オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2006年08月

私の特技

今日は木曜日&8月最後の日。

近頃、朝は冷え込むようになってきたため、弁当&朝食を作り終えて、
2階の二人&一匹を起こしに行くと、嫌がられる。
犬のハナなどは、起こしても起きない、ねぼすけである。
今日は娘が自分のベッドに移しても、まだ寝続けていた。
「おとなしい犬」ではなくて、「単なる怠け者犬」疑惑浮上中。
img_5547_2_1.jpg


今日もせっせと買出しに、孤独ドライブが好きなので、わざと遠くのスーパーへ。
果物が大好きなおとっつあん&娘のために果物。
日本では果物が高いと思っていたので、オランダに来てとても安く感じます。
りんご、洋ナシ、メロン、桃、ネクタリン、ぶどう、バナナ、キウイ、
マンゴ、これで16ユーロほど。ばくばく食べます。
img_5549_1_1.jpg


今日は水泳教室、まだまだ通います。
まずは、毎週会うのが楽しみなあひるさんに挨拶。
img_5553_1_1.jpg


娘が泳いでいる50分の間、今日も独り、ふらふらと街を歩きました。
カップルに「観光案内所はどこにありますか?」と尋ねられ・・・
見たことある顔で、すぐに誰だかわかったので、おばさん根性丸出しで、
「あー、私、あなたたちのこと、知ってますー!テレビで見ましたー!」
と言うと、「えー、よくわかるわねーそうよ、その通り。」という明るい返事。
実は私はオランダのテレビをほとんど観ないのだけど、
たまにやる「嫁探し番組」は、わかりやすくてくだらなくて面白いので、観る。
確か、もう何ヶ月か前の番組だった。
母親と息子が一緒に住んでいて、二人で嫁探しという企画物だったと思う。
それに出て、見事カップルになった二人でした。
ほんの5分でしたが、「まだ一緒にいるんだね」とか、「今日は姑さんは?」など、
気さくに話てくれました。と~っても楽しかった。
遠くに住んでいるけれど、バカンスで遊びに来ているらしい。
「旅行中に言われたのは初めてだよ。」とか、
「なんだか有名人みたいね」と言いながらも、喜んでいました。
「幸せになってね~」というと「もちろんよ、ありがとう!」とのことでした。
私の特技は「顔を覚えること」なのである。(姉も同じ)
お幸せに。
img_5551_1_1.jpg


くだらないことに脳みそを使っている場合ではなくて、
来週からオランダ語世界に戻るってのに、何もしていない。
今日はプールの受付でお姉さんに話しかけた時に、どもってしまった。
久々の「アーウーオー」状態。娘が心配そうに見ていました。

そして今日も寒かった。温度計は13度。
こんな空では明日も天気は期待できない。
img_5533_1_1.jpg


雨が多かった8月。真夏から一気に寒くなり、冴えない一ヶ月でした。
いよいよ9月。芸術の秋がやって来る。
妙にそわそわする。

日本ごっこ

今日は水曜日。

雲行きはずっと怪しかったのですが、珍しく雨のない一日でした。
今日も夫の野暮用に付いていこうと思っていたら振られました。
なので、久々に村の中を犬のハナの散歩へ。
相変わらず、人っ子一人歩いていません。
img_5534_1_1.jpg


りんご畑のりんご、いい色に染まってきました。
すっかり赤くなり、おいしそうです。
りんご畑の中を歩くと、ほんのり甘いりんごの香りがします。
img_5538_1_1.jpg


近頃雨が多いため、牧草は文句なしでおいしいことでしょう。
今年のミルクは、ますますおいしくなりそうです。
img_5537_1_1.jpg


学校は12時半まで。今日もお客様です。
先日来た娘の元カレの、現在の彼女らしい。
一年生でも同じクラスでしたが、放課後に遊ぶのは初めて。
これからもよろしく!デイジージェーンちゃん。
かなり大きいですが、娘と同じ、3月生まれの7歳。特大。
img_5542_1_1.jpg


始めて遊びに来ると、必ずやるのが「日本ごっこ」です。
今日も浴衣を着て、羽子板で遊ぶオランダ南部のオランダ人。
みんな、まんざらでもないようです。
img_5543_1_1.jpg


夕方、玄関のチャイム。男の子三人登場。
「こんにちは、○○ちゃんと外で遊んでもいいですか?」と、もじもじ。
夫は「今、女の子来てるから遊べないよ、じゃ。」と、玄関を閉めようとする。
そこで鬼婆すかさず「あ、後で大丈夫、後で行くよ。」とフォロー。
そして、6年生(日本の4年生)の男の子3人相手に公園でよく遊びました。
こっそり覗くと、「オリャー~~~ッ」と、追いかけているのは娘。
それでもおとっつあんは、前庭の手入れをしながら、監視。
img_5544_1_1.jpg


この年齢で、男の子が家に遊びに来たり、混ざって遊んでいるのは珍しい。
多分、男の子には「女の子」として意識されていないのだろう、娘の性格。
いったい、誰に似たのだろう・・・・・



大食欲の秋

今日は火曜日。

キッチンから見える朝の空は美しく、久々の青空。
空はきれいでも、気温が低い朝でした。
娘を学校へ送る時のほかのお母さんとの挨拶は「冷えるわね~」でした。
冬が確実に近づいてきています。
img_5518_1_1.jpg


夫の野暮用にくっついて、マーストリヒトへ行ってきました。
来週から学校が始まるので、今のうちにフリータイムを満喫。
img_5519_1_1.jpg


今日、来月からの私自身の進路がほぼ決定。
まだ確定ではないけれど、オランダ語の勉強が続けられそうで、一安心。
再び、おばさん学生生活に戻ります。
家族の協力のおかげ。感謝感謝。
img_5503_1_1.jpg


放課後は久々のバイオリン。
愛しのデニス先生がやって来ました。
たいして練習していないのはすぐにお見通し。
けれど「いい調子だね、こうやるともっといいよ。」と褒めて(のせて)教える。
そして星型のシールを張ってもらえば、やる気百倍。
今日は二人でペアルック?
img_5526_1_1.jpg


宿題も終了。がんばったご褒美は、大ごちそう、ベビースターラーメン。
近頃、すごい食欲で、さすがの私も負けてしまいそう。
そのくせ「でぶママちゃん」と、私のことを呼ぶ。やめておくれ。
img_5524_1_1.jpg


朝の青空にはすっかりだまされて、今日も一日中、雨が降ったりやんだり。
夜には雷も伴って、ばけつをひっくり返したような豪雨でした。
灰色の雨雲はとめどなく、いったいどこからやって来るのでしょう。
img_5522_1_1.jpg


「食欲の秋」とはよく言ったもので、本当にこの季節、何を食べてもおいしくて困る。
まだ8月だけど、体内季節はすでに秋。






百恵ちゃん独り熱唱

今日は月曜日。

またしても雨。
8月は雨・雨・雨で終わりそうです。
雨雲に覆われています。どんより。
img_5507_1_1.jpg


今月いっぱいは専業主婦のわたし、今日はいわしを買いに、
片道30分のドライブで、大型店へ行ってきました。
オランダの大型店ではけっこうな高さまで在庫が積まれています。
地震国日本で育った私は、上を見上げるとぞっとします。
img_5506_1_1.jpg


ドライブのBGMはパイプオルガンではなくて、百恵ちゃん。
大音量でかけて、大声で歌う。
秋桜、いい日旅立ち、さよならの向こ側・・・・・しんみり。
そしてプレイバッグpart2では、どすをきかせて更に大声で。
バッハもシューマンもいいけれど、たまにはやっぱり歌謡曲。
いつになっても大好きな百恵ちゃん。かっこえ~。
img_5512_1_1.jpg


放課後、今日もお客様。
お父さんはオランダ人、お母さんはスロバキア人のビアンカ登場。
夏休み前より、すっかりお姉ちゃまになりました。
村では珍しい国籍ミックスの二人。性格も似ていて気が合うようだ。
img_5510_2_1.jpg


さて明日はバイオリンのレッスンが再開。大好きなデニス先生がやってきます。
あせって練習。目つきはいいのだけど・・・・
漢字と同じでウオーッと叫びながらの練習。
おばあちゃん、ビデオを撮りました。今度、送るね。
img_5438_1_1.jpg


いわし、おいしかったのですが、家の中がめちゃくちゃ臭いです。
しばらくは、焼き魚は休み。消防自動車が来てしまいそうです。

今夜は冷えて、寒がりのおとっつあん、初暖房を付けました。
まだ8月だというのに・・・・・。





子供のためのパイプオルガンコンサート

今日は日曜日。

昨日の夕焼けにはすっかりだまされて、ものすごい雨音で目覚めました。
でも、もちもち食パンでご機嫌な母子。
さっそく日本語宿題、今日はいまいち。

午後からマーストリヒトへオルガンコンサートに行ってきました。
日曜日だというのに、買い物日曜日&イベントですごい人ごみ。
人ごみを避けつつ、会場へ向かいました。人ごみは大の苦手。
img_5490_1_1.jpg


会場はSint Servaas Basiliek.
観光コースにも必ずや入っている教会なので、日本人観光客の姿もありました。
img_5492_1_1.jpg


今日のパイプオルガンコンサートは、7&8月に行われた、
「オルガンフェスティバル」のファイナルコンサートで、
子供のためのコンサート。
曲はサン・サーンス動物の謝肉祭を演奏者の解説付で。
本日のオルガニストはオランダ人、マーストリヒト在住、ハンスさん。
hansleenders_3.jpg


「子供たちは、オルガンの周りに来て聴いてもいいよ」という、
演奏者からの提案に、子供たちは、演奏者のすぐそばで聴く事ができました。
サン・サーンスでは交響曲3番オルガン付や、クラリネットソナタ、
そしてなんといっても、この動物の謝肉祭に出てくる名曲中の名曲、「白鳥」、
車の中で赤ちゃんの頃から無理やり聴かされてきた娘、
聴いたことのあるメロディーが出てくると、喜んでいました。
やっぱりサン・サーンスは好きです。
娘はピアノで「ライオン」を弾くのが好きなので、ライオンがお気に入り。
子供たちに受けていたのは、やはり元気なフィナーレでした。
img_5498_1_1.jpg


今日の広場はまたイベントです。
Preuvenemintという、食べ物のイベントですが、詳しく知りません。
それでも毎年偶然に通りかかり入ってみますが、ぴんと来ません。
マーストリヒトをこよなく愛する大人たちが、ちょっと着飾って、
広場に設置されたレストランの数々を試食しながら回り、
そこには歌手が来て歌っていたり、バンドが演奏していたりします。
回転寿司も出店していましたが、すごい値段&まずそうでした。
とにかく人が多すぎるので、結局、毎年素通り。
img_5500_1_1.jpg


「ママ、今度のオルガンコンサートはいつ?オルガン、大好きー」という、
うそのような本当のコメントを娘にもらい、まんざらでもない鬼婆。
マインドコントロール大成功。いつか一緒にサン・サーンスを熱く語り合おう。
sta_5502_1_1.jpg


さて、あっという間の一週間。
いよいよ9月、芸術の秋を迎える。
来週はパイプオルガンのレッスンも再開。練習練習!
娘に「楽器はね、少しずつでも毎日コツコツと練習するのよ。」と、
えらそうに言ってしまっている。よく言うよ。





最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ