オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2006年12月

今年もお世話になりました。

今日は木曜日。

連夜、夜更かししている娘、今朝の起床時間は11時。
一日の半分を眠った、半冬眠娘。
霧雨が降り続く、この季節に多い嫌な天気の一日でした。
空は灰色、朝、明るくなるのは10時ごろ、夕方4時過ぎる頃には暗くなっていきます。

明日から年末年始逃亡旅行へ出かけます。
この時期は、日本と日本の家族が恋しくなるのですが、
そんな31日の夜に、村の住民が皆、家の外へ出て花火をしたり、
抱き合って新年のキスなどするのに私が耐えられないので、逃げます。
夏に行った海がとても楽しかったので、再び海へ。
天気予報がイマイチなので、長靴など仕入れにValkenburgへ行ってきました。
img_7041_1_1.jpg


相変わらず、観光客でにぎわっています。
寒さが厳しくないので、霧雨でも人出は十分にあります。
img_7043_1_1.jpg


用事が済んだので、3人でカフェ休憩。
おとっつぁんはビール、鬼婆はグリューワイン(ホットワイン)。
娘は、ショコメル。これは、オランダの子供の代表的な飲み物と言っても過言ではないほど、人気。
ショコメルというのは、チョコレートミルクという意味の略で商品名です。
濃い目のココアと言った感じでしょうか。これを、夏場はアイスで、冬はホットでも。
娘はアイス・ショコメルが好物ですが、すごいカロリーなので、控えています。
img_7050_1_1.jpg


冬場のカフェには色々な工夫が施されています。
寒くても外に座って人間観察の大好きなお客さんのために、
厚手のガラスもしくはプラスティックで、風除けを立てている店、
外用の強めのヒーターを設置している店、そして、今日の店の様に、
ひざ掛けを用意してある店など・・・・冬場でも、テラスは大人気です。
我が家も大抵、タバコ臭い店内より、寒くてもテラスに座ります。
ひざ掛けは、思いのほか温かいのです。
img_7044_1_1.jpg


店を出ると4時半過ぎ。すでに空は暗く、夜です。
日が短く、今日の日照時間は7時間ほど。
こんな日が続くと、精神的によくありません。
img_7051_2_1.jpg


さて、今年も終わろうとしています。
色々なことがありましたが、日本の家族、オランダの家族、
元気に新年を迎えようとしているのは、とてもうれしいことです。
来年も、健康で平和な一年になることを願いつつ、今年の日記は今日で終了。

今年もお世話になり、ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


オランダのド田舎、K家より。
img_7061_1_1.jpg



それでは、良いお年をお迎えください!

休息日

今日は水曜日。

昨日の夜中、三人で倒れこむように就寝。
窓をつつく鳥のくちばしの音で目覚めたのは9時半。
今日は完全な休息日。来客もなく、訪問もしません。
そして、今日から普通に仕事日。

夕方、フレッシュな空気を吸うために、灰色の空の中、散歩へ行きました。
今日は古城コース。
img_7025_1_1.jpg


寒かったのですが、久々に散歩でき、いい気分転換になりました。
同じことを考える人が多いのか、家族で散歩している人が思いのほか多かったです。
田舎なので、すれ違うと「こんにちは。」と、挨拶します。
img_7026_1_1.jpg


どんなに田舎の散歩コースでも、人の手が行き届き、きれいにされています。
そして、突然キリスト像、マリア象などに出会うことが多く、
村ごとに工夫されているので、よく見比べながら歩きます。
img_7028_1_1.jpg


薄暗い森の中で会う、リアルなキリスト像はギョッとしたりしますが、
生まれたときから見慣れている子供たちにとっては、そうではないようです。
img_7029_1_1.jpg


寒い散歩中、馬車倉を改造したカフェを発見。が、入ってみると満席。
みんな、同じことを考えています。
img_7034_1_1.jpg


こちらも古城。やはりホテルレストランに改装され、
倉は住宅に改装され、人が普通に住んでいました。
img_7035_1_1.jpg


休息日、日本の母や姉とも電話で声を聞き、のんびり終了。
今年も、残すところと4日。
あさって金曜日から、年末年始逃亡旅行へ出発の予定。

クリスマス

25・26日と、慌しくクリスマスが終わりました。
25日は、クリスマス一日目&夫の誕生日&祝日。
おとっつぁん、誕生日おめでとう!

日本の元旦のような静けさの中、クリスマスを迎えました。
我が家では、夫の誕生日でもあるので、この日は大忙し。
大げさな家族の一日は、娘が歌う「ハッピーバースデー」で始まりました。
お小遣いで買った花束も渡し、おとっつぁん、いつにも増して、うれしそうでした。
父親というのは、本当に娘に弱いようです。
img_7006_1_1.jpg


クリスマスには、大人同士もプレゼント交換をします。
毎年、「もうこの習慣は止めようか」と、老夫婦で思うのですが、
義母が元気なうちは、そして娘が小さいうちは、続けようと決めたのです。
クリスマスにこだらわず、年末に家族が集まって楽しく過ごすのは、
とても大切な時間だと思っています。
日本の母にはできないことなので、それはそれで苦しいのですが・・・。

家族の分、親戚に渡す分、全員分をクリスマス・ツリーの下に並べます。
夜中には、サンタクロースも来てくれたようなので、プレゼントだらけ。
犬のハナにもちゃんとあります。
img_7005_1_1.jpg


二日間とも、午後から親戚が集まりました。
今年は張り切って、二日間共、フル・コース料理を作ってみました。
一日目のスープは義母の好物、ホワイトアスパラガスのクリームスープ。
好評で、全員がおかわりをしてくれました。
img_7013_1_1.jpg


二日目のスープは、三日前に作って寝かせておいたオニオンスープ。
仕上げにチーズを入れて、オーブンで焼いて味を深めて大成功。
img_7018_1_1.jpg


前菜は、これも義母の好物。生ハムメロン。
超簡単&軽いので、いつでも好評。
サラダは、ちょっと気取って&日本風にしたら、大受けでしたが、
忙しすぎて、写真を撮る暇はありませんでした。
img_7007_1_1.jpg


二日目メインディッシュは、24日に作った、豚肉の赤ワイン煮。
これが、天才かと思うほど好評だったので、定番メニューになるでしょう。
白髪ねぎの素上げ&アサツキのトッピングが受けていました。
img_7008_1_1.jpg


デザートが終わる頃、眠気が襲うほど、疲れましたが、
みなが「おいしい、おいしい、おいしい。」と何度も言ってくれるので、
心底うれしかったです。
いつか、日本の母が来たら、一生懸命作ろうと思います。

義母は、5人の子供の家を二日で回りました。
87歳なので疲れているとは思いますが、夜中まで続くゲームにも全て参加。
しかも、ゲームがめちゃくちゃ強いです。
25日は、我が家に泊まり、80歳差の娘と仲良くのんびり過ごしました。
img_7017_1_1.jpg


食べて歌ってゲームして、そしてぐびぐび飲んで、笑って。
オランダで楽しいクリスマスを元気に過ごすには、体力も必要です。
来年も、家族が健康で集まることができますように。

クリスマス・イヴ

今日は日曜日&クリスマス・イヴ。

日本のクリスマスイヴからは想像もできないほど、静かです。
カップルで外食とか、高級な贈り物という習慣は無いようです。
とにかく、家族。家族で静かに過ごします。
今日よりも、明日の25日、クリスマスの二日目の26日がとても大事な日。
今日は日本で言う大晦日のような、あちらこちらから、ご馳走を作るいい匂いが漂っています。
両隣は、毎年ウサギの煮込み。しかも、甘酸っぱい匂い・・・。

我が家のアサツキも出番待ち。毎年クリスマスには沢山使います。
img_6987_1_1_1.jpg


明日に備えて、掃除や料理に取り組みました。
鬼婆は、料理担当、娘と夫は掃除担当。
豚肉のワイン煮を作りました。
おいしそうな匂いですが、誕生日で主役の夫は肉を食べないので、残念です。
夫の分も、妻が食べることになります。
2キロの塊を使って、シンプルに。
img_6989_1_1.jpg


娘が、成績表を見せてためたお小遣いで、パパへの誕生日プレゼントを買いました。
自分のお金でパパへの贈り物は、生まれて初めて。
レジで「これをパパに上げるので、包んでください。」と、上手に言えました。
翻訳者のパパへ、ペン立てと馬の飾り物。
おとっつぁん、泣くかもしれません。
img_6990_1_1.jpg


我が家のクリスマスイヴ・ディナーは、あさりの炊き込みご飯と味噌汁。以上。
豪華ディナーを家で食べて、夜10時からの教会ミサへ出かけました。
クリスチャン家族ではないのですが、私がパイプオルガンを習っている教会で、
師匠がオルガンを弾くので、毎年聴かせてもらっています。
オルガンの、空気を送り込む機械の前で。
img_6998_1_1.jpg


男性合唱団による歌は、教会に美しく響き、とてもきれいでした。
やはり、聖しこの夜が最高です。
img_6995_1_1.jpg


娘も、パイプオルガンの演奏は、興味があるようです。
一度、弾かせてもらったことがあるので、尊敬しているようです。
今年もお世話になった師匠の演奏を、家族で聴けて何よりでした。
img_6994_1_1.jpg


夜の12時近いマーストリヒトの街は、さすがに歩いている人もいなく、
気持ちのよい散歩になりました。
img_7003_1_1.jpg


これから、プレゼントのセッティングを老夫婦で行います。
今年は何でもかんでも包んだので、ものすごく豪華に見えます。
ママへ!という大きな包みを見てしまい、気になって眠れません・・・。

それでは、楽しいクリスマスを!!




遠い日本から、ありがとうございました!

今日は土曜日。

今日から1月7日まで、娘は冬休み。学校が大好きなので、休みがそれほど嬉しくないようです。

友人たちにクリスマスカードを書いたので、パパと一緒に配ってきました。
この時期、自分でカードを配る人をよく見かけます。
郵便やさんの真似をして、サンタさんの格好で配ってきました。
クラスの男の子へは、迷いに迷って二人に書きました。
img_6981_2_1.jpg


鬼婆は、今日からご馳走作りを開始。
まずは、オニオングラタンスープのたまねぎ炒め。
2キロの甘玉ねぎをバターでゆっくり炒めて作ります。
img_6980_1_1.jpg


午後は、一年ぶりに家族三人揃って、食料品の買出しへ行きました。
本当に買い物が嫌いな娘&夫を引き連れて、まとめ買い。
娘は疲れ切って、帰りの車では高いびき。車で眠るのも久々でした。
img_6982_3_1.jpg


今週は、日本からクリスマスカードやプレゼントが届いた、幸せな毎日でした。
鎌倉のM家の皆様、はとサブレーグッズをありがとうございました。
東京のS家の皆様、色々と楽しい贈り物をどうもありがとうございました。
そして母からも、娘へのお菓子が沢山、どうもありがとう。
ぜんぶ、包装して&頂いたカードを添えて、クリスマスに娘に渡します。

そして、今日は、このブログへいつもコメントくださる、ちゅんこさんから!
お会いしたこともない方に、贈り物を頂いて、恐縮です、でもうれしいです。
どうも、ありがとうございました。
三人で開封しました。娘はうれしそうに叫んでいました。
クリスマスカードを送ってくださるということでしたが、
思いもよらず、こんなに沢山のうれしい贈り物をありがとうございました。
なんだか、家族でスターになった気分です。大事に頂きます。
img_6983_4_1.jpg


遠い日本から、クリスマスカードをありがとうございました。
私の送ったカードは正月過ぎて届くと思います。すみません・・・。
クリスマスカードは其々の家庭で工夫して飾ります。
壁一面がカードで埋まったり、天井からぶら下げたりして素敵です。
我が家はピアノのふたの上。ピアノの上は、何かと便利で重宝しています。
img_6985_1_1.jpg


今年も残すところ、一週間となりました。




最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ