オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2007年06月

4年生終了

金曜日

今日は終業式。といっても、セレモニーはありません。
卒業していく8年生も、卒業式は無く、終了後にパーティーがあるのみ。
4年生最後の日、「いってきまーす。」
寒くて着込んでふくらんでいます。
img_9671_1_1.jpg



午前中は、マーストリヒトへ行きました。
今日も、曇り時々雨。
img_9673_3_1.jpg


教会でパイプオルガンのレッスン。
img_9677_7_1.jpg


念願だった、アルビノーニのアダージョを、今日やっと夢がかない弾けました。
100%自己満足なのだけど、気持ちよかった~。
聞かせる相手がいないので、来週、娘を連れて行く予定。
maastricht_matthias.jpg


レッスン後、教会を出ると、青空市場。
とても久しぶりに、オランダ語学校時代の友人、コンゴ出身のベルナデットに会えました。
オランダ人のやっさしいだんな様と結婚して、もうすぐ丸2年。
べ「キャー、元気~?」
私「元気元気、家族もみんな変わりない?」
べ「ないない、変わったのは私の体重よ~。11キロも肥っちゃってさ~。」
私「あーら、嫌味?わたしは15キロよ、あーはははは。」
いっつも、こんな会話。
img_9678_8_1.jpg


市場には、生地が沢山売られていますが、裁縫が苦手な私には役立っていません。
結婚して一週間経った頃、人妻になったのだからマイミシンだわと、
夫とミシンを買いに行き、購入。
その10年前のミシン、ダンボールに入ったまま、まだ開けたことがありません。
クッションカバーとか、カーテンとかエプロンとか、作りたいけどな~。
img_9676_6_1.jpg



イスラム教徒のお姉さんたちは、自分で服を作ることが多いらしく、
いつも生地屋さんで沢山見かけます。えらいな~。
img_9675_5_1.jpg



今日で4年生も終了、成績表を持って娘は5時半に帰宅。
6時から娘と二人で犬の散歩をしました。
img_9683_1_1.jpg



冴えない天気の中、なんとなく冴えない散歩。
それにしても寒すぎる。
img_9680_2_1.jpg


明日の日本語学校が終了後、夏休みに突入。
うれしいような、そうでもないような・・・・・。

クラス替え

木曜日

今日もあやしい天気でした。この何日かは長袖の気候です。
午前中に、犬の散歩で村を歩きました。
img_9658_1_1.jpg


麦畑を通って・・・・・
img_9667_1_1.jpg


とうもろこし畑で、かくれんぼ。(丸見え)
img_9664_1_1.jpg


そろそろ収穫でしょうか。
あっという間に大きくなりました。
img_9659_1_1.jpg


子羊もいっぱい。
img_9657_1_1.jpg


明日で娘のオランダの小学校の4年生も終わり。
一日も休まず通う事ができました。
お弁当も一回も残さず食べました。これで、充分。
そして、とーーっても楽しいクラスだったようで、毎日が楽しそうでした。
移住した年は友達もおらず、淋しそうな毎日だったのが、遠い思い出です。
新しいクラス替え発表の後、大泣きしながら帰ってきました。
学年で2クラスしかないので、どうってことないと大人は思いますが、
子供にとっては、大好きな友達とクラスが違うのは、悲しいようです。
今日は、その離れてしまったおともだちのBちゃん登場。
img_9670_1_1.jpg


あっというまに、8月からは5年生。
もうちょっと、ちびのままで居て欲しい・・・・・。

明日は、わたしの、大好きな姉の誕生日。
こしあんが大好きなので、年の数だけ、こしあんまんじゅうを贈りました。
おめでとう祝
会いたいよーーーーーーーーーーーーーーー。

二人のおばあちゃん

水曜日

今日は寒かったので、久々に暖房を着けました。
まさか、このまま秋に突入しないよね、オランダ。

今週は学年末のため、ほとんど授業らしい授業は無く、
毎日祭り状態の、娘の通う小学校。
今日はクラスパーティー。担任の誕生日祝いもかねて、おおさわぎだったらしい。
特技披露だったので、バイオリン演奏をしてきた娘、
学校のみんなの前で弾くのが夢だったので、夢かなって大満足。
ご機嫌で犬へ報告。
img_9644_2_1.jpg


午後から、Oma(おばあちゃん)が遊びに来てくれました。
来週、七夕の日に88歳になる義母。
自分で車を運転して遊びに来ますが、けっこう飛ばします。
オランダ語を勉強して一番良かったと思うことは、義母と会話できるようになったこと。
10年前に来た時は、ジェスチャーで筋肉痛になるほど、何も話せなかった。
今日はおばあちゃんにスケート姿を披露。
img_9640_1_1.jpg


夕食後のデザートは、もちろんみんなで農家のアイスクリームへ。
義母も娘も、もちろんダブル。
img_9647_3_1.jpg


寒いので、車に乗ってドライブしながら食べました。
img_9626_2_1.jpg


お馴染みの牛さんも。
img_9651_5_1.jpg


日本のおばあちゃんからは、お菓子&手紙が娘に届きました。
このお菓子は日本語の宿題の時のえさ褒美に使います。
「漢字50個書いたら、おっとっと一袋ね。」と言うと、
単純なので、「イエーイ!!」と、がんばるのです。
オランダのお菓子ではやる気がでないらしい。
「おばあちゃんが、わざわざ送ってくれたお菓子」には、娘にとってはものすごい価値があるようです。
おばあちゃん、どうもありがとう。
img_9652_4_1.jpg


早く、日本の母に、大きくなった娘を合わせたいな~。
巨大な私とちがって小さい母なので、もうすぐ娘と同じくらいかな?
二人のおばあちゃんが大好きな娘、今日はうれしそうでした。









私の趣味は面接。

火曜日


昨日、先日お誕生日会に招待してくれた友達のお母さんが、
焼きあがり作品を届けてくれました。
素焼きの状態ですが、お友達との良い思い出です。
img_9636_7_1.jpg



今日は、またまた野暮用でマーストリヒトへ行きました。
img_9553_1_1.jpg


一月から通ってきたオランダ語学校、一年の契約でしたが、
合わないし、プログラムとの食い違いも多く、
信用できない&あまりにもレッスンがのんびりで、
どう考えても時間の無駄なので、思い切って昨日でやめました。
(やめるのに、ずいぶんと手間がかかり大変でした。)
というわけで、やれるはずだった会社での見習い研修も中止。
このまま家の中で座っているのは嫌なので、早速、今日は秋から通う予定の学校の面接。
オランダに住んでから、面接が趣味と化している。
img_9634_6_1.jpg


街の大学に付属する語学センター。
周りは若者ばかりで、若返った気になりました。どうみても、最年長。
img_9633_5_1.jpg


面接は一時間。
「えーと、あなたは2004年から2年半、語学学校へ通いましたね。
2007年一月から、ちがう学校へ通い、昨日やめたのですね。
もう充分だと思うのですが、それでもまだ勉強されたいという気持ちは、
何のためですか?」という質問。
みな、学業のためとか仕事のため、などと、目的がはっきりしているらしい。
「自分の人生のためです。」なーんて、格好つけてみました。
よく言うよ。
img_9628_2_1.jpg



そして、もう何度聞かれたことか、この同じ質問。
「あなた方ご夫婦は、二人でオランダ語を話していますか?」
「いいえ、日本語です。」
「えー、それはいけませんね、オランダに住むのでしたら・・・・・」以下延々と続く説教。
わかっているわい、そんな初歩的なこと。
でもね、日本語でもう11年も会話してきたのさ。
img_9629_3_1.jpg



夫の日本語は、わたしはパーフェクトだと思っている。
それに、どこに住んでいても、夫婦の会話は何語でも、
その夫婦の一番話しやすい言葉でいいと思っている。
誰もがかならず同じアドバイスをご丁寧にしてくれる。
「だって、だんな様に習えば、授業料も要らないわよね?」とまで言う。
高ーい授業料を自ら払って、オランダ語を習い続けようとしているおばさんに、
説教じみた声で話す面接官には、もうあきあき&うんざり。
何度も経験したけど、大きなお世話なのである。

「単にオランダ語の勉強を続けたいのですけど、いけませんか?」
「それはそうだけど、お子さんとも日本語?」
「もちろんです。」
「えー、それもよくないわね、ここはオランダなのよ。」
と、この繰り返し。
家族の言葉など、放っておいてくれー!
img_9627_1_1.jpg


面接回数なら、誰にも負けないオランダ生活だけど、
近ごろ、自分で自分のオランダ生活の未来が見えない。
無我夢中の3年間が過ぎて、いい年してまだ学校通って・・・・・・。
ここでやめたら最後、二度と勉強しないだろうから、意地でも続けるぞ。
でも、その後の人生は・・・・???
img_9631_4_1.jpg



最近どうにも低迷中で、日本の家族&私の恩人とき江ママに、
愚痴メールしてしまう。すみません。
わたしなんて、オランダでのんきにだらだら暮らしているのに、
毎日忙しいみんなに、のんきな愚痴メールなどして反省中。
でも、ちょっとした返事が最高の励ましです、ありがとう国旗









サクランボ売りの少年

日曜日

朝寝坊したいところですが、リリ姫、機械のような犬で、決まった時間に起こしに来ます。
で、枕元で靴下くわえてじっと座って待っているので、かわいくて起きてしまいます。

日本語の宿題の終わった午後、みんなで散歩へ行きました。
今日は、もうすぐ行う義母の88歳のサプライズパーティーの打ち合わせ。
去年の同じホテルに親戚一同で集まって泊まるので、最終打ち合わせ。
義母は当日まで知らされません。
img_9624_9_1.jpg


ホテル周辺は、とても静かで、かわいらしい家々が建ち並んでいます。
img_9599_3_1.jpg


かわいらしい家々は、バカンス用のアパートになっている場合が多く、
休みを静かに過ごしたい人たちに人気があるようです。
img_9602_4_1.jpg


この季節、あちらこちらで見かける、道端の子供たち。
自分の家の庭の木になったサクランボを、家の前で売るのです。
今日も、散歩中に二人の少年がサクランボを売っていました。
お小遣いにしていいそうで、500グラムで一ユーロ。
子供だと、つい買ってしまう、甘くておいしいサクランボ。
img_9598_2_1.jpg


もう少し歩いて行くと、馬さん登場。
人懐こくてかわいい。
img_9600_1_1.jpg


もちろん、牛軍団も。
img_9606_6_1.jpg


そこのおばさん、見てないでお乳を搾ってよ~、重いわ~。
img_9611_5_1.jpg


〆は走りで。
一緒に野原を走ってくれるのも、あと2~3年かなー。
img_9617_7_1.jpg


おとっつぁんも、走ります。
img_9621_8_1.jpg


毎週(毎日かも)同じことをしている我が家。
これでいいのか、時々不安になります。









最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ