいらしい女性でした。
夫も「かわいいな~」と絶賛。
BlogPaint

娘も彼女が大好きで、イラストレーターである彼女の描く絵が大好き。
今日は手作りのハナ&リリのブローチをいただきました。
二匹の表情がそっくりで、とてもかわいくて、大喜び。
夫と娘で取り合いでした。
ミサップルちゃん、ありがとう。
5-20 012

うどん美々卯でランチ会。
おいしくて楽しいランチでした。
いとこ同士つながっているって、とてもうれしいことです。
また日本で会おうね。
いとこのブログはこちら→misapple diary
5-9 047

姪っ子と合流して、お茶会。
学校帰りの制服姿の姪っ子と一緒に写真を撮りまくりました。
早めのお開きだったので、娘と二人でそのままとき江ちゃん宅へ。
夫はわたしの母と二人夕食会。
5-9 058

娘はとき江ちゃんが大好きで、一緒に裁縫や料理を楽しんでいました。
今夜もおいしいごちそうがずらりと並びました、ありがとう!
5-9 064

そして、この日の夜にやっと会えた弟。
一時間だけの再会でしたが、忙しい中遠くまでありがとう。
5-9 066

久々の横浜駅の混雑に人酔いしそうでした。
長い一日でしたが、とても楽しかった。
家族のつながりは、わたしの生きる支え。

里帰り日記 その3

5日、子供の日。
夫は別行動で、友人に会ったり久々の日本を満喫していました。

昨年オランダにも来てくれた姪っ子Nちゃん、一日時間をあけてくれました。
もうすぐ17歳&11歳、お互いに一人っ子女子。
5-7 086

遠く離れているけれど、ずっと仲良くつながっていてほしいと思います。
5-7 087

おばさん一人で浮いていましたが、
生まれた時からかわいがっている姪っ子が、
お姉さんになって一緒に歩いているという普通のことが、
何だかとてもうれしいことでした。
ランチしてショッピングしてお茶してプリクラして、ラーメン食べて解散。
5-7 090

6日は母から招待を受けて、おいしいお蕎麦屋さんへ。
母です!
オランダの義母からの贈り物のTシャツを着ています。
5-7 096

姉も一緒に来てくれて車移動できて助かりました。
風情のある素敵な店でした。
5-7 113

おいしいおそばは久々に食べましたが、ほんとーーーーにおいしかった。
5-7 118

そばの後は、近くの洞窟へ。
ろうそくを持って貸し切りの洞窟に入り、
あらゆる願い事をしてきました。
5-7 123


娘はわたしの姉にべったりです。
5-7 125

今日のメインはお茶会。
母に招待されて、人生初のお茶を体験してきました。
5-7 1325-7 148














本格的な場所で本格的な方に初めから最後まで教えていただく貴重な体験。
5-7 138

作法など何も知らないで生きてきたわたしには、すべてが新鮮で面白かったです。
娘もその雰囲気にすっかり緊張し、細かい作法のすべてに驚いていました。
まじめ最優秀賞は夫。
わたしと姉は正座が全くできませんでした。
BlogPaint

厳粛な雰囲気でたっぷり二時間。
母のおかげで、我が家にとっては一生忘れることのない貴重な時間でした。
お母さん、ありがとう!
BlogPaint

お茶会終了後、このまま帰るのはもったいないということで、
みんなでそのまま鎌倉の大仏様に行きました。
大仏様には移住前の年賀状用写真撮影で訪れて以来。
5-7 158

海岸沿いをドライブしてもらい海や江ノ電を眺めながら、
昔よく食べていたおいしい干物屋さんに立ち寄って、
好物のえぼだいの干物を買って帰宅しました。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ