オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2006年02月

忠犬ハナ公

2月最後の日。火曜日。今日は娘と一日中引きこもり。
雪が舞っている+風が強い+出掛ける場所がない。

友人のブログにパソコンでアニメを見ながら折り紙を折ったと書いてあり、
娘とチャレンジすること一時間。娘とのんびり家で過ごすのも久々で、
時折、彼女が何を話しているのか、オランダ語が高度すぎて、わからなかったりして・・・。
そうすると、「あ、ママ、日本語で言うからね」なんて、頭をなでられてしまい、
なんだか、切ない気分でした。まだまだ、勉強が必要です。
折り紙も下手な私には、助かるサイトでした。
IMG_2759_2_1.jpg


これもまた、友人のブログでお雛様の写真を見て、「ああ、まだ出してない」と、
思いながらも一週間。今日はあわてて、出しました。
娘が全部、飾ってくれたので(といっても、たいした飾りのないお雛様なんだけど)
楽でした。
おひな祭りの歌をピアノで弾いて、娘が歌ったのだけど、実に暗いメロディーです。
泣きたくなります。今日は楽しい、ひな祭り音符なんて歌詞でも、楽しくなれないよ。
IMG_2763_3_1.jpg


犬のハナは、今日も夫が2時間出掛けた間、ずっとソファの上で、待ち続け、
ちょっと眠くもなって、そのまま落ちそうな格好で寝てしまいました。
私や娘が「パパはしばらく帰ってこないから、こっちで一緒に遊ぼうよ」と言っても、無視。
我が家の忠犬ハナ公は、今日も大好きなママ(夫)の帰りを待つのである。
IMG_2762_1_1.jpg


そして、途中眠るのだけど、ソファからは絶対に降りないで待つ。
IMG_2760_4_1.jpg


というわけで、久々に引きこもり、娘と密度の濃い時を過ごしました。
雪が降り続いています。
2月も今日で終わり。3月は、「春」というイメージですが、まだまだ遠いような・・・・。

雪・雪・雪

今朝もおいしいクロワッサンを注文してくれたお義母さん、ありがとう、満腹です。

この辺りは景色がきれいなので、オランダやドイツからの旅行客が多い。
最低一週間以上の滞在だから、ホテルよりも、家一軒貸しきって、自炊するタイプが人気。
となりの一軒家は、半分がオーナーの家、半分は短期貸家で、いつもお客が泊まっている。
オーナーは、他に仕事をしていて、兼業で貸家をしている。
こういうタイプが多い。もしくは、大きな一軒家を借り切って、親戚一同や、
友人一同で泊まって楽しむタイプも人気。
最初、廻りに何もないので、一体、何をしにここまで来るのだろうと、理解に苦しんだが、
家族とゆっくり散歩したり、話すことがバカンスなのだということが、最近になって、
やっとわかるようになった。
キッチンから見える隣の家。右半分が、バカンスハウス。
IMG_2727_4_1.jpg


向かいの家の犬、Lanaちゃんです。セントバーナードの女の子。
たまにふらりと遊びに来ますが、大きいけれど、かわいい、人間大好き犬です。
アップで。(大きすぎて、わかりにくい・・・)
IMG_2730_5_1.jpg


さて、今日は何をしようかな~、また散歩。粉雪がしんしんと降る中、また歩きました。
一番うれしそうなのは、犬のハナ。雪だらけになって森の中を走り回っていました。
娘は大好きなおじさんとず~っと手をつないで、おしゃべりしながら楽しそうでした。
IMG_2695_1_1.jpg


もうすぐ3月なので、もう雪はいいよと思いながらも、やはり雪景色は美しく、
子供も犬も雪が大好きで、この二日間の、粉雪がゆっくりと舞う景色は、本当にきれいでした。
来年は、夫が大好きなクロスカントリーに、娘と挑戦したいと思います。
IMG_2733_2_1.jpg


帰宅するとパパと一緒に、庭で「富士山作り」。
粉雪なので、くっつかず、富士山までは無理でしたが、雪を満喫です。
ハナも参加。
IMG_2754_1_1.jpg


昼過ぎに義母と2人で、テレビでドイツのカーニバルを観ました。
こうして、知らない間にカーニバルも終わり、私たちの住む村も、水曜日ごろには、
静かな村に戻りそうです。
またこれを読んで母に「村の行事に参加しなかったの!」と、叱られそうです。


ベルギー2泊3日の小旅行、ゆっくりのんびり親戚と過ごしました。
娘の学校は、今週はクロッカス休暇です。

ベネルクス三国

カーニバルからの逃亡先は、ベルギー東南部アルデンヌ地方の、Ovifatという静かな村。
ここには、義母のセカンドハウスがあり、今回は義母と義兄と一緒に二泊三日の小旅行。
義母の歴史のつまったこの家には、私の父が描いて義母に贈った絵が、壁に沢山かかっていて、
「がんばってるかい?」と聞かれているような錯覚に陥りながらも、なんともうれしいのである。

目覚めの楽しみは、義母がクロワッサン好きの私のために、近所のパン屋さんに注文してくれる、
焼きたてクロワッサン。これが、おいしい~のでたまらない。
「沢山食べなさい、ほら食べなさい」と言われるので、お言葉に甘えて、完食。満腹。
チーズの後は、たっぷりチョコレートクリームを塗って。
日本にいる姉と一緒に、ここでこのクロワッサンを食べるのが夢。
IMG_2729_1_1.jpg


腹ごしらえを終えて、また散歩。
このあたりに来る旅行者の目的は、きれいな景色の中での散歩、クロスカントリーなど。
もうすぐ3月だというのに、今日も雪。粉雪がしんしんと、静かに降り続けている。
そして、久々に山を歩きました。山といっても、たいした高さではないけれど、
平らなオランダに住んでいるので、高い場所からの見晴らしは、本当に気持ちが良い。
谷間に、古城が見えたりして、これぞヨーロッパと言う景色でした。
IMG_2699_1_1.jpg


雪で白くなった静かな森の中を、背の高い木々に囲まれて、一時間半のコースを歩く。
来年は、娘と一緒に、クロスカントリーもできるかな・・・・。
IMG_2709_4_1.jpg


昼食後、娘を置いて老夫婦でドライブへ。目的地は隣国、ルクセンブルク
ベルギー・オランダ・ルクセンブルクの三国は、ヨーロッパ西北部一帯に位置し、
其々の国の頭文字を取って「ベネルスク三国」と呼ばれています。
まだ行ったことがないルクセンブルクが近いので、ドライブしてみました。
滞在している義母の家からは車で一時間ほどで到着。
国境近くには、大きな店があり、酒や化粧品が他国よりも安く売っていたので、
早速買いました。ガソリンもオランダよりも、一リットルあたり、30セントも安く、
早速、満タンに入れました。が、写真を撮り忘れ、あっという間に出国してしまいました。
次回、もう一度時間のあるときに訪ねてみたい、小さな国です。

夜は、みんなで鉄板焼。夕食後は、暖炉の前で、みなでのんびりくつろぎながら、
母の昔話などを聞いていると、家の中の全ての思い出がつまっているのが、わかる。
暖炉の火というのは、不思議なもので、見ているととても落ち着く。
義母の先祖の話を聞き、この家族の歴史の中に私も入っていて、将来娘が大きくなって、
娘とその孫たちの会話の中に、「日本人のおばあちゃんもいたらしいわね」なんて話が、
出てくるのかと思うと、不思議な気分。
IMG_2691_1_1.jpg


娘はカーニバルでの昔のオランダ人の衣装を着て、60年前のソファーに座り、50年前のランプの光で、
50年前の雑誌を読む。アンティークに囲まれて、おばあちゃんとゆっくりゲームなどしている娘を見ていると、
やはり人間、住む場所で人生ずいぶんと違うんだなと思う。
こういうゆっくりとした時間を楽しむことが、まだまだ下手な私である。
IMG_2725_3_1.jpg


ということで、オランダ→ベルギー→ルクセンブルクと、ベネルクス三国を走ってみました。
今日でオリンピックも終わり、なんだか寂しい気がします。



子供農園

今日は土曜日。いつもなら、日本語学校だけど、今日は休み。
三人が起きたのは、なんと9時半。ああ、至福の時。

今日からベルギーへ、小旅行。といっても、義母のセカンドハウスへお邪魔しに行くのだけど。
だけど、夫の仕事がどうしても忙しく、出発は夜。
というわけで、天気がよいので、娘と犬と一緒に、ベルギーのLanakenへ行きました。

ここは、Kinderboederij=子供農園で、鹿・ロバ・馬・牛・うさぎ・あひる・羊・・・・
などが子供の手の届くところに、ごく自然に飼われて居ます。
その周りが、ほどよい散歩コースの森で、池があったり、古い城があったり、
小川が流れていたり、大変気に入っています。
IMG_2679_2_1.jpg


中でも人気は、公園。遊具が広々とした敷地にあり、危なくなく、小さな子供にはちょうどいいのです。
今日はカーニバルとあって、子供もほとんどいませんでしたが、温かい日には、沢山の子供で、賑やかです。
遊具は、全部で20種類ほどあり、小学生には充分楽しめる遊具です。
もちろん、保護者の為の、カフェが隣接されています。
IMG_2680_1_1.jpg


娘は自転車、犬のハナは娘のことを追いかけて、二人でどこまでも走ります。
本当にいい遊び相手になりました。
姉妹がいれば、こういうときは、姉妹で遊ぶのでしょうが、ハナが来て、いろんな意味で、
助かっていると、いつも感じています。
IMG_2670_5_1.jpg


今日は、馬に乗って散歩している親子に出会いました。
子供を乗せた馬が、じゃじゃ馬なのか、もしくは、まだ上手ではない子供をバカにしているのか、
走り出してしまい、こちらに向ってくるので、つい日本語で「向こうへ行ってー」と大声で、
叫んでしまいました。すごい顔で向ってくるので、心臓が止まりそうでした。
IMG_2683_6_1.jpg


太陽は出ていたのですが、風がとても冷たく、寒い散歩でした。
娘を追いかける犬のハナを、一番後ろから追いかけていたので、
すっかり筋肉痛です。ああ、温泉につかりたい。

おねえちゃ~~ん、待ってよー。ずっとこの調子でした。
そして疲れたのは、わたしただ一人。
IMG_2669_4_1.jpg


今夜はこれから、ベルギーのアルデンヌ地方のOvifatという、これまた小さな村へ向います。
片道1時間半ほどですが、雰囲気のまるで違う村で、フランス語圏です。

行って来ます。

カーニバル

朝、犬のハナに起こされ、時計を見てびっくり。予定起床時間を1時間半過ぎている。
ハナよ、ありがとう。ハナが起こさなかったら、昼過ぎまで寝るところだった。

今日はいよいよ娘の学校では、カーニバルのパレード&パーティーが行われる。
午前中は、教室で普段どおりの授業が行われ、自宅へ11時半に一度戻り、昼食&着替え。
娘の顔に化粧をして、さて準備万端。今年は「オランダ人少女」へ仮装する。そのまんま。
といっても、これは「北の地方の昔の田舎娘」と言えばいいのでしょうか、しかも、
それのなんちゃって版衣装。
日本の着物が着たい娘のひらめきで、じゃあ、オランダ人でいい!というすばらしい発想。
日本もオランダも大好きで誇りをもっている娘、格好いいよ。
この姿でパーティーへ参加します。親は参加も見学もできません。
IMG_2640_1_1.jpg


クラスへ送り届けると、仮装した2人の担任登場。気合の入った仮装です。
担任は2人。月・火・水担当と、木・金担当。子供が居る人は、週に2~3日働いている。
だから担任は、2人。それが、ごく普通。
アナリス先生&ウエンディ先生&クラスメイト。
IMG_2643_2_1.jpg


クラスのテーマは「花」。みな、緑色になって、花をつけていますが、
決まりがないので、ゴミ袋をかぶっている子供、完璧に作っている母親、それぞれです。
娘はおばあちゃんに作ってもらったので、大満足で着ていました。
オランダの小学校は8年制、娘は三年生。三年生は2クラスで約50名。
飛び級や留年制度があるので、子供の大きさもまちまちです。
みんな、一生懸命に村を歩きました。
IMG_2654_1_1.jpg


我が家の田舎娘はとても楽しそうにパレードに参加していました。
この顔は心底楽しんでいる顔で、この顔を見ることが、老夫婦の唯一の楽しみです。
IMG_2655_3_1.jpg


各村ごとに、その年のプリンス&プリンセスを選出します。
選考基準は知りません。カトリック教徒であることは間違いないと思いますが、あとは何でしょうか・・・。
今年のプリンス君とプリンセスのアンバランスはかわいいです。
IMG_2650_2_1.jpg


今日は村の小学校のパレードでしたが、明日からは、村全体でのパレード、
連日のおおさわぎが始まります。
すれ違う人皆、普段とだいぶ違います。妙に親切だったりもします。
マーストリヒトでは毎年、ブラジルのカーニバルやねぶた祭りほどではありませんが、
かなり大掛かりな、パレードが行われ、テレビ中継もされます。

我が家は、ベルギーのアルデンヌへ静かな週末小旅行へ出掛けます。
母がこれを読んだら「ちゃんと村の行事に参加しなさい!」と、叱られそうです。
というわけで、娘にとってのカーニバルは、楽しく終了。

オリンピックもそろそろ終わりで寂しいです。
オランダは今日、金と銀をスピードスケートで獲得、合計で今のところ9個。
アイススケート発祥の国、さすがに冬のオリンピックは強いです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ