オランダのんびり日記

オランダのド田舎で暮らす三人親子&犬二匹の、のんびり親バカ家族日記。 当ブログ内における文章及び画像の無断転載を禁止します。

忠犬ハナ公

2月最後の日。火曜日。今日は娘と一日中引きこもり。
雪が舞っている+風が強い+出掛ける場所がない。

友人のブログにパソコンでアニメを見ながら折り紙を折ったと書いてあり、
娘とチャレンジすること一時間。娘とのんびり家で過ごすのも久々で、
時折、彼女が何を話しているのか、オランダ語が高度すぎて、わからなかったりして・・・。
そうすると、「あ、ママ、日本語で言うからね」なんて、頭をなでられてしまい、
なんだか、切ない気分でした。まだまだ、勉強が必要です。
折り紙も下手な私には、助かるサイトでした。
IMG_2759_2_1.jpg


これもまた、友人のブログでお雛様の写真を見て、「ああ、まだ出してない」と、
思いながらも一週間。今日はあわてて、出しました。
娘が全部、飾ってくれたので(といっても、たいした飾りのないお雛様なんだけど)
楽でした。
おひな祭りの歌をピアノで弾いて、娘が歌ったのだけど、実に暗いメロディーです。
泣きたくなります。今日は楽しい、ひな祭り音符なんて歌詞でも、楽しくなれないよ。
IMG_2763_3_1.jpg


犬のハナは、今日も夫が2時間出掛けた間、ずっとソファの上で、待ち続け、
ちょっと眠くもなって、そのまま落ちそうな格好で寝てしまいました。
私や娘が「パパはしばらく帰ってこないから、こっちで一緒に遊ぼうよ」と言っても、無視。
我が家の忠犬ハナ公は、今日も大好きなママ(夫)の帰りを待つのである。
IMG_2762_1_1.jpg


そして、途中眠るのだけど、ソファからは絶対に降りないで待つ。
IMG_2760_4_1.jpg


というわけで、久々に引きこもり、娘と密度の濃い時を過ごしました。
雪が降り続いています。
2月も今日で終わり。3月は、「春」というイメージですが、まだまだ遠いような・・・・。

雪・雪・雪

今朝もおいしいクロワッサンを注文してくれたお義母さん、ありがとう、満腹です。

この辺りは景色がきれいなので、オランダやドイツからの旅行客が多い。
最低一週間以上の滞在だから、ホテルよりも、家一軒貸しきって、自炊するタイプが人気。
となりの一軒家は、半分がオーナーの家、半分は短期貸家で、いつもお客が泊まっている。
オーナーは、他に仕事をしていて、兼業で貸家をしている。
こういうタイプが多い。もしくは、大きな一軒家を借り切って、親戚一同や、
友人一同で泊まって楽しむタイプも人気。
最初、廻りに何もないので、一体、何をしにここまで来るのだろうと、理解に苦しんだが、
家族とゆっくり散歩したり、話すことがバカンスなのだということが、最近になって、
やっとわかるようになった。
キッチンから見える隣の家。右半分が、バカンスハウス。
IMG_2727_4_1.jpg


向かいの家の犬、Lanaちゃんです。セントバーナードの女の子。
たまにふらりと遊びに来ますが、大きいけれど、かわいい、人間大好き犬です。
アップで。(大きすぎて、わかりにくい・・・)
IMG_2730_5_1.jpg


さて、今日は何をしようかな~、また散歩。粉雪がしんしんと降る中、また歩きました。
一番うれしそうなのは、犬のハナ。雪だらけになって森の中を走り回っていました。
娘は大好きなおじさんとず~っと手をつないで、おしゃべりしながら楽しそうでした。
IMG_2695_1_1.jpg


もうすぐ3月なので、もう雪はいいよと思いながらも、やはり雪景色は美しく、
子供も犬も雪が大好きで、この二日間の、粉雪がゆっくりと舞う景色は、本当にきれいでした。
来年は、夫が大好きなクロスカントリーに、娘と挑戦したいと思います。
IMG_2733_2_1.jpg


帰宅するとパパと一緒に、庭で「富士山作り」。
粉雪なので、くっつかず、富士山までは無理でしたが、雪を満喫です。
ハナも参加。
IMG_2754_1_1.jpg


昼過ぎに義母と2人で、テレビでドイツのカーニバルを観ました。
こうして、知らない間にカーニバルも終わり、私たちの住む村も、水曜日ごろには、
静かな村に戻りそうです。
またこれを読んで母に「村の行事に参加しなかったの!」と、叱られそうです。


ベルギー2泊3日の小旅行、ゆっくりのんびり親戚と過ごしました。
娘の学校は、今週はクロッカス休暇です。

ベネルクス三国

カーニバルからの逃亡先は、ベルギー東南部アルデンヌ地方の、Ovifatという静かな村。
ここには、義母のセカンドハウスがあり、今回は義母と義兄と一緒に二泊三日の小旅行。
義母の歴史のつまったこの家には、私の父が描いて義母に贈った絵が、壁に沢山かかっていて、
「がんばってるかい?」と聞かれているような錯覚に陥りながらも、なんともうれしいのである。

目覚めの楽しみは、義母がクロワッサン好きの私のために、近所のパン屋さんに注文してくれる、
焼きたてクロワッサン。これが、おいしい~のでたまらない。
「沢山食べなさい、ほら食べなさい」と言われるので、お言葉に甘えて、完食。満腹。
チーズの後は、たっぷりチョコレートクリームを塗って。
日本にいる姉と一緒に、ここでこのクロワッサンを食べるのが夢。
IMG_2729_1_1.jpg


腹ごしらえを終えて、また散歩。
このあたりに来る旅行者の目的は、きれいな景色の中での散歩、クロスカントリーなど。
もうすぐ3月だというのに、今日も雪。粉雪がしんしんと、静かに降り続けている。
そして、久々に山を歩きました。山といっても、たいした高さではないけれど、
平らなオランダに住んでいるので、高い場所からの見晴らしは、本当に気持ちが良い。
谷間に、古城が見えたりして、これぞヨーロッパと言う景色でした。
IMG_2699_1_1.jpg


雪で白くなった静かな森の中を、背の高い木々に囲まれて、一時間半のコースを歩く。
来年は、娘と一緒に、クロスカントリーもできるかな・・・・。
IMG_2709_4_1.jpg


昼食後、娘を置いて老夫婦でドライブへ。目的地は隣国、ルクセンブルク
ベルギー・オランダ・ルクセンブルクの三国は、ヨーロッパ西北部一帯に位置し、
其々の国の頭文字を取って「ベネルスク三国」と呼ばれています。
まだ行ったことがないルクセンブルクが近いので、ドライブしてみました。
滞在している義母の家からは車で一時間ほどで到着。
国境近くには、大きな店があり、酒や化粧品が他国よりも安く売っていたので、
早速買いました。ガソリンもオランダよりも、一リットルあたり、30セントも安く、
早速、満タンに入れました。が、写真を撮り忘れ、あっという間に出国してしまいました。
次回、もう一度時間のあるときに訪ねてみたい、小さな国です。

夜は、みんなで鉄板焼。夕食後は、暖炉の前で、みなでのんびりくつろぎながら、
母の昔話などを聞いていると、家の中の全ての思い出がつまっているのが、わかる。
暖炉の火というのは、不思議なもので、見ているととても落ち着く。
義母の先祖の話を聞き、この家族の歴史の中に私も入っていて、将来娘が大きくなって、
娘とその孫たちの会話の中に、「日本人のおばあちゃんもいたらしいわね」なんて話が、
出てくるのかと思うと、不思議な気分。
IMG_2691_1_1.jpg


娘はカーニバルでの昔のオランダ人の衣装を着て、60年前のソファーに座り、50年前のランプの光で、
50年前の雑誌を読む。アンティークに囲まれて、おばあちゃんとゆっくりゲームなどしている娘を見ていると、
やはり人間、住む場所で人生ずいぶんと違うんだなと思う。
こういうゆっくりとした時間を楽しむことが、まだまだ下手な私である。
IMG_2725_3_1.jpg


ということで、オランダ→ベルギー→ルクセンブルクと、ベネルクス三国を走ってみました。
今日でオリンピックも終わり、なんだか寂しい気がします。



子供農園

今日は土曜日。いつもなら、日本語学校だけど、今日は休み。
三人が起きたのは、なんと9時半。ああ、至福の時。

今日からベルギーへ、小旅行。といっても、義母のセカンドハウスへお邪魔しに行くのだけど。
だけど、夫の仕事がどうしても忙しく、出発は夜。
というわけで、天気がよいので、娘と犬と一緒に、ベルギーのLanakenへ行きました。

ここは、Kinderboederij=子供農園で、鹿・ロバ・馬・牛・うさぎ・あひる・羊・・・・
などが子供の手の届くところに、ごく自然に飼われて居ます。
その周りが、ほどよい散歩コースの森で、池があったり、古い城があったり、
小川が流れていたり、大変気に入っています。
IMG_2679_2_1.jpg


中でも人気は、公園。遊具が広々とした敷地にあり、危なくなく、小さな子供にはちょうどいいのです。
今日はカーニバルとあって、子供もほとんどいませんでしたが、温かい日には、沢山の子供で、賑やかです。
遊具は、全部で20種類ほどあり、小学生には充分楽しめる遊具です。
もちろん、保護者の為の、カフェが隣接されています。
IMG_2680_1_1.jpg


娘は自転車、犬のハナは娘のことを追いかけて、二人でどこまでも走ります。
本当にいい遊び相手になりました。
姉妹がいれば、こういうときは、姉妹で遊ぶのでしょうが、ハナが来て、いろんな意味で、
助かっていると、いつも感じています。
IMG_2670_5_1.jpg


今日は、馬に乗って散歩している親子に出会いました。
子供を乗せた馬が、じゃじゃ馬なのか、もしくは、まだ上手ではない子供をバカにしているのか、
走り出してしまい、こちらに向ってくるので、つい日本語で「向こうへ行ってー」と大声で、
叫んでしまいました。すごい顔で向ってくるので、心臓が止まりそうでした。
IMG_2683_6_1.jpg


太陽は出ていたのですが、風がとても冷たく、寒い散歩でした。
娘を追いかける犬のハナを、一番後ろから追いかけていたので、
すっかり筋肉痛です。ああ、温泉につかりたい。

おねえちゃ~~ん、待ってよー。ずっとこの調子でした。
そして疲れたのは、わたしただ一人。
IMG_2669_4_1.jpg


今夜はこれから、ベルギーのアルデンヌ地方のOvifatという、これまた小さな村へ向います。
片道1時間半ほどですが、雰囲気のまるで違う村で、フランス語圏です。

行って来ます。

カーニバル

朝、犬のハナに起こされ、時計を見てびっくり。予定起床時間を1時間半過ぎている。
ハナよ、ありがとう。ハナが起こさなかったら、昼過ぎまで寝るところだった。

今日はいよいよ娘の学校では、カーニバルのパレード&パーティーが行われる。
午前中は、教室で普段どおりの授業が行われ、自宅へ11時半に一度戻り、昼食&着替え。
娘の顔に化粧をして、さて準備万端。今年は「オランダ人少女」へ仮装する。そのまんま。
といっても、これは「北の地方の昔の田舎娘」と言えばいいのでしょうか、しかも、
それのなんちゃって版衣装。
日本の着物が着たい娘のひらめきで、じゃあ、オランダ人でいい!というすばらしい発想。
日本もオランダも大好きで誇りをもっている娘、格好いいよ。
この姿でパーティーへ参加します。親は参加も見学もできません。
IMG_2640_1_1.jpg


クラスへ送り届けると、仮装した2人の担任登場。気合の入った仮装です。
担任は2人。月・火・水担当と、木・金担当。子供が居る人は、週に2~3日働いている。
だから担任は、2人。それが、ごく普通。
アナリス先生&ウエンディ先生&クラスメイト。
IMG_2643_2_1.jpg


クラスのテーマは「花」。みな、緑色になって、花をつけていますが、
決まりがないので、ゴミ袋をかぶっている子供、完璧に作っている母親、それぞれです。
娘はおばあちゃんに作ってもらったので、大満足で着ていました。
オランダの小学校は8年制、娘は三年生。三年生は2クラスで約50名。
飛び級や留年制度があるので、子供の大きさもまちまちです。
みんな、一生懸命に村を歩きました。
IMG_2654_1_1.jpg


我が家の田舎娘はとても楽しそうにパレードに参加していました。
この顔は心底楽しんでいる顔で、この顔を見ることが、老夫婦の唯一の楽しみです。
IMG_2655_3_1.jpg


各村ごとに、その年のプリンス&プリンセスを選出します。
選考基準は知りません。カトリック教徒であることは間違いないと思いますが、あとは何でしょうか・・・。
今年のプリンス君とプリンセスのアンバランスはかわいいです。
IMG_2650_2_1.jpg


今日は村の小学校のパレードでしたが、明日からは、村全体でのパレード、
連日のおおさわぎが始まります。
すれ違う人皆、普段とだいぶ違います。妙に親切だったりもします。
マーストリヒトでは毎年、ブラジルのカーニバルやねぶた祭りほどではありませんが、
かなり大掛かりな、パレードが行われ、テレビ中継もされます。

我が家は、ベルギーのアルデンヌへ静かな週末小旅行へ出掛けます。
母がこれを読んだら「ちゃんと村の行事に参加しなさい!」と、叱られそうです。
というわけで、娘にとってのカーニバルは、楽しく終了。

オリンピックもそろそろ終わりで寂しいです。
オランダは今日、金と銀をスピードスケートで獲得、合計で今のところ9個。
アイススケート発祥の国、さすがに冬のオリンピックは強いです。

やったね、金メダル!

今日は木曜日。久しぶりにオランダ語学校へ行って、今日も抜き打ちテストを受けました。
休憩時間に親友のレベッカが会いに来てくれて、久々に学校が楽しかった。
でも、クラスメイトの中国人のココが、ご主人の転勤でロンドンへ引っ越すことになり、
今日は一緒に勉強する最後の日。かわいくて、頭良くてアイドルみたいだったので、残念。
ロンドンで楽しく過ごしてね、ココ。,いつか、ロンドンへ遊びに行くよー。
IMG_2627_4_1.jpg


今日は(も)寒く、朝から小雪が舞っていて、気温は0度。
昼過ぎのマース川では、吹雪いていました。いつになったら、春が来るのだろう。
IMG_2628_5_1.jpg


今日は水泳教室。吹雪いてる中、泳ぎに行く気なんてないのだけど、泳ぐのは私ではない。
Valkenburgも、カーニバル一色。待ちきれないのか、すでに特設スタジオで、
プリンスが歌っている。カーニバル独特のリズムが響き、人々の顔色も妙に赤い。
もう仮装している人もいるし、楽しそうだ。人生、楽しく生きるってすばらしい。
親と同じ町や村に生まれ、そこで親戚に囲まれて育ち、友達は生まれたときから一緒、
村を愛し、誇りを持っている。結婚しても、村に住み、子供が産まれ・・・・
考えてみると、ある意味とても幸福な人生かもしれない。
カーニバルでも、日本の村祭りにしても、人々が一年間、楽しみにしながら生きているってのは、
私にはまるで経験がないけれど、とてもうれしい行事なんだろうな。
となりの家のメイシー姉さんも、「村の人と結婚して、村に住みたい」って、いつも言っている。
私のような経験のないものが「カーニバルなんて嫌だ」なんて言ってるのは、おかしいかも。
IMG_2630_3_1.jpg


ちなみに、去年の仮装は「チアガール」でした。
踊りまくっていました。
IMG_0165_1_1.jpg



今日は、フィギュアスケート女子ファイナルで、朝からそわそわしてしまった。
ヨーロッパだから時差がなくて、夜の7時からテレビ観っぱなし。
娘の世話は全部、夫がやってくれた、ありがとうね。
いやーすごい、すごいです、三人娘。ブラボー!
しか~も、選曲がマダムバタフライ・トゥーランドット・ラフマニノフ、ピアノ協2番と来て、
もうそれで充分感動です。(どうせなら、全部プッチーニにすればいいのに。)
あのプレッシャーの中で演技ってのは、並大抵のものではないでしょう。
おとといの荒川さんの英語でのインタビューで、オランダ人のばばあ女性解説者が
「荒川さんは英語に問題がありますね、アメリカで練習しているはずなのに・・・」と、
なんだか無意味な意地悪な解説をしていたので、夫と怒っていたのですが、
今日はその解説者も絶賛。

初めてのメダルが金でしかもフィギュアなんて、日本はしばらく明るい雰囲気が続きそうですね。
私は夫と観戦しましたが、最後のスルツカヤさんが転倒したときに、つい、「やった」と、
口走ってしまったら、「心が黒い」と言われてしまいましたが、正解。黒いです。
やっぱり、年取ったからか、もしくは海外に居るからなのか、「日本」への思いは強いです。

君が代はいつ聞いても「??」だけど・・・・。ああ、感動した。
で、「ああ、よかったね、これで一生、何もしなくても食べていけるよね」なんて口走ったら、
今度は、軽蔑したような顔で見られました。
日本はこれからこのニュースでもちきりですね、わたしはこれから睡眠です。
おめでとう!!国旗

IMG_2634_2_1.jpg

もうすぐカーニバル

今日は水曜日。謎の発熱も、ぐっすり寝て下がりました。
オランダ語学校が休みの今日は、発熱しないので、「いやいや熱」かも。
娘を送り届け、隣村へ買出しに。

近所の家々の窓は、カーニバルの飾り付けがほどこされ、
カーニバルの色である「緑・黄:赤」で賑やか、それにほとんどの家に、
三色のカーニバルの旗があがっている。
そんなカーニバルで人々が盛り上がっている村の中で、
窓にはカーテンがひかれ、旗など見当たらないのは、我が家だけかもしれない。
なんだか、居心地悪いな・・・・・と思いながらも、「異人」として居直っている。
街のカフェも三色に染まっています。
IMG_2545_1_1.jpg


今日はOma(おばあちゃん)が遊びに来ました。
義母は、今年の7月で87歳になりますが、自分で30分運転して来ます。
しか~も、かなり飛ばしています。(私は40分かかる)
義母は、一人暮らしですが、毎日必ず外出していますし、週に二日は仕事もしています。
娘とは年の差80歳ですが、お互いに大好きで、仲良しです。
娘はもちろん最年少の孫ですが、ひ孫も5人います。
今日は、カーニバルの「小学校全校生徒仮装パレード」で使う衣装を、
一生懸命に作って届けてくれました。今年の娘のクラスのテーマは、「緑と花」です。
Omaの作ってくれた衣装で村をパレードします。(パーティーは、別衣装です。)
寒いので、皆、コートの上にテーマにそった衣装を着て歩きます。
学校からの手紙は、かなり適当で、「緑色ならなんでもいい、ゴミ袋でもいい」とあって、
じゃあ、ゴミ袋買おうなんて思ってしまった私。 お義母さん、ありがとう。
頭には花の冠、手にも花を持って歩きます。
IMG_2621_2_1.jpg


ちなみに、2年前、まだ4歳でしかもまだまだ心は日本女子だった娘が、
わけもわからずに初参加した、村のパレードの娘のクラスのテーマは「牛」。
景色も牛、パレードも牛、保護者のお母さんたちも牛。
IMG_2623_1_1.jpg


その年の仮装パーティーで、娘は「着物を着る」と言い張ったが、都会ならまだしも、
「日本」という国が地球に存在していることすら知らない4歳児の子供たちの中に、
着物を着せていく勇気がなかった、気弱なわたしだった。でも多分正解。
4歳のカーニバルでは、ぶなんに「妖精」になった娘。もう2年前のこと。
IMG_2625_1_1.jpg


義母は器用で、今日も溜まっていた繕い物をすべてやってもらい、大助かり。
今日はしきりに、フィギュアスケートの日本女性三人組を褒めていました。
80歳の年齢差ですが、ゲームは真剣勝負。2人とも、大真面目。
義母はゲームもとても強いのです。
IMG_2612_1_1.jpg


金曜日の娘の学校のパレード&パーティーが終わり次第、9日間のバカンス。
村では毎日、カーニバルで大騒ぎなので、村を脱出予定。
娘の為には、夫は侍、私は芸者の格好とかして、村人のパレードに参加して踊りまくるのが、
いいのかもしれないけれど・・・・・。
娘も、「うちはうち」と理解しているようです。



抹茶アイスと明太子

今日は火曜日。6時に起きるとまたまた銀世界。もういいよー。
名古屋の友人にもらったメールには「三寒四温です」と書いてあったけど、
この村は、「五寒一温」です。たいして積もってはいないが、もう充分です、雪。
IMG_2471_1_1.jpg


昨日の発熱がうそのような気持ちの良い目覚め。体温も36.7度。いい調子。
ということで、娘を送り届け、家事をこなし、午後からのオランダ語学校の準備。
雪が降っているせいか、ぞくぞくするので、検温。38.5度。うーまたか。
体温計を見て具合が悪くなり、ベッドへ。昨日と同じ。
いい身分だ、昼寝ばっかりで。すまんのう、夫よ。

夫が出掛けると、犬のハナと2人きり。
ハナは、夫のことを「お母さん」だと思っているから、夫が外出してしまうと、
リビングのソファに飛び乗って、帰りを待つ。ハチ公そのものだ。
私や娘が出掛けても、どうってことないらしい。
今日も2時間、ずっとこの姿で夫を待つ。疲れないのかな。
IMG_2598_1_1.jpg


火曜日はバイオリン。今日はベッドの中で聴きました。
あこがれのデニス先生とのデュエットでは、星のシールをもらったそうで、大喜び。
習い事がこんなにも楽しいのは、ほんとーにいいことです。
娘の性格にぴったりの先生につけたことは、幸運なことだと思っています。
IMG_2600_2_1.jpg


わたしはというと、発熱によって、どうしても食べたいもの、発生。
ハーゲンダッツの抹茶アイスと、生のおいしい明太子。
ごはんの上に明太子を乗せて・・・・・ああ、食べたいよー。
日本から抹茶の粉買ってきて、バニラアイスに入れて作っているけど、それじゃ駄目。
ハーゲンダッツの抹茶アイス、一度に5個食べたこともあるほど、好物です。
日本へ里帰りしたとき、母と娘と三人で、ほぼ毎日食べていました。


日記を書いている今も38度ですが、咳もくしゃみもないので、元気です。
元気な発熱、いつまで続くのでしょう。
フィギュアスケート女子、大好きなので全部見ました。
日本人女性、3・4位につけています。すばらしいです、それに、皆、とても綺麗。
8位の中に3人も日本人が入っているのは、すごいことだと思います。



情けない発熱

今日は月曜日。
昨日の夜中に悪寒が走り、熱を測ると38.5度。
薬を飲んで寝て、起きると37.2度。いい調子。
と思い、普通に起きて、娘を送り届け、家事をこなして、熱を測ると38.3度。
体温計を見て具合が悪くなり、11時にベッドへ。

というわけで、今日はわたしが発熱。
娘に「パパとママ、交代で病気して、どうしたのよー?」と言われました。
正解。本当に今年は、老夫婦、弱ってます。
そして今日も、多忙な夫様にいろいろと助けてもらいました。すまんのう。

その代わり、今年は娘がいい調子。元気に毎日学校へ通っています。
今日は、マルシアちゃんが遊びに来ました。
となりの部屋で、子供たちの会話を聴きながら、横になっていましたが、
もうすぐ7歳の2人の会話は、落ち着いていて、最後には、きちんと片付けて帰りました。
知らない間に成長しているようで、うれしくなりました。
IMG_2591_1_1.jpg


よく食べて、よく眠り、散歩もし、ビタミンも摂っているのに、今年は調子悪い。
健康だけがとりえなのだから、しっかりしたいものだ。
というわけで、寝ることにいたします。
IMG_2561_1_1.jpg

親戚と過ごす日曜日。

今日は日曜日。週に一度の贅沢、朝寝坊の日。
夫は兄と一緒に久々に25キロの長距離散歩。兄が我が家に車でやってきて、兄の家まで一緒に歩く。
夫と兄は、6月に75キロ歩く大会へ参加するために、趣味と言うよりも半分はトレーニングになっているが、
仲良し兄弟での共通の趣味は、本当に楽しみのようだ。
大好きなパパに残された娘と犬のハナは寂しげに見送る。本当にパパっ子だ。
娘は恒例の日本語の宿題。パパと言う逃げ道がないと、不思議とけんかにならない。
今日は平和に楽しく宿題をすることができて、娘にも「今日の優しいママが大好き」
なんてしみじみ言われて複雑な気分です。普段、そんなに怖いかな。

宿題終了後、まずは夫の姉の家に遊びに行く。
Oma(おばあちゃん)が来ると言うので、昨日も会ったけど、犬を連れて遊びに行きました。
姉の家の近所にも風車があって、きれいに手入されていて、沢山の人が散歩しています。
IMG_2560_1_1.jpg


犬のハナはこの家が大好き。姉の家の犬は、嫌がっているのだけど・・・。
若い犬二匹と娘で、庭を走り回っていました。すごいエネルギーです。
女4人、メスの犬三匹でのんびりと午後のひと時を過ごす。
IMG_2571_2_1.jpg


もう一匹のラブラドールは、おばあさんなので、家の中で眠っています。
IMG_2583_2_1.jpg


姉の家の雰囲気がとても気に入っているのだけど、その中でも特に気に入っているのが、
この「陽だまりの部屋」。姉の夫の手作りのこの部屋は、ガラス張りで冬でも暖かい。
リビングと食事部屋のちょうど真ん中にあり、庭に面している。
IMG_2575_3_1.jpg


姉の家を出て、お次は夫の兄の家に、夫を迎えがてら、一緒に夕食。
私の妙なオランダ語にもすっかり慣れてくれて、親戚が皆、優しくて助かっている。
おいしい夕食でした。オランダの夕食はお代わり自由制度なので、無制限に食べてしまう。
以前、まだ太る前は「あら、もう終わり?もっとおかわりして食べたら?」と言われ、
「では、いただきます」と素直に食べていましたが、今では、誰も言ってくれません。
今日も、ベジタリアンの夫の横で、おいしい煮込み肉料理をたっぷりと頂きました。
心配事で頭の中がいっぱいだ、と言いながらも食欲のある自分が、いささか嫌になります。
IMG_2586_1_1.jpg


母に電話をして声を聞き、今日も元気な声で「心配しないで」と言われました。
だけどお母さん、私には心配しかできません。

さて来週は、いよいよカーニバル。
娘が、友人たちと楽しく過ごせますように。

水車

今日は土曜日、娘は朝から日本語補習学校。
その間に色々な野暮用を済まします。

来月半ばに7歳の誕生日を迎えるに当たって、
「お誕生日会」を今年はどうするか、毎日考えていますが、決まりません。
10才くらいまでは、友人を招いて、盛大に祝いますが、
もうかなりのネタ切れ。家である程度、騒いでから、ほとんどの親が、
外へ連れ出して、楽しいことをしていますが、人それぞれ。

先日、マーストリヒトで偶然見つけたパン屋さんでも誕生日会をできるらしく、
今日は夫と見学に行きました。

店の裏では水車が廻っています。
水の音と言うのは、落ち着くもので、癒し効果抜群です。
雨が続いて、水が濁っているのが残念です。
IMG_2555_2_1.jpg


水車のエネルギーを利用し、店の中では、今でも粉を挽いています。
IMG_2554_1_1.jpg


店内は、粉を挽くところ、ワッフルを焼いているところ、軽食を食べるところ、
パンを売っているところ、厨房と分かれており、清潔です。
IMG_2556_3_1.jpg


誕生日会では、この厨房でこどもたちがケーキとパンを作り、
オーブンで焼いている間、飲み物で乾杯したり粉ひきを見たりして、
焼き上がり後、一緒に食べるか持ち帰りということです。
女の子ばかりなので面白そうですが、子供にはどうでしょうか。検討中。

学校から帰宅し、日本のおばあちゃんに電話をかけて、逆に励まされました。
夕方から、Oma(おばあちゃん)の家に遊びに行き、おじさんもいて、娘は大喜びでした。



本当に欲しい、どこでもドア

氷点下な日々も過ぎ、気温が上がってきました。
その代わり、天気の悪い日が続いています。

今日は金曜日。教会へパイプオルガンのレッスン&オランダ語学校へ行ってきました。
心配事で頭の中がパンクしそうなので、気分転換にと思い、街へ行きました。
朝のマース川は、強風で川の水も濁っていて、かもめたちも吹き飛ばされないように、
遊覧船の船の上に並んでいます。
IMG_2543_1_1.jpg


今日の課題曲は静かな曲。オルガン独特の、オーケストラのtuttiの響きのような、
重みのある音で、頭の中のもやもやも、一瞬消えました。
音楽のこういうところが好きです。
いつになく珍しく真剣な私にリック先生も真剣でしたが、和声学の質問をされ、
何もかも、すっかり忘れていたわたしです。
img20060218.jpg


こうして、のんきにオランダで暮らしている私ですが、日本の家族に心配事があると、
何も出来ない自分への自己嫌悪&親と離れてしまったことへの罪悪感、
そして何よりも姉弟への感謝と申し訳なさで、どうしようもなくなります。
こんなときは、心底、どこでもドアが欲しいです。
母の家のドアとつながっている、どこでもドア。

無力感を漂わせて暗い顔して座っていても仕方がないので、二重人格と決め込んで、
普通に笑顔で生活しています。そしてまた、そんな自分が冷酷に思えて落ち込んだり。
これからは、こういうことが増えていくのだと思うと、なんとも複雑な気持ちです。
家族・友人の温かさに支えられています。
おばあちゃ~ん、会いに行くからね。
IMG_2549_2_1.jpg


映画鑑賞 バンビⅡ

今日は娘の小学校が休校。しかも雨、強風。
散歩や、自転車が出来ないと、ちと苦しいな。当てにしていた友人も都合が悪い。
ということで映画に決定。またー?(行動範囲、狭いです)

今日はベルギーのLanakenへ行くことにする。夫はもちろん普通に仕事で、留守番。
早めに家を出て、カーニバルの店に立ち寄り、買い足し。
カーニバルに全校生徒でパレードを行うときの、娘のクラスのテーマは「花」。
マントを作らなければいけないので、緑色の布地を仕入れに行きました。
早速、おばあちゃんに頼まなければ・・・・。裁縫、かなり苦手。
今日も、色々なかぶりものに2人で挑戦して、笑ってきました。
IMG_2408_1_1.jpg


さてベルギーへ走ること30分。今日はLanakenの映画館で、バンビ2を鑑賞。
すご~く空いているのに「つめてください」という変な家族登場。
客は20%ほどしか入っていなくてガラガラなのに、なぜかどうしても、
私と娘の列に、しかも隣に座りたかったのであろう、謎の6人家族。
で映画が始まると、ママの解説が始まった。ああうるさい。もうずーっと解説している。
そんなことで怒るような心の狭い人間になりたくはないが、なんせオランダ語なので、
集中しないとついていけないので・・・・。休憩後に席を移動。
私はいつも、子供映画のオランダ語で、自分の実力を試している。
バンビ、相変らずかわいいし、子供の笑い声がけっこう聞こえていました。
IMG_2515_4_1.jpg


映画が終わり外へ出ると、雨が上がっていたので、おなじみの公園でミニ散歩。
道が泥だらけで10分で断念。
IMG_2528_3_1.jpg


今日は娘が「ママ、ブログの写真撮らせて」というので、挑戦。
なかなかいい腕。 これからは、専属カメラマンでよろしく。
IMG_2522_2_1.jpg


帰宅すると、先週の迷子犬の飼い主の方がみえて、お礼に花束をくださいました。
迷子犬、その後元気なようで、よかったよかった。
また遊びに来てほしいけど・・・。
IMG_2537_5_1.jpg


今日はオリンピック観戦は、中休み。
一応、肩書きが「学生主婦」だから、宿題や家事をこなさないと、解雇されてしまいます。





義理チョコ

今日はバレンタインデーですが、私は「どうでもいい」派。
日本の姉に聞いたら、ちゃんと手作りケーキと手作りチョコを娘と作ったらしい。脱帽。
オランダの習慣は知らないけれど、スーパーの陳列を見ると、日本ほどバレンタインは、
さわいでいないらしい。女性からとは決まっておらず、今日見た限りでは、男性が花束を買っている姿が多かった。
女性から男性にチョコを贈るなんて、日本のお菓子メーカーが決めたんだよ、踊らされないぜ、と思いながらも、
妙にプレッシャーを感じてしまうこの日。
だけど、うちのオランダ人、在日期間が長かったから、日本のバレンタインも体験済み。
一応念のため、娘からチョコを贈りました。それで終了。
IMG_2496_1_1.jpg



オランダ語学校の今日の授業は、時間の無駄だったような気がする。
講師が話しているときも黙ることのできない大人、携帯電話の電源を切ることができない大人。
注意する以前の常識の問題だけど、注意しないとわからない。
こんなことが多くて、ちっとも進まなかった。

娘は今日はバイオリン。
レッスンが終わり、いとしのデニス先生へチョコレートを渡す。
愛のキューピット役にパパも登場。日本では、女性から気になる男性に渡す習慣があるので、
という説明をしていた。優しいデニス先生、大喜びで、「ワオワオ」言いながら帰りました。
「今日は、パパのために」と、沢山弾きました。
で、喜んだパパが撮影。
IMG_2495_2_1.jpg


今日も我が家はオリンピック観戦。
明日娘の小学校が休みなので、夜遅くまで、一緒に男子フィギュアスケートを観ながら、
「ああママ、この人素敵、結婚したい」「そうかなー、ママはこの人のほうがいいけど」
などと言いながら親子で鑑賞。夫は聞こえない振り。
娘は、中国人のミン君の最初の指パッチンがカッコイイと言っていた。
ちょっと写真が古いけど、娘の一押しのミン君。
min_00fc_fs1.jpg

私は古典的な演技が好き。アメリカ人、ジョニー君の演技したサン・サーンスの白鳥がよかったな。
AdamsUN12.jpg


親子でも好みがずいぶんと違うものです。
それでも、世界中で一番好きな人は、やっぱりパパなのだそうだ。
この2人で、パパの取り合い。
(裏口にて。)
IMG_2455_1_1.jpg


さて明日は、娘の学校が休み。何をしよう・・・・・・・・・・・・・

フィギュアスケート鑑賞

月曜日の朝だと言うのに、娘とけんかばかりして、娘を学校へ送ってから自己嫌悪。
多分、私が小さなことでぶつぶつ言いすぎるのだろう。毎日反省。

予想通り、一夜明けると銀世界になっていました。
そして快晴。銀世界&快晴、この組み合わせ、きれいなので大好きです。
朝一番で、買出しへ。
一人で好きな音楽かけながら、気持ちの良いドライブです。
今日の選曲は、バッハ音楽の捧げ物「6声のリチェルカーレ」でした。
娘よ、早く成長してバイオリンを一生懸命に練習してさ・・・・
「ママ、こんな天気の良い日のドライブには、やっぱりバッハの6声のリチェルカーレに限るねえ」
な~んて会話、一緒にしようよ。私のささやかな、根暗な夢です。
今なんて、牛見ながら「ママー、マカレナ、マカレナかけてー」だもんね。
ママはいつまでも待っているさ。

IMG_2480_1_1.jpg


ここ南部には小さな礼拝堂が、村にいくつもあり、大事にされています。
時には、畑のど真ん中にあったりもします。
日本で言う、おじぞうさまのようなものでしょうか。
今日車で通った村のkapelletje(小さな礼拝堂)。
IMG_2483_4_1.jpg


オランダ語学校は休講。イエ~~イ。
といっても、特に行きたいところなど無く、快晴で気持ちが良いので、
仕事中の夫を誘い、老夫婦、またしても散歩へ。(他に思いつかない)
今日はいつもと違うコース(違う農道コース)へチャレンジ。
ほんとーにいい天気でした。
IMG_2489_2_1.jpg


太陽の強い日差しで、銀世界も瞬く間に、元の田園風景に戻りました。
昼間から歩く夫婦を見て、近所の人々はきっと「怠け者夫婦」と思っていることでしょう。
看板をだしていないので、夫が家の中で働いていると知らない人は、
「のんきでいいわね。」なんてうわさしているでしょう。
どうでもいいことを話しながらの2時間でした。

IMG_2486_5_1.jpg


昼過ぎに、日本に居る私の第二の母(とき江ママ)と電話したら、
「ブログで景色見るけど、本当に田舎だよね」と言われ、大笑い。
そうです、本当に田舎です。ごらんの通り、何にもありません。
とき江ママは銀座のど真ん中で仕事をしているから、カッコイイわよね。
今度帰国したら、田舎者三人で、銀座とか渋谷・新宿を歩くのがけっこう楽しみなのだ。
IMG_2488_3_1.jpg


田舎生活もスッカリ板についた娘は今日も友人宅へ直行、5時の帰宅です。

夕食後は、今日もオリンピック観戦。
男子、スピードスケート500メートルでは、日本人とオランダ人が一緒に滑るレースがあり、
夫が「オランダー!」そして私が「日本ー!」と叫んでいる横で娘が発した一言は・・・・
allebei ! (両方とも!)でした。 合格。OK
できた娘です。両親に気を使ってるのでしょう。

今夜は、私の大好きなフィギュアスケート男女ペア、ショートプログラムです。
美しいスポーツです。うっとり見てしまいます。
「もしあれが、私と夫だったら・・・・オエーッ」などと、しなくてもいい想像をしながら見ます。
あのペア達って、だたのペアであって、恋人とか夫婦ではなかったりするのでしょうか。
こういう、いらぬ心配を勝手にしながら、ビール片手に観戦、いや、鑑賞。
最後の中国人ペア、感動しました。とても痛そうな転倒後の復活。そして銀メダル。
さすが、世界のトップに立つ人は、何もかもがすごいです。

やはり金メダルはロシア人ペア。動きが本当に他のペアと違いました。
とても美しいです、絵になります。

冬の森林浴

今日は日曜日。午前中は恒例の日本語宿題、そして恒例の親子喧嘩。
本当に懲りない、学習能力に欠けた親子です。
まあ、これもコミュニケーションの一つと考えて良しとしよう・・・・・。

今日は夫の調子がちょっとだけ良さそうなので、森林浴へ行きました。
夫は具合が悪くても、ベッドにずっと横になれない性格なので、森林浴治療です。
気温は高くありませんが、風がないので、思ったよりも多い人が散歩していました。
ハナが来てからは、森林浴もますます楽しくなりました。
IMG_2462_1_1.jpg


去年、ハナを初めて散歩に連れ出したのはこの森でしたが、
その頃はあたり一面、たんぽぽの黄色いじゅうたんが敷きつめられていましたが、
今日は緑色のじゅうたんでした。ゆっくり深呼吸して、のんびり歩きます。
IMG_2457_3_1.jpg


昨日の散歩は日本語だった娘、今日は大好きなパパにくっついてオランダ語。
私は付き人のおばさんのように、うしろから2人&一匹の様子を見つつ歩きます。
ず~~っと2人で、何をぺらぺらしゃべっているのでしょう。
IMG_2464_4_1.jpg


今日も2時間歩きました。ハナと娘は泥だらけで、走り回っていました。
私たちはこういう日曜日が大好きで、オランダに移住したのです。
娘もこんな一日を「楽しい」と感じていると、いいのですが・・・。
今日の景色も最高にきれいでした。
IMG_2459_2_1.jpg


帰り道、農家の無人販売所に立ち寄る。
ここは普通の農家だけど、りんご・じゃがいも・たまねぎ・洋ナシ・
ジャム・りんごジュース・鶏卵などを無人販売している。
りんごはスーパーよりもかなり安く、おいしいのでよく利用します。
こういう店は、ここ南部ではよく見かけます。
さくらんぼの木のある家では、季節になると、庭先で子供がさくらんぼを売っていたり、
手作りジャムを売っていたりします。素朴な味で気に入っています。
写真に写っているのが、りんごを作っているおじさんです。
IMG_2470_5_1.jpg


オリンピック観戦、今日はスピードスケート女子3000メートルを見ました。
オランダ、金メダル・銀メダルを取り、すごい盛り上がりです。クラッカー
観客席でオレンジ色の帽子をかぶり、仮装などして盛り上がっているのがオランダ人です。
そのオランダ人の観客席の中に、皇太子さまの家族がいて、他のオランダ人と同じ席で、
しかも子供を抱っこしながら、立って一生懸命応援している姿が映りました。
とてもいい雰囲気でした。



外ではまた雪が降り、我が家の庭は真っ白です。今日の雪はけっこう積もりそうな気配。
今週も、まだまだ寒いのでしょうか・・・・ふと気が付くと、もう2月中旬です。

迷子犬

今日は日本語補習学校。今日も6時に起きて弁当作り。
6時に起きて、外の天気を確かめる為にリビングのカーテンを開けると、
まだ真っ暗な庭の真ん中に見知らぬ犬がいた。ばっちり目が合った。
「あれれ、あなただ~れ?」と日本語で話しかけたけど、ブルブル震えるだけ・・・。
我が家の庭は、犬のハナが出ないように、色々な工夫がしてあって、もちろん外からも、
犬や猫が入れないようにしてあるのだけど・・・・。
「あなた、だ~れ?」「ブルブル・ガクガク」見詰め合う状態が続いた。
IMG_2443_3_1.jpg


白いその犬は、もうパニック状態で、ブルブル震えながらもこちらに近づき、尻尾をふりふり。
娘も起きてきてびっくり、だけどうれしいーと大興奮。さっそく、熱でうなっているパパを呼びに。
さすが、オランダ犬、夫のオランダ語にはよく反応し、言うことをよく聞く、おとなしい犬だ。
私は犬にさえ通じなかった自分のオランダ語にショック。
夫は、さっそく「一緒に飼うのは男の子だから難しいねえ」と、もう飼う気。おいおい。
それでも、近所を歩き回って、近所のおばさんにどこの犬か聞いて、無事に届けることが、
できました。思っていたよりも遠くの家の老夫婦の犬でした。
たった5時間ほどの滞在でしたが、かわいいお客様でした。
実は犬を飼う場合、市役所に届出をしますが、条例でマイクロチップを入れなければならないことになているので、
迷子になっても安心なのです。
それにしても、入ってこられたということは、庭を再確認しなければいけません。

ハナはうれしくてたまらないらしく、しつこく追い掛け回し、彼は、何度も降参していました。
やめてよー、もう参ったよー、そこのおばさん、見てないで助けてくれよー。
IMG_2444_4_1.jpg


娘は日本語学校へ行っている間に、迷子犬が帰っしまってがっかりでした。
早く、2匹目の犬が我が家にくるといいなと、夫とつくづく思いました。

娘の送りついでに街へ行き、野暮用を済ませました。
朝の街が妙に好きなので、今日もわざと遠回りして、散歩してきました。
いい感じです。
IMG_2440_2_1.jpg



学校から帰宅すると、2時すぎているし、夫の調子も悪いので、
今日の外出は取りやめ。犬の散歩へ娘と2人で行きました。
3時半から5時半までの2時間、おしゃべりしながらゆっくり歩きました。
そういえば、娘と2人きりで日本語でゆっくり話すのも久しぶりで、楽しかった。
逗子に住んでいるときにも、エネルギーをもてあます娘の手を引いて、よく散歩したものだ。
今日の2時間は、わたしと娘にとって大事な時間だったと感じています。
IMG_2450_8_1.jpg


散歩の途中、娘が立ち止まって「ママ、たんぼの田っていう漢字だね、見て!」
と言うので、見たらまさに漢字の「田」。
こういうなにげないことも、日本でのことだったら「ありゃ、ほんとだねー」で終わるんだけど、
オランダで言われると「あら、すごい発見だね、さすが、日本語学校に通っていると違うね」と、感動してしまうものです。

娘発見、田んぼの「田」。
IMG_2452_7_1.jpg


オリンピック観戦、始まりました。
日本の放送と違って、日本人選手が写るのは、まれ。
それでも、日本人選手が登場すると、娘が「ヤーパン、ヤーパン!」訳:(日本・日本)
と大声で応援していました。


冬季オリンピック開幕

今朝起きると、また雪が積もっていた。もういい、充分だ、と思いながら、
下界すると、町には雪はない。本当に田舎なんだな。
三寒四温を期待しているのだけど、今のところ、七寒一温くらいかな。

久々にパイプオルガンのレッスンへ行ってきました。
リック先生は、病み上がり。教会の中は、暖房されていないので、リック先生は、コートを着込み、
手袋をはめてのレッスンでした。その上、黄色で、てっぺんに赤いふさふさのついたニット帽をかぶっていたので、
まじめな話をされても、帽子とリック先生のキャラがどうしても合わず、妙におかしくて、集中できませんでした。
「この曲のコラールは・・・」などと大真面目に言われても、黄色い帽子の、
赤いふさふさが気になって仕方ありませんでした。
それでも、久々に教会の中で弾くパイプオルガンは、最高です。
教会の中がとても美しく、ステンドグラスがその日の太陽によって、まったく違う雰囲気を、
かもし出すので、趣味とはいえ、贅沢な環境でのレッスンは、気に入っています。
この教会は自由に入れないために、貸切でとても静かです。
お礼にろうそくに火を灯してから出ます。
IMG_2428_2_1.jpg


オルガンのレッスンのあとは、バッハにでもなってしまったような気分になりますが、
教会から一歩外へ出ると、青空市場の喧騒で、すぐに我に返ります。
いつものマース川を見ながらちょっと休憩。
IMG_2426_1_1.jpg


オランダ語学校へ向う途中、友人カチャに会いました。
ちょっと痩せていて心配です。24歳なのに、疲れきっている。どうした、カチャ。
今度ゆっくり愚痴を聞く約束をしてバイバイ。
彼女の家族はモスクワに住んでいるけど、芸術一家。カチャは画家。
画家の弟さんが、娘の七五三の写真の肖像画を描いてくれたそうで、とてもうれしいです。
今、モスクワのアトリエに飾ってあるらしい。娘はモスクワデビューか。
近々、写真が届く予定。楽しみです。
グラーシャ、アガーシャ、カチャ。
IMG_2431_4_1.jpg


ちなみにカチャ親子の目的地はマクドナルド。
ただいまのハッピーセットは「くまのプーさん」です。
オランダのマクドナルドでは、「いらっしゃいませ、こんにちは~」などと、愛想のいい声は聞こえません。
その方がかえって自然で、私は好きです。
オランダオリジナルメニューがあるので、今度紹介しようと思います。
IMG_2430_3_1.jpg


オランダ語学校では、久々に人前で難しいテキストを読まされてしまい、参りました。
今日は朝から、オルガンで頭を使い、オランダ語学校で3時間頭を使い、
街を歩き回ってくたくたです。老体にはこたえます。
帰宅してみると、かつら熱の夫が、本当に具合悪そうです。どうやら、かつら熱などではなく、
インフルエンザがぶり返してしまったようです。大変大変・・・。
犬のハナの散歩も、今日は私の役目です。一時間の散歩は、今日はきつかった。
この前の真っ白雪景色はっかり溶け、もとの田舎の風景に戻っていました。
IMG_2432_5_1.jpg


夕食後、家族そろって冬季オリンピックの開会式を見ました。
国際結婚してからはオリンピックを見るのが楽しくなりました。
オランダに移住してからは、色々な国の友人・知人ができたので、
オリンピックを見るのは、一味違う楽しみ方が出来ます。
娘は、日本が出てきて大喜びでした。拍手喝さいです。
日本の入場に喜んでいる娘を見て、私も違う意味でうれしいです。

そして、パバロッティ、よかったです。引退したとは思えない歌声でした。

明日からの競技が楽しみです。日本とオランダを一生懸命応援します。
日本では時差があるので、大変ですね。
しばらくは、オリンピック観戦になりそうです。

あっという間に、もう週末です。


みなさんのおかげです。

夫、再び調子悪い様子。昨日、かつらかぶりすぎて興奮したのだろう。
知恵熱ならぬ、かつら熱? クールにしていたけど、相当、楽しかったんだな。

今日は変な天気だった。朝は雪が降っていて、村の中は真っ白け。
だけどオランダ語学校へ行く為に車で下界へ降りると、雪ではなくて雨。
昼には太陽が出たと思ったら、帰宅すると大雪。けっこう積もった。
その後、強い日差しで雪が全部とけ、青空登場。
3時に娘を迎えに行くときは、灰色の空で、おまけに冷たい強風。
気まぐれも、いい加減にしてくれオランダ。
IMG_2410_4_1.jpg


今日はオランダ語学校で、このブログでは常連、仲良しのコンゴ人ベルナデットに会えた。
久しぶりの再会は、抱き合って、きゃーきゃーチュッチュ。
そんなに喜んでくれるんだったら、毎日ちゃんと来ようね、ベルナデットさん。
そして、仲良しのインドネシア人、エルニーから、ご懐妊のうれしい報告。9月出産予定。
というわけで、なんだかみんなでうれしくて、明るい再会でした。
向って左から、おめでたのエルニー、ベルナデット、ルワンダ出身のエメレンス。
IMG_2414_1_1.jpg


もうひとり、学校の初日に一緒だったクラスメイトに再会。
彼女はボスニア・ヘルツェゴビナ出身のネリマ。
長い黒髪がきれいだった彼女、今年から金髪にして、家族にとても不評らしい。
以前、「あなたの名前は日本語では練馬さん。」と教えたら、かな~りうれしかったようで、
お財布の中に、「練馬」と書いたメモが、今でも入っている。
せっかく染め抜いた金髪が大不評の、練馬さん&今日は機嫌のいいベルナデット。
IMG_2415_2_1.jpg


そして今日は娘の水泳教室。休んでばかりで、ちっとも進級しません。
レッスン中は、正味50分間の自由時間が与えられる私は、友人の店に顔をだしたり、
自然食品の店に、ゴマ油を仕入れに走ります。
水泳教室の保護者たちがあちらこちらで走っているので、すれ違うたびに、「ホイ」
また違う人に「ホイ」(ホイとは軽い挨拶で、ハ~イ!みたいなもの)と、
ホイホイ言いながら走るママたちは、おかしな光景です。
IMG_2418_5_1.jpg


おとといもらった逗子の友人からのメールに「梅ノ木の芽がふくらんできたよ」とあり、
その一行ですっかり「春はもうすぐだ」と思い込んでいるわたしですが、
今日、確かにこちらでも木の芽がかすかにふくらんでいるのを見つけました。
雪が降ったり、氷点下だったりする中でも、確実に春は近づいてきているようです。

今日は、横浜の私の第二の母、とき江ママから「毎日ブログが楽しみ」という、
うれしいメッセージも届きました。こうして、日本のみんなに支えられて毎日生きています。
娘も朝起きて「ママ、今日のブログ見せて~」とチェックします。夫も毎日読んでいるようです。
日本の家族はもちろんですが、こんなくだらない日記を楽しみにしてくれている人が、
一人でもいると思うと、妙にエネルギーが沸いてきます。
とき江ママ、どうもありがとう。ここでまた一緒にビールを飲める日を夢見て生きようね。


モンローからもありがとう!
IMG_2394_2_1.jpg


さて早いもので明日はもう金曜日。 約一ヶ月ぶりのパイプオルガンのレッスンは、
いかがなものでしょう。近々、発表会を行いたいらしく、好きな曲を決めてと言われました。
「好きな曲」と「弾ける曲」って違うからなー。
小学校の音楽の授業でほれて以来、ずっと憧れているフーガト短調か?
パイプオルガンといえば、やっぱりバッハだーね。

推薦曲、日本各地の私の根暗仲間から集います。よろしく。

嫌だ嫌だと言いながら・・・

今日は久々の雨模様。しとしとしとしと、午前中はずっと雨。
娘の学校が12時半までなので、午後はカーニバルの買出しへ、車で30分ほどの街へ行きました。

カーニバル(謝肉祭)と言うのは、私が説明するまでもないのですが・・・
イースター(キリスト復活祭)までの40日間を断食・精進の期間とし、
その期間が始まる前の3日間、開放的に騒ごう!という祭りなのですが、
キリスト教信者でない私には、ピンと来ません。気持ちが入り込めないのです。
それでも将来は、進んで自ら芸者の格好をして、踊り狂っているかもしれませんが。

マーストリヒトのカーニバルはかなり有名で、日本からも見学ツアーがやって来ます。

私の村もカトリックの村です。村の小学校もカトリック系の小学校。
もちろん、大変、盛り上がります。一年で一番のイベントでしょう。
娘も、過去に二回、仮装行列に参加、仮装パーティーも参加しましたが、
子供には楽しいようで、今年も大いに楽しみにしています。

さて、今年は何に変装しようかな~。
今日の店はカーニバル用品専門店。すごい広さですごい品数です。
人々が、どれほど楽しみにしている大事なイベントなのか、この店を見るとわかります。

まずは、基本的に、洋服の上から羽織ってみましょう。
いかが~?
IMG_2398_3_1.jpg


だめだめ、地味すぎて、つまらないから却下。
ではお次は、情熱的にカルメンなんてどうでしょう?
IMG_2392_1_1.jpg


カルメンは、セクシーすぎて寒いので却下。
こんな調子で何着も試着して、やっと決まりました。
でも当日までは内緒。
こうご期待。
ちなみに、二年前は妖精、去年はチアリーダーでした。



今日は、せっかくなので、私の家族の写真を紹介します。
いつもよく働く、優しい夫の、B君です。どうぞよろしく!
「コニチハ、ニホンノミナサン、オゲンキデスカー?ワターシヲ、ワスーレナイデ、クダサイ」
IMG_2404_5_1.jpg


そして、いつもくだらない日記をだらだらと書いている、根暗な40歳のわ・た・し。
今日はちょっと化粧が濃かったかしら。初の顔出し。
はじめまして! いつもありがとう!
IMG_2405_6_1.jpg


そして私たちの大事な一人娘です!
これからもよろしくね~!
IMG_2406_7_1.jpg


というわけで、娘の仮装用の服を選びに行ったつもりが、
日ごろ「カーニバルなんて興味ゼロだよね、バッカバカしい」と、
言いまくっている老夫婦、けっこう本気で楽しんでしまいました。 
沢山の種類のかつらもかぶり、大満足でした。はしゃぎすぎました。
たまには、こういう空っぽな一日も、いいものです。

ここには決して載せることのできない写真を沢山撮ったので、
個人的に送らせて頂きます。お楽しみに。


というわけで、明日からはまた冷静に、生活したいと思います。
ツアーご希望の方は、「マーストリヒトのカーニバル」で検索するとけっこう出ます。
リオのカーニバルほどではないですが、それなりに盛り上がると思います。
日ごろのうっぷんを晴らすには、いいチャンスかもしれません。

私たちは、カーニバルのない地域へ逃走予定・・・・・・。

今日は兄の誕生日。

我が家の朝食は、今日も「起立・礼・いただきます・着席」で始まった。
今日の日直は娘。日本語学校でのあいさつがもの珍しく、妙に面白いらしくて続いている。

今日の通学は、同じ通りに住んでいる、マリオン姉さんとロビン姉さんと一緒に歩きました。
子供同士では学校以外では、方言を話します。娘は村の方言を理解できますが、話しません。
私はところどころしかわかりませんので、私が会話に参加すると、オランダ語に切り替えてくれます。
村々で方言があるのですが、夫の家族は皆、オランダ語なので助かっています。
方言までは手が廻りません。
IMG_2377_1_1.jpg


オランダ語学校は午後の授業、一時から四時。
久々に普通の授業に出たが、無駄話が多すぎて、がっかり。
今日の休憩仲間は、中国娘。彼女たち、本当にほんわかしていて、かわいいです。
話題はもっぱら新婚のだんな様とのおのろけ。そう話している間にも携帯がなり、
ダ~リンから、「アイラブユー」のメッセージが入り、見せていただきました。
ごちそうさまです。 若いっていいよね~。
妹、いや、娘みたいな存在です。リンリン&ホンちゃん。
IMG_2378_2_1.jpg


速攻帰宅。今日は娘の王子様の来る日。
今日は気合を入れて「ぶんぶんぶん、蜂が飛ぶ変奏曲」を弾く。
「この曲はもう一回、練習してみてね」という先生の意見に、
「先生、私はこの曲は自信があったから、もう一回やるから聴いてください!」と抗議。
優しいデニス先生、「そうだね、じゃあ、もう一回弾いてみようか」と来た。さすがー!
私だったら、「いいからもう一回」と言ってしまう。
で結局、星のシールを貼ってもらっていた。自信家でうらやましいよ。
先生も気が長くて尊敬します。先生の爪の垢をせんじて、飲まなくてはいけません。
IMG_2383_3_1.jpg


今日は夕食後に、夫の兄の誕生日のお祝いに行きました。
本当に優しい兄で、私たち家族が一番仲良くしている&世話になっている家族。
大人のパーティーは、夜なので、混む前に行って早々に退散。
食後なので、甘いもの&コーヒーの人、ワインやビールなど、お酒の人、それぞれです。
これはチーズコーナー。好きなだけカットして、自分で皿に取ります。
IMG_2387_6_1.jpg


いつもはこの家で主役の娘も、今日は遠慮がち。今日の主役は自分ではないとわかったようです。
大好きなチーズのテーブルに席を確保し、静かにしていました。
お姉ちゃんになったのか、それともチーズのおかげなのか・・・。
IMG_2389_4_1.jpg


夫が選んだ今年のプレゼントは・・・・空の散歩。
兄夫婦が小型飛行機で空の散歩をできるようにチケットを贈りました。
なかなかロマンティックな贈り物だと思います。 やるじゃん夫。
先日、夫と2人で飛行場へチケットを買いに行った際に、小型飛行機を見ましたが、
パイロットを含めて4人乗りの小さなもので、私はちょっと怖いで~す。
でもこの辺りは、景色がきれいなので、きっと素敵な空の散歩になると思います。
お兄さん、お誕生日おめでとう! 



今日の日本は、明るいニュースで盛り上がっていますね。赤ちゃん


K君、お誕生日おめでとう。

今日2月6日は、日本にいる娘の幼馴染のK君の、7歳の誕生日です。
K君、お誕生日おめでとう祝
人様のお子の成長は本当に早い。もう7歳か・・・と我が子よりも感慨深いものです。
優しいK君は、強い娘と、よく我慢して遊んでくれました。
これからも、きっと優しい男性に成長されると思います。
我が家は夫を筆頭に、K君&K君家族の大ファン。
お母さんは、三姉妹で育った、これまた優しい女性なんだけど、奮闘しながら、
2人の男の子の子育てをがんばっている。
色々な意味で、私ら家族には欠かせない大事な家族なのである。
だから、娘と彼も、細く長くでいいから、ずっと友達で居て欲しい。

本当におめでとうね。

一歳ちょっとの頃の2人。もうかれこれ、6年前なんだね。
IMG_2376_1_1.jpg


昨晩、夜中の1時にぱっと目が覚めて、3時まで起きてしまった。
私は、快食快眠健康体だけがとりえなんだけど、こんなことは久々。
友人と電話で話した内容であまりにも興奮してしまったらしい。
私が考えたところでどうなる問題でもないのだけど、ずっと考えてしまう。
きっと、T子も同じだろうと思ったら、彼女もビールを三本飲んだらしい。
彼女は体が私の半分ほどしかなく細いから心配だ。今日はぐっすり寝ているかな・・・。

今日のオランダ語学校は1時から4時。
午前中は、食料品の買出し&惣菜作り。今日は居酒屋メニューを作りました。
そういえば、居酒屋に行きたいな~。
ちょこちょこおつまみとって、どうでもいい話しながら、笑って。
横浜で働いているときは、おっさんのように、仕事帰りに、居酒屋へ直行。
4~5人で毎日のように寄り道していた。日本へ帰国したら、同じ仲間で行ってみたい。


今日のオランダ語学校には、マーストリヒト大学で政治学を学んでいる学生が来て、
アンケートをとっていきました。移民者への法律についてがほとんどの50問のアンケート。
新しいクラスになかなか慣れない私は、今日の休憩は初めて会う人と過ごしました。
彼女たちは在蘭歴まだ一年というインドネシア三人組み。
写真向って右端の彼女は、どうしてもオランダ生活に馴染めないらしく、涙がポロリ。
大丈夫、いつか、ふと笑ってる自分に気が付くさ。
IMG_2371_1_1.jpg


2時間目は抜き打ちテスト。
IMG_2372_2_1.jpg


帰宅すると、また友人が来ています。
お母さんはスロバキア人、お父さんはオランダ人。
娘と似たり寄ったりの性格で、迎えに来た彼女のお母さんも、
「落ち着かなくて・・」と言っていました。まだ6歳だもの、落ち着いてなくて普通、普通。

IMG_2374_3_1.jpg


今日の気温は4度。4度もあると、蒸し暑く感じてしまいます。
早速犬のハナも、庭に出て以前埋めた、骨の形のガムを探しに、穴掘り開始。
ただでさえ、ぼさぼさのハナが、穴掘りで泥だらけ。
色白美人は程遠い~。
IMG_2375_4_1.jpg


さて、今日はこれから宿題だー。





今日は休息日

たっぷりの睡眠&遅い朝食、これが何よりの幸福。
一週間調子が悪かった夫も復活し、娘が大喜びでまとわりついている。
今日は楽しい宿題日。いつもけんかになるから、娘と相談して、
絶対にけんかしないでやってみよう!ということで、無事に終了。
けんかしないでできるなら、毎週そうすればいいのにね、と2人で大笑い。
それができたら、苦労はしないさ。
漢字を沢山練習して、日本のおばあちゃんやいとこへ、沢山手紙を書くのだそうだ。
おばあちゃん、何よりも喜ぶよ。
IMG_2369_1_1.jpg


午後にはオランダのおばあちゃんと夫の姉がドライブの途中で立ち寄って、
一緒にお茶をした。今日はちょうど、姉の家に行こうかなと考え中だった。
だから姉たちが帰った後、気が抜けて昼寝などしてしまった。いいのだろうか。

そんな牛妻を横目に、病み上がりの夫は今日は仕事日。
娘がまとわりついているのに、よく仕事ができるなと感心してしまう。
夫の部屋から見える景色は、こんな感じ。
IMG_2342_1_1.jpg


今日は日本の友人と電話で話し、久々にお腹の底から笑ってしまった。
日ごろ使わない腹筋もぴりぴり動くほど笑った。
おかげさまで、今日はなんだかリフレッシュできたような気がする。
それにしても、かな~り笑った。笑っている場合じゃない話なんだけど、笑うしかない話。
T子、忙しいのに長電話してごめん。でも何年ぶりかで大笑いだったよ。
みんな40歳前後で、いろんな問題を抱えながら生きているのだね。
笑ってる場合じゃないよね、ごめん、T子。またY社の同窓会、ぜったいにやろう。
おじ様たちの定年祝いを兼ねて、ちくまの2階で。


そして、私の休息日に登場するのは、おなじみ天津甘栗。
父が好きだったから、甘栗はつい買ってしまう。それでまた父を思い出して、母に電話。
今日も元気な声で一安心。ここのところ、電話でしつこすぎかな。
IMG_2370_2_1.jpg


そしてあっという間に一日が終了。今日は完全な休息日。
2月といえばそろそろカーニバルの季節。
今、すでに村はカーニバル一色。

さて今年はどこへ逃げようか、真剣に検討しなければ・・・。

春はそこまで・・・?

むーひょー、むーひょーby橋幸夫。美しい景色を見ながらも、心に浮かぶのは、
やはり生まれ育った国の歌であります。霧氷の美しさにみとれながら浮かんだ曲は橋幸夫。

土曜日は日本語補習校。今朝も濃霧の中、手探りで運転しながら姫の送迎。
本当に何も見えず、危ない状態ですが、決して通行止めにはなりません。自己責任。
久々に気温が零度。零度でも温かく感じてしまいます。
IMG_2360_3_1.jpg


美しい霧氷も、気温上昇とともに溶け始め、銀世界ともお別れです。
寒さのピークも過ぎたのでしょうか。
寒かったけど、美しい冬でした。
IMG_2363_4_1.jpg


街の中の動物たちにとっても寒い冬だったのでしょう。
鼻息が湯気だっていました。
IMG_2359_2_1.jpg


今日は漢字のテストもうまくいったようで、笑顔で帰って来ました。
日本語学校の一年生もあと少しでおしまい。
二年生からは算数も難しくなり、漢字も増えて、大変になるだろう。
今のところ、楽しそうに通っているけれど・・・・・。
今日は、卒業式の練習で、全校生徒で「さくら」(森山直太郎さんの)を歌ったらしい。
みんなで何かをするという機会があまりないオランダの小学校とは違う体験で楽しいようです。
ただ、「起立・礼・着席」や、「前へ倣え」などは、意味がわからないらしく、面白がっている。
家での食事中、急に「起立」「礼」「いただきます」「着席」を夫婦でやらされる。
夫もまじめにやるので、かなり面白いけど。
今日も彼女の一番の楽しみは、勉強ではなくてこれ。
IMG_2367_1_1.jpg


夫が治ったと思ったら、今度は私が怪しい状態です。
この冬は、健康な私もよく風邪をひきます。健康だけがとりえなので、悔しいです。
おかげで午後は引きこもり。 娘が元気で助かっています。
IMG_2349_1_1.jpg


あっという間に土曜日も終わり。母に電話したら、元気な声でうれしかった。
週末は、妙に日本の家族が恋しい病。


霧氷

しつこいですが、寒いです。まず、見かけが寒い。
通学路も木々に白い花が咲いたように、霧氷がきれいで、見とれてしまいます。
今日は娘のクラスの担任(2人の女性)の誕生パーティーで、授業は無く、
朝から12時まで、ずっとパーティーだそうで、手ぶらで通学です。

通学時に娘も「ママ、冬は寒いけど景色がきれいだね」と言うほど、きれいです。
IMG_2347_1_1.jpg


今日のパイプオルガンのレッスンは、リック先生が風邪のためキャンセル。
練習していないから、ちょっとほっとしてしまった、ダメ生徒です。
急遽、あさりを求めて青空市場へ行きました。いつものことながら、すごい賑わってます。
娘も夫もあさりの味噌汁やスパゲッティが大好物ですが、市場でしか手に入りません。
今日も魚屋さんは、大繁盛。オランダ語、ドイツ語、フランス語が飛び交っています。
IMG_2355_2_1.jpg


マーストリヒト散策は大好きなので、今日も一人で2時間歩きました。
2時間の間に知人6人に会いました。そして、オランダに住んでるんだなと、
今更ながら、実感しました。みな、オランダ語学校の仲間ですが。

今日の収穫は、おいしいパンやさんを発見したこと。
粉挽きからすべて自分たちで行っているという店、初めてだったので、
店の女性にすべてのパンの説明をしてもらい、お勧めパンを買いました。
シンプルで、おいしかったし、何よりも親切なので、利用しようと思います。
これが粉挽き場所です。
IMG_2356_3_1.jpg


古い街なので、様々な場所に昔の面影がそのまま残っています。
300年前の建物がそのままレストランになっていたり、
城壁跡が街の真ん中にあったりするので、歩いていても飽きません。
まだまだ私は観光気分で歩いています。
車を泊めた場所から近いところには水車があります。
IMG_2357_6_1.jpg


家に帰り、今日も犬の散歩です。オランダ語学校は休みました。
そうです、今週は二日しか行ってません。家族のほうが大事大事。
小雪がちらついていましたが、霧はかかっておらず、気持ちの良い散歩。
景色が最高です。銀世界というか、真っ白。霧氷が最高にきれいです。
日本の家族に見せたい美しい景色です。一人で歩くのはもったいないような気がします。
今年の冬は寒いけど、とてもきれいな景色を満喫できました。
IMG_2362_4_1.jpg


今日は野暮用で、夫と2人でマーストリヒト空港へ行きました。
空港へ行くと、「あの飛行機に乗ると明日には日本だ」と思い、複雑な気分です。
そのくせ、今日は日本では節分だというのに、節分らしこともなにもせずに終わってしまった。

節分の説明を娘にしたら、「じゃあ、ママは豆を40個も食べるの?また太るね」とのこと。
それが彼女の節分への理解である。
日本の文化や習慣をきちんと教えようと思うのだけど、ついつい何もしない。
明日の日本語補習校で「みなさん、豆まきはしましたかー?」って、
どうか先生に聞かれませぬ様に・・・・。


夫の調子がやっと今日少し良くなり、ベッドから起きて仕事をしています。
オランダ人ですが、好物の梅干茶漬けで復活です。
ご心配おかけいたしました。

楽しい週末をお過ごしください。

濃霧

火曜・水曜日と二日も休んでしまったオランダ語学校へ行きました。
まだまだ続く氷点下、今日もマイナス7度を記録しています。
おまけに濃霧で、ふだん「どうしてそんなに飛ばすんだ!」という運転の荒い人々も、
慎重に運転しているので、かえって走りやすい国道でした。

帰宅して、犬の散歩です。夫はまだ本調子ではなく、ベッドの上です。
それでも昨日から、大好きな和食を食べ始めました。

今日のあぜ道は、ものすごい霧で、しーんとした濃霧の中を一時間歩きました。
なんとなく、不思議な気分になります。夢の中のような、異次元の世界のような・・・・。
今日もまた、ココハドコ、ワタシハダレ?状態です。
IMG_2336_1_1.jpg


ハナもあまりの濃霧に、私のそばから離れずに慎重に歩いていました。
ものすごい霧です。昨日、あれほど輝いていた太陽は、今日はお休みです。
IMG_2340_3_1.jpg


木々の枝の一本一本に雪が吹きつき、それが凍ってとてもきれいです。
空も真っ白、どこもかしこも真っ白です。
IMG_2339_2_1.jpg


今日は水泳教室の日ですが、学校へ迎えに行くと、咳がごほごほ。
というわけで、水泳教室は中止。またまた友人宅へ直行。今日は隣村に住むマゴーちゃん宅。
隣村は、小さすぎて小学校がありません。
マゴーのママは、私と同じ年で、子供服のアウトレットを自宅で販売している。
都会育ちで村出身ではない彼女は、きさくで、とっても話しやすい。
夫とも気が合うようで、夫婦共に気楽なママ友。
今度一緒に、散歩する約束をした。ぜひ、実現したい。

昨日のブログの風景写真に登場した、隣村の教会。地味だけど、いい雰囲気です。
IMG_2346_5_1.jpg


彼女の家は新しくて、だけど落ち着いた雰囲気で、とても素敵。いや、かな~り素敵。
何よりも、庭からの眺めがスイス状態。
今日はあいにくの濃霧で何も見えないが、となりの農家のポニーや、馬、
羊などと共に、すばらしい景色(田園風景)が広がっている。
もう、他の場所には住めないだろう、すばらしい眺め。今日は見えずに残念。
マゴーのお姉ちゃんと一緒に三人で、驚くほど仲良く遊んだようです。
アウトレットの子供の服、裏庭の景色、晴れた日に改めて、取材しようと思います。(予約済み)
お手ごろ価格でけっこうかわいい子供服が手に入ります。
興味のある方、ご一緒いたしますので、ご一報ください。男女共に15歳くらいまでそろっています。

マイナス7度という気温の中、子供はさすが、庭に出て遊んだようです。
こういうタイプの遊具が庭にある家が多いので、皆で遊べてしかも自宅庭なので安全。
我が家は、「どれにしようか」と迷いながらの買わず状態が、今年の夏で三年目です。

おばばは寒いので、リビングからの撮影。
IMG_2344_4_1.jpg


明日は久々、パイプオルガンのレッスンに行き、その後はオランダ語学校。
まったく練習していないので、レッスンへ行く価値がないようにも思いますが、
ボケ防止のためにも、右手、左手、両足を使ってきます。きっと、どたばたでしょう。

明日は節分。「ママは~外。パパは~内。」と言われそうです。

Macy姉さん、誕生日。

インフルエンザ中の夫を看病するという口実で今日も休んでしまった、オランダ語学校。
今日も犬のハナと散歩へ一時間行って来ました。楽しくて、くせになりそうです。
今日も相変らずし~~~~んと凍りついた景色の中、田舎を満喫。
太陽は燦々と輝き、風もなく、気持ちのよい朝。
ココハドコ?ワタシハダレ?という感じです。
IMG_2326_2_1.jpg


静かな空気の中、教会のカリヨンの音や、娘の通う小学校の子供たちの笑い声が、
遠くで聞こえました。日本の家族のこと、友人のこと、などなど思い出しながら、
一時間の散歩です。今日は、一回だけ人間とすれ違いました。
気が付くと、隣村まで歩いていました。
IMG_2323_1_1.jpg


ハナが飛び上がって喜んでいるので、何かと思えば、庭でポニーを飼っているのを発見。
大きく見えますが、これはポニー。オランダに来て、娘を乗馬に連れて行き、
馬たちの大きさに驚きました。
置物かと思うほど、じーっとしていましたが、ポニーも切ない病でしょうか・・・。
IMG_2328_3_1.jpg


水曜日は娘の学校が12時半まで。
今日は映画を観に、マーストリヒトの映画館へ娘と2人でデート。
チキンリトルというディズニー映画でしたが、久々に映画館で寝てしまいました。
他の映画はわかりませんが、チキンリトルのお客は私たちを含めて6人でした。貸切?

ロビーには、さすがオランダと思わせる、キャンディーコーナーがあります。
スヌップンsnoepen(甘いものを食べる)という動詞があるように、子供たちはおどろくほど、
キャンディーや、グミをよく食べています。習慣にしたくないので、我が家では与えていません。
ですが、友達の家に行ったら、出されたものはありがたく何でも食べて、ということにしているので、
友人宅では娘はここぞとばかりに食べまくっていることでしょう。
娘の友人たちも遊びに来ると「おばちゃん、スヌップある?」と聞いてきますが、
「うちはないのよ」と答えると、そういう家も多いようで、「は~い」と納得します。

量り売りなので、好きなものを好きなだけ袋に詰めて、お金を払います。
黒いものは、オランダ独特のドロップと言って、甘草エキスの入ったキャンディーで、
雑食の私も、この味だけは、勘弁してくれ~という味です。
見ているだけで、歯が溶けそうです。
IMG_2333_4_1.jpg


映画館で熟睡してリフレッシュし家に帰り、隣の家のメイシー姉さんのお祝いに行きました。
13歳になった姉さんは、どことなくお姉ちゃまに成長され、見るたびにきれいになっていきます。
彼女は心がとーーーーっても温かいので、大好きです。
わたしのようなおばばからの気持ちの悪いであろうおめでとうのキス(三回)も、
ありがとうありがとうと言ってくれます。
今日は、娘は隣の家で夕食をごちそうになり、楽しんできました。
私は玄関でお祝いだけ言って、おいとましました。

そういえば、日本の私の姉の一人娘も、今年の7月で13才になる。
都会育ちの日本の中学生、同じ年の2人をいつか会わせたいと思っている。
メイシーは「こにちわ、わた~しはメイシーです」と、とても上手に言えます。
おめでとう、メイシー姉さん。
IMG_2335_5_1.jpg


今日からもう2月。
2月と聞くと、長い冬ももうすぐ終わって、春がやってきそうだけど、まだまだ春は遠いようだ。

インフルエンザ来ました。

一月が終わってしまった。早すぎる・・・・・

夫が寝込んでいます。インフルエンザで40度近い熱があります。
普段、細い割には健康な人だし、食欲がないということが滅多にないので、
何も食べずに心配です。また細くなってしまう。
切ない病なんて言ってる場合ではありません。
私の代わりに、犬のハナが夫のそばを離れず、付きっきりで看病しています。(添い寝)

いつもは夫の仕事である、犬の散歩も行って来ました。
村の中は歩かずに、畑のあぜ道散歩コースを選び、田舎道を満喫。
ハナは最近になってようやく、ロープ無しで歩けるようになりました。
「必ず犬はつないでください」という表示がある場合はだめですが、
この村には表示はありません。私が歩くのはあぜ道なので、大丈夫です。
ましてや、すれ違う人も居ませんし。
IMG_2309_1_1.jpg


しーんと静かな田舎を一人で歩いていると、不思議な気持ちになります。
ここを歩いているのは、何かの間違いではないだろうかと、錯覚します。
あまりにも静かすぎると、かえって、怖いくらいです。
IMG_2313_4_1.jpg


看病を口実にオランダ語学校は休み。
だけど夫が寝ているから、そのすきに隣り村へ買出し。何のために休んだんだろう。
明日は、このブログではおなじみの、隣の家のメイシー姉さんの13歳の誕生日。
Valkenburgという街にある、雑貨屋にプレゼントを買いに行きました。
オランダ語学校のクラスメイトだった、スロバキア人のビヴァが経営している店。
行くと、コーヒーを入れてくれるし、話も通じるから気が楽で利用している。
うしろに写っているのは彼女の義母。私たちの話になんでも口をはさむので、
今日は早々に退散しました。どこにでも、よくあるパターンです。
IMG_2314_3_1.jpg


Valkenburgは観光地ですが、さすがにこの時期、閑散としています。
カジノや温泉があるために、名前だけは知られているかもしれません。
家から車で10分もかからないので、何かと便利です。
これは銀行。
IMG_2316_5_1.jpg


今日は火曜日、娘の王子様、バイオリンのデニス先生が来る日。
先週は先生がインフルエンザでダウン、今日は久しぶり。
昨日、親子げんかした甲斐あって、意地で弾き続けた。
たいして練習していないのに、「よく練習したね」とほめられてその気になっています。
「ママが怖いから練習した」と娘がばらし、先生も大笑いでした。ばらすな、おりゃー。
IMG_2317_2_1.jpg


高熱でひーひー言ってる夫を放り、ビール飲みながら日記など書いている場合ではない。
看病してきます。

もう2月か・・・・・。

日々反省。

毎日同じことですが、寒いです。
太陽は燦々と輝いていますが、今日の最高気温は2度でした。
それでも朝のマイナス6度に比べると、かなり温かく感じます。

そんな日のBGMは、ブラームスのクラリネット三重奏曲。暗いです。
13年前の演奏ですが、この組み合わせ↓で聴くブラームスは、面白い。
「そうだよね、そうだよね」とうなづきながら、車の中で盛り上がりながら聴きました。(独りで)
日本の各地にいる、私の根暗仲間のみんな、ぜひ聴いてくれ~。
愛しのバシュメットもいいが、このCDも燃えます。

ピアノ・・・・・・・・・エマニュエル・アックス
クラリネット・・・・・リチャード・ストルツマン
チェロ・・・・・・・・・ヨーヨー・マ
IMG_2298_3_1.jpg



マイナス気温が続き、先日積もった雪が、つるつるに凍っています。
けちな私も、さすがに今週は暖房の設定温度を上げています。
家の前の公園の雪も硬く凍り付いて、危険なので誰もいません。
IMG_2295_1_1.jpg



寒い中、太陽が出ていると、庭にやってくる鳥の数もかなり増えます。
この田舎の鳥はのんきで、太陽が出ていると、羽を広げて芝生の上で昼寝をしていたりする。
隣の家と我が家の塀は、植木でできている。(冬の間は、葉っぱが枯れて、丸見え。)
この、植木でできている塀の中に、沢山の小鳥たちが住んでいる。
冬場はえさが少ないから、鳥のえさ入れにパンを入れて置くと、あっという間に平らげます。
IMG_2297_2_1.jpg


さて、夫の調子がイマイチです。インフルエンザだと思われ、寝込んでいます。
いつも夕食後はパパとゲームしたり、お風呂に入ったりして、幸福時間を過ごす娘、
ママではどうも物足りない。すぐ怒るからどうにもこうにもつまらないらしい。
犬のハナも同じで、パパがいないと元気も無く、結局物足りない同士、仲良く遊んでいます。
IMG_2303_4_1.jpg


バイオリンの練習でも、恒例の親子喧嘩が始まり、いつも避難所のパパがいないので、
仕方なく、ハナを見方にしています。ハナは娘の練習が始まると、いつもは足元に来て熟睡。
犬に話しかけながらの練習は、けっこう進んだようで、意外なところで役立つ、犬のハナ。
先週心に誓った、「子供は褒めて育てる」ですが、なかなか実践できません。
IMG_2305_1_1.jpg


なかなか「優しいお母さん」になれません。
そういうトレーニングあったら、参加したいと思います。
反省の日々。

のんびり日曜日

日曜日。朝寝坊&娘とベッドの上での朝食・・・最高!

そして、我が家では恒例となった日本語の宿題&親子げんか、こりずに毎週。
それを見るのが嫌なのか、夫は朝早くから、実兄と散歩へ行った。
散歩と言っても彼の場合はスポーツで、今日の距離は25キロ、時間にして4時間半。
このあたりでは、散歩は大人気。せわしない生活をしてきた私には、まだなじめない。
ひまだから歩いているのではなくて、彼には目標がある。
夏に隣村で行われる、夜を通して歩く大会(75キロ歩く)に仲良しの兄と参加するのが目標。
なぜ、妻の私をパートナーに選ばないのだろう・・・・。
ぶつぶつ文句を言いながら歩くからだろう。 正解!無理で~す。

今日のコースは、兄の家から我が家までという、私には到底できない距離でした。
気温はマイナスと低いものの、太陽が輝いていて、かなり気持ちよかったようです。
IMG_2289_1_1.jpg


途中の大きな教会の近くで、兄弟でビールを飲んで休憩したらしい。
ちょっとうらやましいな、兄弟でぺちゃくちゃしゃべりながらの散歩なんて。
長くオランダを離れていたのだから、これからは、兄弟に恩返しし、沢山楽しんでほしい。
IMG_2290_2_1.jpg


隣村の噴水が凍って、10人ほどの人々がアイススケートを楽しんでいたそうです。
オランダの北部では、運河が凍って、スケートを楽しむ人々を見かけますが、
ここ南部では、珍しいことだと思います。
危険を伴うので、専門家の検査が入り、OKが出たら、滑ることができます。
ということで、寒いわけです。
この池は、となりがパンケーキ屋で、普段は噴水が上がっている、きれいな場所です。
いつでも、スケートができるように、やはりマイシューズを用意しようと思います。
IMG_2291_3_1.jpg


午後には家族が集まり、義母も一緒に6人で、我が家でのんびり過ごしました。
義姉と一緒に、有り合わせの材料で夕食を作りました。
そんな時間がとても平和に感じ、これぞ、のんびり生活という一日でした。
こんな感じの料理に、たっぷりのソースを2~3種類添えて、完了。
IMG_2294_4_1.jpg


さて明日から通常通りのオランダ語学校です。
水曜日は休みだったのに、水曜日も授業が入り、毎日の通学です。
先週のセミナーでの「パッション」を思い出し、気合を入れてやらねばなりません。

日本の家族に無性に会いたい、ちょっと切ない病発症ののんびり日曜日でした。

田舎住まい

土曜日は日本語補習校。8時半に家を出て、娘を送る。
他のママに今週も日本の週刊誌「女性自身」を借りてしまった。うれし~よ~。
隅から隅まで読んで、日本を満喫。
韓国人スターの話題の多さにびっくりです。ヨン様くらいしか知りません。

さて今日もマイナス気温ですが、太陽が燦々と輝いているので、老夫婦は犬の散歩へ。
夫は犬のハナの散歩を毎日している。雨の日も、雪の日も、毎日必ず散歩へ連れて行く。
いつも私は「いってらっしゃ~い」と見送るだけ。今日は、参加してみました。
IMG_2273_4_1.jpg


田舎とは思っていたけれど、散歩するとよくわかる。本当に田舎だ。
街から車で10分だから、それほど田舎ではないとあなどっていたが、ド田舎だ。
子供を育てるには抜群だと思っているのだけど・・・・。
人間、ないものねだりというか、隣の芝生は青いというか、
日本に帰国して、横浜駅などで人にぶつかりながら歩いていると、ああ、オランダに移住して、本当に良かったと思い、
こうして田舎を歩いていると、ああ、横浜が恋しいなあと思う。
オランダで静かにのんびり暮らしたいという希望で来たが、この村での田舎生活は、
ちょっと極端すぎたかな~と思う、今日この頃。勝手なものだ。

芋畑、りんご畑、砂糖大根畑、そして牛。
IMG_2282_3_1.jpg


犬のハナと夫の、散歩の息はぴったり。そして、2人とも実に楽しそうです。
今日は、夫とわたし、影で初登場!たてにでかいのが夫の影、横にでかいのが私の影。
IMG_2284_2_1.jpg


我が家の三軒お隣のご夫婦、どうやら今日で結婚25周年のようです。
オランダでは、(他の地方は知らないが)結婚を祝うのは、12.5年、25年、50年。
親戚、友人、知人を招いて盛大に祝う。近所にもわかるように、人形を置き、
家もデコレーションする。
私の感覚だと、5年、10年と、「5単位」なものだから、12.5年と言われても、
しっくりこない。

結婚25周年、おめでとう!
IMG_2285_1_1.jpg


そういえば近頃は、文化に触れていない。これではいかん。
東京の方が、西洋文化に触れやすい。毎日、たくさんのコンサートがあるし、
すばらしいコンサートホールも沢山あって、毎晩、選べるほどだ。
田舎に住むと、文化に触れるためには、ちょっと面倒だったりする。
今年はもう少し、夫と努力して、文化に触れるようにしよう。
このまま、牛の臭いに埋もれていくのは嫌だ~。
IMG_2281_1_1.jpg


さて土曜日は夜更かしの日。明日の朝は、意地でも起きません。
楽しい週末は、あっという間。

トレーニング終了

譜面今日はモーツアルトの誕生日。生誕250年です。
  今夜は世界中のコンサートホールで、モーツアルトが演奏されていることでしょう。

連続マイナス気温更新中。
毎日同じこと書いてるけど、寒い。太っても寒いものは寒い。
朝、独り言を言いながら歩いている自分発見。寒すぎて色々と口走っている。
IMG_2247_1_1.jpg



若いお姉さん2人を相手にどこか冷めながら参加したトレーニングも、あっという間に終了。
今日は、まとめながら今後の計画を発表。心に残ったこと、印象深かった人、
匿名で書いて、発表した。そして、最後に、自分の心の中のもやもやを紙に書いて捨てた。
これだけは、母国語で書いてくださいというので、思い切り日本語で書いて、そして捨てた。
どうしても、克服できないことを書いた。

そして、ケーキを食べながら、トレーナーが一人一人についての、分析や印象を語る。
それが、けっこう的確な分析で驚いた。見てないようで、ちゃんと見てるんだと、驚いた。
しかも、ポジティブな部分をめちゃくちゃに褒めるから、泣いてしまった人もいる。
で、私は人の涙に弱く、不覚にももらい泣き。あれほど、ばかにしていたのに。
自信たっぷりに見えた女性たち、心の中ではやっぱり毎日どこか不安なんだ。

20時間、一つの部屋で過ごしたメンバー。今日は楽しいお茶会だった。
IMG_2269_1_1.jpg


そんな中、特に目立って褒められたのがルーマニア人のAちゃん、30歳。
私も彼女が一番印象的。在蘭3年も経っていないというのに、まあ、すばらしいオランダ語。
きらりと光る何かを持っている賢そうな女性でした。未来は明るいだろう。
IMG_2253_1_1_1.jpg


こんな私も「もういいですっ!」ってくらい褒められて、参りました。
豚もおだてりゃ木に登るなんてものではなく、空を飛びまわってしまった気分。
人前で自分のことを10分くらい話されるなんてことは、人生初めてでした。
もちろん、ただ褒めるわけではなくて、この部分をこう使うとか、こうしたらどうかとか、
そういうアドバイスを聞くわけです。一番面白かったのは、
「あなたは、他の人と違う角度で物事や人物をじっと観察している」と言われ、
「あるあるあるあるある~、それは私の自分でも嫌いな部分です」と言ったら大笑い。
それって、「素直じゃない」ってことだよね。


というわけで、トレーニングの思惑通りに、最後の最後にいい気分。
トレーニングにはすべて、マニュアルがあって、それに基づいて進めているのだけど、
私も結局はおだてられて木に登ってしまった、ただの豚であることが、判明。
やはり人間「褒められる」というのは大事で「ええそんな~」と思いながらも、
うれしくてやる気がでてしまうので、子供を褒めて褒めて育てるのは、
大事だと思いました。でも、わかっていながら、なかなかできない。
明日からは、このトレーニングを生かし、我が家の子豚を、おだてながら育てよう!

オランダ式に、ディプロマ(証明書)を受け取り、トレーナーと三回ずつキスを交わし、終了。
グアテマラのAちゃんも、かな~りうれしそうです。
IMG_2261_1_1.jpg


ヘレーン姉さん、エレン姉さん、おばばに勇気をありがとう。
IMG_2249_1_1.jpg


さて帰り道。すっかり調子に乗った私は、娘にお土産まで買いました。
来週からはまた毎日オランダ語学校です。おだてられて、木に登っている場合じゃ、ありません。
あっという間に一月も終わります。
楽しい週末を過ごせますように。




     
     

祝!犬のハナ、誕生日。

我が家の次女、犬のハナの誕生日。ハナが生まれたのは、近所ではなくて、
我が家から、車で一時間半ほどの果物農家。
ペットショップで犬猫が売られていない為に、インターネットで毎日探し、私がやっと見つけた。
「見に行かせてください」と電話で約束をし、その日に三人で一目ぼれし、もらって帰って来てしまった。
犬種は、ウエストハイランドホワイトテリア。
近所でも同じ犬種をよく見かけるが、きちんと犬の美容院へ行き、毛を決まった形にカットして、格好よく歩いている。
我が家は「犬らしく育てよう」と、ぼさぼさのまま。テリアだけど、本当に優しくて、おとなしい。
ハナは今日で一歳。人間で言うと、もうレディなのだろう。
今ではすっかり我が家にはなくてはならない大事な家族、特に夫には特別な存在になっている。
ハナ、おめでとう、これからも元気で一緒に楽しもうね。夫のこと、よろしくたのむよ。

ハナが我が家にやって来た時の写真。夜中中、泣いていました。
IMG_0268_1_1.jpg


さて、トレーニングも今日で4日目。マイナス6度。今日もたいした寒さです。
おまけに風も強く、顔に思いっきり強風を受けて、固まりました。
表情が戻るまでに時間がかかりました。
昨日の青空はどこへ・・・・・・
IMG_2225_1_1.jpg


不思議なもので、4日間、同じテーマで一日4時間も話し合っていると、
知らない人だった人達にも、親しみを覚えてくるものです。
昨日書いた、イラン人のMさんはやはり来なかった。
自分に合わなくても、最後まで来ればいいのになあと思う。
人生、有意義なことばかりではないよ。それに、無意味だと思っていても、
後になって、やっぱり自分の中に残ってるものだと思うけどな・・・・・。残念。

今日はネットワークの大事さや、それをどう使うか、実に具体的で、昨日よりは
勉強になった。ネットワークって、仕事でもそうだし、仕事以外でも、実に大事だと思っている。
実際、日本では、二つの会社で働いたが、両方とも知人の紹介によるものだった。

4日も一緒にいると、それぞれの個性が見えてくる。
必ず遅刻する人、いつも何かを食べている人、見当違いの発言をする人、
場を読めない人、実に面白い。わたしはどんな印象なのだろう・・・・。
今日、トレーナーが面白いことを言った。
「皆さんは今、異国に住んでいますが、本当の自分でいられていますか?
必要以上に人に対して親切にしてはいませんか?」と。
「あるあるあるあるある~~~~」親切というよりも、作り笑顔で村を歩いていたり、
心にもないことを口走っている自分を見つめるもう一人の自分がいたりする。
でも、どれが本当の自分なのか、それすら私にはわからない。

集合写真を頼まれて撮影しました。いっつもカメラマン。
IMG_2231_1_1.jpg


さて、トレーニングが終わったら、速攻でオランダ語学校へ。
今日はパーティー!
オランダ全体で、オランダ語を学んでいるオランダ人以外の人に、
書き取り試験を12月に行ったのだが、その結果、通っている学校が、
一番よく出来たらしく、表彰式&お茶会。
トップ賞はロシア人、イラダさん。
書き取り試験のタイトルが「自転車」だったから、賞品は自転車。
学校全体も表彰されて、私も小さなプレゼントをもらいました。
もちろん娘にあげました。
IMG_2240_1_1.jpg


表彰されたのがすべて女性だったので、男性たちはしらけムード、しかも、
ドアをバタンと閉めて帰った、大人気ない人もいました。しら~~~っ。
悔しかったら、勉強しよう!
IMG_2234_1_1.jpg


お次は水泳教室。老母は疲労で限界。今日の娘の送迎隊員は夫でした。
こんな融通が利くのは、在宅勤務のいいところです。
が、こんな日は、夫は夜中まで仕事をするはめに・・・・。


さて明日はトレーニング最終日。テーマは「実行」。
自分のことって、なかなか真剣に考えることってないから、それはそれでいい機会だった。
知り合いが14人増えたことになるから、それだけでも大収穫だ。
明日は終了後、打ち上げがあるそうだ。着物で行くかな。





トレーニング三日目

毎日寒いです。家の中は暖かいのだけど、その分、外へ出ると凍ります。
自然に鼻水がたれて、涙が出てきます。
ふだん、滅多に歩かないので、たまに歩くと季節感あふれていいですが・・・・。
今朝もマイナス5度。

からっと晴れ渡った朝のマーストリヒト、車を置いて20分ほど歩いて会場へ行きます。
朝の町は静かで、昼や夜とは顔が違って、しーんとしていて好きです。
何故か、仕事をしていた頃の自分を思い出します。
IMG_2211_1_1.jpg


私は時間だけは守る性質なので、必ず、開始時間よりも早すぎる到着です。
なので、いつも周りをうろちょろしています。
今朝は、会場裏の教会周りを散歩してきました。
青空で空気がきれいで、気持ちのよい散歩でした。
IMG_2217_2_1.jpg


トレーニング三日目。もう来なくなった人もいます。
私の嫌いなグループディスカッション。3人ずつで一つのテーマを話し合うのだけど、
これは私の苦手分野。必ず、圧倒されてしまう。
そしてまた、プレゼンテーションだ。3時間半で、休憩10分、しかも集中するから、
途中で酸欠になってしまった。
今日は、自分の障害物をいかにして、取り除きつつ前進するか、とか、
他人からの自分への疑念を晴らすテクニック、、、、、など、なんだか気合も入らない。
疑念と言っても、意味が大きすぎるけど、今日の場合、仕事などに志願したときに受ける、
「外国人だから心配だな」などと、雇い主に思われたときなどの、自己アピール法とかで。
まじめに聞いているからばかばかしくはないけれど、今のわたしに必要なのは、
何よりもオランダ語力。アピールも何も、オランダ語が完璧にできたら、どうにでもなるわい。

ということで、三日目の今日は、変な緊張も伴って、疲れてしまった。
23歳から53歳、子供が居る人、結婚していない人、孫の居る人・・・・・
悩み多き人、そうでない人、自分に自信がある人、無い人。
受講生すべてにあてはまるトレーニングなど無いとはわかっていても、今日は本当にイマイチだった。

イランから家族で亡命してきたMさんは、51歳。三人の大きな子供がいる。
「オランダで平和だけど、イランの家族には二度と会えないからどこか毎日寂しいのよ」
と私に話してくれた。結婚で来た人、留学で来た人、亡命者、、、、立場はそれぞれ違う。
今日、Mさんは途中で帰ってしまった。「私には無意味だ」と。もう来ないだろう。
自分を分析するって、現実もしっかりと見えてしまうから、ある意味残酷でもある、と思う。
IMG_2197_2_1.jpg


私がトレーニングで見えてきたことといえば「オランダ語をもっとしっかり。」という、
簡単そうで簡単ではない、だけど、絶対にやらねばならぬこと、やっっぱりこれだった。

会場を出ると朝の青空が雪空に変わっていた。
急いで家に帰ると、娘の友人が遊びに来ている。毎日楽しそうでいいわねえ。
IMG_2220_4_1.jpg


犬のハナは調子が悪く、寝てばかり。
それでも、雪を見ると庭へ出て、うれしそうに走っている。
早く元気になってよね。
IMG_2222_5_1.jpg


明日は木曜日、一番忙しい日。行きたくないなー、というよりも、気乗りしないテーマだ。
「人生の目標はどのようにして働きかけるべきか、また、あなたをその目標へと導いてくれることが可能な人物は誰ですか?」ときた。
「それは神です」とか答える人が出そうな気配・・・・・。

パッション

今朝の気温もマイナス5度。いくら皮下脂肪が厚くても、寒いものは寒いです。
早起きして家族の弁当を作り、今日も「自己発見トレーニング」へと向う。
どうも、気持ちが入り込めていないな・・・・。冷静に考えすぎてよくない。
招待されて行っているが、自分でお金を払っては参加しないだろう。

今日は9時半から1時まで、休憩は10分。
朝から難しい単語が続出。在蘭15年の人や、8年、6年と長くここに居る、
言葉に問題を抱いていない人が多い中で、私は辞書を引きながら「自己分析」。
ある表を書かされて、自分でプレゼンテーションだ。ああ、嫌い・・・そして苦手。
しかも、トップバッターだし。 どうも、自分を過大評価できないたちの私は、
謙虚すぎていかん。
でも、この私の一体何を評価しろとういうのさ。
みんな自信にみなぎったプレゼンテーションでした。もういいよって感じです。

特にイタリア人、Cさんは、イタリア語訛りのオランダ語で、ものすごいスピードで、
持ち時間3分を大幅に超えて、17分間、しゃべり続けていました。
イタリアでは翻訳の仕事だったそうだ。
「翻訳なんてものは誰でもできる。私にしかできない仕事を見つけたい」とのこと。
悪かったな、私のだんなは翻訳者だぜ。
IMG_2201_2_1.jpg


なんだかもううんざり気味になったところで、スダン人のKさんは、
穏やかで控えめの発表で、「友達になりたい」と思ってしまいました。
IMG_2206_3_1.jpg


オランダ語学校では同じクラスになったことのある、グアテマラ人の、
Jさんは、美人でその上感じがいい。国際線ステュワーデスだったそうで、
オランダ人のパイロットと結婚している。「どうして仕事を止めたの?」という問いに、
「2人で空を飛んでいると、なかなか会えないから寂しいのです」という甘い答え。
亭主元気で留守がいいなんて、彼女の口からは決して出ないのだろう。
IMG_2200_1_1.jpg


さて、今日の最終テーマは「これからの人生で、オランダで何がしたいのか、自分でわかっていますか?」だ。 
わかってるさ。
「家族が健康であること、娘の成長を大事にし、楽しい穏やかな日々をビールを飲みながら過ごす。
そのためにはオランダ語の習得は絶対必要。」 
だめ?

そのテーマへ行き着く前に出された紙には「あなたのパッションは?」
パッションか・・・・私に欠けているものはまさにそれだ。情熱!
今日の宿題は、パッションについての沢山の問い。
情熱を傾けていることって、、、、簡単に言葉にできないけどな、しかも見知らぬ人々の中で。
「生きていること、生きてゆくこと」じゃあ、だめ?

気晴らしに、すぐ近くにあるミッフィーの店に、久々に入ってみた。
そして娘にお土産になるようなものがあまりないことで、娘も大きくなったのだなと、
つくづく思い、ちょっと寂しくなったりもして。
IMG_2207_6_1.jpg


今日は火曜日、いつもは娘のプリンス、バイオリンのデニス先生が来る予定。
張り切って学校から帰って来たら、先生は具合が悪くて来られないとのこと。
今日は、自己開発セミナーでパッションを研究中の私が、娘に「情熱的な音楽」を、
伝授しようと試み、2時間みっちり、音楽で遊んでみました。これぞ、パッションだ!

娘にドレミファソで教えてしまった音階を、CDEFGとオランダ語で教え直さないといけない。
母子で何かを学ぶって、どうしてこう、うまくいかないのだろう。
すぐにけんか・・・・・情熱的すぎるのか?ちがうな。

今日はバイオリン王子に振られて、やけっぱち。ギターに挑戦。
IMG_2210_5_1.jpg


さて、明日三日目のテーマは・・・・・・
「あえて自分の障害物を利用して、人生の目的を作成してみよう」だ。
なんだそりゃあー

トレーニング初日

かな~り寒い。今朝は完全凍結。気温はマイナス6度。だけど、晴天。
大学では心理学専攻だった夫によると、オランダには「冬のうつ病」というのがあるらしい。
太陽が少ない、雲に覆われた空の下で気分が滅入り、どんどん悪い方向へ行ってしまうらしい。
で、治療法の一つに、「ライトを当てる」というのも、あるそうで・・・・
笑ってしまったけど、わかる気がする。太陽が出ると、気分がまるで違うから。
今日は太陽が出て、寒いけど気持ちのいい朝。
体調復活にはもってこいだ。
IMG_2188_2_1.jpg



今日は、女性の為のトレーニングの初日に参加してきました。
朝9時から昼の1時まで、休憩はたったの五分間。
総勢14人、トレーナー2名。年齢も国もばらばらで面白いので、その内訳。
若い順に。かっこ内は年齢。

中国(23) モロッコ(25) ルワンダ(25) グアテマラ(26) もう一人グアテマラ(30)
ルーマニア(30) ケニア(31) ドミニカ共和国(32) ブラジル(33)
スダン(36) イタリア(36) 日本(私、40歳) イラン(51) 南アフリカ(53)

やったね、最年長じゃなかったぜ。
23歳から53歳まで女性ばかり14人で一週間、「今の自分を分析する」、トレーニング。
要するに、母国を離れて、様々な状況で、今オランダに住んでいる女性たち、
母国では様々な職に着いていたはず。立派だった人、そうでない人、ここでは同じ。
では、ここオランダで、今の状態で何ができるのだろう、何をすれば、
自分の意にかなった人生が歩めるのだろう、一緒に考えて行こう!と言う感じかな。
ここが会場。(真ん中あたりの建物)
IMG_2187_1_1.jpg



アムステルダムから泊りがけで来ている、トレーナー2人。
エレン&ヘレーン 感じのいい二人。しっかし若いね。
IMG_2191_4_1.jpg


今日は自己分析や、今までの自分を見つめるというものだった。
私は日本で大学4年の時から妊娠前まで12年間仕事をしていたものの、
同じことをここではできない。
音大を出て、演奏家になっていないということが、なかなかこちらでは理解されない。
しか~も、私は音楽の先生にもならなかったし、楽器を教える人にもならなかった。
音楽関係の仕事をしていたとはいえ、「わざわざ、音大をでたのに、なぜ?」と
今まで何回も聞かれた。「才能がない上に努力を怠ったから」さ。

「日本には、そんな人沢山居ますよ」と言っても、意味はないし。
国が違うし、社会のしくみも違うから仕方ないとは言え、この年になって、
自分の履歴について、異国の地で話し合うとは全く想像しませんでした。
こういうことが、移住して以来、何回もあるのです・・・。
言葉の自信が付き、目標の資格を取ったら仕事をしたいとは思っているが、
「どんな?」と聞かれると、答えられなくて困っている。


さて、この一週間で何か見えてくるのだろうか?
いつも思うけど、皆、自分に対しての自信はものすごい。「特技は?」という質問に、
とっさに「いつでもよく寝られること」と答えたら、大笑いされてしまった。まじめにやろう。

会場からの景色。4時間も集中するから、大好きな川のそばでよかった~。
IMG_2190_3_1.jpg


そんな母ちゃんを持つ娘は、トレーニングなど受ける必要もなく、社交的な毎日。
今日も学校から友人宅へ直行だ。
近頃「私はいったい何人なの?」と、私ら夫婦に問いかける。
両方よ、と言っても納得しない。「私は日本で生まれたから日本人だと思う。」と言うから、
「オランダ人のパパだから、オランダ人でもあるのよ、両方よ。」と言っても納得しない。
前は「私は日本人でオランダ人」と理解しているようだったけど、もうすぐ7才、
彼女なりに何か不思議に思うのだろう。
娘が納得して「ああそうね」と思えるような説明を、気の長い優しい夫にしてもらおうと思う。

ひそかに・・・・・娘が「私は日本人」と思っていることに、ちょっとうれしかったりもする。
IMG_2195_5_1.jpg


明日のテーマは「これからの人生で、オランダで何がしたいのか、自分でわかっていますか?」です。

復活?

昨日の日記に書いたとおり、木曜日からの突然の体調不良をいいことに、だらけた毎日です。
在宅勤務の夫にもかな~り迷惑かけています。
娘は、いつにも増してパパとの時間が多く、大変よろこんでいます。

いい加減にしっかりしなきゃいかんな、と思いながらもなかなか復活できず・・・。
気分が冴えないし、体調も不完全。そして微熱。更年期の始まりなかと思っている。
そんな時、今朝、日本の友人E子から心配&励ましの電話をもらい、単純な私は、復活!
E子はいつも、絶妙なタイミングで救ってくれる。「ああだめだ・・・・」と思ってると、自然に救ってくれる。
今回は、愚痴メールも我慢して送らなかったけど・・・・。
彼女の絶妙なヘルプによって、「そうだよな、がんばろう!」と単純に元気をもらい、復活できました。
ありがとうね、今日も、とてもうれしかった。夫からも、よろしくとの事です。

午前中は恒例の日本語の宿題。恒例の親子げんかをしながら、完了。
体調悪くて何もしていないくせに、文句だけは言う、最悪の母親です。
そんな母親でも、「ママ、大丈夫?」と声をかけてくれる優しい娘なのに・・・・。ごめん。

作文が上手に書けたから日本のおばあちゃんにファックスして、さて、今日こそ動くぞ。
夫も絶妙なタイミングで、いつも外へ連れ出してくれるのだけど、今日は強制散歩。
少し、外の空気を吸って歩いたほうがいいよ、と言う。ごもっとも。家族総出で出発。
目的地はベルギーの、お気に入りの場所。 調子悪くてもドライブはやっぱり気持ちがいい。

まずは車を置いて、散歩靴に履き替えて散歩。 寒いなあ~
IMG_2171_2_1.jpg


ベルギーの家々は、私は大好き。オランダと雰囲気が違うし、暖かい感じがする。
このあたりは田舎のせいか、大きな家が多い中で、かわいい家発見。
IMG_2178_3_1.jpg


牧草の中を犬のハナは大喜びで走る。
私はどろんこが苦手なんだけど、靴の裏は、どろんこ。
牛は寒くて牛舎の中で、牧草地にはいなかった。
IMG_2183_7_1.jpg


前回来たのは、9月。やはり夏の方が気持ちがいいが、このあたりは景色がきれいで、
気に入っている。家から車で20分ほどと、距離もちょうどいいし、気分転換には最高。
IMG_2179_6_1.jpg


散歩の後は、やはりビール休憩。夫の目的はこれかもしれない。
ビール大好きな私だけど、今日はイマイチのため、パス。ああ、飲みたいのに。

寒い時期、小腹が空くと、スープを食すことが多い。
今の時期は、カフェでもスープは人気メニュー。
こってりしているし、フランスパンがついてくるので、満腹になってしまう。
私は珍しくここのところ食欲が無い為にパス。夫が、食欲のない私をやたら心配する。
いつも、かなりの食欲だから、何も食べない私が怖いのだろう。

娘は好物のトマトスープ。夫はマスタードスープ
マスタードスープというのは、日本では珍しいかもしれないが、クリームスープに、
粒マスタードが入っていると言う感じかな、意外な組み合わせでおいしいです。
IMG_2186_1_1.jpg


久々に外へ出て散歩しましたが、体調は今一つ、よくありません。
明日から一週間、女性の為のとあるコースに通うので、早く良くなりたいのですが。
この4日間、母親らしいこと主婦らしいこと、本当にできませんでした。
人生、本当に山あり谷あり、楽ありゃ苦もあるさ。

来週は、完全復活目指して、がんばります。
テーマ曲はやはり、マーラー作曲、交響曲第二番「復活」でしょう! ドシドレミ♭

体調不良

木曜日には体調を崩し、一日中ベッドの中で過ごし、夫にすべてやってもらいました。感謝。

金曜日はオランダ語の国家試験を、そんな体調で受けました。
まあ、体調が良くても何も勉強らしい勉強をしなかったから、同じなのですが。
今回は2科目。10時から4時までホテルで缶詰状態で受けてきました。楽しみな結果は2ヵ月後。

IMG_2166_1_1.jpg



土曜日は娘を日本語学校へ送り出し、ベッドへ逆戻り。日本人ママに借りた超久々週刊誌、
「週間女性」4冊をお供に、すやすやと寝てしまった。ごめんよ、娘。
久々の日本の女性週刊誌は、着いていけない内容ばかりでしたが、日本にいるような、
そんな気分になれました。
午後には娘の友人が遊びに来て、5時まで居たけれど、何も相手をしなかった。

これでいいのだろうか、と思いながらも、またベッドへ。


水曜日は買出し日

今日は水曜日。オランダ語学校は休み、娘の小学校は12時半まで。

午前中は、食料品の買出し。
だいたい一週間分を買い、後は足りなくなったら随時買い足し。
水曜日は朝から力仕事。ビールもケースで沢山買うから、とてもすごい荷物。
一週間の中で、もっとも私が主婦らしい一日です。

オランダのスーパーで、野菜や果物は、欲しいだけ取って、測りに載せて、
値段シールを自分で張ります。野菜や果物は、日本(私の利用していた店)より、
はるかに安いです。ただし、お客がそれぞれ、手で触って野菜を取るので、
野菜や果物の傷みが早いような気がします。なので、新鮮な店を見つけて買います。
大根やしいたけは、街へ行って手に入れます。
春菊や水菜、それにおいしいなめこなど、手に入らない野菜が恋しい季節。
どうでもいい、くだらない写真だけど・・・・・・
IMG_2151_1_1.jpg


おせんべいは普通に売っていますが、やはりパッケージは芸者&富士山。

ルッコラや、ベビーリーフのような少量のサラダ野菜は、袋に入って売っているが割高。
やはり、生で食べる野菜は、人の手に触れられたくないものです。
カット野菜はその数ものすごく、料理別に分かれて、かなりの種類で置いてあります。
働く女性が多い為だと思います。かな~り、売れているようです。
弟からのリクエストで、オランダのスーパーのカット野菜の実態を調べる約束をしてから、
もうすでに半年ほど経ってしまいました。
弟君、今度、絶対に調べてブログに載せるからね、ごめん。

IMG_2152_2_1.jpg


さてお次は炊飯器。日本からも持ってきているけれど、変圧器が必要。
オランダに来てすぐに、怪しい中華食材店で買った炊飯器でも、普通に炊けるからそれを使っている。
2年経って、そろそろ買い替え。今回も、怪しい中華食材店でゲット。
スイッチは二つ。「炊く・保温」。私が子供の頃の炊飯器に似ている。
値段は、驚くほど安い。梱包箱の写真、茶碗のご飯に、
シナモンスティックが載っているのが気になるけれど、まあ、炊ければ良しとしよう。

IMG_2157_4_1.jpg


続いて犬のハナのえさ。私たち人間が食べているお米よりも高価なえさ。
その名も、「弁当」。ハナはアレルギー気味で、シャンプーも病院で買う。
ハナのシャンプーは、小さな入れ物に入っていて15ユーロ。私たちの5倍くらいだ。
動物を飼うって、ほんとーにいろいろと大変です、かわいいけど。

ハナのえさ、その名は「べんとう」。
IMG_2162_7_1.jpg


娘はパパと今日も午後からお出かけ。
今日の行き先はプール。なぜいつも2人なのかというと、平和だからです。
泳ぎが得意な夫と2人、仲良く泳いできたのでしょう。満足そうな顔です。
私はというと居残りで、犬を洗ったり、掃除、洗濯、宿題、夕食準備。
かなり前からこのパターンが多いです。日本でもそうでした。それが一番!

今日はハナも洗濯し、久々に色白美人に戻りました。最近茶色だったからな・・。
ちょっと都会の犬風にリーゼントにしました。家族には不評。
IMG_2165_1_1.jpg


というわけで「オランダのんびり日記」の名に恥じない、のんびりとした一日、
なんともくだらない日記=平和な日でした。

勉強をすることを、すっかり忘れてしまいました。
そして、あさっては試験日。

雨の火曜日

今日は火曜日。久々に雨がしとしと降っている、オランダらしい天気です。

小学校へ送るときの気温は4度。暖かく感じてしまう。
雨でも、かなりどしゃぶりじゃないと傘をささない国に来て、私も自然にそうなった。
今日も傘をさすか、ささないか、微妙な雨だったけど、やはり学校へ着くまで、
誰一人として傘をさしていなかった。娘も傘はささない。
防寒・傘代わりと、いつでもこの帽子。私からの遺伝で頭が大きい為、大人用着用。
IMG_2147_1_1.jpg


今日のオランダ語学校は午後から。車通学だから、私は雨でもへっちゃら。
雨の日に、好きな音楽を聴きながらのドライブもなかなかなのである。
今日はなんとなくメンデルスゾーン・ピアノトリオ。彼の室内楽はかな~り好き。
特にピアノトリオは熱いから好き。雨の日に車の中で、めらめら燃えるのだ。
コンサート行きたいなー。
img20060118.jpg


午後からのオランダ語学校は講師たちの会議のために、1時間早く終了。
ちょうど娘の帰宅にぴったり。
今日は娘の王子様、デニス先生がやってくる日。火曜日はバイオリンのレッスン。
娘はうれしすぎて、しゃべりすぎるから、今日は私が注意した。
「しゃべりすぎです、先生の話を聞きなさい、あなたが先生ではないのだから」と。
そしたらデニス先生、「いや、大丈夫。楽しいですよ。それに、今週はよく練習したみたいだし」とのこと。先生、不正解です。
今週は、特に練習を怠りました。先生、優しすぎです。図に乗ります。
まあでも、いつも思うけど、この先生でよかった。
他の先生だったら、まず、続いていないだろう・・・・・。とっくに辞めているはず。

真剣に奏でているのは、メンデルスゾーンではなくて、「カエルの歌」。ブラボー!
IMG_2148_1_1.jpg


実は今週金曜日、オランダ語の検定試験を受けるのですが、何もやってません。
一番大切な試験なんですけど・・・・。
でも、いまさらジロー状態なので、体調を整えることだけに専念します。
夫にも、今回は何もしていないのがバレバレ状態なので、期待されていません。
それも返って気が楽で、更に何もしていない私。

今回ばかりは、運に任せるしかないようで・・・。



おばさんカウンセラー

今日は月曜日、オランダ語学校は午前中。
朝、学校へ着くと、久々に友人ベルナデットに会う。このブログにもしょっちゅう登場しているけど、休み明けには初めて。
会うと同時に、冬休み中の出来事(愚痴)をしゃべりまくっている。
20分、彼女はひたすらしゃべり続け、「ちょっとすっきりしたわ。誰にも話せなかったから、
苦しかった、ありがとう。またね!」と授業へ向っていった。
そして、「今日も私をあなたのホームページに載せてよね!」とポーズを取っていった。

自分でモデルに立候補した割には、笑顔の無いベルナデット。悩み多き、新妻。暗いぞ!
IMG_2142_2_1.jpg


一時間目が終わって休憩しに行くと、これまた前に紹介した友人ロシア人のカチャ登場。
学校辞めたはずだけど、どうしたの?と聞くと「ちょっと話を聞いてもらいたくて、来たのよ」と言う。
彼女は若いけど、二児の母。いつもは仲良しのだんなさんとけんかしたらしく、
それでも行くところなどなく、休憩に合わせて私に会いに来たと言う。
で30分、話を聞く。ストレスが溜まっているようだった。
私のことをママと呼ぶ彼女、きっとお母さんに愚痴をこぼすような感覚なんだろう。

左から、インドネシア人のエルニー、カチャ、名前知らないロシア人。
IMG_2144_3_1.jpg


そして、授業終了時、今度はフィリピン人の親友レベッカが子供を連れてやって来た。
彼女とは学校でずっと同じクラスだった。訳あって、彼女は今、夜の授業へ通い始めた。
昼間、息子と2人きりで、行き詰ってふらふら出掛けてバスに乗って、やっぱり学校へ向ってしまったとのこと。
街へ行こうよと誘われたけど、今日は無理だから、ということで、椅子に座って話を聞くこと20分。

さすがの私も、愚痴を聞きすぎて疲れてしまった。
私は善人じゃあないから、新宿の母のようにはなれないな。

家に帰って、なんだか姉の声が聞きたくなって、電話。私だって、愚痴りたいさ!
だけど、がんばっている姉には愚痴はこぼせない。
2人にしか通じないくだらない話をたっぷりとして、満足。母に代わってもらい、また長電話。
今日は、カウンセラーな一日だった。姉さん、母さん、夜遅くにごめんね。

娘は友人宅へ直行。今日はお化粧ごっこをしたらしく、変な顔で帰宅。
「ママ~、きれい?ブログに載せて~」とリクエストなので、載せます。
IMG_2145_1_1.jpg


オランダに移住してそろそろ3年。
来た当初よりは少しずつでも、落ち着いてきて、現実が見えてくる。
その時急に、あせってくるのだと思う。
「私はこれからどうなるの」「私はこのまま?」ってね。
だから、誰かとしゃべって、落ち着きたいのだと思う。母国ならば、親に話したり、
友人に愚痴って気分爽快だけど、なかなかそんな友人て、できにくいものだ。
今日は、同じような立場の女性3人から偶然にも同じように相談を受け、
一人には「あなたはいつだって、笑っていていいよね」なんて言われた。
これを日本の家族が聞いたら、驚くだろう。


私にだって色々あるさ。だけど、せめて学校では楽しく過ごそうよ!
愚痴って解決する悩みなんて、かえって、うらやましいよ。

私の専属カウンセラーはこの人。
IMG_2047_1_1.jpg

パパとサイクリング

昨日の夜中、変な日本映画をテレビで放送していました。
人造人間とか何とか、寺尾聡さんや、樋口可南子さんが出てましたが、
内容が、あまりにも私の趣味ではない映画で、残念でした。
日本語に飢えているとはいえ、途中で限度でした。


天気の良い日曜日。
夫は朝8時に起きて犬のハナと長い散歩。なんとその距離18km、3時間。
尊敬いたします。私はというと、日曜日の朝は意地でも起きない。
9時起床、娘を部屋に呼んで、二人でベッドの上で朝食、そして読書。至福の時。
これが毎日だとうれしくないのだろうけど、一週間に一度できる、時間の贅沢。大事です。

日曜日の午前中は、楽しい楽しい?日本語の宿題。
今のところ、文句も言わないし、疑問にも思っていないようだ。やれやれ。
今日の宿題で、「楽器屋さんについて」というのがあって、わたし一人で大笑い。
更にバイオリンとクラリネットの絵を書くという宿題もありました。最高!
他のことでは自信ないけど、楽器屋さんならまかせておくれよ。
IMG_2141_1_1.jpg


昨日娘とパパで、謎のサイクリングへ三時間も行った。よほど楽しかったようで、今日も出掛けた。
出掛けて行く時の娘の様子は、「うれしすぎる」という感じ。一体、2人で何をしているのでしょう。
嫌がる夫にカメラを渡し、見送った私は、溜まっているアイロンかけ、掃除、洗濯、夕食準備。


どうやら、途中で休憩がてら、昨日も今日もカフェに入ったようです。
夫はビール、娘はココアを飲んだそうです。しかも、3杯ずつ。
それはそれは楽しかったようで、「ママには内緒ね」ってなことです。
IMG_2139_3_1.jpg


今日も3時間以上、自転車で暴走していた2人。
あまりにも帰りが遅いから、一人で家でいらぬ心配をしていた私は、今日も運動不足。
IMG_2135_1_1.jpg<

あっという間の週末でした。
また来週も健康で平和な一週間でありますように。
そして、まぶしいほどの太陽が毎日出ますように。

IMG_2136_2_1.jpg




もう、一月中旬。

土曜日。日本語補習学校の日。起こすのも忍びないほどよく眠っている娘、
土曜日の朝、起こすのはなんだかかわいそうだ・・・。
家を8時20分に出て学校へ向う途中、娘が満月を発見。
ピンク色の朝焼けの空に浮かぶ、満月。娘が「ママ、ブログに写真写真!」というので、
ちょっと車を止めて、撮影。きれいでした。
IMG_2131_1_1.jpg


今日も天気が良かった。
学校での休憩時間は子供たちの息抜きの場。
短い時間にストレス発散。
私は他のママと何時間も日本語で話しが出来て、楽しいときを過ごしました。
少々、しゃべりすぎだったかも。日本語だと、ついつい余計なことまで話してしまう。
その点、オランダ語だと余計なこと話さないから安心だけど。
IMG_2132_2_1.jpg


学校から帰宅し、天気が良いからと、パパと2人で、自転車で出掛けた娘。
いくら待っても帰ってこない。やっと帰って来たのは、6時近く。
2人で、カフェに立ち寄ったりして、ママには秘密の楽しい時を過ごしたようです。

今日は親戚が遊びに来ました。和食を一緒に食べようと言うことで、
海苔巻き・照り焼き・てんぷらなど、日本料理で人気のメニューを作りました。
親戚というものは、いつ会っても心が通じ合っていいものです。
IMG_2133_3_1.jpg


さて、土曜日の夜です。今日は夜中まで本を読んで、明日の朝は寝坊できます。
一週間に一度の楽しみです。娘もまだ起きています。(11時半)
もう一月も半分終わりました。怖いくらいに早いです。
今年もあっという間に終わらないようにしないといけないなと、思いました。

ちょっとしんどい、お稽古日。

13日の金曜日。寝坊しました30分。夢でスイスイと気持ちよくスケートをしているところで、起きました。
今朝も寒い氷点下。娘を送る登校時に他のお母さんと交わす挨拶は「寒いわねえ」です。
今日は金曜日、教会でのパイプオルガンのレッスンとオランダ語学校。
10時半から教会でレッスン。だいぶ久しぶりだし、練習不足(いつもだけど)。

朝のマース川を通って教会へ向います。
IMG_2120_1_1_1.jpg


パイプオルガンのリック先生、今日は面白かった。なぜか途中からず~~っと英語でレッスン。
私はオランダ語で返すのだけど、なぜか英語。最後の最後で「オーノー!ごめんね、英語だったね。」
と気が付いた。私の次の生徒さんが英語でレッスンなのだそうだ。二日酔いらしい、若いのに。
今日はおかげで、音楽と英語の勉強にもなりました。一石二鳥。
久々で、足が脳の指令で動くには時間がかかりました。
今日の課題曲は、一度に4つのメロディーを弾く(右手、左手、足で)曲でした。ふらふら。

今日のマーストリヒトは気温は低かったものの、いい天気でした。
天気が良い日は教会の中のステンドグラスがとてもきれいです。
IMG_2125_2_1_1.jpg


さて、お次はオランダ語学校。その前に青空市場に寄ったり図書館へ本を返却しに行く。
さすがに老体は限度。ちょっと休憩。ハンバーガーをパクつきながら座る。
IMG_2126_3_1.jpg


図書館の近くでは、噴水が凍っていました。
今朝の日本のニュースでは、山中湖が20年ぶりに凍ったとか。
子供の頃に両親が連れて行ってくれて、姉や弟と一緒に山中湖でスケートしたことを、
思い出しました。ああ、懐かしいなあ。
凍った噴水の上にはなぜか、自転車・・・・・。
IMG_2129_4_1.jpg




娘は金曜日、学童のようなところへ通っているので、5時にお迎え。
娘は老いたママとは違い、元気爆発。若いってほんと、いいな。
迎えにいくと「ええ~、もう来たの?」と毎回言うから、毎回けんか。
たまには、「ママ~、会いたかったわ~」とか、言われてみたいものだ。
マリアンデル先生と子供。
IMG_2130_1_1.jpg


金曜日って頭を使うからとても疲れたように感じる。
娘も、エネルギーを使い果たして帰って来てから、明日の日本語学校の、
漢字テストの練習。しんどいだろうなあ・・・・・漢字も難しくなってきたし。

早いものでもう週末。
日本のみなさん、楽しい週末をお過ごしください。

人生の道探しトレーニング

午前中は、23日~27日に参加するトレーニングの説明会でした。
今年からの新しい試みらしいけど、外国人女性の為の、「道を探す」ためのトレーニングだそうだ。
自分の国でどんな職業だったのか、これからのオランダでの人生で、何ができるのか、
それは仕事でもボランティアでも、何でもいい、一緒にこれからの道を探そうじゃないかという、
親切なトレーニングが始まるそうだ。今日はその説明会。女性だけ。
移住してからというもの、オランダ語学校でも、市役所でも色々な場所で、もう何度も何度も、
自分の履歴を話したり、高校・大学の成績証明書や、どこの会社でどんな仕事をしていたか、
事細かに書いて提出してきた。しかも、何箇所にも。

だから、今日の説明会の内容を聞いての本音はまたかよっという感じ。

途中、「不安不満を語り合う会」みたいになっていたけど、私はそれは大嫌い。
みんな好きで自分の足でこの国に来たくせに、文句ばっかり言ってる。
だったら、母国へ帰れば! と言いたくもなる。
私は多分、今日の中で一番年寄り。しかも、私のオランダ語会話力はまだまだ。
一体私に何ができるのかねえ、とあきらめモードの私だけど、一週間がんばって、
新しい道を見つける努力をしようじゃないか!と、とりあえず参加するというサインをしてきました。

説明会のあった場所から程近いところに、オランダ最古の司教区教会がある。
St.Sservaasbasiliek 聖セルファース教会です。
観光で訪れる人も多いですが、今日はミサが行われていて、入れませんでした。
IMG_2111_6_1.jpg


裏へ廻ると、隣り合わせの教会、St.Janskerk 聖ヤン教会の赤い塔が見え、
中庭はきれいに手入されていて、私は大好きな場所です。
セルファース教会はカトリック、ヤン教会はプロテスタント。

カトリックとプロテスタントの教会が隣り合わせで建っています。
IMG_2109_4_1.jpg


セルファース教会にある石の門がこれまた良い雰囲気です。
教会とシスターたちが住む建物の壁へと、つながっています。
IMG_2105_2_1.jpg


説明会会場の窓から見えた隣の建物もなかなかでした。
教会だった大きな建物を、改築してホテルにしたようです。
今度、中に入って、偵察してきます。
IMG_2101_1_1.jpg


木曜日は娘の水泳教室。放課後、帰宅と同時にValkenburgにあるプールへ向います。
木曜日は、座る暇もありません。 娘もへとへと状態です。
私は娘が泳いでいる間に、買い物をするわけですが、今日は面白い散歩に出会いました。
きれいなお姉さんと2匹のラブラドール、そしてポニーの散歩です。
首輪をつけて、街のど真ん中を散歩しているポニーは初めて見ました。
IMG_2113_3_1.jpg


夫が2匹目の犬を欲しがっているので、ポニーを薦めてみます。
庭で飼えば、芝刈りをしなくていいので楽かもしれません。
でも、臭かった・・・・・。

さ~て、今日も宿題だー!

たっぷりの宿題

今日は水曜日、オランダ語学校が休みの日。
娘を学校へ送り届けたら、食料品の買出し。私は大抵、隣村まで買出しに行く。
村にも割りと普通に大きいスーパーがあるけれど、村中の人が利用しているから、
知った顔を見るとそのたびに、挨拶したり、けっこう面倒くさいから、
車でわざと違う場所へ行くのだ。
朝、8時から開いているから、空いている朝一番に行くことにしている。
近頃は会計時に「良い一日を!」とか、「良い週末を!」と言われる。
お客さん全員に言っているのだけど、気持ちのいいものです。
私なんて単純で、それだけで気分上昇。
おなじみの近所の風景。
IMG_2032_1_1.jpg


これまたおなじみの国道。今日は氷点下ではなく、朝の気温は2度。
充分寒いのだけど、暖かいなあと思ってしまいました。
IMG_2095_2_1.jpg



今日は夫の兄夫婦が来ました。この夫婦と私たち家族は一番の仲良しです。
家の中の手入をいつもていねいに教えてくれながら、手伝ってくれるのです。
その間に私は義姉とおしゃべり。私のオランダでの一番の仲良しは、この義姉。
ほんと~~~~~に心の優しい、大好きな義姉です。
今日もみんなで鉄板焼を楽しみました。


真冬だけど、きれいなオランダの芝生です。
買い物帰りに、今日は凍っていないので撮りました。
芝生の上の枯れ葉は、特別な枯れ葉掃除機付き車で除去します。
徹底した景色への美意識には、感心します。

IMG_2092_1_1.jpg



明日は、来週一週間受けることになっている講習会の説明会。
これが結構、楽しみで、ドキドキしています。
今日は宿題が山のようにあるので、この辺で。
学校が始まると、夜は予習、復習、宿題でいっぱいいっぱいです。
アイロンがけは溜まるし、掃除は行き届かないし、洗濯物も溜まる一方。
あと10歳若かったらな~と、毎日思います。頭をちょっと使うと、へとへとです。


では宿題に取り組みます。夜の11時から勉強なんて嫌だー!

モーツアルト&レンブラント

今朝、娘を学校へ送るとき、朝焼けがきれいでした。
庭で写してみましたが、うまくピンク色の空が撮れませんでした。
夕焼けもきれいだけど、近頃は朝焼けの空がとてもきれいです。
IMG_2088_3_1.jpg


庭の芝生も毎日凍っています。朝の気温は氷点下ですが、最近、太陽がでるので、
日中は5度くらいまで上がる日があります。寒いけど、気持ちの良い冬です。
ハナは、凍った芝生がおいしいらしく、庭へ出て夢中でさくさく食べています。
IMG_2078_1_1.jpg


6時起床、慣れると気持ちのいいものです。もちろん、真っ暗で、天体観測ができるほど、
星がキラキラと輝いています。
日本のネットラジオを聴きながら、お弁当を3個作り、朝ごはんを作り、コーヒーを飲みます。
メールを見たり日本のニュースを見て、一日が始まります。この時間がけっこう好きです。

娘を送り届けてからオランダ語学校です。このスケジュールが夏まで続きます。
今日の通学仲間は近所のクラスメイト、ミルーちゃん。
早く2人だけで学校へ通えるようになるといいね。
IMG_2086_2_1.jpg


放課後は、久々にバイオリンのレッスン。
冬休みの怠け様がばれないように、帰宅後に一生懸命練習していました。
本が2冊目になって、難しくなってきて、たまに爆発しています。(私も一緒に爆発)
だけど、デニス先生のことは白馬に乗った王子様だと思い込んでいる娘には、
待ち遠しいレッスンのようです。12月の発表会で褒められてますます調子にのってます。

今日はまじめ。そでをまくって、気合充分。いつもこの調子でやっておくれよ。
IMG_2089_1_1.jpg


今年はモーツァルト生誕250年です。
1991年にY社に勤めているときには没後200年にあたり、
確か、その年もたくさんモーツアルトの演奏会がありました。
やはり没後よりも、生誕のほうが気分がいいです。
世界中でモーツアルトの曲がいつもにも増して演奏されるのでしょう。
今朝ラジオでもモーツァルトがかかっていました。やっぱりいいです。本当にいいです。
卒業試験で演奏した、クラリネット協奏曲が流れていましたが、
あの頃と今では感じ方が全く違います。

今年はあらゆる場所でモーツアルトを聴けるチャンスがあると思うので、
なるべくライブで聴きたいと思っています。特に好きな曲を。

今年は、オランダを代表する画家レンブラントの、生誕400年でもあります。
レンブラントツアーとかあるのでしょうね。ぜひ、オランダへ!

夜警 (アムステルダム国立美術館 )
remb10.jpg


6歳で作曲を始めた神童モーツアルト。我が家の6歳は、いたって普通。
神童ではなく普通でよいから、元気で長生きしておくれ。

Hoera Abraham !お隣さんは、誕生日。

今日から学校。娘は笑顔で登校、それが何よりもうれしい。
私は、真顔で登校。今日から新しい難しい教科書だけど、今日配布だから、予習できていない。
私は予習をしないと、授業に付いていけないのだ。しかも、今日は当てられっぱなし。
ちんぷんかんぷん???な部分も多かった、情けない初日。
それでも、学校って楽しい。夏までの学生生活を思い切り、楽しもうと思う。(勉強も・・・)

2時間目のコンピューターでのレッスンでも、半ボケ状態。
先生も、「まあ、休み明けだからね」と、大目に見てくれた。
IMG_2073_1_1.jpg


娘は初日から絶好調で、友人を連れてきた。彼女も6歳、メーゲンちゃん。
彼女は2年前、娘と放課後遊ぼうとして私のところに来て、私の顔を見てびっくりし、
しくしくと泣き出して「行きたくな~い」と泣いた子である。完全に私の容姿のせいだった。
つまり、東洋人だから。この村にはオランダ人と牛しかいないから、接点がなかった彼女には、驚いてしまうことだったのでしょう。なんせ、子供は正直だから。
彼女のお母さんはあせって、「この子は緊張するタイプだから、気にしないで」と言った。
その言い方があまりにもきつかったから、「私はこの顔ですから仕方ないですね」
なんて、大人気ない発言をしてしまった苦い思い出がある。母親失格。
泣いている子を引っ張っていくわけにもいかず、おひらき。
娘も釣られて泣いてしまい、なんだか嫌な雰囲気だった。でも必死だったんです、今思うと。

情けない思いで帰宅して、自分が情けなくて、涙が出てしまった。
感情的になった私と夫の意見がものすごく食い違ったことを思い出す。
そんなことで親が泣くのは弱い、娘がこれから同じような経験をしたときに、
同じように泣くだけになってしまう、という意見。そのときはああ冷たい奴だなと思ったけど、
その通り、ごもっともでございます。親の背中、見てるんですよね子供って。
人生、楽しいことばかりじゃない、自分で乗り越えるべきことが沢山あるんですよね。
めそめそ泣いて解決することって、少ないし。でも、わかっていても情けなさすぎたのです。

今では家族で笑える話だけど、移住して精神が不安定だったから、
今では笑えることも、当時はまったく笑えない、不安だらけの毎日でした。

だから、彼女が来るのはとってもうれしいです。もちろん今では私とも普通に話します。
IMG_2076_3_1.jpg


今日はお隣のご主人、つまりメイシー姉さんのお父さんの50歳の誕生日。
この地方では、50歳のお祝いは盛大です。
Hoera Abraham!というのは、Hoeraは、日本語に訳すと「万歳!」で、
誕生日などに皆で叫びます。フラー、フラー、フラー!という感じで。
アブラハムというのは、聖書の中に出てくる、イスラエル民族の祖のことです。
女性が50歳になるときは、彼の妻のサラ、つまり万歳、サラ!になるわけです。
なぜ、アブラハムなのか、夫に聞かないとわかりませんが、
パーティーからなかなか帰ってこないので、明日にしましょう。難しい話は苦手。

玄関には、等身大の人形を飾ります。ドアを開けるたびに、ぎょっとします。
万歳!50歳!
IMG_2074_2_1.jpg


パーティーは、一日中です。もちろん、会社を休んだようです。
友人知人、会社関係、もちろん家族、親戚、ご近所さん、みんな来ます。
おもてなしは、南部名産のタルト。果物入りのパイの一種です。
これに、生クリームをどば~~~~っとかけて、頂きます。
お米のプリンタルトはこの村の名産です。
ちなみに私は、どれも食べられません。
IMG_2082_1_1.jpg


夜には沢山のお客さんがお祝いに駆けつけて、かなりの人数でした。
メイシー姉さんの家族は心の暖かい家族です。
初登場、メイシーのお姉さんとママ。
IMG_2083_2_1.jpg


今日、日本の母に電話をかけたら、「今日は成人の日でお休みよ」と言われ、
15日じゃないの?とこたえてしまった時代遅れの私。
成人式はもう20年も前のこと。着物姿の自分の写真があまりにもひどく、
実は夫にもまだ、見せたことがない。姉も、姉の夫に見せていないそうだ。
実家に居る頃、お互いの写真を見ては、泣きながら大笑いしたっけ。
本当に、ひどいもので・・・・・できれば、あの日に帰って何もかもやり直したい。

人生で、何度か分岐点があったとしたら、私は20歳の時がそうだ。
で、進む道を間違えてしまったのだと思っている。あの分岐点へ戻り、違う道へ進む。
でもそれだと、夫や娘には会えないのかな?  それは困る。

日本は今年の冬、寒さが厳しいようですね。
こちらも相変らず氷点下ですが、皮下脂肪が役にたっています。

室内遊園地

明日から現地校が始まります。私の学校も開始ということで、冬休みに娘と沢山遊んでくれた感謝の気持ちを込めて、
隣のメイシー姉さんを誘って、室内遊園地へ行ってきました。夫は仕事です。
我が家から車で30分かかるかかからないかくらいのHeerlenという街にある、室内遊園地。
天候が不安定なオランダには絶対必要な室内遊園地、助かります。今日は天気がよかったが、氷点下。
こんな日には、もってこいの場所。
入り口で入場料一人8.5ユーロを払うと、あとは、遊び放題。何に乗ってもお金はかからない。

まずは、滑り台からスタート。この滑り台に、係員のお姉さんはいない。
けがしたら、自己責任。しっかり教育するか、親が見張ってくださいということ。
IMG_2055_1_1.jpg


中学生のメイシー姉さんには、もう退屈かと思いきやまだまだ楽しいらしい。
娘よりも何度も、私の名を叫んで「ねえ、見て見て~!」と手を振っていた。ああ、かわいい。
車コーナーには、それなりに怖そうな中学生がいたけれど、メイシー姉さんと一緒なら、大丈夫。
IMG_2058_4_1.jpg


メリーゴーランドも乗り放題。見ているほうが気持ち悪くなる。
ぐるぐるぐるぐる・・・・・・一度も乗っていない私が酔ってしまう。
IMG_2068_2_1.jpg


このほかに、トランポリン・水上ジェットコースター・巨大ジャングルジム・
足こぎボート・長い滑り台など、小学生までは楽しく遊べるでしょう。
IMG_2049_6_1.jpg


私は、メイシー姉さんのおかげで、小説を一冊、読み終わることができました。
動かない私は今年もますます、太る一方だ。
しばらく会っていない日本の友人は、この姿に絶句するはず。

遊園地に到着したのは12時、ここを出たのは夕方の5時半。
12歳&6歳コンビ、今日も絶好調でした。
冬休み、完全に終了。
IMG_2062_5_1.jpg


さて、明日からいよいよ通常生活に戻ります。
6時起床できれば10時就寝を目指し、気合を入れて主婦学生、がんばります。
今月は試験、面接、講習会と何かと緊張が続きそうです。うへ~~~っ。




美しい朝陽

今朝の6時起床はつらかった・・・。
今日から娘の日本語補習学校は3学期。きっと世界中、いろいろな国で、
日本人ママたちが、土曜日の朝、早起きして日本の弁当を作っているのでしょう。
「お弁当」って日本を代表する、すばらしい食べ物だと思います。

娘にとって今のところ日本語学校は、現地校とは違う友達に会える楽しい場所。
これから、勉強が難しくなるにつれて負担となるのだろうけど、なんとか小学校6年までは、
続けてがんばってほしいという、母の切なる願いです。

放課後の、校庭でのつかの間の外遊びが、彼女の楽しみ。
IMG_2038_4_1.jpg


今朝の気温は氷点下でしたが、朝陽が輝いてきれいでした。
近所の風景です。
IMG_2034_1_1.jpg


空気がきーんと張り詰めていました。しっかし、田舎です。
IMG_2035_2_1.jpg


日本語補習学校から2時すぎに戻ると、のぞいていたかのように、
隣のメイシー姉さんが遊びにやってきました。
彼女は4人兄弟の末っ子で、お兄さんお姉さんがお年頃で忙しく、暇なのでしょう。
一人っ子の娘には、本当にありがたい遊び相手です。
日本で言うと彼女は中学一年生、小学一年のわがままな娘と遊んで楽しいのでしょうか。
彼女から遊びに来るのだから、それなりに楽しいのでしょうけれど・・・・。
今日は部屋にシーツをかけて、ランプを灯し、犬のハナも一緒に、
ごちゃごちゃと長いこと、遊んでいました。親としては、大助かり。
明日は一緒に出掛けようと思っています。
IMG_2045_1_1.jpg


のんびりとした冬休みも終わり、月曜日からは私と娘は学校。
夫は家でやっと自分のペースで仕事ができるでしょう。
今年も何事もなく、娘が学校へ楽しく通えるといいなあと願うばかり。

明日は、私の弟家族の家で、姉家族や母と新年会らしい。
飛行機で飛んでいって、参加したいなあ~。
楽しい新年会になりますように、遠くの田舎で祈っています。

IMG_2033_2_1.jpg



最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ