オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2009年08月

8月最終日

月曜日

まだ夏休み。
日本語学校の宿題が終わっていないので、外遊び禁止令。
それでもやらずにだーらだら。
一日中、母娘戦争でした。

夕食後、犬の散歩へ。
久々のお地蔵さんを出発。
img20090901_5.jpg


今日はまた暑い日でした。
img20090901.jpg


ちょうど一か月前の夕食後に、母たちと一緒に風車を見に来ました。
早いもので、あれからもう一か月。
img20090901_1.jpg


このお地蔵さんで左折。
img20090901_6.jpg


砂糖大根畑。
青空ですが、夜の8時近くです。
それでも、気がつけば日がずいぶんと短くなりました。
img20090901_2.jpg


とうもろこし畑。
すっかりおいしそうですが、家畜用。
硬くて味が無いそうです。
img20090901_3.jpg


むぎ畑、そろそろ収穫。
img20090901_4.jpg


進歩の無い一日でした、大反省。
「明日は良い日にしましょう。」と握手して約束。





義母日

日曜日

朝からハイテンションの義母の声に起こされ、みなで一緒に朝食。

夫の仕事が詰まっていたので、義母&娘&わたしの女チームで、
ベルギーの義母の別荘に遊びに行きました。
我が家から車でぴったり一時間、ベルギーのアルデンヌ地方の小さな村にあります。
img20090831.jpg


義母&義父、そして家族の思い出のたくさん詰まったこの家は、
家ごとアンティークといった感じで、古い物たちが良い味出してます。
わたしの父が描いて義母に贈った絵もたくさん壁にかかっています。
img20090831_1.jpg


キッチンの調理台カバーもアンティーク。
img20090831_2.jpg


義母に会うたびに「これあげるわ」と、相変わらず物をもらい続けている嫁。
シンプルなアンティーク・丸型ラスクケースをもらいました。
日本に住んでいるとき、鎌倉のアンティークショップを夫と通りがかり、
同じような柄のケース(オランダ製)がものすごい高値で売られていて、
アンティークに全く無知識なわたしたちは、とても驚いたことを思い出しました。
img20090831_3.jpg


チーズフォンデュのなべセットもちょうど欲しかったところで、助かりました。
img20090831_4.jpg


義母に「これ、何だかわかる?」と質問され、全くわからなかった嫁。
(写真右の、皿に付いている銀の物)
正解は、「皿に取りつける魚の骨入れ」、だそうです。
初めて見たので、記念に貰って来ました。
img20090831_7.jpg


ブルーナ氏の大昔のイラストであろうキャンディーボックスも、いけてます。
こんな感じのものがごろごろしているので、アンティーク好きな方にはたまらないかもしれません。
img20090831_5.jpg


リビングの家具やクッションも、年代物です。
義母の母が編んだクッションカバーやカーペットが、これまた良い味出してます。
編み物は娘が引き継ぎました。
img20090831_6.jpg


冬の楽しみ、暖炉。
今日もかなり冷え込んでいたのですが、掃除が大変なので我慢。
img20090831_8.jpg


特に何をするわけでもなく、日向ぼっこをしたり近所を散歩したり、
おしゃべりして3時間ほど滞在し帰りました。
こんな時間は義母にはとても楽しいようで、大喜びでした。
img20090831_10.jpg


夕食は、いつも似たり寄ったりの手抜き料理。
義母の好きなものはだいたい把握しているので、良く食べてくれます。
好評だったのはミートローフ、それとカリフラワーのグラタン。
img20090831_9.jpg


わたしが留守にしている間に夫は日本の母に電話して、
二人で梅干しや南部せんべいについて語り合ったそうです。
今日はお互いに、義母日。

お泊り会は終始楽しそうで元気に過ごし、
迎えに来た介護タクシーで、90歳、笑顔で帰って行きました。
楽しい週末でした。













義母お泊り会

土曜日

またまた外遊びな一日。
午後、介護タクシーで義母登場、今日は我が家にお泊り会。
引っ越しで頭がいっぱいだったようで、お泊り会は久しぶり。
さっそくみんなでアイスクリーム屋さんへ。
義母の好物はアイスクリーム。
img20090830.jpg


牛さん、行水中。
img20090830_1.jpg


どうやら、あごの下あたりが、とてもかゆいらしい。
人間もかゆいところをかいている時、こんな表情します。
目が飛んじゃってます。
img20090830_2.jpg


アイスクリームの後は、隣村までドライブ。
来月の結婚12.5周年パーティー予定会場を見に行きました。
まだ何にも決まりません・・・。
img20090830_4.jpg


OMA(おばあちゃん)が来ていても、子供は遠慮なく遊びに来ます。
「おばちゃん、また一緒にポップコーン作りたい!」とM君登場。
明日また一緒に作る約束をしました。
img20090830_3.jpg


義母の引っ越しで色々なものをもらい続けています。
70年前のこのビールグラス、ビールがと~ってもおいしく感じます。
グラスがとても薄いのでそのせいかもしれませんが、
このグラスは義母の父親が使っていたらしい。
歴史あるグラスで、今はわたしが酔っ払いジョッキ
img20090830_6.jpg


夕食後、編み物教室再開、本日の作品はミニクッションでした。
一日でクッション編んでしまうなんて、すごい。
img20090830_7.jpg


娘には思いやりのある優しい女性に育ってほしいと思っていますが、
なかなか難しいのが子育て・・・直すべきところはたくさんあります。
褒めるとしたら、二人のおばあちゃんのことを大事に思っている、というところ。
日本のおばあちゃんも、オランダのOMAも大事に思っているようです。
ずっと今の気持ちを持ち続けてほしいと思います。







秋の気配

金曜日

午前中はマーストリヒトの図書館&買出し。
娘は本をたっぷり借り、わたしは音楽コーナーでうっとり。
楽譜やCDを眺め気に入った楽譜を借りる、これ至福の時です。
娘の冬のバイオリン発表会の曲が決まったので、早速その楽譜も借りました。

図書館では、ちょうど日本版画ミニ展示会。
img20090829.jpg


この版画たちは、我が家のお向かいさんであるオランダ人ヤンさんのコレクション。
お向いさんは浮世絵コレクターでもあり、チェスの名人でもあるそうです。
img20090829_1.jpg


浮世絵本特集コーナー。
日本人であるわたしは、全く無知識です。
img20090829_2.jpg


今日も近所の子供たちは公園で盛り上がっていました。
3歳から13歳まで、仲良く遊ぶ姿は平和です。
結局、一日中外遊び、いろいろなママさんにおやつをもらって遊び続けました。
夕食後、アイスクリーム屋さんへ。
img20090829_3.jpg


羊たち、何やら一生懸命に木の実を食べていました。
img20090829_4.jpg


日が短くなりました。
吹く風も秋の香り、長く暗い冬へと一歩ずつ近づいています。
img20090829_5.jpg


犬たちには過ごしやす季節となりました。
img20090829_6.jpg


夏休み、残すところ一週間。
遊ぶだけ遊ぶ!という夏休みで、とても楽しそうでした。

















オランダ・市民融合化義務

木曜日

街の図書館へ行く予定でしたが、またしてもドタキャン。
M姉さんと1時から夜の8時まで外遊びの一日でした。
img20090828.jpg


こちらM姉さんの弟、M君。
姉さんたちは遊びに夢中で相手にされていなかったので、
我が家に呼んでM君と二人でポップコーンを作りました。
ポップコーンの爆発音に大喜び、
出来たてを誇らしげに持って公園へ戻って行きました。
img20090828_1.jpg


夕食後は娘と二人でアイスクリーム屋さんへ散歩。
img20090828_2.jpg


夜の8時半ごろでしたが、羊雲が夕焼けと共にきれいでした。
img20090828_3.jpg


オランダは山が無い分、空が広いのです。
img20090828_4.jpg


羊雲を眺めながら、羊を眺める。
確かに、羊雲は羊の群れに似ています。
img20090828_5.jpg


こんばんは。
img20090828_6.jpg


よく食べますね。
img20090828_7.jpg


オランダに住む外国人(駐在員などは対象外)には、
市民融合化(オランダ語とオランダの文化を習得する)が義務化されています。
新しくオランダに移住した人だけでなく、
長いことオランダに住んでいる人にも適用されるので、
在蘭歴の長短にかかわらず条件は同じのようです。

市民化するには色々な方法があるのですが(内容は省略)、
市民化試験や国家オランダ語試験を受けたりなどの条件を満たしていないとされる人は、
学校に通ったり更に違う試験を受けたりしています。

実は一週間前に、この市民化試験面接の案内の手紙が届きました。
わたしは2003年に移住し、2004年から4年間オランダ語学校に通いました。
オランダ語学校だけでなく、自己啓発セミナーに参加したり(させられたり)、
オランダ人に混ざってスピーチの特訓なども受けてきました。
全部で四つの学校に通ったことになります。
国家試験も受け何とか合格し、
更に難しいレベルのコースを受講し(最後までちんぷんかんぷんだったけど)、
今年は永住権も取得でき、ほっとしていたところです。

これからまた更に学校へ通うのか!!と驚き、急いで面接担当者に連絡し、
何のための面接か聞いたところ、
「場合によっては、あなたも市民化試験を受ける必要があるかもしれない。」ということで、
「えー!!」と驚きました。
あわてて4年分の書類や履歴書を再び揃えて届け、書類審査を受けることになりました。

今日、「あなたは十分市民化の義務を終えています。問題ありません。
今の法律に対して、何の義務も生じません
。」という正式書類が届きました。

どうやらわたしは無事に市民融合化されているとみなされたようで、一安心。
38歳から始めたオランダ語、あの努力が今になって役立ち、うれしいです。
ということで家族で乾杯しましたジョッキ
秘かにドキドキの一週間でした。
















最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ