オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

2006年01月

インフルエンザ来ました。

一月が終わってしまった。早すぎる・・・・・

夫が寝込んでいます。インフルエンザで40度近い熱があります。
普段、細い割には健康な人だし、食欲がないということが滅多にないので、
何も食べずに心配です。また細くなってしまう。
切ない病なんて言ってる場合ではありません。
私の代わりに、犬のハナが夫のそばを離れず、付きっきりで看病しています。(添い寝)

いつもは夫の仕事である、犬の散歩も行って来ました。
村の中は歩かずに、畑のあぜ道散歩コースを選び、田舎道を満喫。
ハナは最近になってようやく、ロープ無しで歩けるようになりました。
「必ず犬はつないでください」という表示がある場合はだめですが、
この村には表示はありません。私が歩くのはあぜ道なので、大丈夫です。
ましてや、すれ違う人も居ませんし。
IMG_2309_1_1.jpg


しーんと静かな田舎を一人で歩いていると、不思議な気持ちになります。
ここを歩いているのは、何かの間違いではないだろうかと、錯覚します。
あまりにも静かすぎると、かえって、怖いくらいです。
IMG_2313_4_1.jpg


看病を口実にオランダ語学校は休み。
だけど夫が寝ているから、そのすきに隣り村へ買出し。何のために休んだんだろう。
明日は、このブログではおなじみの、隣の家のメイシー姉さんの13歳の誕生日。
Valkenburgという街にある、雑貨屋にプレゼントを買いに行きました。
オランダ語学校のクラスメイトだった、スロバキア人のビヴァが経営している店。
行くと、コーヒーを入れてくれるし、話も通じるから気が楽で利用している。
うしろに写っているのは彼女の義母。私たちの話になんでも口をはさむので、
今日は早々に退散しました。どこにでも、よくあるパターンです。
IMG_2314_3_1.jpg


Valkenburgは観光地ですが、さすがにこの時期、閑散としています。
カジノや温泉があるために、名前だけは知られているかもしれません。
家から車で10分もかからないので、何かと便利です。
これは銀行。
IMG_2316_5_1.jpg


今日は火曜日、娘の王子様、バイオリンのデニス先生が来る日。
先週は先生がインフルエンザでダウン、今日は久しぶり。
昨日、親子げんかした甲斐あって、意地で弾き続けた。
たいして練習していないのに、「よく練習したね」とほめられてその気になっています。
「ママが怖いから練習した」と娘がばらし、先生も大笑いでした。ばらすな、おりゃー。
IMG_2317_2_1.jpg


高熱でひーひー言ってる夫を放り、ビール飲みながら日記など書いている場合ではない。
看病してきます。

もう2月か・・・・・。

日々反省。

毎日同じことですが、寒いです。
太陽は燦々と輝いていますが、今日の最高気温は2度でした。
それでも朝のマイナス6度に比べると、かなり温かく感じます。

そんな日のBGMは、ブラームスのクラリネット三重奏曲。暗いです。
13年前の演奏ですが、この組み合わせ↓で聴くブラームスは、面白い。
「そうだよね、そうだよね」とうなづきながら、車の中で盛り上がりながら聴きました。(独りで)
日本の各地にいる、私の根暗仲間のみんな、ぜひ聴いてくれ~。
愛しのバシュメットもいいが、このCDも燃えます。

ピアノ・・・・・・・・・エマニュエル・アックス
クラリネット・・・・・リチャード・ストルツマン
チェロ・・・・・・・・・ヨーヨー・マ
IMG_2298_3_1.jpg



マイナス気温が続き、先日積もった雪が、つるつるに凍っています。
けちな私も、さすがに今週は暖房の設定温度を上げています。
家の前の公園の雪も硬く凍り付いて、危険なので誰もいません。
IMG_2295_1_1.jpg



寒い中、太陽が出ていると、庭にやってくる鳥の数もかなり増えます。
この田舎の鳥はのんきで、太陽が出ていると、羽を広げて芝生の上で昼寝をしていたりする。
隣の家と我が家の塀は、植木でできている。(冬の間は、葉っぱが枯れて、丸見え。)
この、植木でできている塀の中に、沢山の小鳥たちが住んでいる。
冬場はえさが少ないから、鳥のえさ入れにパンを入れて置くと、あっという間に平らげます。
IMG_2297_2_1.jpg


さて、夫の調子がイマイチです。インフルエンザだと思われ、寝込んでいます。
いつも夕食後はパパとゲームしたり、お風呂に入ったりして、幸福時間を過ごす娘、
ママではどうも物足りない。すぐ怒るからどうにもこうにもつまらないらしい。
犬のハナも同じで、パパがいないと元気も無く、結局物足りない同士、仲良く遊んでいます。
IMG_2303_4_1.jpg


バイオリンの練習でも、恒例の親子喧嘩が始まり、いつも避難所のパパがいないので、
仕方なく、ハナを見方にしています。ハナは娘の練習が始まると、いつもは足元に来て熟睡。
犬に話しかけながらの練習は、けっこう進んだようで、意外なところで役立つ、犬のハナ。
先週心に誓った、「子供は褒めて育てる」ですが、なかなか実践できません。
IMG_2305_1_1.jpg


なかなか「優しいお母さん」になれません。
そういうトレーニングあったら、参加したいと思います。
反省の日々。

のんびり日曜日

日曜日。朝寝坊&娘とベッドの上での朝食・・・最高!

そして、我が家では恒例となった日本語の宿題&親子げんか、こりずに毎週。
それを見るのが嫌なのか、夫は朝早くから、実兄と散歩へ行った。
散歩と言っても彼の場合はスポーツで、今日の距離は25キロ、時間にして4時間半。
このあたりでは、散歩は大人気。せわしない生活をしてきた私には、まだなじめない。
ひまだから歩いているのではなくて、彼には目標がある。
夏に隣村で行われる、夜を通して歩く大会(75キロ歩く)に仲良しの兄と参加するのが目標。
なぜ、妻の私をパートナーに選ばないのだろう・・・・。
ぶつぶつ文句を言いながら歩くからだろう。 正解!無理で~す。

今日のコースは、兄の家から我が家までという、私には到底できない距離でした。
気温はマイナスと低いものの、太陽が輝いていて、かなり気持ちよかったようです。
IMG_2289_1_1.jpg


途中の大きな教会の近くで、兄弟でビールを飲んで休憩したらしい。
ちょっとうらやましいな、兄弟でぺちゃくちゃしゃべりながらの散歩なんて。
長くオランダを離れていたのだから、これからは、兄弟に恩返しし、沢山楽しんでほしい。
IMG_2290_2_1.jpg


隣村の噴水が凍って、10人ほどの人々がアイススケートを楽しんでいたそうです。
オランダの北部では、運河が凍って、スケートを楽しむ人々を見かけますが、
ここ南部では、珍しいことだと思います。
危険を伴うので、専門家の検査が入り、OKが出たら、滑ることができます。
ということで、寒いわけです。
この池は、となりがパンケーキ屋で、普段は噴水が上がっている、きれいな場所です。
いつでも、スケートができるように、やはりマイシューズを用意しようと思います。
IMG_2291_3_1.jpg


午後には家族が集まり、義母も一緒に6人で、我が家でのんびり過ごしました。
義姉と一緒に、有り合わせの材料で夕食を作りました。
そんな時間がとても平和に感じ、これぞ、のんびり生活という一日でした。
こんな感じの料理に、たっぷりのソースを2~3種類添えて、完了。
IMG_2294_4_1.jpg


さて明日から通常通りのオランダ語学校です。
水曜日は休みだったのに、水曜日も授業が入り、毎日の通学です。
先週のセミナーでの「パッション」を思い出し、気合を入れてやらねばなりません。

日本の家族に無性に会いたい、ちょっと切ない病発症ののんびり日曜日でした。

田舎住まい

土曜日は日本語補習校。8時半に家を出て、娘を送る。
他のママに今週も日本の週刊誌「女性自身」を借りてしまった。うれし~よ~。
隅から隅まで読んで、日本を満喫。
韓国人スターの話題の多さにびっくりです。ヨン様くらいしか知りません。

さて今日もマイナス気温ですが、太陽が燦々と輝いているので、老夫婦は犬の散歩へ。
夫は犬のハナの散歩を毎日している。雨の日も、雪の日も、毎日必ず散歩へ連れて行く。
いつも私は「いってらっしゃ~い」と見送るだけ。今日は、参加してみました。
IMG_2273_4_1.jpg


田舎とは思っていたけれど、散歩するとよくわかる。本当に田舎だ。
街から車で10分だから、それほど田舎ではないとあなどっていたが、ド田舎だ。
子供を育てるには抜群だと思っているのだけど・・・・。
人間、ないものねだりというか、隣の芝生は青いというか、
日本に帰国して、横浜駅などで人にぶつかりながら歩いていると、ああ、オランダに移住して、本当に良かったと思い、
こうして田舎を歩いていると、ああ、横浜が恋しいなあと思う。
オランダで静かにのんびり暮らしたいという希望で来たが、この村での田舎生活は、
ちょっと極端すぎたかな~と思う、今日この頃。勝手なものだ。

芋畑、りんご畑、砂糖大根畑、そして牛。
IMG_2282_3_1.jpg


犬のハナと夫の、散歩の息はぴったり。そして、2人とも実に楽しそうです。
今日は、夫とわたし、影で初登場!たてにでかいのが夫の影、横にでかいのが私の影。
IMG_2284_2_1.jpg


我が家の三軒お隣のご夫婦、どうやら今日で結婚25周年のようです。
オランダでは、(他の地方は知らないが)結婚を祝うのは、12.5年、25年、50年。
親戚、友人、知人を招いて盛大に祝う。近所にもわかるように、人形を置き、
家もデコレーションする。
私の感覚だと、5年、10年と、「5単位」なものだから、12.5年と言われても、
しっくりこない。

結婚25周年、おめでとう!
IMG_2285_1_1.jpg


そういえば近頃は、文化に触れていない。これではいかん。
東京の方が、西洋文化に触れやすい。毎日、たくさんのコンサートがあるし、
すばらしいコンサートホールも沢山あって、毎晩、選べるほどだ。
田舎に住むと、文化に触れるためには、ちょっと面倒だったりする。
今年はもう少し、夫と努力して、文化に触れるようにしよう。
このまま、牛の臭いに埋もれていくのは嫌だ~。
IMG_2281_1_1.jpg


さて土曜日は夜更かしの日。明日の朝は、意地でも起きません。
楽しい週末は、あっという間。

トレーニング終了

譜面今日はモーツアルトの誕生日。生誕250年です。
  今夜は世界中のコンサートホールで、モーツアルトが演奏されていることでしょう。

連続マイナス気温更新中。
毎日同じこと書いてるけど、寒い。太っても寒いものは寒い。
朝、独り言を言いながら歩いている自分発見。寒すぎて色々と口走っている。
IMG_2247_1_1.jpg



若いお姉さん2人を相手にどこか冷めながら参加したトレーニングも、あっという間に終了。
今日は、まとめながら今後の計画を発表。心に残ったこと、印象深かった人、
匿名で書いて、発表した。そして、最後に、自分の心の中のもやもやを紙に書いて捨てた。
これだけは、母国語で書いてくださいというので、思い切り日本語で書いて、そして捨てた。
どうしても、克服できないことを書いた。

そして、ケーキを食べながら、トレーナーが一人一人についての、分析や印象を語る。
それが、けっこう的確な分析で驚いた。見てないようで、ちゃんと見てるんだと、驚いた。
しかも、ポジティブな部分をめちゃくちゃに褒めるから、泣いてしまった人もいる。
で、私は人の涙に弱く、不覚にももらい泣き。あれほど、ばかにしていたのに。
自信たっぷりに見えた女性たち、心の中ではやっぱり毎日どこか不安なんだ。

20時間、一つの部屋で過ごしたメンバー。今日は楽しいお茶会だった。
IMG_2269_1_1.jpg


そんな中、特に目立って褒められたのがルーマニア人のAちゃん、30歳。
私も彼女が一番印象的。在蘭3年も経っていないというのに、まあ、すばらしいオランダ語。
きらりと光る何かを持っている賢そうな女性でした。未来は明るいだろう。
IMG_2253_1_1_1.jpg


こんな私も「もういいですっ!」ってくらい褒められて、参りました。
豚もおだてりゃ木に登るなんてものではなく、空を飛びまわってしまった気分。
人前で自分のことを10分くらい話されるなんてことは、人生初めてでした。
もちろん、ただ褒めるわけではなくて、この部分をこう使うとか、こうしたらどうかとか、
そういうアドバイスを聞くわけです。一番面白かったのは、
「あなたは、他の人と違う角度で物事や人物をじっと観察している」と言われ、
「あるあるあるあるある~、それは私の自分でも嫌いな部分です」と言ったら大笑い。
それって、「素直じゃない」ってことだよね。


というわけで、トレーニングの思惑通りに、最後の最後にいい気分。
トレーニングにはすべて、マニュアルがあって、それに基づいて進めているのだけど、
私も結局はおだてられて木に登ってしまった、ただの豚であることが、判明。
やはり人間「褒められる」というのは大事で「ええそんな~」と思いながらも、
うれしくてやる気がでてしまうので、子供を褒めて褒めて育てるのは、
大事だと思いました。でも、わかっていながら、なかなかできない。
明日からは、このトレーニングを生かし、我が家の子豚を、おだてながら育てよう!

オランダ式に、ディプロマ(証明書)を受け取り、トレーナーと三回ずつキスを交わし、終了。
グアテマラのAちゃんも、かな~りうれしそうです。
IMG_2261_1_1.jpg


ヘレーン姉さん、エレン姉さん、おばばに勇気をありがとう。
IMG_2249_1_1.jpg


さて帰り道。すっかり調子に乗った私は、娘にお土産まで買いました。
来週からはまた毎日オランダ語学校です。おだてられて、木に登っている場合じゃ、ありません。
あっという間に一月も終わります。
楽しい週末を過ごせますように。




     
     
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ