オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

美しい朝陽

今朝の6時起床はつらかった・・・。
今日から娘の日本語補習学校は3学期。きっと世界中、いろいろな国で、
日本人ママたちが、土曜日の朝、早起きして日本の弁当を作っているのでしょう。
「お弁当」って日本を代表する、すばらしい食べ物だと思います。

娘にとって今のところ日本語学校は、現地校とは違う友達に会える楽しい場所。
これから、勉強が難しくなるにつれて負担となるのだろうけど、なんとか小学校6年までは、
続けてがんばってほしいという、母の切なる願いです。

放課後の、校庭でのつかの間の外遊びが、彼女の楽しみ。
IMG_2038_4_1.jpg


今朝の気温は氷点下でしたが、朝陽が輝いてきれいでした。
近所の風景です。
IMG_2034_1_1.jpg


空気がきーんと張り詰めていました。しっかし、田舎です。
IMG_2035_2_1.jpg


日本語補習学校から2時すぎに戻ると、のぞいていたかのように、
隣のメイシー姉さんが遊びにやってきました。
彼女は4人兄弟の末っ子で、お兄さんお姉さんがお年頃で忙しく、暇なのでしょう。
一人っ子の娘には、本当にありがたい遊び相手です。
日本で言うと彼女は中学一年生、小学一年のわがままな娘と遊んで楽しいのでしょうか。
彼女から遊びに来るのだから、それなりに楽しいのでしょうけれど・・・・。
今日は部屋にシーツをかけて、ランプを灯し、犬のハナも一緒に、
ごちゃごちゃと長いこと、遊んでいました。親としては、大助かり。
明日は一緒に出掛けようと思っています。
IMG_2045_1_1.jpg


のんびりとした冬休みも終わり、月曜日からは私と娘は学校。
夫は家でやっと自分のペースで仕事ができるでしょう。
今年も何事もなく、娘が学校へ楽しく通えるといいなあと願うばかり。

明日は、私の弟家族の家で、姉家族や母と新年会らしい。
飛行機で飛んでいって、参加したいなあ~。
楽しい新年会になりますように、遠くの田舎で祈っています。

IMG_2033_2_1.jpg



Driekoningen

長かったクリスマスの飾り付けや、クリスマスツリーともやっと今日でお別れ。
今日は、Driekoningenと言って、日本語に訳すと「主の御公現の祝日」ということ。
カトリックでは、1月6日、東方の三博士が、ベツレヘムに、
降誕したキリストを訪れたとされる日です。いわゆる、キリストが公の前に現れたとされる、
記念日ということですか・・・・。(うまく訳せない私)
祝日ですが、休日にはなっていません。
ようするに、今日で一区切り。(簡単にまとめすぎ)

先日訪ねた、ベルギーのルーヴェンの教会前にて撮影しました。
IMG_1981_1_1.jpg


(ちなみに、教会はとてもきれいでした。)
IMG_1980_1_1.jpg



ということで、今日まで飾り付けもそのまま、ツリーにも明りを灯したわけですが、
もううんざり気分。
クリスマスツリーや、家の中のクリスマスグッズを、朝、速攻片付けました。
我が家はカトリック信者家族ではないのですが、
娘が将来戸惑わないように、この地方の習慣に合わせています。

今日は一日中、掃除。夫と娘は、犬の散歩や、車を洗うなど、外担当。私は、中担当。
クリスマスでくすぶっていた家の中を磨きました。たまには、主婦らしいことをしないと。
おかげで、今日はさっぱりしました。
そして、娘のぬいぐるみも、人形たちの着ている服も、全部洗濯しました。
洗えないものは、太陽に干して、掃除機で吸い取ります。
ぬいぐるみたちには、これからまた一年、娘の姉妹となって、がんばってもらいます。
IMG_2030_1_1_1.jpg


そして、いよいよ明日からは日本語補習学校。私も早速、PTA.
この、怠けモードから切り替えができるのでしょうか。
まだ早いけれど、明日の6時起床が不安なので、ベッドへ入ります。おやすみなさ~い。

日本のみなさん、楽しい週末をお過ごしください。








2人のおばあちゃん

今朝も9時起床。これでいいのだろうか、今年の我が家は、とてものんき。
そして、またまた太陽です。今週は、天気が良いので、気分も上向き。

裏庭から裏隣の家を眺める。夏は、葉っぱで見えないが、冬になると裏の家が見える。
IMG_2028_2_1.jpg


娘と犬も、凍った芝生の上で、久々にじゃれています。
太陽は暗くて長いオランダの冬には、とてもありがたいもの。
IMG_2026_1_1.jpg


今朝は、日本のおばあちゃんから小包到着。私はこれにめっぽう弱い。
今日は、お茶漬け海苔やきざみ昆布などと、夫へのプレゼント、娘へのシール。
この、ちょっとした小包に、弱い。
おばあちゃんは、71歳。姉家族と横浜に暮らす。
いつもいつも忙しくしているけれど、大丈夫なのだろうか。
早速電話をするけれど、電話だと、相変らずかわいくない、素直になれない私。
おばあちゃん、ありがとう。
IMG_2015_2_1.jpg


さて午後は、オランダのおばあちゃん(Oma)宅へ、新年のごあいさつ。
オランダでおばあちゃんは、Oma、おじいちゃんは、Opa。
Omaは、86歳。Opa亡き今、一人で住んでいる。車の運転も、自分でする。
夫の生まれ育った街、ケルクラーデと、ベルギーの別荘を行ったりきたり。
オランダでおばあちゃんは、Oma、おじいちゃんは、Opa。
ファミリーの中でもかなり人気者のOma。
私もこの義母だから、平和に暮らせているのだと、つくづく思う。
いつまでも、長生きしてください。
今日も4時から9時まで、Omaの家で過ごす。
できの悪い嫁は、今日も食事を作らない。
今年になって、家でまともに食事を作ったのは一回だけ。
今日は中華の出前。今日はインドネシア風中華のコースの出前。
インドネシアはオランダの植民地だったため、その名残で、インドネシア風の中華が人気。

かにたま、豚バラの甘酢、やきうどん、野菜炒め、エビフライ、焼き鳥のピーナッツソース、
トマトスープ、バナナのフライ・・・・など。
どれも似たような味だけど、一年に二回くらいならおいしいかな。自宅まで届けてくれます。
急な来客、やる気のない時には大助かり。
2人分ということだけど、どう見ても、大人4人分。かなり、残る。
IMG_2023_3_1.jpg


今日ものんきな一日でした。
今年は、かなりのんびりムード。「オランダのんびり日記」の名の通り、のんびり暮らしています。
いつも思うけれど、この日記、知らない人が読んだら、とってもつまらいでしょうね。
いよいよ、あさってからは6時起床。できるだろうか・・・・・・・


のんきな毎日

日本人の私は、一月四日というのは、まだまだ正月気分。
オランダの会社は2日に始まっている。我が家はまだまだ休み気分。
夫は、仕事しながらも正月気分に付き合ってくれているけれど・・・。

娘は今朝から、隣のメイシー姉さん、5軒隣のプリネラ姉さんと一緒に、
村の小さな店でおそろいのピアスなどを買って、ご機嫌。
お姉さん気取りで、面白い。12歳、11歳、6歳で家の中で、
何をして遊んでいるのでしょうか・・・。犬のハナも参加していました。

今日も太陽が出ているけれど、気温は氷点下。寒いです。
IMG_2003_1_1.jpg


寒くても太陽が出ていると、「出掛けないといけない」という気になる。
今日は私の希望で、ドイツはアーヘンへ。3ヶ月前に夫の兄夫婦と行ったきり。
アーヘンは、我が家から国道をまっすぐ30分ほど走ったところ。
今日は車が混んでいなくて、ドア to 駐車場で30分。
アーヘンの語源は水(アクア)。温泉地としても有名です。
街中に、温泉のお湯が出ている場所があります。
通りかかったおじさんは、「飲めるよ」と言っていましたが、さわるだけにしました。


ここが、オランダからドイツに入る国境。看板が立っているだけで、やはり何もありません。
はい、ここからドイツです。
IMG_2004_2_1.jpg


ドイツ人はオランダに来てもドイツ語を話していますが、このあたりのオランダ人は、
ドイツへ行けばドイツ語を話します。私はドイツ語が話せないので、通訳者と一緒に行きます。
それでも、レジでの会話くらいはできないといけませんが。
ドイツ人もオランダ語を話して欲しいと思いますが、無理でしょう。

世界遺産にも登録されている大聖堂Dom前の広場にて。
夫のアーヘンの楽しみは、ドイツパン。夫の好物で、必ず買います。
パン屋は、いたるところにあります。
IMG_2008_3_1.jpg


娘のアーヘンの楽しみは、必ず食べるドイツソーセージ。
今日も、3ヶ月前に一緒に写真を撮ったお兄さんの焼く、ソーセージパンをぱくっ。
IMG_2013_5_1.jpg


そして、私の希望は寿司。ネットで見つけたあやしい寿司屋の味見偵察。
板さんは、タイ人と思われるけど、思ったよりは、大丈夫でした。
うま~~い!とは言いませんが、店もきれいだし、合格です。
ソーセージパン完食後の娘は鉄火巻だけでいいと思いきや、
私のにぎりを沢山とられ、腹五分目の寿司でした。今、空腹です。
それでも、近所にすし屋があるというのは、うれしいこと。
(夏に、日本の回転寿司屋でたらふく食べた寿司とは、比べられないけど。)

多分、近いから、もう一度行くことになるでしょう。寿司好きの夫も、うれしそうでした。
IMG_2014_4_1.jpg


このブログを読み返してみると、夫が「無職」のように思われてしまいますね。
夫は在宅翻訳者( オランダ語&英語 )です。
夫はちゃんと仕事しています。毎日、早朝から夜中まで。
一人でする地道な仕事なので、できるだけ外へ連れ出そうと思っています。
でもその後、かえって大変そうなので、迷惑なのかもしれませんが。

冬休みも、残り少なくなりました。日本語学校の宿題も終わっていません。
のんきな正月も今日までにしないと、と思いながらもだ~らだら。

祝、学生延長!

正月そうそう、うれしい知らせ。
私の通うオランダ語学校は、12月に行った試験で続けられるか決めるということで、
ドキドキしていただけど、残れることに。一応、7月の夏休み前までとのことだけど、
いやあ、うれしい!だめだったら、マーストリヒト大学の語学コースに参加する予定で、
仮申し込みを済ませたものの、スケジュールや宿題の多さでたじろいでいた。
これで私は、学校に3年目いることで、かなりの古株。
まだまだ、足りない私のオランダ語。今年は、おばさん学生、本腰入れてがんまります。

家族でなまけ癖がついてしまい、朝食は10時半ごろ、寝るのは12時過ぎとなりました。
来週から、朝6時に起きられるのでしょうか・・・・。
娘とハナは、この休みで、ますます仲良し。実は、もう一匹犬を迎えたく、
探したりしています。ペットショップに犬や猫がいないため、ネットや新聞で、
探し、自分で見にいって、納得の上、犬を迎えるのです。
私も娘もハナ一匹で充分満足ですが、夫の考えは2匹のほうが、ハナも楽しい・・・
ということで、探し中。
IMG_1999_2_1.jpg


ふと気が付くと夕方。ドイツに寿司を食べに行こうと思いながらも、
それすら面倒くさい家族。またまた図書館へ出没。
今、娘が「読む」ことにはまっている。日本語の本も、オランダ語の本も。
この時期がきっと大事なのでしょうね、バイリンガルには。
なので、できるだけ盛り上げて、本好きな子供でいてほしいと思います。
IMG_1998_3_1.jpg


さて帰りには、買出し。
おいしい魚が食べたいけれど、ごらんのとおり、スーパーの魚コーナーは、
日本とは比べ物になりません。
スモークされた鮭、鱒、鱈などは多いのですが、新鮮な生魚は、ほとんど見かけません。
たらの切り身、鮭の切り身などは、生でおいていますが、生では食べられません。
金曜日の大きな青空市場に行けば手に入るものの、なかなか面倒だし、
学校があって、行けません。
おいしいお刺身とお味噌汁などで、白い炊き立てご飯を頂きたい正月には、
日本のおいしい魚が恋しくなります。

IMG_1995_1_1.jpg


その代わり、チーズコーナーは、すごいです。
日本の、チーズ専門店のように様々な種類がおいてあります。
逗子に住んでいるときは、鎌倉や葉山の輸入食料品店に行って、
オランダのチーズを手に入れていましたが、その苦労は、今は全くありません。(当然)
オランダ人=チーズ人と周りの国からも言われるように、チーズ無しでは生きていけない、
そんな印象があります。普通は、朝食も、昼食も、パンとチーズですから。
ハムコーナーとチーズコーナー。このスーパーは、小さめですが、
大きなスーパーでは、ハム&チーズコーナーはかなり重要です。
IMG_1996_5_1.jpg


花もお手ごろ価格で手に入ります。
今日はチューリップが並んでいました。
もう春はそこまで?
IMG_1997_4_1.jpg


17歳バトン

オランダ在住組の龍児さんから17歳バトンが廻ってきたので、受けとります。
17歳というと、頭の中は空っぽでした。親のすねをかじりまくっていた時期です。


17歳の時、何してた?

ださい高校生でした。聖子ちゃんカットがまったく似合わない顔で、音大受験を目指して、
学校以外には、クラリネット&ピアノ&ソルフェージュのレッスンや、
受験する大学の受験コースに毎週土曜日、通っていました。
吹奏楽部の三年で、友達と演奏会目指して日々練習に励むという青春を味わっていました。
体育の授業で、ブルマに体操服をしまわないといけない、という奇妙な校則を「変だ」と感じながらも、
体操服をブルマにしまって、平気で校内歩いていましたが、忘れたい過去。
学校帰りに藤沢駅の喫茶店でパフェなどを食べていると、いっぱしの不良になった気になっていました。
勉強方面は、かなりのドアホーでした。

17歳の時、何考えてた?

目先のことだけ、考えていました。早弁をどう食べるかとか。
自分では大人っぽいつもりだったけど、今思うと、かなりのこどもでした。

17歳のイベント。

吹奏楽部の演奏会のドリル演奏でしょうか・・・・・。
ベレー帽をかぶって、歩きながらクラリネットを吹くということに、
すべてをかけていたように思うけど。
演奏会の後の、高校生の飲み会とか・・・・・恐ろしく恥ずかしい過去。

17歳で、やり残したこと。

勉強。(ほんとーにしなかったから)
ディスコデビュー。
親孝行。

17歳に戻れたら、何をしたい?

勉強して違う人生を歩む。音大へは行かないと思う。
留学したり、もう少し若いうちに色々な世界を見たかった。

17歳に戻ってほしい人

バトンは回さないけど、夫。
夫は17歳でアムステルダムの大学へ進学で家を出て、
その年から、世界中を廻った。で、たどり着いたのがこの私か・・・気の毒に。
だいぶ、高齢で出会ったから、一緒に17歳に戻ってみたい。


というわけで、絶対に戻ることのできない17歳を思い出してみましたが、
それほど、印象深くない17歳時代でした。とにかく、何事にも中途半端な奴でした。
何でもいいから、自分にはこれしかないってものを持ちたかった。
あれから23年が経ったという事実のほうが驚きです。

でも、あの頃の自分があって、めぐりめぐって、宝物に会うことができた。
やっぱり、親や家族や友人たちに感謝・感謝かな・・・・・。
IMG_1993_1_1.jpg



家族旅行その3 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

夜の12時ぴったりには三人でシャンペンで乾杯し、今年も元気に暮らそうと約束しました。
それと同時に、窓の外ですごいことが起こりました。
一番上の部屋だったので、町を見下ろす形でしたが、オランダの土地は平らなので、
遠くの町まで見えます。その遠くの町、近くの町、すべての町で花火が上がり始めました。
その数のすごさ、音のすごさ、今まで見たことのない、感動の花火です。
12時から1時まで、一時間空には、花火・花火。遠くにも近くにも。
きれいな街に明りが灯り、その家々の屋根の上に何千もの花火が、飛び交っているのです。
夫も私も知らなかったので、娘と三人で、大感激でした。
オランダの12月31日、1月1日の花火は、今まで印象が悪く、危なく大嫌いでしたが、
ホテルから見下ろす、沢山の花火は、本当にきれいでした。(勝手・・・)
毎年、これを見に来ているお客さんも沢山いるのでしょう。
なんともいえない、夢のような一時間でした。
うれしすぎて飲みすぎて、老夫婦はダウン。娘は2時まで起きていたそうです。さすが。

さて、二日酔いでもしっかり朝食は食べて、チェックアウト。
元日だけど、ホテルも街もクリスマスのデコレーションです。いささか、あきあきです。
雪どけの海を後に、家路へ向います。
この景色を見ながら、暮らしてみたい。また来年も、ここに泊まりたい。
IMG_1967_2_1.jpg


ただ帰るのはもったいないということで、夫の希望である、
ベルギーはブリュッセルの近くのLeuvenという街へ立ち寄ることに。
ルーヴェンは学園都市として知られています。人口9万人に対して、学生が2万3千人。

太陽はないけれど、風がなく気持ちのよい散歩。
建物が美しい、とても古い街です。
IMG_1988_5_1.jpg


広場も、今日は元日でほとんどのカフェが休みということで空いていて、
のんびりと散策できました。元日の観光はおすすめです。
いい雰囲気の広場でした。
IMG_1987_3_1.jpg


昔の人は本当に気長によくやったと、いつも思います。
日本の寺にしてもヨーロッパ建築にしても、素晴らしい芸術だと思います。
これは、ヨーロッパ屈指の美しさとも讃えられている市庁舎。15世紀後半の建造。
IMG_1974_4_1.jpg


古いビルもそれなりに味があって、なかなかです。
この小さな町、やはり日本語のガイドブックには出ていないことが多いですが、
お勧めです。コンパクトで廻りやすい、素敵な街だと思います。
学生街のためか、カフェやブティック、レストランなども多く散在し、
平日は賑やかそうな、また、街の見どころが広場の廻りに集中しているために、
歩いて観光できるので、一日だけの徒歩観光にお勧めします。
IMG_1976_7_1.jpg


今までの人生で一番気楽な元旦を迎えてしまい、年明けそうそう罪悪感でいっぱいですが、
夫に感謝して、また一年、がんばろうと思っています。
本年もどうぞK家をよろしくおねがいいたします。



日本のみなさん、お雑煮やおせち料理、おいしいでしょうねえ・・・・・。
食べたいな~~、こたつに入って。

( 家族旅行、さかのぼって12月30・31日と書きました。)

家族旅行その2 念願の海

一夜明けて気温上昇。あれだけ積もった雪がほとんど、溶けている。
バイキングの朝食をたっぷり食べてドライブへ。

老夫婦の目的はなんといっても海。 港街や古い村などを廻りながら、
Zeelandを廻るのが目的。 ドライブは退屈だと感じる娘のことは、後回し。
海めぐりの始まり。

今日の港町は静か。大晦日だからだろうか、人もまばら。観光客が多かった。
IMG_1931_4_1.jpg


ちょっと太陽が見え隠れしているから、海岸へ。
念願の砂浜散歩に感激。鎌倉の見慣れた海とはだいぶ違う雰囲気だけど、
やっぱり海はいい。たっぷり深呼吸。ああ、落ち着く~。たまらん。

夫がなにやら早く歩いていって砂浜に書いている。砂に書いたラブレター?
嫌だわ、照れるじゃないの!と思いきや、やはり娘宛だった。やるな、夫。いいさ。
IMG_1936_7_1.jpg


きれいなお姉さんは馬の散歩中。気持ちよさそう。
年をとったら共通の趣味で、乗馬をやりたいと、老夫婦は考えているけど、夢は夢。 
IMG_1941_5_1.jpg


いろいろな港街(村)を廻って感じたことは家が小さくてかわいいこと。
三角屋根は法律で角度まで決められているはず。私の住んでいる村も、
レンガの色、屋根の角度は、決められている。我が家の屋根も決められた角度。

ちょっとお茶を飲みに立ち寄ってみたZierikzeeという街の裏通りを散策。
家々がとても小さく、古い。だけど、とてもかわいらしい雰囲気だった。
IMG_1947_6_1.jpg


ほぼZeeland全域を廻り、大満足の老夫婦。娘もぶつぶつ言いながらも、
貝殻を拾ったり、波打ち際を長靴で歩いたり、楽しそうにしていた。
一日中、海を見ながらのドライブでホテルには6時過ぎに到着。

さて、一年のしめくくりにおいしいものを食べたいねえという全員一致の意見に基づき、
よさそうなレストランを探すものの、ほとんど早仕舞。
やっと見つけた、イタリアレストランに8時の予約。
8時に行って見ると電気も消えて人もいない。やられた~~~~。
と思いきや、中から店長さんがお出迎え。
貸切!!照明も音楽も完璧。かんぱ~~い!乾杯
前菜もサラダもパスタもワインもピザも、驚くほどの美味でした。
ベジタリアン夫も大喜びで、外食嫌いな娘も完食。ただ、量がすごいのなんのって。
大満足の年越しそばでした。
IMG_1944_8_1.jpg


貸切レストランで歩けなくなるほど食べて、大満足の三人はホテルへ戻り、
いよいよ年越しです。

こういう年越しは生まれて初めてですが、家族でのんびり気兼ねなく、過ごすってのは、
もしかしたら、一番幸せな年越しかもしれないなと、感無量でした。
来年もできたら家族でどこかでのんびり過ごしたい。

一年が終わります・・・・・・・。
来年も健康で家族そろって過ごせますように。

家族旅行その1 大雪・強風・凍結

今日から家族三人年末慰安旅行。今年もいろいろありました。
だけど、一年の締めくくりは三人でのんびりとをながめにオランダのZeelandへ。

目的地は、オランダの南西、我が家からは300kmのZeelandにある、
Vlissingenという街の海の目の前のホテル。天気予報は、最悪の大雪&強風&凍結。
ということで、家を早めにでて、ベルギーはアントワープ(フランダースの犬で有名な)を通って、
ホテルには2時に到着。

久々の高層ビルにどきどきの田舎者でした。
私たちの泊まった海沿いのホテル街。 やはり海を観ながらの生活はあこがれます。
IMG_1928_1_1.jpg


風車&雪の風景もなかなかで、絵葉書のようでした。
これぞオランダ冬景色。
IMG_1933_2_1.jpg


天気予報どおり、大雪&強風&凍結開始。夕方には、積雪が凍って、本当に危険な状態。
ホテルに缶詰になったけど、それもまた楽しいことです。

ホテルからの海も夕方には雪景色。
人っ子一人、歩いていません。やっぱり、日ごろの行いが悪いのか・・・。
IMG_1917_1_1.jpg


Vlissingenの街もすっかり雪に覆われました。
風も強く、とても歩ける状態ではありません・・・。結局ホテルで過ごすことに。
IMG_1919_2_1.jpg


オランダのパンケーキ。これはプレーンで、シンプルに粉砂糖で頂きます。
甘系が嫌な人は、ハムやチーズなどを入れて焼き、お好み焼きのように食べます。
甘系でしかもこってり好きな人は、たっぷりとシロップをかけたり、りんごの甘煮や、
もちろん生クリーム、チョコソースなど、がばがばとかけて食べます。
オランダに初めて来た頃は「大きくて食べられないわ」なんてぶりっこしていましたが、
今では軽くぺろっといけます。ただし、プレーンで。
IMG_1949_3_1.jpg


ホテルでだらだら、昼寝などしたりして、至福の時を過ごし、
夜にがまんできず、猛吹雪の中、三人で海岸を歩いてみましたが、
雪で顔が痛く、全身びしょぬれになり、きゃーきゃー言って、速攻帰りました。
娘は「パパとママ、こんな散歩はもう絶対にいや」と生意気言っていたけれど、
こんな散歩を、大人になって彼女が親になっとき、ふと思い出してくれるといいなあ・・・・。

わたしが雪でどで~んと転んだら、なぜか娘がひどく驚いて、
はんべそで大丈夫大丈夫?と叫んでいました。
親が転んだりするのって、ショックなんですね。以後、気をつけます。

今年もお世話になりました。

今日は、かなり久々に太陽が輝いていました。手を合わせて、拝んでしまいそうでした。
朝から気温はマイナス。だけど、太陽がでると同時に、公園にも子供たちが集まります。
IMG_1912_1_1.jpg

娘は朝から、となりのお姉ちゃんメイシーとそりすべり。帰って来たのは2時半にお昼ご飯を食べにだけ。
あとはひたすら、そり遊び。こんな日に宿題なんかできるものかーという勢いで遊んでいます。
村の子供は、太陽が出ると、いったいどこから出て来るんだというほど、沢山出てきます。
今日も太陽が出ている限り、こどもたちの笑い声が響きました。
大きなお兄ちゃんもお姉ちゃんも、小さい子供と一緒に遊びます。

「宿題なんて、やーだべんべん!」とのこと。正解!心底楽しんでまーすロケット
IMG_1909_3_1.jpg


お昼ごはんは、メイシーはかなりの空腹で無言。いつも饒舌なんだけど、話す力もないほど空腹。
2人ですごい勢いでホットドッグ&パンケーキを平らげました。
そしてまた再び、そり遊び。12歳&6歳、けんかもしますが、いいコンビ。
結局、2人が帰って来たのは夕方の5時半。もう真っ暗でした。太陽さまさまです。
IMG_1911_2_1.jpg


本当に時の流れが速く、今年もあと2日です。
今年は、娘と2人で夏に、家族に会いに日本へ行き、家族と沢山の思い出ができました。
短い時間の中、こちらの勝手な都合に合わせて、会ってくれた優しい友人たち、本当に感謝しています。
「一時間だけ」というわがままな希望にも応じてくれた友人、遠くから会いに来てくれた友人。

みんなありがとう!

母が前から行きたかった、長野の善光寺へ一緒に行くこともできました。これは、100%友人のおかげ。
長野のかんちゃん、家族のみなさん、夏には母共々、本当にどうもありがとう。

娘は今年、二度も手術を受けましたが、年末に家族みんな元気で一緒にいることができるのは、
うれしいことです。何事にも感謝、感謝。
そして誰よりも、母と一緒にいてくれるお義兄さん、姉さん、Nちゃん、ありがとうね!

日本が恋しいこの時期、おせち料理の準備を毎年していた自分が懐かしいです。
私たち家族は明日から、小旅行へ行きます。
目的地は「海」。とにかく、海が見たいのです。海を求めて、オランダのZeelandへ行ってきます。
日本語のガイドブックなどには、載っていないと思いますが、海に囲まれた美しいところです。
明日から二泊三日、気が向いたらもう一泊、海を満喫してきます。
天気はとっても悪そうで、残念ですが、海は海。楽しみです。
IMG_1913_1_1.jpg


日本のお母さん、そして家族のみんな、友人たち、今年もいろいろありがとう、
そして、いろいろとお世話になりました。
遠くに居ると、いかに、みんなのおかげで今、こうして元気に暮らせているかがわかります。

来年もK家(ハナも含む)をよろしくおねがいいたします。   オランダの片田舎にて。Hより。
IMG_1916_1_1.jpg


皆様、良いお年をお迎えください。

雪やこんこん

今日も雪がこんこん降っています。朝起きると、真っ白け。
出掛ける予定がない日の積雪は、大好きです。
今日も朝から日本語学校の宿題をしながら、親子げんかです。
それもまた、楽しいのです。娘も大きくなったなあと思いながら、ながめています。

家の中でぶくぶくと太っていく私をみかねてか、多忙な夫が、
ちょっと時間ができそうだということで、映画に行ってきました。
娘と2人で行くことが多いのですが、今日は雪道で怖いのです。
映画と言えば、2ヶ月前に観たきりです。今日はまたまたベルギーのLANAKENへ。
国道は雪で真っ白です。
IMG_1889_3_1.jpg


映画を観る前に、米の買出しなどでマーストリヒトへ。
怪しいアジア食材店で、米10キロと天津甘栗1キロをゲット。(100グラム、1ユーロ。止まらない・・・)
図書館へ立ち寄って、黒澤映画の羅生門を借りた。日本語でオランダ語の字幕。

ここは、子供コーナー。ほんとうに、気持ちが良い図書館です。
IMG_1891_4_1.jpg


マーストリヒト中心部からベルギーのLANAKENは車で5分ほど。
普通に道を走っていると、ベルギーという看板が立っており、そこからはベルギー。
昔は国境があったけど、今は何もない。たま~に警察官が調べている。
日本で言うと、県境のような普通のたて看板。
はい、ここからはベルギーです。
IMG_1895_2_1.jpg


日本の都会の映画館とは大違い。決して、立ち見などにはならない。
大人の映画も、子供の映画もほどよく放映している。
駐車場も広く、カフェもあるし、映画は大抵、ここで観る。
椅子がふかふか、客もまばらで大変気に入っています。
IMG_1897_5_1.jpg


5時からの映画ということだけど、行ってみると遅れていて5時半から。
隣のカフェで時間をつぶすのも、なかなか楽しい。
上映時間が遅れるってのも信じられないけど、更に、途中で映像が観えない!
ほんの少し、端っこだけの映像が続く。あとは真っ暗。
だけど、お客さんがそのまま観ている!
夫が出て行って「壊れているみたいだけど」というと、バイトらしきお姉さんが、
「ああ、今責任者がピザを取りに行ってますから、帰るまで待ってください」とのこと。
おいおい・・・・と思っているのは、どうも私だけのようで、みんな、
壊れて端っこしか見えない画面をふつうに観ている。なぜ~~~?
その後、責任者がピザを持って帰り、映画を止めて巻き戻し。
また広告からはじめ。うそ~~~~!!
でも誰も文句言わないで、最後まで観たし、映画館からのおわびもなかった。

ああ、いいよ、ベルギー。人間が大きいと言うか、のんびりというか。
たった、一時間のことでごちゃごちゃ言わないで平和平和。

今日観たのはこれ。バイオリンも出てきて、私たちにはぴったり。
オランダ語の勉強には子供の映画が一番です。本当に勉強になります。
IMG_1904_6_1.jpg


冬休みのいいところは、朝の6時に起きなくてもいいところ。
夫は早起きして仕事していますが、娘などは10時まで寝ていました。
私も負けずに9時まで。よく食べよく寝て、よく育っています。



思い出の曲

今日も雪。夜中に多少積もりました。
クリスマス疲れでまったりした一日を過ごす私には、気持ちの良い雪です。
お決まりの、リビングからの公園の雪景色。
IMG_1883_2_1.jpg


今日は雪景色を眺めながら、日本語の宿題。たっぷりあります。
その、娘の日本語補習学校の冬休みの宿題の中に「さくら」を歌うという課題がある。
森山直太郎さんの「さくら」だ。とてもいい曲だと思う。
これは3月の卒業式に子供みんなで合唱するから、その練習ということだ。
私はこの曲をまともに聴くことができない。人生で一番悲しいときに、姉と姉の娘と、
このCDを聴き、涙したことがよみがえってしまうのだ。
2年前の年末、娘と2人で日本へ一時帰国したときの姉の家でのこと。
みんな、悲しいことをがまんして、なんとか前を見ようと思っていたときに、
この曲を聴いて、泣いてしまった。それから、この曲が、大好きでも落ち着いては聴けない。
久々にCDをかけて、娘がめちゃくちゃな日本語でさくらを歌っているのを聴き、
日本の家族への思いでいっぱいです・・・・。

国語の本読みでは「あめふりくまのこ」という歌の詩を読むという宿題。
私は、この曲にも弱い。幼い頃家族5人で、ドライブのときに、よく聴いた曲。
父も好きだったこの曲の詩を、今、オランダで娘が音読している。
「おじいちゃんが大好きだったのよ、この曲」というと、「じゃあ、空に向かって読まないと」
と言うものだから、参りました。 今日は、久々に切ない病発症です。
IMG_1876_1_1.jpg


そんな駄目ママを横目に今日は久々に、トーマストレインで遊んでいます。
逗子に住んでいるときに近所に同じ年の男の子がいて、よく一緒に遊んでもらい、
その子の影響でトーマスが好きだった娘。娘の為に老夫婦は、トーマスランドも行ったっけ。

昨日、遊びに来た3歳のトーマスのために、久々に出してみた。
今日は、懐かしいのかずっとそれで遊んでいた。何年ぶりかな?
私も懐かしいけど、家族みんな、トレインの名前をほとんど忘れている・・・・・ボケ家族。
IMG_1877_3_1.jpg


宿題でママとけんかして煮詰まっている娘を、いいタイミングで犬の散歩へ連れて行く夫。
パパ、またまたポイントアップ。雪の田舎道をパパと2人で楽しく散歩してきました。
ママは寒いから留守番。駄目だね。
IMG_1882_4_1.jpg


私は今日で3日間、家から出ていません。ジーパンもきつくてパンパンです。
明日は、娘と何か楽しいことをと思っています。

犬のハナ、この一週間でほとんど、元気になりました。
お腹の調子も、やぶ医者に傷つけられた右足も、すっかり良くなりました。
寒いのは苦手ですが、雪遊びが好きみたいで、雪を見ると興奮して庭に出て走っています。
ハナが元気になって、家の中の雰囲気も明るくなりました。
もうすっかり家族の一員です。
IMG_1879_2_1.jpg


今日は本当に冷えました。だけど、オランダの家の中はぽっかぽかです。
家全体が温まっているので、これは「オランダへ移住して良かった」と思うことの一つです。
あまり好きになれないお風呂にでも入って温まって寝ることにします。

tweede kerstdagクリスマス二日目

オランダでは26日のことを「クリスマス二日目」と呼びます。1月2日のような雰囲気です。
こたつがないから、だらだらとした雰囲気にはならないのだけど、なんとなく、
昨日の余韻や酒が残ってるような、まったりとした一日です。

いつもは一人で住んでいる86歳の義母が泊まってくれたので朝から楽しく過ごしました。
娘も犬のハナもべったり甘えています。
昼過ぎに、親戚が遊びに来ました。 夫の一番上の姉の長男家族。
次男家族も大きいのですが、長男も2メートルです。
2メートルの彼は私と同じ年ですが、私は彼の「おば」です・・・・・・。


3歳のトーマスは、娘の甥、娘はトーマスの「おば」です。
ちなみに私はトーマスから見ると「古いおばさん」になります。確かにね。
おばさん&甥っ子
IMG_1860_4_1.jpg



妹のロッテです。日本のみなさん、よろしくね。
ロッテは1歳。 ロッテは私の日本語が通じる、とってもかわいいいい子です。
かえって、下手なオランダ語だと通じなかったりして。
IMG_1861_2_1.jpg


外では雹が降っています。雹が積もって雪景色。
一日遅れのホワイトクリスマスですが、雹が雪へと変わり、
今夜も雪が積もるようです。
今年はよく降った、雹。(ひょう)
IMG_1871_6_1.jpg


さて、今年も日本からクリスマスカードが届きました。
どうもありがとうございました!
大仏・金閣寺・東海道五十三次など、夫が泣いて喜ぶカードもありました。
カードを買ってくれているその一瞬、私たち家族のことを、
考えてくれているのだと思うと、それだけで感動です。
年をとってめっきり涙もろいので、封筒にJAPANと書いてあるのを見るだけで、涙です。

遠くに居て思うのは、「忘れられてしまう怖さ」です。
今年もメールやら手紙やら、日本からの応援で励まされました。
ほんとーにありがとうございました。そして、これからもどうぞK家をよろしくおねがいします。

IMG_1857_1_1.jpg


今日で、クリスマスのお祝いもひと段落。
ちょっと疲れ気味で、お正月疲れとよく似ています。
さて、そろそろ日本語補習学校の宿題に取り組まないといけません。
楽しい毎日の後に、娘は宿題ができるでしょうか。

Prettige Feestdagen!

メリークリスマス!

あたふたとしているうちに、25日になりました。そして今日は、夫の誕生日です、おめでとう!
夫は、5人兄弟の末っ子、姉が2人、兄が2人、年が離れています。
カトリックの家でクリスマス当日に生まれた夫は、さぞかし、かわいがられたのでしょう。
今日も、兄弟全員がお祝いに来ました。
夫の誕生日には、本人はもちろんですが、「あなたの夫の誕生日、おめでとう!」とキスされます。
私も義母に「あなたの息子の誕生日おめでとう!」とキスします。
今日は、クリスマスおめでとう!のキスもあるので、何回、キスをされたか、わかりません。
私の住んでいる地方では、家族に会うと、右・左・右と、ほっぺたに三回キスをします。
会ったときと、帰るときとするので、一人と6回という計算で、今日は10人と会ったということで、
60回のチュチュチュだったことになります。以前は慣れない習慣でしたが、
回数をこなしてなんとか慣れました。日本から家族がやってきたら、同じことをされるので、
姉も母も姪っ子も義兄も、きっとおどろくでしょう。

我が家にもサンタクロースさんが、やってきてくれました。
IMG_1826_1_1.jpg


12月6日にオランダにはシンタクラースが来たので、子供たちは、今月に入って、
2度も、プレゼントをもらうわけです。いいんだか、悪いんだか・・・・。

今日は家族でのんびりと、楽しく過ごします。
親戚大好きな娘には、なんとも楽しい日でしょう。
犬のいとこにも会えました。
ドラ&ロース  (平尾さ~~~ん、見てますか?ドラ、元気ですよ!)
IMG_1838_2_1.jpg


夜中の1時半まで親戚とのんびりできました。
夕食のメニューも好評でほっとしています。もちろん、オランダ料理です。
こんな私も、たくさんのプレゼントをもらいました。

娘も久々に年の離れたいとこと遊べて、楽しそうでした。
IMG_1856_1_1.jpg


そして、86歳の義母が、我が家に泊まっています。
これぞ、のんびり平和なクリスマスを過ごすことができました。
来年も、みんなが健康であることを願うばかりです。

IMG_1776_1_1.jpg


日本では、今日から街の中は、門松が並ぶことでしょう。
私の住んでいる地方では、1月6日までクリスマスの飾りをしています。
なので、どたばたとクリスマスツリーをしまわなくてよいので、助かります。


あと一週間、良い年を迎えられるようにがんばります。

クリスマス・イヴ

クリスマス・イヴですが我が家はいたって普通の日。かえって、暇だったりします。
日本の母へ電話をすると、おいしそうなごちそうを姉が作っているところで、逆に、
クリスマス気分を味わいました。母は、ぶり大根を煮ているところで「食べさせてあげたいわ」
と言っていました。母は何気なく言っているのでしょうけど、遠くに居る私には、
どんなプレゼントよりもうれしい言葉です。食べたいよ、母ちゃ~~ん。
我が家の夕食は、年越しそばならぬ、イヴ越しそばでした。


クリスマスの本来の意味よりも、「そろそろ一年が終わろうとしているけれど、
家族みんながそろって、家でのんびりできるということへの感謝の気持ち」で過ごしています。
一年を振り返る、いい機会になっています。
今年も我が家には、いろいろなことが起こりましたが、一年が終わろうとしている今、
こうしてそろって、家にいられることは、感謝すべきことだと思います。
なんて、家族で話しながら夕方の4時ごろ、そろって昼寝をするという、我が家にしては、
もしかして初めてのことかもしれない「三人で(ハナも)昼寝」というのんびりな日でした。

私の趣味であるパイプオルガンの師匠であるリック先生が教会のミサで演奏するということで、
今日は三人で、教会のクリスマスミサに行きました。
螺旋階段を上り、教会のオルガンのある、高い部分へ向かいます。
すでに夜の10時を回ったところです。
IMG_1813_5_1.jpg


男性合唱団の「聖しこの夜」が流れ、クリスチャンではない私も、
一年を振り返って、さまざまな思いが巡りました。
IMG_1815_2_1.jpg


夫も子供の頃は、完全なクリスチャンの家族で育ったので、
夫の解説の下、ミサは進みます。夫が子供の頃は、夜中の12時に始まり、
2時半までかかったそうです。
IMG_1811_1_1.jpg


リック先生のオルガン演奏のほか、ソプラノ・アルト・テナー・バスの4人が、聖歌を歌いました。
すぐそばで聴けたのですが、教会の響きに人間の歌声はやはりすばらしいです。

リック先生も、教会オルガニストとして今日はいつもと一味違う、先生でした。
IMG_1818_3_1.jpg


ミサは、1時間半ほどで終わり、家路へ向かいます。
教会を出るときにろうそくに火を灯し、娘いわく、「天国の2人のおじいちゃんへ」とのことです。
また来年も、おじいちゃんたちに見守ってもらおうね。
IMG_1820_4_1.jpg


さて、これから我が家にもサンタクロースはやってきてくれるのでしょうか。
ついこの間、12月6日にシンタクラースがやってきたばかりで、どうなのでしょうか・・・・。
もう日付が変わっているけれど、今のところ気配なし。
窓を開けると、近所では、明日食べるごちそう、うさぎ料理のにおいがただよっています。


日本のみなさん、クリスマスですね、どうか楽しいクリスマスをお過ごしください。

毎年23日は大忙し。

日本では三連休ですね。いいなあ・・・そういえばオランダって祝日連休とかめったに無いな。


娘の学校は今日まで。今日は勉強はなく、クリスマスパーティーを行ったそうですが、
親は参加しないので、話で聞くことしかできません。
日本の幼稚園では完全な親参加型幼稚園だったので、親が参加しないのは、
楽だけど、ちょっと物足りないような・・・・・・。
ろうそく立てや、クリスマスの飾りなど、さまざまな作品を持って帰って来ました。
明日から冬休み。
IMG_1804_4_1.jpg


パイプオルガンのレッスンを急遽休んで、やはりクリスマスの準備。
沢山の人でごった返すマーストリヒトへ・・・・一年前から決まっているのに、
なぜ、最終日の23日に毎年あせって買い物してるんだろう。学習能力の無い私たち。
毎年、23日は同じ。で、心身共にくたびれ果てて、クリスマスを迎えるのだ。

今日は、渋谷並みの混雑。(そうでもないか・・・)
IMG_1790_1_1.jpg


おとといの日記で行った「クリスマスバトン」を夫が読んで、「去年、何をもらったのか覚えてないの??」と言うので、
「では聞くが、何を私にプレゼントしたか、覚えてる?」と返すと、
案の定、「うーーーーーーーーーーーーー」とのこと。
娘よ、こんな老夫婦だけど、頼んだよ。

いつもは入らない(入れない)高級店もお買い得。夫君の誕生日プレゼント、コートをゲット。
うれしそうだけど、来年まで覚えているか・・・。
IMG_1794_1_1.jpg



いささか人ごみにも疲れ、もういいよということで、終了。
マーストリヒトの城壁跡を通って、図書館へ。
今日のマーストリヒトは、太陽は相変らず出ていませんが、霧雨も無く、温度も氷点下ではなく、
買い物には楽でした。
IMG_1799_6_1.jpg



図書館では、それぞれ好きなコーナーへ。
根暗な私はもちろん楽譜コーナーへ直行。
楽譜が充実している。ヤマハのような楽器店がないから、とても助かる。
楽譜コーナーからの景色もなかなかで、楽譜を探しながらマース川を眺め、
CDの視聴などしながらぼーっとするのも、いいもの。
今日はオルガンの楽譜を2冊、CDはバッハ無伴奏チェロ組曲をパブロ・カザルスで。

オルガン楽譜だけでも、この充実。
IMG_1802_5_1.jpg


いよいよ明日は24日。メニュー、まだ決まっていません。
これから徹夜で考えて、明日は食料品の買出し。
クリスマスは、店がすべて閉まっています。
昔の日本の正月のようです。来客があるので、非常に不便です。
ああ~、クリスマスって~~~~。
来年こそは、早めに準備。これが来年の目標だ。

ベルギーへ買出しに。

今日のオランダ語学校遠足は断念。霧雨が降っていたので、病み上がりには無理。
というわけで、娘が学校へ行っている間に、夫と、ベルギーはLanakenという街へ、買出しへ。
日本を離れてから半年、オランダに住む前に住んでいた街。
たった半年だったけど、いい思い出なので、ついつい足が向く。
今日はまず、日本にもあるチョコレート屋の「LEONIDAS」へ。
チョコレートは万国共通、ちょっとしたプレゼントには最適。鎌倉にもあったけど、高価で、買った事はなかったな。
LanakenのLEONIDASは、店内の雰囲気が大好き。しかも店員さんたちも、とても感じいい。
チョコチョコチョコチョコ・・・・・・。
IMG_1772_2_1.jpg


結婚式の引き出物から、子供が生まれた際のお祝い返しやら、いろんな、
プレゼントが所狭しと、センス良く、飾られています。見るのが大好き。
センスの良い、店長登場。「私も写してくださいよー」とのこと。今日も感じいいです。
IMG_1774_4_1.jpg


お次は、私があまりにもクリスマスのメニューが決まらないので、
traiteurという、日本で言うと仕出屋とか総菜屋、つまりできてる料理屋へ。
クリスマスメニューを頼んでしまおうよ!ということになって、店内へ入ったのはいいけど、
メニューを見たら、野ウサギ・子牛・子羊・・・・動物好きでベジタリアンの夫が、泣いてしまいそうなクリスマスメニューだったので、却下。やっぱり作るさ。
IMG_1777_7_1.jpg


Lanakenだと買い物もスムースに進み、あっという間に予定通り、すべて完了。
最終目的地、パン屋さんへ!

以前住んでいた家の目の前がパン屋さんで、クロワッサンがほんと~においしい。
今日も、8個買って、三人で奪い合い。ちょっとクリームチーズをぬって。ああ、至福の時。
ベルギーの方がガソリンが安いから、ちゃんとガソリンも入れて、家路へ。
ここのクロワッサン、お勧めです。普通のと、砂糖かけと2種類あります。
IMG_1775_6_1.jpg


そして今日は水泳教室。霧雨だし忙しいし、親のほうはやる気ゼロ。
娘には気が付かれないように、気合を入れて「さあ、行こうか!」とプールへ。
一時間、みっちり泳いでいるからその間に走って買い物。今日は、無農薬食品店で、
玄米・ゴマ油・小豆をゲット。

とうとうクリスマスがせまってきた~~~~。
12月6日のシンタクラースのおかげで、どうにも盛り上がれない。
気合、気合を入れないと、本当に今回は、人が来るってのに、このままではいかん。
サンタさん、私にどうかエネルギーをお与えください。

プール出口にて。最近「ママー、この写真をブログに載せてもいいよ」とモデル気取り。
IMG_1788_8_1.jpg


明日はいよいよ準備最終日。気合だ、気合。




クリスマスバトン

何とかバトンて、初めてなのでよくわかりませんがちょうど今日は、書くことがないので、
挑戦します。オランダ在住仲間、西部のおじじ 龍児さんから回ってきました。

1.今年のクリスマスは誰と過ごしますか?

家族三人と犬のハナ、夫の母・兄・兄夫婦の予定。

2.去年のクリスマスは誰と過ごしましたか?

家族三人で夫の兄夫婦の家で親戚と一緒にパーティー。

3.プレゼントを除くクリスマスの予算は?

パーティーをするときに買い物するからそれくらい。

4.クリスマスプレゼントにかける予算はどれくらい?

夫が25日、誕生日だから豪勢に。夫のカードで。

5.今までで一番心に残るクリスマスプレゼントは?

去年、何をもらったかさえ、覚えていない・・・・・

6.今までで一番嫌なクリスマスの思い出は?

大学生の時にサーティーワンアイスクリームでバイトをしていた時、
ミニスカートにサンタの帽子をかぶって、アイスクリームケーキを売った時。

7.理想のクリスマスは?

いつまでも家族が健康で平和なクリスマスを迎えられること。

8.クリスマスについての意気込みを。

今週末だってのに、何一つ準備もできていないし、メニューも決まってないし、
買い物も行ってない。プレゼントだって、何にするか決まってないし。
冗談じゃなくまずい状態。気合が欲しい、気合が。

9.バトンを回す人。

い・ま・せ・んハート

龍児さ~~ん、こんなにつまらなくて、いいのですか?
やはり、こういうバトンは、若い人に回さないと!
IMG_1493_1_1.jpg


インフルエンザ三日目。老体にはかなりこたえますが、2人とも食欲有り。
くしゃみがひどく、悪くもならず、よくもならず。お互いに同じ症状だから、
面倒見なくていいから楽。 娘は今日も元気(過ぎ).子供は元気が一番。

明日は、オランダ語学校の遠足・・・・・行きたいなあ。
遠足といっても、マーストリヒトのウィンターランドに先生と生徒一緒に行くのだけど、
家族と一緒に行くのとはまた一味違って、面白いのですよ。
気心の知れた女同士で、キャーキャー言って、恐怖の窓なし観覧車に乗るのだ!
右手に焼ソーセージ、左手には温かい、赤ワイン。
IMG_1491_1_1.jpg


そんな時間と体力があるのなら、クリスマスの準備&夫の誕生日の準備、しないとね。
そして今日も「体調が悪い」をいいことに、8時に寝るわたし。
明日、この集合場所に行けます様に。
IMG_1612_1_1.jpg


元気な娘

インフルエンザ二日目。
老夫婦、かな~りひどいですが、さすが私。 食欲あります。
娘も「パパもママも早く寝ていいよ」と言っています。そうさせていただきます。

オランダ語学校期末試験終了困った

今日は「会話力テスト」これが一番嫌い。ヘッドホーンをつけてコンピューターの前に座り、
まず、問題用紙が配られる。各問題ごとにさらにヘッドホーンから問題が流れてくる。
それを聞き、紙の問題にあわせながら、すぐに答える。考える時間がないのである。
だから、問題を理解できないと、「あーうーおーーーーー!」という鼻息音だけが録音される。

例えば、問題用紙には健康保険の保険内容の変化が書いてあり、読んでいると、
ヘッドホーンからは、「ねえ、今度、保険内容が変わったのよね、あなた、今度のと前のを比べて、どう思う?」と聞こえてくるからそれに答えるのだ。しかも、すぐ。
落ち着いてゆっくりできればそう難しくないのだけど、30問ある問題ごとに、
自分の頭の中を切り替えたり、その状況に自分を入れ込まないといけないところが、
むずかしいとういか、こんな状況ないぞ!と思うわけです。

って、負け惜しみか・・・できる人はできているのだから。
とにかく、今回は望み薄・・・・・だって、インフルエンザ二日目だったも~~~ん。

今日はバイオリンのレッスンだというのに、娘はボーイフレンドの家へ直行。オイオイ!
レッスンの30分前に帰宅。若いって、忙しくても元気でいいねえ。

今日は学校から秋の遠足の写真を持って帰って来た。
遠足というか、近くの森へ散歩へ行ったらしい。
IMG_1769_2_1.jpg


ギャルズ。
大人っぽい子からサルのように子供っぽい子まで、さまざまです。
IMG_1770_3_1.jpg


クラス写真。左の端っこで、動いてしまい、ただ一人ぼやけているのが娘。
落ち着こうよ。
IMG_1768_1_1.jpg


日本の幼稚園に通っているときの集合写真を見ると、やっぱりオランダ人だ!と感じ、
こうして、オランダでの集合写真を見ると、日本人だと感じる。
どちらでもあるわけだけど。

先日のオランダの小学校での担任との個人面談で、
「娘さんは、ママが日本人で、日本で生まれたことを誇りに思っています。
いつも、自慢話をしていますよ」と言われ、夫と2人で、娘のことをかっこいいな!と思った。

たまにどきっとするような質問をなげかけてくる娘。
これからも、色々なことで悩んだり、迷ったりすると思うけど、
一緒に考えて、その上で自分で解決して行くような、たくましい女性に育ってほしい!





インフルエンザ

老夫婦そろって、インフルエンザにやられています。
発熱・悪寒・筋肉痛・のどの痛み・くしゃみ・鼻水。
すべて、発症中。

油断していたのがいけなかったのか・・・。
かなりつらいです。老夫婦にはかな~りこたえます。

今日は期末試験3教科、明日は残りの1教科。全滅は間違えないでしょう。
おかげで、結果が悪くても「インフルエンザだったから」と言い訳できそうですが。

娘は今日も元気はつらつ、飛ばしてます。
今日来た友人は、カーリー7歳。

部屋で何をしていたのか、どたばたと、ものすごい音でした。
のぞいたら「きゃーおばけ~~~」と言われました。確かに。
IMG_1762_1_1_1.jpg


まだ夜の7時過ぎですが、明日に備えて寝ることにします。

バイオリン発表会

いよいよ今日は娘のバイオリン発表会。
今回で三回目。ベルギーの、デニス先生宅で行う。
本人は、緊張していないのだけど、よくあるパターンで、親の私がどきどきなのである。

それでもやはり、リハーサルを終える頃には娘の顔もこわばり気味。

発表会というか、おさらい会というか、先生の家のリビングで行う年に二度のこの会は、
とても暖かく、和やかでとにかくいい雰囲気なのである。

おじさんが趣味でシューベルトのソナタを、緊張しながら弾き、
イギリス人のパパさんが25年ぶりに趣味のバイオリンを再開したり、
始めたばかりのインドネシアのお兄さんがメリーさんの羊を弾いたり、
鼻ピアスしてるギャルが、へそだしルックでバッハを弾いたり、
中年の日本人のおばさんが突然ピアノ弾いたりと・・・・。
場が和やかだから、音楽っていいよねえ、と思えるのである。
私は、子供が音楽を続けるには、プレッシャーがないのが一番大事だと思っている。

今日はひどく緊張していたおじ様は、シューベルトのソナタ。
IMG_1749_4_1.jpg


ピアニストの奥さまはロシア、カムチャッカ出身。彼女のピアノは芯が強くて大好き。
演奏後、「やっぱり、ロシア音楽は最高ですね」と言ったら「私もそう思う」とのこと。
母国の音楽に誇りが持てるってのも、素敵なこと。
私と同じオランダ語学校出身なんだけど、彼女はオランダ語ぺらぺ~ら。
IMG_1751_6_1.jpg


デニス先生と素敵な演奏しかも(ラフマニノフ&チャイコフスキー)という、ロシアプログラムを、
聴かせてくれました。ああ、やっぱりラフマニノフ、チャイコフスキーどちらもしびれます。
娘に「ママの拍手は大きすぎる」と言われてしまいました・・・。いいんだよ、拍手は大きくて。
IMG_1754_7_1.jpg


娘の演奏も親ばかながら、なかなか落ち着いていて、がんばりました。
ピアノで娘と共演できたことは、本当にうれしいことで、音楽やってて良かったと、
心底思いました。娘より、私のほうが上がってしまい、ちょっと走り気味だったかな・・。
夫は、ビデオを撮りながらも娘の演奏に聞き惚れていたようで、写真は無し。

演奏が終わるとこの通り、リラックス。ほっとしたようです。
普段なら怒られそうな甘いお菓子を、ここぞとばかりに食べていました。
IMG_1757_9_1.jpg


娘が、誰よりも一番じょうずにできるのは、さすが日本人、「お辞儀」です。
お辞儀の習慣がないこちらでの発表会では、大人も子供もお辞儀をすることが、
とても難しいようです。

犬のハナ、薬治療は続いていますが、夫のおしみない愛情で、日々良くなっています。
夜中に起こされるのは決まって夫で、それでも文句ひとつ言わずに、よく面倒見ています。
子供も犬も「誰が優しいか」本能でわかるのでしょうね。
IMG_1761_2_1.jpg


あと一週間で冬休み。うれしいような、忙しいからうれしくないような・・・・複雑な心境。
明日から私は期末試験。全教科、全滅に間違いありません。
当たって砕けてきます。

またまた雪

また雪が降りました。
なぜか、雷もなっています。前回の雪とは違って、雹も混ざっています。
積雪はそれほどでもありませんので、子供の姿もありません。
が、やはり雪が降ると景色がきれいです。
IMG_1744_4_1.jpg


家の前の公園も誰もいません。
IMG_1743_2_1.jpg


日本語補習学校2学期終了!!よくがんばったね!!
あゆみをもらってきました。こうして、オランダの成績表と、日本のあゆみ、
比べてみると、いろいろと違います。

お疲れ様でしたということで、日本語学校の娘のクラスメイトの家族と共に、
またまた行って来ました、WOKレストラン。とり放題、食べ放題。
確か一ヶ月前に行ってます。
5時から9時半まで、パパはパパ同士、子供は子供同士、
ママはママ同士で、ひたすらしゃべり続け、食べ続けました。楽しかった!

このレストランは、「子供に優しいレストラン」で優勝し、表彰されたそうです。
子供に優しいというよりも、「親がのんびり食べられる」ということだと思うのですが、
確かに、今日も4時間半という長い時間、ゆっくりできたということは、ありがたいことです。
IMG_1747_1_1.jpg

レストランで、偶然親戚に会いました。
夫の兄夫婦の一人息子の奥さんのお姉さんの赤ちゃんの洗礼式の帰りだそうで、
遠くに住んでいるのに、久々に私たちの甥っ子夫婦に会うことができました。
甥の奥さんとそのお姉さん。赤ちゃんは3ヶ月。(男の子)
IMG_1745_1_1.jpg


いよいよ明日はバイオリンの発表会。
人前で何かをするのが大好きな娘には緊張と言うよりも楽しみの一つのようです。
天国のおじいちゃん達、見守っていてください。

うれしい小包

オランダ語学校から帰宅すると、日本からの小包が届いていました。
私はこれにとても弱い。母からの手紙の一生懸命書いたアルファベッドや、
一生懸命包んだ梱包を見ると、涙が出る。
今日は、クリスマスプレゼントやカード、12月25日生まれの夫へのカードなどなど。
姉の一人娘、いとこのNちゃんから娘宛に、修学旅行や愛知万博のお土産が入っていて、
本当にうれしい。姉から夫へのカードは鎌倉の大仏の廻りにサンタさんがいっぱいいるカード。
母から夫へのカードは、ハローキティーでメロディー付き。うれしそうに何度もボタンを押している。
本当にありがとう。親からの小包って、本当にうれしいけど、泣きます。
夫のキャラクターにぴったりのカード。
IMG_1739_1_1.jpg


今日は久々にパイプオルガンのレッスンに行ってきました。
この場所でリック先生を待ちますが、なんてことないこの場所、気に入っています。
教会やお寺や神社は、やはり落ち着きます。鎌倉でもよく夫と娘と散歩しました。
教会裏手入り口。

IMG_1731_1_1.jpg

三週間ぶりで、すっかり感覚を忘れてしまい、弾き始めはどたばた。
先生に「落ち着きましょう」と言われてしまい、ますます上がってしまった。
練習してないけど、久々に一曲合格。(テレマン)
後半は、バッハ・テレマン・ヘンデルの書いた、教会音楽の比較について勉強。
オランダ語が難しいけど、わからないと言い直してくれるので、オランダ語の勉強になる。

これがオルガンに空気を送る機械。今は電動だけど、昔はもちろん手動。
演奏するときは、裏で空気を送る人も必要だったそうです。
IMG_1732_4_1.jpg


午後はオランダ語学校。昨日も今日も大まじめ。来週は期末試験。
昨日は、授業でNationaal dicteeという、書き取りテストを行った際、
オランダ人の高校生が見学に来て、一緒に勉強しました。
彼らは、難しいとひーひー言ってました。でしょー!
今日も模擬試験2教科。
脳みそを使ったので、帰ったらすぐに大の字で眠りたい心境です。

今日の灰色マース川。   暗い・・・・・・・・ 霧雨プラス強風 
IMG_1724_3_1.jpg


クリスマスの前だからか、街は朝からすごい人出。
私も、来週のクリスマスに向けて、準備したいのに気ばかりあせって、結局何もできてない。しかも、前から言ってるけど、夫の誕生日だから、どうしようどうしよう。
義母が泊まりに来るからクリスマスのメニューも考えないと~~~~~。
でも今日は、よく勉強したからビールを飲んで早く寝て、明日から考えよう。

来週は、期末試験とクリスマスの準備と学校の遠足(娘のではなくて、私の)で、痩せる思いだ。
そして年明けそうそう1週間、女性だけの講習会がある。これは楽しみ。
このあたり↓
IMG_1733_5_1.jpg


あっという間に週末です。
日本でもせわしない毎日なのでしょう。年末って、落ち着きません。

日本の皆さん、楽しい週末をお過ごしください。














ウインターサーカス

サーカスを見に、家族でマーストリヒトのMECCへ行きました。
今日が初日で、子供には特典があるということですが・・・・・。

会場へ付いて、ヒトコブラクダのお出迎え。子供たちは、特別な入り口があって、
フラフープをまわしているお姉さんや、ヒトコブラクダの前で写真を撮りながら、
ピエロに何かもらって、入り口へと向かう。(特典1)

会場へ入ると、子供用カフェのような場所があって、
子供には子供用シャンペンとポップコーン(甘口)一袋が、ピエロから渡される。
すごい、オランダでただでもらえるなんて!(特典2)


さていよいよ、サーカスの開始。
真っ暗の中、ビッグバンドの生演奏・スポットライトと共に登場したのは・・・・・・
「中国皿回し踊る美女軍団」(作った言葉)。しょっぱな、アジア顔がたっくさん出てきて
ちょっと驚き。 上手なのだけど、まさか中国物でスタートとは思わなかった。
その後、自転車、空中演技などで3回も登場しかなりの時間、中国物でした。
ヨーロッパ最大のサーカスと書いてあったけれど・・・・・。
IMG_1691_3_1_1.jpg



動物を使う演技というか、出し物が夫も私も苦手です。
人間がサーカスですばらしい出し物をするのは、その人の意思によってだと思うのだけど、
動物は彼らの意思ではないはずだから、どうしても物悲しく見えてしまい、
かわいそうになってしまうから。
娘も同じだったようで、「なんだかかわいそうだねえ」という感想でした。

そういいながら、すっかり馬たちに感動してしまった私。矛盾しているママ。
IMG_1712_7_1_1.jpg


続いて、ヒトコブラクダの演技。本来なら砂漠歩いてるはずの彼らが、沢山の人前で、
座ったり立ったり走ったり、大変だ。 よくがんばったね。ご苦労さまでした。
IMG_1703_5_1_1.jpg


結局、私は多分家族の中で一番、楽しんでいたと思う。
特に、猛獣使いのお兄さん。 オスのライオン一頭、メスのライオン10頭を、
一人で操るのだけど、お決まりの容姿。背が高く、王子様のような、そでのふくらんだ、
白いシャツの胸元がはだけ、胸毛がちょろ。 顔は痩せてるプレスリー。
ライオンはいつ見ても格好いいから、お兄さんも含めて、見とれてしまいました。
(やっぱりおばさんだーね)
上でオレンジのライトを当てられて、メスの演技を見ているのが、オスライオン。
IMG_1708_6_1_1.jpg


他にはトランポリン、空中ブランコ、ロシアアクロバッド、ピエロ、黒い馬のダンス、など。

こんな調子で、あっという間に3時間。2年前に見た、掘っ立てテントの小規模サーカスに
比べると、大変楽しかった。娘も、じっと集中できるちょうどいい年齢なのでしょう。

終了後、子供は特設会場のディスコへどうぞ、ということで、隣接してるカフェへ。(特典3)
そこには、さっきまで演技をしていた中国のお姉さんをはじめ、ライオン使いのプレスリー、
セクシーなおねえさまたち全員がが待っていたのです。喜んだのは、娘じゃなくてこの私。
夫に頼んで、ライオン使いの胸毛ちろりのプレスリーと、トランポリンのお兄様との間に入って、
はいチーズ。久々にミーハーになり、写真なぞ、撮ってしまいやした。へへへ。
夫も娘もあきれ顔。
子供は「子供ディスコ」で風船と大音量の音楽の中、勝手気ままに楽しんでいました。
この中国のお姉さんたち、かなり疲れているであろうにもかかわらず、子供たちと、
一生懸命、交流してくれました。彼女たちもきっと、10代前半なのでしょう。
IMG_1719_9_1_1.jpg


サーカス団というと、私はなぜか、もの悲しい印象があったのですが、
今日のサーカスは割と、明るいイメージを持ちました。
ああ、楽しかった。

水曜日の午後ということで、家族連れが多かった。
お父さんたちはきっと、「サーカスに行くので」と言って、早退もしくは、
休みをとったのでしょう。




もうすぐ発表会

犬のハナ、完全復活かと思いきや、またもやお腹の調子が悪く、この3日、夜中に2回ずつ、起こされている。
夜中に何度も起きるのは、娘の授乳以来だ。
夫と交代で起きて、ハナに付き合って、庭に行く。おかげで、眠くて仕方ない。
ハナよ、早く良くなっておくれよ。
昨日も午前中にオランダ語学校をさぼって、 休んで、ハナを獣医に連れて行った。
来週の試験は、多分、0点。

娘の風邪は、あっという間に治り、元気いっぱい。
今日は放課後、4:15~バイオリンのレッスンなのに、4時まで友達と遊んでいる・・・。
今日は、久々にバービーごっこ。去年、ブームだったのだけど、今はほとんど、
たんすのこやしになっている。私たち夫婦は日本で「制服りかちゃん」しか買っていない。
オランダのおばあちゃん、親戚、となりのお姉ちゃん、シンタクラース、サンタクロース、
などなどから沢山もらいすぎて、こんな状態。まだまだいっぱい。
IMG_1667_1_1.jpg


私は、午後からオランダ語学校。今週は毎日模擬試験。今日は聞き取り試験。
久々に、脳みそを使い集中した。たまに頭使うと、その後、へとへと。
今日も休憩時間は、最高に楽しかった。それぞれの国の文字で、それぞれの名前を書く、
という、子供っぽい遊び。それから、日本について、みんなが思っていること。
私より、日本のこと、詳しかったりするから、もっと日本について、勉強しないといけない。
左から、中国・フィリピン・インドネシア・インドネシア・タイ。今日もアジア軍団。

「日本人は、絶対にピースってやるよねえ」と、タイ出身のHathaiちゃん。
IMG_1676_2_1.jpg


休憩後の2時間目の授業はコンピューター。今日は、一時間目で頭を使いすぎ、
2時間目の分のエネルギーが無いので、となりの女の子と、
先生の似顔絵なんか書いたりして、女学生気分。だから、本当に来週の試験は0点。
コンピュータールームからの景色。
IMG_1598_1_1.jpg


帰り道の国道は、トラクター渋滞。 夕方は、会社帰りの車で混むのだけど、
その時間にトラクターが時速20キロくらいで走ると、すご~~い渋滞になる。
異様にぴりぴりしている変な人達が多いのだけど、私はのんびり景色を楽しむ。
危ないけど、写真撮ってしまったりして。
IMG_1678_1_1.jpg


さて、娘は今週の日曜日、バイオリンの発表会、今回で三度目。
今日は4時10分に先生が登場。出張レッスンだから、楽チン。
おだやか先生も今日はエネルギッシュ、仕上げだからね。
無料専属ピアニストの私は、娘と演奏できるのが、一番の楽しみ。

今日はmfメゾオフォルテの記号を見て、「先生、このムフってな~に?」と娘が聞いて、
先生と大笑い。 日曜日、一緒にがんばろうね。
実は、先生とロシア人ピアニストの奥様の演奏がとても楽しみ。
今回は、私の大好きなラフマニノフのヴォカリーズと、ブラームスを演奏するらしいから・・・。

娘の大好きな、デニス先生と。
IMG_1680_4_1.jpg


この季節、ラフマニノフのヴォカリーズ、いいです、ノスタルジックで。
だけど、ヴォカリーズを日本語に訳すと「母音唱法」だから、なんだか格好悪い。
ロシア民謡っぽくて、私の中のベストテンに絶対入る曲。特にチェロとピアノで。
ラフマニノフのチェロソナタト短調の3楽章も、お勧めします。かな~り、良いです。

そう、、、、、私は根暗。



赤ちゃんの洗礼&お披露目

あっという間に週末終わり。娘が毎週、日本語補習学校へ通うようになって、週末があわただしい。
学校と宿題であっという間に日曜日の夜になってしまう・・・・・。でもがんばってるから、文句は言えない。
昨日は放課後、「懇親会」。持ち寄りのお菓子で、おしゃべり会という感じで、
子供の演奏あり、合唱あり、中学生のお兄ちゃんたちのバンド演奏あり。
お母さんたちは、ひたすらしゃべり続けている。私も久々に日本語で、ストレス発散。
いつも人一倍うるさい娘がなんだかおとなしい。 咳も出始めて、また風邪か?心配。

チェロを奏でるお兄ちゃんに見入っている娘。 さては、惚れたな。
IMG_1629_2_1.jpg


日曜日は、親戚の子供の洗礼&お披露目パーティ。
娘が案の定、風邪っぽくて夫だけが参加。仕方なく、家に残って日本語の宿題をする。

9月27日に生まれた、オリヴィーア君が、今日、教会で洗礼を受ける。
親戚・友人・知人の見守る中、静かに始まる。
IMG_1634_2_1.jpg


オランダに来てから、何度か洗礼式に参列する機会があったけど、
子供が健康で生まれて、こういうお祝いを迎えることができるということは、
本当に周りの者にとっては、うれしいことです。
今の世の中、子供が平和にすくすくと育つということが何よりも大事なのではないでしょうか。

パパ、、ママ、お姉ちゃんと一緒に洗礼を受けました。
大きく育ってね、オリヴィーア君。
IMG_1644_3_1.jpg


オロヴィーアのパパは身長201センチ。ママは197センチ。
かっこいいカップルです。ママは小学校の先生をしています。お姉ちゃんは2歳と1ヵ月。
オリヴィーアのパパが、夫の一番上の姉の次男です。

とてもかわいいオリヴィーア君。この後、場所を教会からパーティー会場へ移して、
100人を超える大パーティへ。赤ちゃんも、大変だ。
IMG_1642_4_1.jpg


毎朝、パソコンのスイッチを入れて、日本のニュースを見ますが、
ここのところ、ニュースを見るたびに、悲しくなります。
ひどすぎる事件、しかも子供の犠牲が多すぎます。
どうやったら、子供たちが安全で楽しい、平和な毎日を送ることができるのでしょうか。
アメリカでは、子供が一人で歩いていると、その親は逮捕されるそうですね。
もう、子供は一人では歩けない世の中になってしまったのでしょうか・・・・・。

我が家の風邪引きパジャマ星人にも、「世の中の怖さ」を教えなければならないのでしょうか。
同世代の子を持つ親として、他人事とは思えない悲しい出来事です。

子供の笑顔を守るのは、難しいのでしょうか。
IMG_1633_3_1.jpg


年末に向けて、恐ろしい事件が起きないことを心から願います。
さて、来週もがんばりましょう!

今日は課外授業

昨日出された宿題を珍しく夫にも聞かずに、がんばって仕上げ、昨日の授業のように、
当てられるのも嫌だから、予習もして、張り切ってオランダ語学校へ。
早めについて、図書室できちんと予習。模範生徒。
図書室も、クリスマス気分。さて、試験会場へ。
IMG_1600_2_1.jpg


筆記試験とおもいきや、「今日は普通の授業は中止にして、課外授業に行きます」とのこと。
なんだよー。
今日、12月9日は「ボランティアの日」らしい。マーストリヒトの図書館(公民館)に皆で
ボランティアフェアーなるものを見学に行くことになった。
感想は、ボランティアするにもオランダ語がとっても大事だから勉強しないとな、ということ。

さて、今日一緒に歩いたのは、モロッコ人のルプナ。彼女は28歳。
一歳になったばかりの一人娘のことで、ノイローゼに近い状態らしく、はんべそ状態で相談。
泣いてばかりで寝ない娘と、一週間ほとんど2人きりの時間を過ごしているという。
で、行き詰っているらしく、いつも美しい彼女が疲れきっている。
だから、今度、休みの日に、彼女の娘を、子守しようかと思っている。 
まあ、初めての日本人で、言葉もおぼつかないから、大泣きすると思うけど、
子供とちょっとだけでも、離れると気分が変わるかもしれない。
異国の地で子育てすると、孤独に陥るときがある。愚痴をこぼす相手がいないんだよね。
遠く離れた自分の親や友人に、心配かけまいとして、強がってしまうものなのだ。

おばさんでも、役にたてるかな・・・。いや、おばさんだから役にたてるのか。
がんばろうよ、ルプナ。(向かって右) 左はイラン人のライラ。
IMG_1602_3_1.jpg


前にも書いたけど、私はオランダの町を散歩するのが大好き。
いまだに観光客気分が抜けず、古い町並みに感動しながら裏通りなどを
歩いていると、うきうきしてしまう。
今日もわざと裏通りを通って学校へ戻ることに。
途中、コーヒーショップ発見。
(普通の喫茶店ではない。だけどこの日記、子供も読んでいるので何なのかは内緒)
IMG_1607_4_1.jpg


マーストリヒトにある、明るい色使いの古い建物は特に好き。
立ち止まってうっとり見てしまう。古い建物は、天井が高く、
中に入ると、とても広く感じて気持ちがいい。手入は大変そうだけど。
今は子供が居るから、村でのびのびとした生活もいいけれど、周りが牛だらけってのも・・・。

本当に年をとったら水辺のこんな感じの家に住みたいなと、老夫婦は常々思っている。
IMG_1608_7_1.jpg


犬のハナ、いよいよ本格的に復活です。ほんとうによかった。
やぶ医者に、大事なうちの犬の足を傷つけられて、穴開けられて、本当に憤慨しましたが、
一応、傷口がふさがり、右足を地面につけて、走るまでに回復です。
今、冷静夫が獣医クレームセンター宛の書類を作っています。冷静なので、怖いです。

今日は久々に、娘とボールの取り合いができました。
子供も動物も元気が一番です。だけど、病み上がりですご~く臭い!!
IMG_1619_6_1.jpg


明日は土曜日。日本語補習学校、そして放課後は懇親会・・・・・・。

あっという間に週末がやってきました。みなさん、楽しい週末をお過ごしください。







久々のオランダ語学校

近頃すっかり怠け癖が付いてしまっていた私も、今日は久々にオランダ語学校。
クラスのみんなが「なんだか、いつも来るまじめなあなたが来ないから、心配したのよ、
大丈夫?何か困ったことでもあるの?」と言ってくれて、とってもうれしかった。
で、調子に乗ってしゃべっていたら、担任に当てられて、前に出て書かされてしまった。
今日のテーマは「研修報告」を書く。腐った脳みそは、なかなか動きませぬ。
早速、たっぷりの宿題をもらって帰ります。期限は、明日。ひょえ~っ。

それでも休憩時間はやっぱり楽しい。仲良しのベルナデット(新婚・9月17日の日記に結婚式の模様あり)や、
インドネシア人のエルニーとどうでもいい話で、大笑い。若返る。
ベルナデットはマイナス思考仲間なんだけど、マイナス+マイナスでプラスになるという感じ。

いつも付け毛が違うベルナデット。もうすぐ出会って2年。
左から、アイラ・エルニー・ベルナデット
IMG_1577_3_1.jpg




久々に頭を使って、バカ笑いをしてなんだかすっきり。
いつも走る国道の景色も、美しく見えたりして、勝手なもんだ。
今日のBGMは、ブラームスの交響曲4番。この季節はなんといっても、ブラームス。
久々に外出したので、やっと景色を写すことができました。
IMG_1581_2_1.jpg


オランダの冬景色はやっぱり緑。なぜか、芝生が枯れないのである。
人の目の届く場所は、本当にいつも手入されていてる。
芝生の上の枯れ葉は、枯れ葉掃除機で吸い取るのです。
IMG_1580_1_1.jpg


復活した犬のハナは、今日も調子がいい。歩くときに右足を、地面につけるようになった。
若いから回復が早いのかな、心底うれしい。今日は、ボール遊びもできました。
これから夫と、やぶ獣医に、どうやって今回の事を伝えるか、ゆっくり案をねる。
IMG_1592_4_1.jpg


今日の夕食は(も)ごはんがはずむ。また食べすぎ。
切干大根・キャベツと人参ときゅうりと白菜の浅漬け・
ひれかつ(夫は肉を食べないから白身魚で)・おひたし・しそごはん。
オランダ人の夫に一応毎日「何が食べたい?」と聞くことにしているけど、
99.9%は「そうだね、和食がいいなあ」と答える。
娘に「パパは絶対に、生まれる場所をまちがえたのね」などと言われている。

オランダで、オランダ人に、肉を使わない和食を毎日(弁当も含むと2食)作るのって、
我ながら偉いと思うのだけど、誰も褒めてくれないから、日記に書きました。

夫の好物切干大根。材料は、ドイツの日本食屋で手に入ります。
IMG_1589_5_1.jpg


明日のパイプオルガンのレッスンは、リック先生の都合でキャンセル。
午後からのオランダ語学校は、筆記の模擬試験・・・・・どうしよう・・・

初めてリンクを貼りました。オランダ在住のピアニスト、みずかっちぇさんの、
大変、おもしろいブログです。落ち込んだ日など、助かっています。
訪れてみてくださいね。


おばあちゃん、御誕生日おめでとう。

今日は私の母の71歳の誕生日。おめでとうございます。健康でいつまでも元気でいてください。
母も、あっという間に71歳か・・・。私の中では、45歳くらいの張り切って生きている時代の母が印象的なのだけど。 
私は、母のそばに居てあげなければならないときに、オランダに移住してしまった世界で一番の親不孝者であるから、いつも母に申し訳ないと思いながら、生きている。だけど、私が3歳の頃に「外国人と結婚して、白いおうちに住むのよ」と言ってから、母はいずれはそうなるだろうと思っていたそうだ。今では、髪の毛がほとんど真っ白で、
すいぶんとおばあちゃんになったけど、今年の夏は、娘と帰国して、おばあちゃんと密度の濃い、時間を過ごすことができた。ありがとう。とても楽しかったね。

さて、今日は犬のハナの調子がとてもよくなりました。
子供と同じで急によくなるので、驚きましたが、夫と家の周りを散歩に行くほどでした。
それでも、心配性の夫は仕事(オランダ語&英語の翻訳)をしている間は、机の上において、
話しかけたり、なでたりしながらの看病でした。娘と、ちょっと引き気味で、感心しました。
その甲斐あってか、ずいぶんと元気になりました。家族の空気も明るくなりました!

ハナは調子がいいときは、仰向けに寝るのです。かなり悩殺ポーズラブ
IMG_1563_4_1.jpg


シンタクラースさんがスペインへ帰ってしまうと、とたんに今度は、
サンタクロースを迎える準備、クリスマスの準備が始まります。
今日はとりあえず、クリスマスツリーの飾りつけをしました。
娘の放課後に一緒にやろうと思っていましたが、12時半に学校が終わり、
そのまま友達の家に4時まで遊びに行っていたので、夕食後の仕事となりました。

IMG_1568_3_1.jpg


日本で言うと、雛人形をだしたりする気分なのでしょうかね、
今日はkerstkribbeという、キリスト降誕の場面を現した模型を出しました。
娘はこれで遊ぶのが小さい頃から好きでした。

これは、毛糸でできていて教会のシスターが作ったもの。
オランダのおばあちゃんにもらいました。
IMG_1572_2_1.jpg


これは焼物と木でできています。義姉にもらいました。
かなりアンティークです。
IMG_1570_1_1.jpg


これは街にあったもの。等身大でした。となりには、本物のロバや羊がいました・・・。
IMG_1492_1_1.jpg


我が家は「キリスト教」ではないのですが、この村に唯一ある娘の小学校は、
カトリック系の小学校。この地方はカトリック信者が多いので、子供たちは、
ほとんど、洗礼を受けています。夫も育った家は、カトリックです。
将来、娘がオランダ人と結婚し、子供をもうけたとき、戸惑わないように、
この地方で行われる行事は、たとえそれが宗教色の強いものでも、
私たち夫婦や親戚で自然に教えたいと思って、オランダの行事に合わせています。
彼女がどのような人生を選ぶのかは自由ですが、後で「何も知らない」となると、
完全に私たちの責任です・・・。
日本の文化もオランダの文化も完璧に教え込むのは大変ですが、
いいところをゆっくり教えられたらいいねと、夫と希望しています。
これから、クリスマスに向けて、歌を歌ったり、クリスマスの意味を学校でも習います。
私も本来の意味を勉強して、娘とオランダの文化に馴染みたいと思います。

何よりも大事なのは、夫が12月25日、まさにクリスマス生まれなのです。
(私にはそちらのほうが準備が大変なんだよね!)

日本のクリスマスの雰囲気とはまるで違い、とても静かに家族と過ごします。
ちょうど日本のお正月のような雰囲気です。

シンタクラース

今日はシンタクラースの聖なる日。昨日の晩、我が家にも来てくれました。
この一年、いろいろあったけど、娘もがんばっていたのですね。
今年のシンタクラースさんは、なかなか面白く、プレゼントはリビングの、
椅子の後ろに隠してあって、しばらくは気が付かず、娘は「今年は一個だけだったね」と、
ばつの悪そうな顔をしていましたが、見つかったときの喜びはすごいものでした。
IMG_1536_1_1.jpg


お姉さんになったので、おもちゃは卒業。その代わりに、大きなぶ厚い本と、目覚まし時計、
ずっと欲しかった鏡、クッション、家族で一緒にできるゲームなどをもらったようです。
その代わりに、12月25日のサンタさんからの贈り物はほんの少しのようです。
私と夫も、試しにブーツを置きましたが、私には木べら、夫には赤ワインが
ブーツの中に入っていました。そして部屋中にチョコレートやスパイスクッキーが、
ばら撒かれていました。 シンタクラースさん、また来年も来て下さい。
IMG_1542_3_1_1.jpg


娘の小学校が休みだったので、私も休みを取る。最近、オランダ語学校行ってません。
これでは、今月の試験はまず無理でしょう。本当にこのままでは、0点を取りそうです。
5時からはバイオリンのレッスンでしたが、あと10日ほどで、発表会です。
横浜のヤマハでこの夏に購入した楽譜の中から2曲。
私はいつものように、無料専属伴奏者で参加。娘との競演は、本当にうれしいことです。
先生は今日ものんびりで、「一番最初に演奏するからね、僕が横にいるから安心してゆっくりママと弾いたら大丈夫だからね」と言っていました。
いやあ、本当にいい先生。私なんて、先生と比べたら本当に鬼。
IMG_1557_5_1_1.jpg


犬のハナは、昨日より少し力が出てきたようです。エサも食べ、好物のりんごも食べ、
水も沢山飲めました。目つきが不安だったのが、少し変わってきました。
回復の兆し?でしょうか、なかなか希望が持てそうです。
傷口をなめないように、夜間だけ、首にクッションを付けます。寝にくいようで、
夜中に見ると、ぼ~~っとこちらを見て座っていたりするのでかわいそうです。
IMG_1540_2_1_1.jpg


ハナの調子が良くないので、家族みんなでハナのそばにいます。
外出もせず、なでて応援しているので、ハナはかえって、うれしいかもしれません。
夕食後のゲームの時間も、リビングのテーブルの上に乗って、
みんなの声を聞きながら寝ています。寝返りを打てるようになり、
それだけでも、私たちは拍手喝さいです。
IMG_1556_4_1_1.jpg


買い物以外に外出していないので、なかなか美しい景色を、
日記に載せることができません。
犬の調子が良くなったら、家族で小旅行へ出掛けます。もちろんハナも一緒。

近所の家々にクリスマスの飾りが始まり、夜はきれいに光っています。
我が家はな~~にもしていないので、明日から気合を入れて、飾りつけ開始。


聖ニコラス祭り

sinterklaasavondです。いよいよ聖ニコラス(シンタクラース)の祝日の前夜となりました。
今日は娘の通う小学校にシンタクラースさんが、お供を従えて、やってきました。
朝から大賑わいの学校で、子供たちは大興奮です。
狭い校庭は子供たちであふれ返って、シタクラースの登場を待ち構えています。

IMG_1517_1_1.jpg


一年ぶりに学校にシンタクラースがやってきました。
今日は一日中、学校の中を廻り、1・2年生(幼稚園クラス)の子供たちの遊戯をみたり、
勉強している子供たちのクラスに行って、勉強の様子をみたり、歌を聞くようです。
IMG_1523_2_1.jpg


お供のピートさん達もプレゼントを配ったり、楽器演奏をしたりで忙しそうで大変です。
トランペットを吹いている人が校長先生にそっくりだった、絶対に校長先生だと、
娘が言っています。もう一人のトランペットの人は、音楽の先生にそっくりだったから、
話しかけたよ・・・・と言っています。そんなはずないんだよ、スペインから船に乗って、
わざわざ会いに来てくれているんだからね。困った
私もクラリネットで参加したりして・・・・・。
IMG_1527_3_1.jpg


今日は放課後、別のパーティーで5時まで学校にいた娘。大騒ぎだったことでしょう。
シンタクラース一色で、楽しそうに帰宅しました。こうやって、いつの間にか
オランダ人の子供になっていくんだね。娘の小学校では、子供の行事に、
親は参加できない。だから一体どんなことをしているのか、日本人の私には、よくわからない。

今日、学校でもらったプレゼントをブログに載せてね、という娘からのリクエストに答えて。
ペンたて、筆記用具、木のノート・・・・などをシンタクラースにもらってきました。
IMG_1532_5_1.jpg


夕食後、白馬用の飲み水・人参・そしてブーツを置いて、
シンタクラースの歌を家族で歌いました。私は歌詞が覚えられないから、
メロディを覚え、ピアノで参加。
今晩、シンタクラースさんは我が家に、やって来てくれるのでしょうか。
この一年、娘がいい子であったならばプレゼントが置いてあるはずです。

今日のハナは、変わらずに寝てばかりです。
オランダ語学校を休んで、そばにいました。別に私がいなくても、
ハナの飼育係り長である夫の仕事部屋には、「愛しのハナコーナー」があり、
大抵そこで寝ているので、私の出る幕ではないのですが・・・・。
今日は傷口を見ましたが、大きな傷で、見るとこちらが貧血で倒れそうなほどです。
ハナはおとなしいので、じっと我慢しているように感じます。
沢山マッサージをして、話しかけて、元気付けました。
昨日の夜はなんと、夫と私の枕と枕の間に、犬のベッドを置き、
いつ様態が変わっても気が付くように、寝ました。私は朝までぐうぐうでしたが、
係長はちょくちょく起きて、様子を見ていました。ハナへの愛はすごいものです。
そんな両親の姿を見て、娘はちょっとだけ、ハナに嫉妬しながらも、応援しています。

今はただ、回復を信じるしかありません。
IMG_1530_4_1.jpg



励ましのスケート

私があまりにも家の中から出ないので、水曜日の娘の放課後に、
夫が「アイススケートに行こう」と提案しました。
私は留守番する予定でしたが、娘も夫も気分を盛り上げてくれようとしているのを、
とても感じたので、何十年ぶりかで氷の上に立ちました。

娘はスケートは初めてです。ローラースケートもやったことがありません。
マーストリヒトの広場は、12月にはウインターランドになります。
広場に沢山のカフェや、クリスマス用品の店や、移動遊園地などがぎっしりとつまります。
その中にスケート場もでき、それほど混んでいないので危なくありません。
はじめは、つかまりながらも転んでしりもちをついていました。
IMG_1501_6_1.jpg


子供はなんでも飲み込みが早いのですね。30分もすると、すっかり上手に滑っています。
娘の横で蟹股で今にも転びそうなのが私です。
写っている観覧車は、スピードが速く、囲いがありません。のんびりと部屋で一周するのではなくて、コーヒーカップのような乗り物に座って、ぐるぐる何回も廻ります。
怖いので一度も乗っていません。
IMG_1507_2_1.jpg


オランダ人はスケートが上手と言われています。
北部では、昔は冬に運河が凍りついて、皆、アイススケートを楽しんだようです。
今でも、国際競技でオランダ人をよく見かけます。
夫は南部出身ですが、上手に滑っていました。娘とスイスイと。
その後ろを、唯一のアジア顔の私が、転びそうになりながらカメラを構えていたので、
滑稽だったに違いありません・・・・。
IMG_1502_3_1.jpg


街中すっかりクリスマスの雰囲気に変わりました。
そろそろ我が家でもクリスマスツリーを出して、飾り付けをする予定です。
なかなか気分が付いていきません。
これでは母親失格ですね。家族を自分の気分に巻き込んでばかりです。

何が起きても時は流れているのですね。気が付くともう12月4日です。
明るい元気な娘のためにも、上を向いて歩こう。
IMG_1494_1_1.jpg


今週は犬のハナにもいろいろなことがありました。
腸の調子が悪くて連れて行った獣医がした、強い注射の打ち方が、
あまりにも悪かったせいで、打った場所が内出血、足が腫れている。
今日は炎症を起こし夜中に出血。傷口がぱっくり開いてしまっています。
血が出ています。首には、傷口をなめないようにクッションを巻かれているし、
散々な目にあいました。藪医者を恨みます。
そのせいで右足が痛くて歩けない状態。食欲も落ち、
もともとがおとなしい犬だから、かなり落ち込んでいる。
もちろん違う獣医に変えて治療中だが、どうにも腑に落ちない。
医療ミスだと思うが認めるはずもなく、これが人間でも同じことなのだろう。
日に日に悪くなり、毎日獣医に行っている。今日は夜中に出血したから、
救急扱いだった。2度目の獣医がよかったから救われるが、本当に治るのかが心配。
犬だって、飼い主からみれば子供も同じ。
腸の調子が悪いだけで行った獣医でこんなに他の場所が悪くなるとは、
思いもしなかった。が、私ら夫婦が怒ったところで解決するわけでもなく、
冷静な夫は、すべてを細かく書きとめ、獣医苦情センターへ知らせる予定。
オランダでは何事も「手紙」なのである。
患者の立場はどこでも弱すぎる。私は怒りで爆発しそうです。
今日もずっと眠っています。

IMG_1512_1_1.jpg

お別れ

28日、月曜日に日本から訃報が届きました。
家族全員が長い間お世話になって、親しくしていただいた大事な方です。
私はパパと呼ばせていただきました、そして大事なメール友達でした。
オランダに来てからも、親には言えない愚痴や悩みを、聞いてもらい、
助けて頂来ました。このブログも毎日読んでは感想をメールで送ってもらいました。
一日休むと「どうしたの?ママと心配しています」とメールが来て、
急いでブログの日記を書いたりしました。
ベルギーに住んでいるとき、ベルギーに旅行で来て、ブリュッセルで落ち合いました。
パパと夫は、一緒にカフェに行き、おいしいビールを飲み、私とママは、違うカフェで、
ホットチョコレート。日本へ帰国したときは、一緒にお寿司を食べたり、泊まったり、
おなべをしたり、孫のように娘をかわいがってくださいました。
もう何十年になるお付き合いで、私の家族は本当によく助けていただきました。
こうして遠くにいると、お別れができません。今日、天国へ旅立たれました。
本当にお世話になりました。

ブログを休んでもパパからの「どうしたの?何かあった?」というメールは、来ません。
とても寂しいです。このブログを毎日かかさず読んでくれていたということは、
自然に、私の毎日のなにげない生活のエネルギー源になっていたのだと、
強く感じます。最後の最後まで、読んでくださいました。

こんなとき、遠くに住む自分を恨んでしまいます。
夫もオランダを長い間離れていたために、誰よりも今の私の気持ちを察してくれるのが、
救いです。無言のヘルプをしてくれています。

今週は我が家でも、いろいろなことが起こりました。
私は元来、精神的に前向きではないので、なかなか乗り越えるのが難しいです。
人生、本当につらいことが多いです。

だけど、私は今6歳の娘の子育て中。「人生つらい」と言ってばかりでは、
娘の未来もつぶしてしまいます。娘の前では、明るく元気で怖いママになるのですが、
娘は見抜いていて、応援してくれています。

いざというとき、人の役に立てない自分がもどかしかったりします。
いつも家族のなかでも、がみがみと威張っている私ですが、
そんな私でも、家族に支えられて自分が生きていることを実感した一週間でした。

別れは本当につらいものです。



一歩も出ない日曜日

今日は三人共に、家から一歩も出ませんでした。
年末に向けて、やりたいことは沢山あった日曜日でしたが、相変らず、愛犬ハナの、
お腹の調子がよくないので、ハナのそばにいようねと決めたのだ。
いつも寝ている犬だから、具合が悪いのか、ただ寝ているのか、よくわからないけど・・・。
動物はつらくても「つらいなあ」と訴えられないからかわいそうだ。元気は元気なんだけど。
とにかくよく眠ります。念のため、明日は獣医。  早く良くなっておくれよ~~~。
IMG_1482_5_1.jpg


そして今日も雪。昨日ほどではなく、水っぽい雪。ふったりやんだり。
家の中は暖房を付けっぱなし。
やせている夫はとても寒がりで設定温度は23度。
太っていてしかもどけち節約家の私の設定温度は18度。
お互いに設定温度をそ~~っと直すから、気が付くと変わっている。
温度の戦いは、春先まで続くのだ。負けないぜ。

IMG_1470_3_1.jpg


昨日の晩、シンタクラースさん、とうとうやって来ました。2回目の偵察に。
忙しいのにありがとう。今日は、娘の好きなキャラクターのカード。
それとちょっとした置物でした。おとものピートさんがpepernootという、
スパイス入りの丸いクッキーを何個かまいていきました。
娘は朝から大喜びで、クッキーを食べたり、カードで遊んだり、うれしそうでした。
でも夜に、その置物を落として割ってしまい、大泣きしながら泣き寝入りでしたが・・・。
そういう時はパパの所へ走ります。ママだと怒られるとわかっているのでしょう。
いよいよもうすぐ12月5日の晩に、プレゼントを持ってきてくれる予定ですが、
良い子じゃないと、スペインに娘を連れて行かれてしまいます。
img20051128.jpg


最近、右手が重い。肩にかけて重くて手を挙げると痛い。これって40肩?
40歳だし太ってきたし、いろいろ大変だ。
物忘れもひどくて、キッチンの奥にある部屋にミルクを取りに行って、
棚の前で「はて、今わたしは、何をしにここへ来たのだっけ?」ということがたびたび。
昨日はツナ缶を買いにスーパーへ行き、たくさん買い物して、ツナ缶を買い忘れ。
そんな事がたびたび。夫婦で探し物をして、責任をなすりつけあっている。
娘の一言で助かったりすることも増えている。
老夫婦だから、しっかりしないとな。 娘よ、頼んだよ。

IMG_1484_1_1.jpg


そんなわけで、今日は三人でぼけ~~~とできて、いい休養でした。
今週も、何事もなく過ごせますように。



積雪

ドカーンと雪が降りました。オランダの北部では、高速道路が事故などでパニックになり、
交通マヒ状態になりました。雪には慣れているはずのヨーロッパ各地で、
雪によって交通に支障が出ているのは、不思議です。
IMG_1469_2_1.jpg


雪は好きですが、出掛ける予定のある日は、運転が怖いので、嫌いです。
今朝は8時半に家をでなければいけないのですが、除雪車はまだ来ていません。
冬用タイヤに変えてないので、日本語補習学校へ恐怖のドライブです。
運転手はもちろん夫。私は雪道は無理。
今朝の国道、車の窓から撮った風景です。吹雪いています。
IMG_1467_1_1_1.jpg


今日は放課後、個人面談があり、夫も参加。落ち着きのない娘の授業態度が、
実はとても心配だった。だけど、逆に近頃のがんばりを褒められて、
2人とも、心底ほっとする。ああ、肩の荷が下りました。乾杯だな。
帰りには除雪車が完璧に除雪してくれて、普通の速度で怖くなく走ることができました。

帰宅してからは、もちろん雪遊び。
近所のお兄ちゃんたちの雪合戦の玉に当たらないように、気をつけないと危ない。
まずは、久々の雪にごあいさつ。けっこう積もりました。
IMG_1471_4_1.jpg

一軒隣のお姉ちゃんマリオンと一緒に庭で雪だるまを作ったり、雪合戦。
対戦相手は夫。ギャル相手にけっこう本気で楽しんでいました。
犬のハナにとっては初めての雪。やっぱり犬だから、「喜び庭駆け回り」でした。
具合が悪いのに、ピョんピョんはねていました。

間抜けな表情の写真になってしまいましたが・・・・お決まりの雪だるま。
IMG_1477_7_1.jpg


雪遊びの後は、暖かい部屋の中で遊ぶ。村に住んでよかったと思うことは、
近所の誰かしらと簡単に遊べること。一人っ子の娘には遊び相手が必要。
マリオンは三人兄弟。兄弟三人ともに養子だ。
オランダは養子の家族が多く、オープンだし、とても自然。
IMG_1481_6_1.jpg


明日は日曜日。やっと朝寝坊の日。今日はゆっくり夜中まで読書。
さて、今夜はシンタクラースさんは、やって来るでしょうか・・・・?
週末はやって来そうな気配。お楽しみに。

初めての成績表

初雪、ちょっと積もりました。朝、娘を送る通学路はこんな感じです。
屋根が白くなった程度です。
風邪が強く、寒さが細身に(?)しみます。
IMG_1454_1_1.jpg



毎週金曜日は、娘の学年は午前中だけ授業。私の学校は午後からだから、放課後は学校内にある、
学童のような教室へ行く。これは学校とは別で、プライベートな会社が運営しているもの。
もちろん有料、しかも高額。だから人気ないのだけど、とても助かっている。
学校内にあるのがなにより安全、他の学年の子供とも遊べて、とても楽しいらしい。
迎えに行くと、帰りたくなくて「あ~あ、ママ来ちゃったな」という顔をする生意気な奴です。
IMG_1463_1_1.jpg


今日は、娘の人生で始めての成績表の日。
日本語補習学校のあゆみは、夏休み前にもらったのだけど、やはり月曜日から金曜日まで、毎日通っている、現地校の成績表はうれしいもの。
娘は日本で生まれ、4歳までという、子供の成長にとって、
とても大事な時期を日本で過ごした。彼女のベースは完全に日本人なのである。
その娘が4歳で突然オランダに来て、オランダの子供たちの中にひょいっと入れられ、
この2年間でどのように成長してきたのだろうか。興味大有り。
オランダで生まれ育ったオランダ人の子供たちと同じレベルにたっただけでも、
それだけでも親としては充分にうれしいし、ほっとする。

かわいい成績表・・・・・初めての成績表は満点!よくがんばりました祝 泣けるよ。
IMG_1466_1_1.jpg


なかなか満点の取れない母親は今日もオランダ語学校。
犬のハナの調子が悪く、オルガンのレッスンはキャンセル。ハナの方が大事。
だけど、今日の授業は大好きな発表会だからどうしても行きたくて2時から授業へ参加。
今日の発表者は、ロシア人・モロッコ人・フィリピン人。
テーマは「女性の駆け込み寺」「一夫多妻制について」「趣味の山登り」と、
今日も楽しい発表会。

モロッコ人のルプナ。半年前に子供を産んでまた学校に帰って来ました。
こんな私にも会うたびにキスをしてくれる、美しく優しい友人です。
IMG_1460_2_1.jpg


モロッコ人のラシーダ。彼女はこの前の国家試験を一緒に受けた。
唯一4科目全部合格した優れ者です。カサブランカ出身でとてもおとなしい。
今日のテーマは一夫多妻制についての発表で、難しいテーマだった。
彼女はイスラム教徒だけど、やっぱり一夫多妻は人間として、不自然であると言っていた。
IMG_1459_3_1.jpg


早いものでまた週末がやってきました。
明日は日本語補習学校&個人面談。

日本のみなさん、楽しい週末をお過ごしください。

初雪

今、夜の9時ですが初雪降ってます。しんしんと・・・・・・
このあたり、それほど積もることはありませんが、やはり外は寒いです。

今日はまじめにオランダ語学校へ行き、苦手な聞き取りのレッスン。
先生が自分の歴史を話し、それを私たちが聞きながらメモをとり、
レポート用紙に「報告」を書く。だから、聞き取り&書くことも大事なレッスン。
神経使うから、休憩時間は壊れている。へろへろへ~~~
今日の休憩は、ふと気がつくとアジア人だらけ・・・・・・・しかも若いグループ。
もっちろん最年長、イエ~~~イ。
中国・タイ・インドネシア・フィリピン・そして私日本。真ん中の男の子は、
ハルビ君(ちゃん)ですが、オランダ人男性と正式に結婚しています。
とても優しい、感じのいい友人の一人です。日本が大好きらしい。

アジア同盟?(ちなみに、私はカメラマンの為、この中にはいません。)
IMG_1446_1_1.jpg


今日は水泳教室。氷点下だって泳ぐのだ。学校から帰って、10分で着替えて、出発。
今日のおやつはおにぎりと人参。
水泳教室までは車で10分。水着を中に着て出掛けます。
IMG_1448_3_1.jpg


人参はいろいろな種類が売っている。日本の人参と同じような大きさの、
調理用人参とか今日のおやつの生食用人参とか。とにかく人参はよく食べる。
おやつ代わり、おかず代わりにボリボリボリ。
ピーターラビットの絵に出てくるような葉っぱの付いた人参。
熟れていない柿の様な味と歯ごたえで、ボリボリボリ。
一束150円くらい。甘いからビタミンジュースの原料としても使われます。
IMG_1447_2_1.jpg


さて、娘が水泳中の一時間は、フリータイム。クリスマスの雰囲気ただよう、
隣村観光地、Valkenburgで買い物。私の好きなHEMAという店は、
オランダ中どこの町にもあって、オリジナルブランドでだいたいの商品はそろっている。
お手ごろ価格だし、シンプルだし、下着などは洗ってもくたびれない。
日本へのお土産もよくこの店で購入するから、私からお土産をもらったことのある人は、
きっとこのHEMAという文字を目にしたことが多いはず。
となり村のHEMAは空いているし、いつもきれいでお気に入り。
IMG_1449_4_1.jpg


久々にワインを飲みました。いつもビールをぐびぐびだったので、
本当に久々のワイン、おいしいじゃないですか!!ビールより、太らなくてよさそう。
昔、おんぼろアパートで一人暮らしの頃、格好つけてワインを飲んで、お風呂を沸かしたまま眠ってしまい、下に住んでるおじさんが夜中に「風呂を消せ!火事になるぞ!」と、
ドアを叩いて起こしてくれたことを思い出し、苦笑い。狭い部屋中、風呂の湯気で
湿気びしょびしょ。 おじさんが教えてくれなかったら今頃はオランダにいないな。

赤ワイン、これからの寒い季節にはまりそうな気配。

明日はもう金曜日。オルガンとオランダ語学校。雪も降ってるし、
どうにも気合が入らないけど、学校の友達とぺちゃくちゃするのが、
最近はとーっても楽しく、大事な時間になってます。
でもやっぱり、日本の姉に会いたいです。

半年に一度の歯医者さん

今日は娘の放課後、2時から家族で歯医者。半年に一度の検査の日。
私は歯医者が苦手(好きな人はいないか)・・・・また半年後まで行かなくてよいから、うれしいな。
娘は、今まで一本の虫歯も無く、歯医者の怖さを知らないから、お土産のおもちゃをもらって、
上機嫌。そのまま、今日はマルシアちゃんの家に直行。5時までコース。

歯医者入り口・・・・・・かなり素敵な家。
IMG_1443_4_1.jpg


犬を飼ってから一人で近所を散歩するのは3回目、いつもはまじめな夫がやっている。
今日は夫がでかけたので、私が担当。
久々に歩く近所は、ちょー寒く、何もかもが凍っていて、シーンとしていて、
顔や手が凍りそうだった。近所の人にも話しかけられ、犬の話でなんとか乗り切る。

散歩道。一人じゃあ淋しいよ。りんご農家の私道だけど、散歩はOK。
IMG_1439_1_1.jpg


シーーーーーン・・・・・・・・凍り付いています。
IMG_1440_2_1.jpg


ようやく車道に出て、となりの小さな村の教会が見えてきてほっ。
IMG_1442_3_1.jpg


そういえば、ボジョレーヌーボーが解禁になって、店頭に並んでいる。
ワインを飲まない私にはさっぱりちんぷんかんぷん。だけど、一応購入。
酒屋じゃなくて普通のスーパーだったから、この2種類。安すぎて怖いけど・・・。
一本3ユーロでした。(1ユーロ140円くらい)
IMG_1444_5_1.jpg


そして今日の夕食は、玄米・ナスの味噌炒め・白菜と人参の漬物・たくあん・おひたし・
豆腐と油あげ、長ネギの味噌汁・・・・・白身魚の竜田揚げ、というなんだか、
お寺の精進料理になってしまった。
オランダの田舎で、しけた和食ってのもおかしなものだ。でも痩せないんだよねえ。
それと足。この前購入した散歩用の靴、サイズは日本だと25.5センチびっくり
なんだこりゃあー。OL時代は23.5センチ。やばいよ、2センチも足が大きくなってしまった。
散歩中も、のしのし歩いているような気がしたけど・・・・・。
寒くてビールも減ったし、間食もやめたのだけど、まだまだ大きくなってます。






苦手な火曜日の授業

火曜日の授業は「会話」・・・・。苦手なんだよね。
いろいろと設定があって、それを読んで答えたり、質問作ったり、しかも、
棒読みじゃあだめだから、抑揚つけないといけないし。
オーバーアクションで、知ってる人に見られたら、多分倒れると思う、おかしくて。
オランダ語の授業だけど、演劇の授業って感じで変な汗かいてしまう。
自分を捨てないと参加できない授業。恥ずかしがってると、身に着かない。
いやあ、日本人が同じクラスにいなくてよかった。

2時間目は、「政治」。これもまた、苦手分野。今日は何党かある政党を振り分けて、
どんな政党なのか、大きな紙にまとめて書くという、ようするに「まとめ」の授業。
まとめ終わったら、その政党に手紙を書き、送るというもので、
実名で手紙を書き、学校へ政党の説明に来てもらうと言う授業。
ああ、難しすぎて、となりの席の友達と、「占いごっこ」なんかしちゃったよ。
今日の「まとめ」・・・私の担当は「CDA」という政党。
IMG_1430_2_1.jpg


娘は今日はバイオリンのレッスン。学校の後は、友人宅へ直行。レッスンぎりぎりに帰宅。
12月の発表会に向けて、気合が入るはずだけど、相変らず、のんびりで愉しいほんわかレッスン。
「今日もがんばったね」「先週よりもずっといいね」「難しいけど、君ならできるよ」
と褒めて育てる典型的なレッスン。だから、娘はにっこにこ。
先生が帰るときは、窓から手を振り、先生も車から「ププーッ」と答え、
なんとも平和な時間。この先生じゃなかったら、とっくにやめてるはず。
先生は冬の発表会でラフマニノフのヴォカリーズを弾くらしい。
今から楽しみ・・・・・ソファソーミファソーファミファーレミファー~~~
IMG_1431_1_1.jpg


シンタクラースさん、オランダの子供のいる家庭を忙しく回っているようで、
娘のクラスメイトの家にも2回、3回と偵察に来ては、プレゼントを置いていくらしい。
大変だねえ、、、、。我が家にはまだ一回しか来ないと、ぶつぶつ言いながら、
今日もブーツと馬の水をリビングに置いてから眠る娘。
そう毎日、来ないと思うよ。
IMG_1438_4_1.jpg


娘のおばあちゃんの家には、どうやら来たらしく、おばあちゃんが届けてくれました。
「おまごさんにどうぞ」と書かれていたらしい。大喜びの娘。
おばあちゃん、シンタクラースさん、ありがとう!
IMG_1436_3_1.jpg


一応まじめに動いてみたけれど、低迷気分は変わらない。
ああ~~~~~~~~~~~

ブルーマンデー

月曜日だと言うのに、オランダ語学校をさぼってしまいました。
朝起きて夫にさぼり宣言。理由は「衣替えをしたいから」。急に気温がマイナスになり、
ウールのセーターや、手袋を出さないと、凍ってしまいそうだから。
思いっきり言い訳なんだけど。実は宿題もやっていなくて、今日の授業のテーマはオランダの政治家に手紙を書くという、どうにも興味がわかないもので・・・・・。これも言い訳か。

というわけで、三階の屋根裏部屋にコンピューターを移動させ、日本のネットラジオを、
聞きながらの衣替え。文化放送・TBSラジオ・J-WAVEなどを聞きあさる。
今日は聖子ちゃんも登場、懐かしい。写真見ると、変わっていないので驚き。
高校生の時に当然、聖子ちゃんカットにあこがれて、美容院へ友人と行き、
「聖子ちゃんカットお願いします」とやってしまった、大失敗。
そう、私の頭は人よりもでかいのだ。しかも剛毛だし、顔もでかい。
似合わないのなんのって・・・・・・・・思い出すだけで恥ずかしい。

聖子ちゃーんっ!
img20051122.jpg


自分は学校をさぼったくせに、小学校から帰って来た娘には、しっかりと宿題をさせる。
日本語の宿題が終わらないのだ。今日は作文。題は「犬のハナ」だとさ。
いつになったら「大好きなママ」とか書いてくれるのかねえ。
でも気をつけないと「私のママはおにばばー」とか書かれてしまいそうだ。
自分はさぼってぼけ~~っと過ごしたくせに、娘にはバイオリンの練習もさせて、
すごく矛盾している、自己嫌悪なブルーマンデー。こんなママでごめんなすって。

国語の本読みの宿題は10ページ。
IMG_1429_3_1.jpg


今日、学校をさぼってやったことは、冬物をケースから出して、
屋根裏部屋のお客様用のベッドの上にど~んと置いたこと。
毎年、太り続けているから洋服を出しても着れなくなったものが多い。
処分するべきか、一理の望みを持ち、取っておくべきか、迷うところ。
IMG_1426_2_1.jpg


本来のなまけ病が出てしまい、おおいに反省すべき月曜日。
屋根裏部屋の窓から見える灰色の空のせいなのか、またもや、気分低迷中。
ハナも低迷中、夫にくっついて寝てばかり。
IMG_1396_1_1.jpg


明日から気合を入れなおし、がんばりまーすっ。




シンタクラース

娘が思ったとおり、昨晩、こっそりシンタクラース(オランダのサンタさん)が、偵察にやってきました。
お供のピートさんとともに、白馬に乗って。置いておいた人参は馬が噛み切ってあり、
水は馬が飲み干し、そして小さなプレゼントが靴の中においてありました。
お供のピートさんの形のチョコレート、そして12月25日、クリスマスまでの日めくりカレンダー。
日めくりカレンダーは、日にちをめくるとチョコレートが出てきます。やはり、本当に来てくれたようです。
娘も大喜びでした。ありがとう、シンタクラースさん。
今度は12月5日の晩ですね、お待ちしております!
IMG_1412_1_1.jpg


日曜日の午前中は日本語学校の宿題。今週は量が多くて、一日では終わらず・・・・。
気分を変えるために、おでかけ。今日は家から60キロ離れた街にある、
デザイナーズブランド、アウトレットへ行くと言う、買い物嫌いな私たちにしては、
とても珍しい日曜日。

その目的は、やはりシンタクラース。今日は、シンタクラースがやってくるということで、
会いに行ってきました。昨晩のお礼も兼ねて。ちょうど着いたときに会うことができました。
昨晩は、我が家に来てくださったのに、今日はこんなところで、お会いできて光栄です。
IMG_1416_2_1.jpg


寒い中、沢山の子供たちがシンタクラースとお話していました。
さて娘はどこでしょうか・・・・・
お供の顔の黒いピートさんは、「黒人」という説もありますが、やはり人種問題もろもろで、
白人だけど、えんとつの中を通って、顔がすすで黒くなったという説を使っています。
IMG_1417_3_1.jpg


目的を果たした娘は、「子供預かり所」へ直行。オランダでは、家具屋など、
大人が長い時間をかけて買い物するような場所に、子供を預かってくれる場所がある。
今日の場所は有料。2時間預けて、3ユーロ。親のパスポートの写真を撮ったり、
きちんとしていたし、清潔だったし、何よりもお姉さんたちもとても感じがよかった。
近いところにあるならば、わざわざ預けに行きたいところだ・・・。

フラッシュ失敗して見難いが、奥には、ジムや映画を観るコーナーも。走れる広さ。
IMG_1420_4_1.jpg


さて娘を預けたものの、老夫婦は買い物が苦手、しかもブランド興味ゼロ。
とりあえず、ラルフローレンとかアディダスとかに入ってみるけど、混みすぎて、
入っても窒息しそうになり、すぐに出てしまう。オランダの店は日曜日は休みだから、沢山の人。
ドイツ人もものすごく多く、そして何よりも驚いたのは、日本人の多さ。
どこから沸いてくるのだろう・・・・・。
今日のように混んでいなければ、きれいだし、それなりに楽しいのだろう。
IMG_1423_6_1.jpg


日本から姉が来たら、洋服大好きの姉と一緒にぜひ行きたい。
私は100件のブランド店より、一軒のユニクロが欲しい。ヨーカ堂とかね。

あっという間に週末も終わり。
来週も健康で穏やかに暮らせますように。

日本のみなさ~~ん、また一週間がんばりましょう。

氷の世界

完全に冬の到来です。朝起きると、外が凍っています。霜も降りてマイナス気温、冬が来ました。
今朝はプラス、濃霧に覆われ、日本語学校までの送迎は恐怖のドライブでした。
視界20メートルくらいでしょうか・・・・・。全く前が見えません。
でも普段運転の荒い人達も慎重でかえって安全かもしれませんが。
氷の世界・・・・・
IMG_1391_1_1.jpg


日本語学校へ行く様になり、週末も学校でのんびりとできる日が日曜日だけになったものの、娘は文句ひとつ言わずに朝早く起きて学校へ向かいます。
いつか、「ママ、なんで私だけ、土曜日も学校へ行くの?」と聞かれるのかな・・・。

さて今日は、義母と義兄が遊びに来てくれて、一緒にこの村にある、大きな、
中華レストランへ行きました。中華レストランといっても、今流行の、
「鉄板焼食べ放題」で、私がオランダに来て一番好きなレストランハート

新鮮な材料が並んでいて、好きなだけとって、コックさんのところへ持って行き、
好きな味付けで鉄板で焼いてもらう。
私はもっぱら牛肉と野菜たっぷりで、味付けはシンプルに塩コショー&にんにく。
オランダ人は、ソースたっぷりで、邪道なのだ。
夫はぷりぷりえびとサーモンと野菜など、シーフード。
IMG_1400_4_1.jpg


今日は多分300人くらいのお客がいるからコックさんも6人。
IMG_1403_5_1.jpg


そのほかにできている料理があって、これがまたおいしいのなんのって。
ビーフン、やきうどん、チャーハンに始まって、20種類の料理が並んでいる。
お客が多いからいつも作りたての料理で、おいしすぎる。

マヨネーズがおいてあるのは、ポテトフライがおいてあり、マヨラーの多い、
オランダならではの光景。中華でも、ポテトフライはかかせない、オランダ。おえ~~。
IMG_1399_3_1.jpg


今日もまた、たらふく食べてしまった。6時から9時半まで。
やっぱりアジアの食べ物はおいしい~。
このレストランに、日本のおばあちゃんを連れて行くのが私の夢。
おばあちゃん、早く来てね。おいしいよ~~~~~。

オランダのサンタさん、シンタクラースは12月5日の晩に、良い子の家に、
プレゼントを届けてくれるのだが、その前に偵察に来る。(ことになっている)
来そうだなと思う日の晩に、靴・馬の為の飲み水、馬の為のにんじんを、
リビングにおいて置く。
「今日は来るような気がする」という娘は、靴・人参・飲み水を用意。
さてシンタクラースは、娘のところへ、やってくるのでしょうか・・・・。お楽しみに。
IMG_1411_1_1.jpg

マイナス気温

来ました、マイナス気温。今日は快晴なんだけど、寒いのなんのって。
いつも車で移動していて歩かないのだけど、天気がいいから学校に車を置いて、
パイプオルガンのレッスンへ歩いて行ったら、顔が凍りそうでした。

寒くても快晴は気持ちがいい。
IMG_1378_2_1.jpg


今日のレッスンは「即興演奏」。 私のもっとも苦手分野しかも興味が無い。
今習っているテレマンのあるテーマをとって、「はい、即興演奏してみてください」と。
う~~~~「先生、浮かびません、まったく浮かびません」の回答に、
じゃあ、僕が見本を見せましょう。とのことで、弾き始めた先生。
何かが乗り移ってしまったのか、20分くらい弾き続けていた。
盛り上がって盛り上がってシンフォニーのように終わったから拍手した。

私:「いやあ、先生ブラボーです、ワーグナーのテーマでしたね、ブラボー!!」
先生:「どうもありがとう、ブルックナーだけどね」
今日はリック先生のワンマンショーでした。

オランダ語学校へ向かう途中、ブラスクィンテット発見。
久々の金管に後ろ髪を引かれながらも、ちょろっと聴いてまじめな私は、学校へ走って向かう。
金管五重奏、上手でした。けっこうな人だかりでした。
IMG_1376_3_1.jpg


さて今日もオランダ語発表会。私は先週終わったからあとは聴くだけ。
大好きな授業。今日はタイ人、イラン人、アフリカ・トーゴ共和国人、ロシア人。

タイ代表、ハタイちゃん。最高におもろい女の子で、今日もみな、大爆笑。
タイのソーセージサラダの紹介と試食、みな大うけで、泣き笑い。
IMG_1384_5_1.jpg


今日のクラスの様子。今日は20人ほど来ていて盛り上がりました。
気分低迷中の私も、みなの明るさにお腹の底から笑い転げ元気が出ました。
イスラム教徒、キリスト教徒、仏教徒・・・・・・互いの文化を分かり合えて仲良しです。
IMG_1380_1_1.jpg


寒い中でひたすら元気なのは娘。笑顔で出掛け、笑顔で帰宅。
今日は5時に帰宅、ミートボール作りに励む。
ちかごろ、本当に役に立つようになって助かる。(落ち着いてやれば・・・)
娘の作ったミートボールは肉を食べない夫は食べられない。かわいそうにねえ。おいしいよ。
IMG_1389_7_1.jpg


日本のみなさ~~ん、楽しい週末をお過ごしくださ~~い!


となり村 散策

日が短くなりました。夏には夜の11時ごろまで明るかった空も、夕方には真っ暗です。
天気もオランダの秋(冬)らしく、曇り時々雨、時々晴れ、風強く・・・・要するに一日で、
すべての天気を体験できてしまうのだ。
そして、いよいよ寒くなりました。娘は鼻をたらしながらも元気いっぱい。
昨日は友人宅をはしご、最初の友人は、3時まで、次は3時半から5時まで。
おうちの庭で羊や鶏を飼っている家に遊びに行って、羊と遊んできたそうだ。

木曜日は水泳教室。寒くなってくると、親のほうがめんどうになってしまう・・・・。
今、娘はのりのりだから、鼻タレでも泳がせてしまう。

その間の一時間、夫と犬のハナとValkenburgを散策。
すっかり冬景色で吐く息も白い。 普段、車で移動していて歩かないから、
季節感がないんだよねえ。

Valkenburgの家並み。
IMG_1374_3_1.jpg


私の好きな「つたのからまる家」渋い一軒家。
IMG_1370_2_1.jpg


小川の横の木々もすっかり葉が落ちたり赤くなったり・・・
IMG_1368_1_1.jpg


カフェのテラスには外暖房がついていて、寒くても外に座れるようになっている。
さすがに、今日は人もいない・・・
すっかりクリスマスの飾り付けが施されている。
これからこの街では、洞窟の中が「クリスマスマーケット」に変身し、
たくさんの人で賑わうけど、嵐の前の静けさ。

IMG_1375_4_1.jpg


近頃、気分低迷中なわたし。そんな時は天津甘栗を食べて、よく眠ることにしている。
こんなフウに隣村を散策したりして、のんびり過ごすと、気分上昇。

明日はオルガンのレッスン&オランダ語学校 気合いれないとな。

日本のみなさ~~~ん、お元気ですか~~~?


祝 七五三

11月15日、七五三のお祝い。
娘は来年の3月で7歳だから、本当なら来年お祝いなのかな?
今年の夏に帰国して、おばあちゃんと一緒に七五三の記念撮影をした。
来年は帰国しないから、仕方なく真夏の暑い日に。

姉と母の住んでいる横浜市の都筑区のセンター北という駅には、
沢山の若い家族が住んでいるようで、子供用の写真館もたくさんありました。
帰国した翌日、時差ぼけの始まる前に&前歯が抜け落ちる前に撮影してしまおうと、
とりあえず、センター北駅ビルにある写真館を見にいき、そのまま予約。

いやあ、本当に楽しいひと時だった。おばあちゃんは、楽しすぎたようで、
泣いたり笑ったりでおおさわぎ。今年の夏のいい思い出になっているようだ。
娘のことを知っている人は、想像できると思うけど、着付けをするときも、
ポーズをとるときも、とにかくしゃべりっぱなしだった。歌ったり踊ったり。
おばあちゃんにとっては孫だから、どんなことも楽しくて仕方がなかったようだ。

夫の宝物写真・・・手毬のポーズ
IMG_1334_2_1.jpg


着物と、せっかくだから日本髪。それと、オランダ用に白いドレスを着ての撮影。
7月の暑い日だし、すいているから、丁寧だし親切で、ほんとーに良い記念になった。

私のお気に入り写真。動きっぱなしの娘をよく写すことができました。さすがですね。
IMG_1336_1_1.jpg


おばあちゃんは、意外にも白いドレスを着て、花束を持ってニコッとしている写真が、
たいそう気に入ったようで、いつもかばんに入れていて、自慢しているらしい。
おばあちゃんと一緒に写さなかったから、とても後悔している。
今度帰国したときは、写真館で家族で仮装して、写真撮ろうね。

今日は紀宮様のご結婚ですね。ネットニュースを見て、皇后様が「大丈夫よ」と抱きしめた・・・
というところで、ほろっとしてしまいました。
最近では、ニュースを見るときも親の立場で自分に置き換えて見るので、
結婚のニュースなどは、紀宮様とはまったく関係のない私がこんな遠くで、
ちょっとセンチメンタルな気分になってしまっている、余計なお世話おばさんです。
マスコミもだまって見守って里帰り出産とかさせてあげるようにするべきだ!
紀宮様はきっと、日本女性のいいところ沢山もっていらっしゃるのでしょうね。
落ち着いていて、品があってかわいらしくて、お相手の私と同じ年の
黒田さんという男性も、そういう部分に惹かれたのでしょうか。
おめでたいニュースって気持ちがいい。

我が家の娘はいったい、どんな人と結婚するのでしょうか。
いつかは、嫁にいってしまうと思うと切ない人生だな。
ある日、娘がすご~~~~く遠い異国の男性と結婚して、他国に移住すると言ったら、
夫とすぐに荷物をまとめて、一緒に移住しようねと、ひそかに決めているのだけど・・・・。
もちろん娘には内緒。

オランダの王室は国際結婚が珍しくなく、今の女王さまの亡くなったご主人はドイツ人。
今の皇太子妃はアルゼンチン人。ヨーロッパでは王室の国際結婚はごく普通。
この皇太子妃もオランダ語学校に通ったそうで、今は本当に上手なオランダ語を話している。
オランダの女王と皇太子&皇太子妃&未来の女王様、プリンセス・アマリア
dsc.jpg


七五三も終わり、今度は20歳の成人式。日本で着物着てお祝いしようね。
娘は今、日本とオランダ二つの国籍を持つが、将来自分で選ばなければならない。
当然、オランダ人を選ぶのだろうけど、それも切ないなあ・・・。
どんな女性に成長するのかな・・・いまのまま、元気に育ってね。

冬の到来

寒い。外の温度計は2度。
今日は朝からずーっと濃い霧に包まれていて、余計に寒そうに感じる。
朝、学校へ行く国道も、日本だったらぜったいに通行止めになるような濃霧。
50メートル先が見えない状態、非常に危険&怖かった。
夜になっても濃霧に覆われている。
mist2.jpg


オランダの冬は寒いけど、家の中がいつも暖かいから、
日本に住んでいるときのほうが、寒さを感じた。
娘が赤ちゃんの時は、各部屋でストーブをつけて、でも喚起に気をつけて、
上手に家を暖めることに夫婦で大変だった。

こちらの家では、セントラルヒーティングといって、どの部屋にも、
トイレにも、お風呂場にも、廊下にも、ガレージにも、
暖房が行き届いている。壁の中を、パイプが通っており、
そのパイプの中を熱湯が伝わり、部屋というよりも、
家全体を暖める。空気も汚れないし、灯油も使わない。もちろん、
光熱費はかかるんだけど。温度設定をすると、勝手に調整している。

石造りの家は一度温まると保温性に優れており、外の気温がマイナスでも、
家の中で「寒い」と感じることはない。
ストーブの上で、お豆煮たりおでん煮たりはできないのだけど・・・・。
洗濯物は、乗せて置くとすぐにかわく。
IMG_1366_1_1.jpg


日本のニュースで高校生が同級生を刺したという事件を知り、
無性に頭にきている。なぜ、被害者の女の子の、顔写真やビデオ、それに、
親の名前、職業、、、、すべて報道するのだろうか。
一番苦しいのは、被害者の家族だろうに。
加害者の名前は少年保護法とかで、非公開。もちろん家族も。
「人権」てなんだろう、矛盾してるよ。被害者の人権なんて、無いも同じ。
残念でした、で終わり。加害者は、未成年をいいことに、何年か後には、
更生されたとみなされ、社会復帰するのがおち。
このしくみは、本当に理解できない。
ご冥福をお祈りします。本当に、かわいそうだ。

f_gebouwen_olvkerk.jpg

もうすぐシンタクラースがやって来る

朝寝坊大成功、三人&犬のハナも9時半まで爆睡。
みんなでベッドの上で朝食をとり、のんび~り日曜日。
日本の家族に電話をして姉と一時間ほど話、本当に幸せ。

午後は買い物嫌いの家族にしては珍しく、散歩用の靴を買いにスポーツショップへ。
普段、オランダは日曜日は店はやってないが、11月12月は、日曜日オープンの店が多い。
やはり、クリスマス商戦だ。どこの国でも、クリスマス商戦は大変そうだ。
だけど、本来の意味とはだいぶずれているように感じてしまうのは、私だけ?

オランダには2回サンタがやってくるのだ。
シンタクラース(聖ニコラス)は4世紀小アジアのミラの司教で、学生・子供の守護聖人とされた。
12月6日が彼の聖日で12月5日の晩に袋をかついだお供を連れて、子供のいる家庭を廻り、
一年間良い子であればプレゼントをし、悪い子であれば叱る。
いわゆる、世界的に有名なサンタクロースの元という感じでこのシンタクラースにほかの、
伝承が混じりに混じって、19世紀にアメリカで定着したのが、日本で言われている、
サンタクロースだ。
だから、オランダでは12月5日の晩、12月24日の晩に、二回もくることになっている。
大変なのは、親だ。
シンタクラースはスペインから船に乗って、オランダにやってくる。
で、各家庭には白馬に乗ってお供を従えて回ってくる。
昨日、オランダに到着したようで、歓迎セレモニーが行われていた。
sint.jpg


いよいよ、今年も残りわずか
さて、来週火曜日は七五三のお祝い。
今日は沢山の子供たちと家族たちがお祝いをしたのだろう。
かわいい子供たちで各地の神社はあふれかえっていたことでしょう。

オランダでも7歳のお祝いがあり、子供の成長を祝う。
夫の7歳のお祝いの写真。 こうやって見ると、やっぱりオランダ人なんだねえ。
IMG_1340_3_1.jpg


記念にわたしの7歳の写真も大サービス。私も鎌倉八幡宮で。かわいくないねえ。
IMG_1278_1_1.jpg


お互いに、7歳の頃は遠い異国の人と結婚するとは夢にも思っていなかった。
人生なんて、何がどうなるかわからないものです。

思い出の八幡様

今日は土曜日。日本語補習学校の日、授業参観。
今日は国語の授業を観る事ができた。のばす音とカタカナ。
いやあ、面白かった。前に出て、黒板に「おねえさん」とか「おにいさん」とか、
「スープ」「セーター」とか書くんだけど、よくできていた。たまの間違いも愛嬌があって、
かわいいなあ、子供。一生懸命に日本語勉強して、今では、5人とも作文を、
自分の言葉で書いている、漢字も使って。涙が出るよ・・・・・
普段はオランダ語、フランス語、ドイツ語でもちろん生活も勉強もがんばってるけど、
日本語だって、すごくがんばっている。子供の頭って柔軟ですごい、感動。

一年生、男の子4人で娘は、紅一点。
IMG_1358_1_1.jpg


2時に帰宅するとエネルギー切れ。
家族全員で久々にぼけ~~~っと過ごす。
雨降ってるし、寒いし・・・・暖房をつけて、家の中で過ごす休息日。

日本では七五三で賑わっている土曜日かな。
娘が2歳の11月に鎌倉の八幡様で娘の3歳の七五三のお祝いを、
私の両親と共にできた、あの楽しい日を思い出す。
2歳の娘が紅い着物を着て口紅をぬって、おじいちゃんと手をつないで歩く八幡様。
平和な楽しい日だったな。おじいちゃんにエプロンつけてお酌したり・・・
みんな、泣くほど笑っていた。

二度と戻らない、あの楽しい日。あれからもう4年の歳月が流れた。
私たちはオランダにいる。  人生なんて、あっという間だ。 
そう思うと、この何気ない日曜日も、すぐに「思い出」になってしまうのか。
大事に大事に過ごそうと思う、今日この頃。
日本の家族に会いたいなあ・・・・・・・

4年前の2歳の娘。
IMG_1338_1_1.jpg


今年の夏の帰国時に7歳の七五三のお祝いに記念撮影を、
おばあちゃんと行うことができた。おばあちゃんもとても喜んでいた、いい思い出。
そうだ、この日記にも今度、記念に今年の七五三の写真載せよう。

そして4年経った今日の娘。大きくなりました。(中身はそのまま)
IMG_1360_2_1.jpg


明日は待ちに待った朝寝坊の日。10時まで爆睡予定。
今日は夜中まで読書。ああ至福の時。

発表会終了

今日のオランダ語学校は1時から4時。いよいよオランダ語発表会の本番。
おかげで、午前中はたっぷり練習できる。パイプオルガンのレッスンも休み(さぼり)
準備万端。オランダ人である夫の前で、練習。 私の棒読みオランダ語を一生懸命に、
直してくれるのだけど、人前で抑揚のあるオランダ語を話せるほど、落ち着いてないんだよね。
11時50分ころに、ようやく夫からO.Kをもらって、いざ学校へ。

廊下でわいわい話しているうちに、時間になり、私が一番最初にやるはめに。
テーマは日本。日本の人口や、地理などを超簡単に説明し、平均寿命が、
世界一位であることを「食生活」に勝手につなげて、食生活から寿司へ結んで、
寿司の作り方や、海苔の説明などして、ドイツのデュッセルドルフのすし屋の、
メニューを見せて、お客の心をわしづかみして、完了。時間はぴったり、10分。
日本独特の「深いおじぎ」をして、終わり。フーッ

今日は私のほかに、インドネシア人・中国人・シエラリオネ人・スロバキア人・ギニア人。
みんな、緊張しながらも、オランダ語が上手。わたしなんて、原稿見てないふりして、
ほとんど読みながらの発表。紙なしでは到底無理・・・・。

ふだんの授業もこんな感じです。
はじっこの男性が、金曜日のテュール先生。
IMG_1352_2_1.jpg


女性が多いクラスです。
IMG_1353_3_1.jpg


ギニア共和国代表、バシロ君。テーマはコンピューター。彼女募集中。
IMG_1355_1_1.jpg


シエラリオネ代表、ユディット。テーマはもちろん、シエラリオネ。
IMG_1350_4_1.jpg


帰宅が4時半で私は超ーーーーー久々に飲酒。 私よりほっとした夫とビールで乾杯。
久々の飲酒で、料理する気力が無くなり、中華お持ち帰りコース。
そういえば9月の末の国家試験の日も中華のお持ち帰りだったな。
何はともあれ、私の発表が無事に終わって、一番ほっとしているのは、娘と夫と義母。
義母は、私の発表がうまくいくようにと、家の中でろうそくの火を灯して祈ってくれていた。
今頃、わたしよりもホッとしていることだろう。


さて、明日は娘の日本語補習学校の授業参観日。
勉強よりもちゃんと座れるかが、大問題。

IMG_1299_1_1.jpg

私は、12月末まで試験がなく、久々にプレッシャーのない生活。
イエ~~イ、今週は宿題も無し。
日本のみなさん、楽しい週末をお過ごしください。

原稿できあがり、テーマは日本。

オランダ語学校をさぼりました。9時から12時まで2科目でしたが、さぼりました。
昨日の夜、あまりにも何も進まない私のことを見るに見かねた夫が、
助け船を出してくれた。多分「助けてビーム」がかなり出ていたはず。
おかげさまで、明日の発表のオランダ語原稿ができあがり。
で、いよいよ読み上げの練習をしようと思って、学校をさぼった。
だけど、私がしたことは、洗濯、掃除、カレー作り、アイロンがけ。
ああ~~~、だめだ。本当に今までの人生で「勉強」ってのをしたことがないから、
勉強の仕方というものを知らない私。 反省。

仕事が超詰まっている夫だけど、合間に一生懸命に私の原稿を読んでいる。
ストップウオッチで時間を計ったり、わかりやすい言葉に変えたり、大変そうだ。
やるのは私なんだけど。 私がオランダ語で発表だから、心配なんだねえ。
 
ぼけーっとしている間に3時。娘の帰宅と同時に水泳教室へ。
娘が泳いでいる間に走って買い物。
プールがあるとなり街(村)のValkenbrugは、観光地。
洞窟や、カジノ、温泉で有名。これからは、洞窟の中が、
クリスマスマーケットに変わり、12月まで沢山の人で賑わう。

街の中には城壁も残っている。
IMG_1326_1_1.jpg


城壁の向こうには小さいけど、昔のお城。
この街独特の天然石を使っている。この石を掘り起こす為に、
沢山の洞窟ができた。
IMG_1329_3_1.jpg


観光客が多いからか、道をよく聞かれる。今日は、観光案内所はどこですか?
という質問で、学校で習ったとおりの返答、しかも余裕の顔で、
「観光案内所はあちらですよ、どうぞ楽しい日をお過ごしください」と答えた。
試験なら100点の模範解答。

カルガモ親子発見。
IMG_1330_4_1.jpg


暖かいとたくさん人が歩いているショッピングストリートも、肌寒い日には、人影もない。
閑古鳥が鳴いている。
IMG_1331_2_1.jpg


今日はカレー。おいしい玄米が手に入ったから、玄米で。
それとチコリのサラダ。チコリは日本ではとても高くて、たまにしか、
使わなかったけど、オランダに移ってからは、よく食べる。
ちょっとほろ苦くて、大人の味。

IMG_1332_5_1.jpg


さて、いよいよ明日はオランダ語の発表会。テーマはやはり、日本国旗
日本代表、がんばります。

私より、娘と夫のほうが緊張しているようです・・・・・・・
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ