オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2010年01月

祝☆犬のリリ 3歳

日曜日

予想通り夜中に雪が積もり、再び真っ白。
午前中はオランダ&日本の宿題をして終了。
D君も宿題とピアノの練習が終了したそうなので、一緒に散歩へ行きました。
img20100201_1.jpg


この半年、このメンバーで過ごすことが多くなりました。
img20100201_9.jpg


青空快晴、はじめは森の散歩へ行く予定で森へ行きましたが、
交通量が異常に多く、いつになく混んでいる道で人が殺気立っていたので場所変更。
いつもの誰もいない野原に戻ってのんびり散歩になりました。
散歩に行ってイライラするのだけは、ごめんです。
img20100201_6.jpg


野原が再び真っ白になり、真っ白の雪の上には、
かわいらしい野うさぎの足跡がついています。
このかわいくない大きな足跡は、わたしのです。
img20100201_8.jpg


野うさぎの足跡の匂いを追って走りまくりの犬たちでした。
img20100201_2.jpg


ハナ、雪と一体化。
img20100201_10.jpg


ヒャッホー!
オランダには山が無いけれど、今日はまるでスイスの山のようにきれいです。
img20100201_3.jpg


走れ~
img20100201_4.jpg


男チームはいつもまじめに勉強の話をしています。
夫は翻訳者(オランダ語&英語)なので、語学にとても強く興味もあります。
D君も音楽の他に、語学がとても強いので話が合うようです。
音楽の話はわたしとよくします。
img20100201_5.jpg


今日はリリ姫の誕生日、3歳になりました。
リリはわたしたち夫婦の結婚10周年記念、
スウィート10ダイヤモンドの代わりに老夫婦が自分たちのためにプレゼントしました。
わたしの宝物、親友です。
img20100201.jpg


2007年3月4日に会いに行き、3月24日に我が家にやって来ました。
子犬時代はやんちゃ娘でしたが、今はとても繊細で慎重派。
わたしの良き理解者であるリリ姫、3年で立派なきつねに成長しました。
特技はカメラ目線、喜びのジャンプ、あおむけ寝。
lili.jpg


いつものカフェに寄り道して、今日もショコメル。
家に帰ってから今練習中のリスト・ハンガリア狂詩曲 第2番を弾いてくれました。
ピアノを習い始めて2年半でこの曲は、やっぱりすごい。
というわけで、冴えない中でも気持ちの良い散歩ができました。太陽に感謝。
img20100201_11.jpg



また母に電話してしまいました。
ちょうどわたしからの手紙が届いていて、喜んでくれました。
「冴えない声ね~、でもそんな日もありますよ。がんばれ、がんばれ!」と言われました。
するどいし、ありがたい。

ありがたいといえば、いとこ。
娘がカードに犬のイラストを描いて、イラストレーターのお姉さんに送りました。
それが彼女のブログに載って大喜びでした。
絵に自信がない娘が、自信満々でD君に自慢していました。
将来の夢がころころ変わる娘、今度の夢はイラストレーターかもしれません。

その記事はこちら→misapple☆diary





強制散歩

土曜日

朝起きるとすごい積雪、道路がどこにあるのかわからず車の運転が怖いので、今日は夫が運転手。
国道に出ると雪は無く、やはりわたしの住む村は積雪量が多いようです。
日本語学校でした。
img20100131_2.jpg


放課後はクラスメイトが遊びに来てくれたので、みなで散歩。
二人はずーっとWIIをして遊びたかったようですが、強制散歩in野原。
小川横を二人で走っています。
img20100131_3.jpg


そりを用意していったので、少しだけそり遊び。
夫、スピード出過ぎて転倒、助けずに大声で笑い転げる妻。
そり遊びを満喫するには雪が少なすぎで危険なので、終了。
img20100131_4.jpg


野原もまばらに白く、雪好きな犬たちは喜んで走り回りでした。
カメラ目線命令に飽きて、大あくびのリリ。
リリは明日3歳の誕生日。
img20100131_5.jpg


広い野原で子供が走る姿、大好きです。
何も無い場所で大笑いして遊んでいる声も好きです。
img20100131_6.jpg


少しだけ太陽が出たので、まじめに拝みそうになりました。
太陽出ると元気も出ます。
img20100131_7.jpg


お友達と来るとおしゃべりできて、いつもより楽しそうでした。
img20100131_9.jpg


隣村のカフェに行き軽食。
img20100131_1.jpg


じじばばは、板わさならぬ板チーズで乾杯。
田舎のカフェでは、たいてい自慢の地ビールと地チーズが置いてあります。
地チーズの盛り合わせ、自慢のチーズの名は、すばり「臭いチーズ」です。
img20100131.jpg


お友達と入れ替わりで、8時にD君登場。
今週は何回か来てくれても都合が合わず、ずいぶん久々の気がしました。
一緒に映画観賞。
BlogPaint


冴えない病のおばさん、娘のお友達たちのおかげで元気をもらいました。
せかっくの健康な人生、元気出していきます。
今夜も雪が降り続いています、また沢山積もりそうです。

冴えない病

金曜日

ここのところ夜中にぱらりと雪が降っています。
冴えない天気が続き、気分も冴えません。
昨日も犬の散歩以外は引きこもり。
img20100130_1.jpg


ママ友に借りた日本語のDVDを見出したら止まりません。
日本のドラマなど見たのは本当に久しぶり。
img20100130_2.jpg


今日はまた雪が積もりました。
娘の小学校は徒歩で5分。
小学校3年生(日本の一年生)までは送迎していましたが、
今は、毎朝お友達と一緒に登下校しています。
雪でも雨でも5分で着くので問題なく、親としては安心で楽です。
春はまだまだ遠いようです。
img20100130.jpg


午前中はマーストリヒトへ。
都会には雪が無くてびっくり、田舎は真っ白で運転も怖かったのに!
今日は市場の日ですが、素通り。
img20100130_3.jpg


近々17歳の誕生日を迎える隣のメイシー姉さんのプレゼント選び。
市場も雨のせいか空いていました。
img20100130_4.jpg


冴えない母親とは違い、毎日が充実している娘は相変わらず元気です。
今日は柔道の日。
img20100130_5.jpg


冴えない病に効く薬は、母の声。
75歳で一人暮らしの母を励まさなければいけないわたしが、
結局はいつも逆に励まされてしまいます。
母の存在とは本当にありがたいもので、元気でいてくれる母に心から感謝。

昔(中学生時代)からラジオが大好きで、オランダに来てからもラジオ派です。
土曜日の朝は日本語学校用のお弁当を作りながら、
日本のFMラジオをポッドキャストで聞いています。
先週面白い話題だったので、メッセージを送ったところ、読まれました。
今朝、弁当を作りながらラジオでメッセージが聞こえてきて、びっくりでした。

冴えない病のちょっとうれしいことでした。






あー勘違い

水曜日

昨日から冷え込んで寒いです。
寒いのですが犬の散歩は欠かせません。
img20100128.jpg


今日はまた氷点下なので、城周りの氷もなかなかとけません。
img20100128_2.jpg


寒くても犬たちは元気で健康で助かっています。
img20100128_3.jpg


放課後はお友達、ランチはすごい食欲でした。
彼女は、今年のカーニバルで村のプリンセス。
お友達が帰った後は、鬼婆と一緒に日本語の宿題。
BlogPaint


カーニバルも近くなり、家に入るチラシの中にカーニバル衣装の広告が多くなりました。
南部には衣装専門店がいくつかあり、
専門店でなくてもこの時期は衣装を置く店も多く見かけます。
専門店のサイトはこちら

この店では、なんちゃって伝統衣装が国別に分けて売られていますが、日本はこちら。
衣装の名前=日本人(大人)
japan.jpg


衣装の名前=日本人(子供)
img20100127.jpg


衣装の名前=日本人芸者
geisha.jpg


衣装の名前=日本人
kimono.jpg


ここまでやられると、声出して笑ってしまいます。
これが日本へ対する一般的なイメージではないと思いますが、これも現実。
きちんと調べれば違いもわかるはずですが、なんとなくこのようなイメージなのでしょう。
よほどの日本通や文化に興味のある人以外、こんなものかもしれません。
逆に日本でも、ヨーロッパ各国の伝統衣装や文化など、
正確にはっきりと区別認識できてはいないと思うので、それと同じことだと思います。
アジアの国々ががミックスしてしまっているようです。

こんな調子なので、娘には田舎村のカーニバルで着物など日本関係のものは着せません。
ちなみにわたしは、移住した翌年のカーニバルでオランダ衣装を買いました。
結局カーニバルには参加したことがありませんが、
義母の85歳の誕生日パーティーでこのなんちゃってオランダ民族衣装を着、
クラリネット演奏をして、親戚に受けました。
hollandse.jpg


わたしが住むリンブルグ州ではカーニバルが盛大に行われます。
村ごとにプリンス&プリンセス、そして子供のプリンス&プリンセスが毎年選ばれます。

祝・犬のハナ 5歳

火曜日

犬のハナ、今日で5歳になりました。
朝家族全員でハナのために歌いました。(かなり本気で)


誕生日ということで、午後に夫と犬の散歩へ。
img20100127.jpg


ハナは、我が家から車で一時間ほどにある、いちご農家で生まれました。
オランダでは犬はペットショップで売っていないので、
犬を手に入れるにはいろいろな方法があります。
我が家は娘が小さかったので動物保護センターでは合う犬が見つからず、
ネットで一般家庭で自然に飼われている犬から生まれた子犬を探しました。
二ヶ月間は母犬と一緒に過ごすというのが条件なので、
生後二カ月経った時にいちご農家の人に連絡をとり、
とりあえず見学させてもらいに行き、その日のうちにもらってきました。
hana.jpg


ハナのお母さん犬は今のハナにそっくりで、
イメージしていたウエスティーとは違って、ちょっと汚れてすすけている感じでしたが、
性格がよさそうで子犬たちもかわいがり、家族たちにも愛されていました。
何匹かいた子犬たち、リビングを自由に走り回っていましたが、
なぜかハナだけが娘の後ろを追いかけていたのです。
ハナのお母さん、ハナの弟、そしてハナと。
hana2.jpg


それから5年。
今では、我が家には欠かせない大事な存在。
一番溺愛しているのは夫、すごいです。
img20100127_1.jpg


娘は一人っ子なので、犬の存在はかなり大事です。
愚痴を言ったり、悲しいときは励ましてもらったり。
誕生日プレゼントだったので、娘の宝物。
あれからいつも一緒。
2005.jpg


今日の散歩では、また野生の鹿に合いました。
わたしたちの近付く音に驚いて、ピョンピョンと軽やかに飛び跳ねて行きました。
img20100127_2.jpg


氷点下で風が強く、顔が凍りそうでしたが日がさして気持ちの良い散歩でした。
犬を飼ったおかげで、散歩の楽しみが増えました。
img20100127_3.jpg


誕生日の夜はいつものように、あおむけ寝。
後輩のリリ姫と共に夢の中・・・・
どうか、長生きしてください。
img20100127_4.jpg


娘は幼稚園クラスでのバイオリン発表がかなり楽しかったようで、
ものすごい興奮で帰宅し、一時間ほどおしゃべりが止まりませんでした。
バイオリンのレッスンでも師匠に自慢して、ほめられていました。
あまりにも楽器の練習しないので(母親似)、
昨日の夜「バイオリン、興味無いならやめてもいいのよ。」という話をしたばかりですが、
これでまた自信がついて、しばらくは続けるようです。











最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ