オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2006年02月

やったね、金メダル!

今日は木曜日。久しぶりにオランダ語学校へ行って、今日も抜き打ちテストを受けました。
休憩時間に親友のレベッカが会いに来てくれて、久々に学校が楽しかった。
でも、クラスメイトの中国人のココが、ご主人の転勤でロンドンへ引っ越すことになり、
今日は一緒に勉強する最後の日。かわいくて、頭良くてアイドルみたいだったので、残念。
ロンドンで楽しく過ごしてね、ココ。,いつか、ロンドンへ遊びに行くよー。
IMG_2627_4_1.jpg


今日は(も)寒く、朝から小雪が舞っていて、気温は0度。
昼過ぎのマース川では、吹雪いていました。いつになったら、春が来るのだろう。
IMG_2628_5_1.jpg


今日は水泳教室。吹雪いてる中、泳ぎに行く気なんてないのだけど、泳ぐのは私ではない。
Valkenburgも、カーニバル一色。待ちきれないのか、すでに特設スタジオで、
プリンスが歌っている。カーニバル独特のリズムが響き、人々の顔色も妙に赤い。
もう仮装している人もいるし、楽しそうだ。人生、楽しく生きるってすばらしい。
親と同じ町や村に生まれ、そこで親戚に囲まれて育ち、友達は生まれたときから一緒、
村を愛し、誇りを持っている。結婚しても、村に住み、子供が産まれ・・・・
考えてみると、ある意味とても幸福な人生かもしれない。
カーニバルでも、日本の村祭りにしても、人々が一年間、楽しみにしながら生きているってのは、
私にはまるで経験がないけれど、とてもうれしい行事なんだろうな。
となりの家のメイシー姉さんも、「村の人と結婚して、村に住みたい」って、いつも言っている。
私のような経験のないものが「カーニバルなんて嫌だ」なんて言ってるのは、おかしいかも。
IMG_2630_3_1.jpg


ちなみに、去年の仮装は「チアガール」でした。
踊りまくっていました。
IMG_0165_1_1.jpg



今日は、フィギュアスケート女子ファイナルで、朝からそわそわしてしまった。
ヨーロッパだから時差がなくて、夜の7時からテレビ観っぱなし。
娘の世話は全部、夫がやってくれた、ありがとうね。
いやーすごい、すごいです、三人娘。ブラボー!
しか~も、選曲がマダムバタフライ・トゥーランドット・ラフマニノフ、ピアノ協2番と来て、
もうそれで充分感動です。(どうせなら、全部プッチーニにすればいいのに。)
あのプレッシャーの中で演技ってのは、並大抵のものではないでしょう。
おとといの荒川さんの英語でのインタビューで、オランダ人のばばあ女性解説者が
「荒川さんは英語に問題がありますね、アメリカで練習しているはずなのに・・・」と、
なんだか無意味な意地悪な解説をしていたので、夫と怒っていたのですが、
今日はその解説者も絶賛。

初めてのメダルが金でしかもフィギュアなんて、日本はしばらく明るい雰囲気が続きそうですね。
私は夫と観戦しましたが、最後のスルツカヤさんが転倒したときに、つい、「やった」と、
口走ってしまったら、「心が黒い」と言われてしまいましたが、正解。黒いです。
やっぱり、年取ったからか、もしくは海外に居るからなのか、「日本」への思いは強いです。

君が代はいつ聞いても「??」だけど・・・・。ああ、感動した。
で、「ああ、よかったね、これで一生、何もしなくても食べていけるよね」なんて口走ったら、
今度は、軽蔑したような顔で見られました。
日本はこれからこのニュースでもちきりですね、わたしはこれから睡眠です。
おめでとう!!国旗

IMG_2634_2_1.jpg

もうすぐカーニバル

今日は水曜日。謎の発熱も、ぐっすり寝て下がりました。
オランダ語学校が休みの今日は、発熱しないので、「いやいや熱」かも。
娘を送り届け、隣村へ買出しに。

近所の家々の窓は、カーニバルの飾り付けがほどこされ、
カーニバルの色である「緑・黄:赤」で賑やか、それにほとんどの家に、
三色のカーニバルの旗があがっている。
そんなカーニバルで人々が盛り上がっている村の中で、
窓にはカーテンがひかれ、旗など見当たらないのは、我が家だけかもしれない。
なんだか、居心地悪いな・・・・・と思いながらも、「異人」として居直っている。
街のカフェも三色に染まっています。
IMG_2545_1_1.jpg


今日はOma(おばあちゃん)が遊びに来ました。
義母は、今年の7月で87歳になりますが、自分で30分運転して来ます。
しか~も、かなり飛ばしています。(私は40分かかる)
義母は、一人暮らしですが、毎日必ず外出していますし、週に二日は仕事もしています。
娘とは年の差80歳ですが、お互いに大好きで、仲良しです。
娘はもちろん最年少の孫ですが、ひ孫も5人います。
今日は、カーニバルの「小学校全校生徒仮装パレード」で使う衣装を、
一生懸命に作って届けてくれました。今年の娘のクラスのテーマは、「緑と花」です。
Omaの作ってくれた衣装で村をパレードします。(パーティーは、別衣装です。)
寒いので、皆、コートの上にテーマにそった衣装を着て歩きます。
学校からの手紙は、かなり適当で、「緑色ならなんでもいい、ゴミ袋でもいい」とあって、
じゃあ、ゴミ袋買おうなんて思ってしまった私。 お義母さん、ありがとう。
頭には花の冠、手にも花を持って歩きます。
IMG_2621_2_1.jpg


ちなみに、2年前、まだ4歳でしかもまだまだ心は日本女子だった娘が、
わけもわからずに初参加した、村のパレードの娘のクラスのテーマは「牛」。
景色も牛、パレードも牛、保護者のお母さんたちも牛。
IMG_2623_1_1.jpg


その年の仮装パーティーで、娘は「着物を着る」と言い張ったが、都会ならまだしも、
「日本」という国が地球に存在していることすら知らない4歳児の子供たちの中に、
着物を着せていく勇気がなかった、気弱なわたしだった。でも多分正解。
4歳のカーニバルでは、ぶなんに「妖精」になった娘。もう2年前のこと。
IMG_2625_1_1.jpg


義母は器用で、今日も溜まっていた繕い物をすべてやってもらい、大助かり。
今日はしきりに、フィギュアスケートの日本女性三人組を褒めていました。
80歳の年齢差ですが、ゲームは真剣勝負。2人とも、大真面目。
義母はゲームもとても強いのです。
IMG_2612_1_1.jpg


金曜日の娘の学校のパレード&パーティーが終わり次第、9日間のバカンス。
村では毎日、カーニバルで大騒ぎなので、村を脱出予定。
娘の為には、夫は侍、私は芸者の格好とかして、村人のパレードに参加して踊りまくるのが、
いいのかもしれないけれど・・・・・。
娘も、「うちはうち」と理解しているようです。



抹茶アイスと明太子

今日は火曜日。6時に起きるとまたまた銀世界。もういいよー。
名古屋の友人にもらったメールには「三寒四温です」と書いてあったけど、
この村は、「五寒一温」です。たいして積もってはいないが、もう充分です、雪。
IMG_2471_1_1.jpg


昨日の発熱がうそのような気持ちの良い目覚め。体温も36.7度。いい調子。
ということで、娘を送り届け、家事をこなし、午後からのオランダ語学校の準備。
雪が降っているせいか、ぞくぞくするので、検温。38.5度。うーまたか。
体温計を見て具合が悪くなり、ベッドへ。昨日と同じ。
いい身分だ、昼寝ばっかりで。すまんのう、夫よ。

夫が出掛けると、犬のハナと2人きり。
ハナは、夫のことを「お母さん」だと思っているから、夫が外出してしまうと、
リビングのソファに飛び乗って、帰りを待つ。ハチ公そのものだ。
私や娘が出掛けても、どうってことないらしい。
今日も2時間、ずっとこの姿で夫を待つ。疲れないのかな。
IMG_2598_1_1.jpg


火曜日はバイオリン。今日はベッドの中で聴きました。
あこがれのデニス先生とのデュエットでは、星のシールをもらったそうで、大喜び。
習い事がこんなにも楽しいのは、ほんとーにいいことです。
娘の性格にぴったりの先生につけたことは、幸運なことだと思っています。
IMG_2600_2_1.jpg


わたしはというと、発熱によって、どうしても食べたいもの、発生。
ハーゲンダッツの抹茶アイスと、生のおいしい明太子。
ごはんの上に明太子を乗せて・・・・・ああ、食べたいよー。
日本から抹茶の粉買ってきて、バニラアイスに入れて作っているけど、それじゃ駄目。
ハーゲンダッツの抹茶アイス、一度に5個食べたこともあるほど、好物です。
日本へ里帰りしたとき、母と娘と三人で、ほぼ毎日食べていました。


日記を書いている今も38度ですが、咳もくしゃみもないので、元気です。
元気な発熱、いつまで続くのでしょう。
フィギュアスケート女子、大好きなので全部見ました。
日本人女性、3・4位につけています。すばらしいです、それに、皆、とても綺麗。
8位の中に3人も日本人が入っているのは、すごいことだと思います。



情けない発熱

今日は月曜日。
昨日の夜中に悪寒が走り、熱を測ると38.5度。
薬を飲んで寝て、起きると37.2度。いい調子。
と思い、普通に起きて、娘を送り届け、家事をこなして、熱を測ると38.3度。
体温計を見て具合が悪くなり、11時にベッドへ。

というわけで、今日はわたしが発熱。
娘に「パパとママ、交代で病気して、どうしたのよー?」と言われました。
正解。本当に今年は、老夫婦、弱ってます。
そして今日も、多忙な夫様にいろいろと助けてもらいました。すまんのう。

その代わり、今年は娘がいい調子。元気に毎日学校へ通っています。
今日は、マルシアちゃんが遊びに来ました。
となりの部屋で、子供たちの会話を聴きながら、横になっていましたが、
もうすぐ7歳の2人の会話は、落ち着いていて、最後には、きちんと片付けて帰りました。
知らない間に成長しているようで、うれしくなりました。
IMG_2591_1_1.jpg


よく食べて、よく眠り、散歩もし、ビタミンも摂っているのに、今年は調子悪い。
健康だけがとりえなのだから、しっかりしたいものだ。
というわけで、寝ることにいたします。
IMG_2561_1_1.jpg

親戚と過ごす日曜日。

今日は日曜日。週に一度の贅沢、朝寝坊の日。
夫は兄と一緒に久々に25キロの長距離散歩。兄が我が家に車でやってきて、兄の家まで一緒に歩く。
夫と兄は、6月に75キロ歩く大会へ参加するために、趣味と言うよりも半分はトレーニングになっているが、
仲良し兄弟での共通の趣味は、本当に楽しみのようだ。
大好きなパパに残された娘と犬のハナは寂しげに見送る。本当にパパっ子だ。
娘は恒例の日本語の宿題。パパと言う逃げ道がないと、不思議とけんかにならない。
今日は平和に楽しく宿題をすることができて、娘にも「今日の優しいママが大好き」
なんてしみじみ言われて複雑な気分です。普段、そんなに怖いかな。

宿題終了後、まずは夫の姉の家に遊びに行く。
Oma(おばあちゃん)が来ると言うので、昨日も会ったけど、犬を連れて遊びに行きました。
姉の家の近所にも風車があって、きれいに手入されていて、沢山の人が散歩しています。
IMG_2560_1_1.jpg


犬のハナはこの家が大好き。姉の家の犬は、嫌がっているのだけど・・・。
若い犬二匹と娘で、庭を走り回っていました。すごいエネルギーです。
女4人、メスの犬三匹でのんびりと午後のひと時を過ごす。
IMG_2571_2_1.jpg


もう一匹のラブラドールは、おばあさんなので、家の中で眠っています。
IMG_2583_2_1.jpg


姉の家の雰囲気がとても気に入っているのだけど、その中でも特に気に入っているのが、
この「陽だまりの部屋」。姉の夫の手作りのこの部屋は、ガラス張りで冬でも暖かい。
リビングと食事部屋のちょうど真ん中にあり、庭に面している。
IMG_2575_3_1.jpg


姉の家を出て、お次は夫の兄の家に、夫を迎えがてら、一緒に夕食。
私の妙なオランダ語にもすっかり慣れてくれて、親戚が皆、優しくて助かっている。
おいしい夕食でした。オランダの夕食はお代わり自由制度なので、無制限に食べてしまう。
以前、まだ太る前は「あら、もう終わり?もっとおかわりして食べたら?」と言われ、
「では、いただきます」と素直に食べていましたが、今では、誰も言ってくれません。
今日も、ベジタリアンの夫の横で、おいしい煮込み肉料理をたっぷりと頂きました。
心配事で頭の中がいっぱいだ、と言いながらも食欲のある自分が、いささか嫌になります。
IMG_2586_1_1.jpg


母に電話をして声を聞き、今日も元気な声で「心配しないで」と言われました。
だけどお母さん、私には心配しかできません。

さて来週は、いよいよカーニバル。
娘が、友人たちと楽しく過ごせますように。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ